2013.01.05

完治

体調的に問題がなくなったと思うので、完治とみなす!
(検査したわけじゃないけど)

昨日の夕食にカレーライスを食べて、大丈夫だった。
お腹が張る感じもなくなった。

まだ肉は食べてないけど、きっと大丈夫だろう。
珍しくやたらチョコレートが食べたくなったのは関係あったのか?

明日は超久々に、登りに行ってこようかな。

それにしても今日は寒すぎる!
朝から室温が10℃で、昼も上がらず、今もそのままだ・・・。


2013.01.05, 20:59 / 日々所感
完治 はコメントを受け付けていません。
2013.01.05

ジャパニーズ・スピリッツの開国力

ジャパニーズ・スピリッツの開国力

著: 竹井善昭

日本が家電、携帯電話、車の分野でどんどん韓国・中国・インドなどに負けていく今、
ボケッと見ているのではなく、世界に出ていくことが必要である。

では、グローバル化とは何か?

当たり前だけど、英語ができればいいってもんじゃない。

他国の文化を知り、自分の強みを生かせる場を見つけること。
スキルを身につけるのではなく、価値を提供すること。
型ではなく本質を見ること。

ただ外資系企業で働いていればグローバルというわけでもないのだ。
グローバル奴隷という言葉が印象的だった。


2013.01.05, 20:20 /
ジャパニーズ・スピリッツの開国力 はコメントを受け付けていません。
2013.01.05

別離

イランのテヘランで良い暮らしをしている一家。
11歳の娘テルメーの教育のために海外移住を望む妻シミンは、
アルツハイマーの父を残していけないという夫ナデルと意見が合わずに離婚を申請する。

そんな中、敬虔なイスラム教徒がトラブルに遭う話。

神に誓って真実を話すことができるのか?
家族のことをどれだけ真剣に考えてあげられているか?
そういったテーマだけなら、宗教は違っても、共感できる部分もあると思う。

だけど、とにかく、うるさい。

ナデルが妻の知人の女性ラジエーを、父親の世話係として雇う。
そこでのトラブルによる裁判が後半のテーマなのだが、ラジエーの夫がとにかくうるさくてイヤだった。

裁判だろうと学校だろうとズカズカ入り込み、大事な話をしているところに大声で割り込み、
自分が無職である引け目からか、他者を侮辱し続ける。
自分が不利になると大声で押さえ込もうとして、ムリヤリな正当性を主張して騒ぐ。

他の人もクレイジーだって言っててホッとしたけど、これがイスラム教徒、これがアラブ人だと思う人も多かろう・・・。

妻シミンも、けっこう人間的にどうなの?と思う場面が多かったな。
自分が娘を連れて出て行けると思い込んでて、それができないとわかると騒ぐし、
夫が罪を着せられそうになっているのを、お金で解決しようとするし、それが自分のためだし。

そういうイヤな気持ちになる場面は、イスラム教とは関係なかった。

イスラム教としては、家の外でスカーフを着用することや、男性と女性が厳しく分けられていることが描かれている。
必要に迫られて異性の身体を見ることについて戒律違反にならないか問い合わせたり、
まだ幼い子までスカーフをつけていたり、かなり厳格なイスラム教徒のようだった。

物語の根幹部分としては宗教は関係なかったが、
全体としてイスラム教徒ということが色濃く描かれていて、深く印象に残った。

別離
監督:アスガー・ファルハディ
出演者:レイラ・ハタミ、 ペイマン・モアディ、 シャハブ・ホセイニ、 サレー・バヤト、 サリナ・ファルハディ、 ババク・カリミ、 メリッラ・ザレイ
収録時間:123分
レンタル開始日:2012-12-04



2013.01.05, 18:32 / ☆☆☆
別離 はコメントを受け付けていません。