2014.04.09

インバスケット実践トレーニング

一瞬で正しい判断ができる インバスケット実践トレーニング

著: 鳥原 隆志

雑用も含めていろんな仕事がわーっと降ってきたときに、
どう優先順位をつけるべきか、どう決断するべきか、どう行動すべきかといったことを考える本。

会社員の仕事の様子がストーリー仕立てになっていて、どう判断するかを問われる。
著者の考えも書いてあるけど、もともと正解のない問題なので、正解がどれというわけではない。

こういう状況に対応していくのは、わりと得意なほうだとは思う。
もっとも、頭でわかってるのと実際に行動するのは違うと書かれていたけど。

私の場合は主に大学のとき、放研のPAパートで鍛えられたと思う。
時間もお金もないし、人手が少なすぎたり多すぎたりするし、リアルタイムで結果が必要だし。

決まった正解がないということをわかった上で、
自分側は自身の得じゃなくて全体を見て、相手から見た利点欠点を重視して考えていく。

仕事の上で必要だったことはあんまりないなぁ。

前々職のときが一番関係あったかな~という程度か。
今も一応チームで動いているとはいえ、完全にフラットだしねぇ。

 


2014.04.09, 20:23 /
インバスケット実践トレーニング はコメントを受け付けていません。