2013.12.29

セビリア終わり

14時半ごろにセビリアに戻ってきた。
今日は天気もよいので、ふらふらしているだけでも、それなりに達成感がある。

20131222-spain-1018

街路樹がオレンジなので、たくさんオレンジの木を見ていたら、ジュースを飲みたくなった。
お昼時なので、ランチにオレンジジュースのあるところ・・・と思って探す。

路面電車の終点であるヌエバ広場の近くのカフェで、オレンジジュースを頼んでみたら、
それは朝食用だから今の時間はもうやってないと断られる。
えー。

別のカフェに行って、オレンジジュースとパン。
これで気分はすっきりとして、気になっていた変なモニュメントの正体を確かめに行く。

ものすごく大きな近代芸術で、クネクネな網目が道路をまたがっているのだ。
とりあえず、地球の歩き方[’13-’14]には載っていない。

まず階段を上って2階に行ったら、そこは子ども用の遊園地がある公園だった。
小さい遊具とスケートリンクがあって、デパートの屋上のような感じ。

20131222-spain-1020

次に、暗い1階に入ってみたら、肉、魚、野菜のマーケット。
開いてる店が少なかったのは、時間的なものか、時期的なものか、わからない。

20131222-spain-1022

最後、地下1階に降りてみたら、入場料をとる入口が2つある。
片方はPast Viewという歴史の勉強になるスペースみたいで、2ユーロくらい。
もう片方は何やら行列ができているが、説明を読んでも何だかわからない。

ドリンク付きで 3ユーロだったので、入ってみた。
ちなみに地元の人は無料で入れる場所。

行ってみてやっとわかったが、クネクネな網目は展望スペースになっていて、そこへの入場だった。
Metropol という名前らしい。
Metro って名前に入ってるから新しい地下鉄の駅でもできたのかと思ったが、全然関係なかった。

思ったよりも高さがあるようで、かなりの範囲を見渡すことができた。

20131222-spain-1026

カテドラルの塔のほうがもちろん雰囲気があっていいけど、あっちは8ユーロ。
3ユーロのうち半分はドリンク代だとしても、この値段なら悪くない。
家族連れやカップルがたくさんいて、ちょっと日常から離れるには良いと思う。

20131222-spain-1029
 
20131222-spain-1031
 
20131222-spain-1034

謎の物体の正体がわかったので、もうセビリアに思い残すことはない。

20131222-spain-1041

最後まだ明るいうちに、カテドラルを外から見てきた。
やっぱり大きくて、荘厳な感じがよい。

20131222-spain-1045

あとはひたすらショッピング街を歩きまくった。
この大混雑は、年末大セールに繰り出している人たちなんだなってことがわかった。

20131222-spain-1067

途中、消防車が出動して道を立ち入り禁止にして、何かをしていた。
火事ではなさそうで、木の上に何かがあるようだった。

20131222-spain-1071

ヒマだったので、猫でも登っちゃったのかな?と思って、野次馬。

ハシゴを伸ばして、2人の消防員が木の上に入っていった。
何かと思ったら、折れた大きな木の枝がドスンと落ちてきた。

なるほど、落ちると危ないから、あえて落としたわけね。

そろそろ夕食を探さなきゃと思ったけど、時間的には早いし、
やっぱりレストランはめんどくさいのでファストフードで簡単に済ませる。

明日はマドリードへ移動。

旅の目的は全て前半に終わってしまったので、後半は気が抜けてる。
マドリードも都会だよなー。

でも大きな公園もあるみたいだし、天気が良ければいいな。

おそらくマドリードが今回の旅の中で一番危険じゃないかと思ってる。
スリと強盗に気をつけなければ。


2013.12.29, 03:18 / 2013.12: スペイン
セビリア終わり はコメントを受け付けていません。
2013.12.29

カルモナ

昨日、「今日は」部屋を交換って言ってた気がしたので片付けた。
でも聞いたら、そのままでいいということなので、8時頃にカルモナに向けて出発。

カルモナはセビリアから30kmくらい離れた町。
昔は要塞があったところで、今も城塞だった場所がホテルとして残っている。

土曜は本数が少ないらしいということでネットで調べたところ、
カルモナ行きのバスが9時にあるので、それを目指す。

バス停までは歩ける距離だがちょっと遠いので、路面電車に乗ってみる。
停留所に着いたら 3分後に発車の電車がすでに待っていたので、
急いで券売機でチケットを買う。1.40ユーロ。

特に改札はなく、ドイツみたいに性善説パターンかな。

20131222-spain-0869

カルモナ行きのバスが M-124 ということは調べてあったので、バス停はすぐわかった。
旅行者っぽい人が一人待っていたので、おそらく合ってるだろうと確信する。

20131222-spain-0872

まだ20分くらいあったので、近くの鉄道駅で菓子パンを買ってきて、食べながら待つ。
時間ちょうどに大型バスが来て、乗り込んでチケットを買う。
2.75ユーロ。

高速に乗って、田舎の方に走ってるみたいだった。

20131222-spain-0875

ガイドブック的には50分と書いてあったが、道が空いてたのか、35分で到着。

青い空、白い壁の家々、教会の塔が見えて、気分爽快。

20131222-spain-0876

ほとんどのお店が11時オープンのようで、町は閑散としていた。
このエリアの一番奥にあるコルドバ門まで歩いてみる。

家が密集しているので、歩いてるときは両脇の建物しか見えない。
天気がいいので、白い壁がまぶしい。

20131222-spain-0885

途中で、サン・フェルナンド広場という中央広場に出た。

20131222-spain-0889

まだまだ時間はあるので、まずは朝ごはん。
コーヒーとパン。

20131222-spain-0890

まだあまり観光客もいない。
地元の人がちらほら朝食に出てきてるくらい。

白い壁の古い街並みで、ここらへん全体が観光地だけど、生活感がある。
細い道なのに、けっこう車も走ってる。
街並み的には馬車のほうが似合いそうなもんだけどね。

20131222-spain-0891

コルドバ門に到着。
とても見晴らしがよくて、丘の上から周囲を見渡すことできる。

周りは何もない荒野というか草原というかが、延々と続いていた。

20131222-spain-0906
 
20131222-spain-0908

昔城塞だったものを宮殿に改装したものが、今はホテルになっている。
そういうものをパラドールというらしいので、行ってみた。

20131222-spain-0922

ホテルなので、宿泊者限定のエリアがほとんどだけど、いちおう中に入ってみた。

20131222-spain-0927
 
20131222-spain-0929

ホテルから少し離れたところに展望エリアがあったのだけど、
中よりは外から見たほうが雰囲気があっていい気がする。

20131222-spain-0936

11時を過ぎたので、博物館にも行ってみたが、閉まってた。
博物館で1時間くらい使うかなーと思っていたので、時間が余る。

20131222-spain-0944

道の確認がてらバス乗り場まで戻ってきてしまったけど、次のバスは 13:15。
まだ2時間あるので、もう一度丘の方へ行ってみた。

20131222-spain-0943
(地面にマークが点々とあって、辿ると観光ルートになってるようだった)

今度は、丘になっている場所の入口であるセビーリャ門の上に、人が見えた。
どうやって上るのか聞こうと思って、インフォメーションに入った。

20131222-spain-0954

そしたら、そこから入場できるようになっていた。
2ユーロ。

20131222-spain-0959

見晴らしがよく、四方をキレイに見渡すことができた。
天気も最高に良かったし、来て良かった!

20131222-spain-0968
 
20131222-spain-0974
 
20131222-spain-1001
 
20131222-spain-1004

ここを見逃していたら来た意味が・・・というくらい、自分の中ではここがメイン。

バス乗り場まで戻って少し待ったら 13:15のバスが来たけど、このバスは普通のバスと違うらしい。
何がどう違うのか、乗ろうとしてたお姉さんが説明してくれたけど、スペイン語で全くわからず。
とりあえず、このバスはダメらしいということだけわかった。

20131222-spain-1017

15分待って、次のバスでセビリアに戻った。


2013.12.29, 02:00 / 2013.12: スペイン
カルモナ はコメントを受け付けていません。