2012.10.01

ミラノ、愛に生きる

祖父の代で紡績工場で財を成した、上流階級の一家。
夫婦仲は冷めてるが、世間体のために取り繕っている感がある。
そんな中、パーティーの料理人である息子の友人アントニオに、母親が一目惚れする。

この一家、感情があまりない人々のように見える。
笑顔で会話をしていても、心の中では冷めた眼で見ている。

ロンドンに留学していた娘が同性愛者であることを母親にだけ打ち明け、
母親もそんなカミングアウトをほほえましく受け止める。

それから、自身が大胆に、アントニオを求め、追いかけていく。

この展開も急すぎて意味づけなんて何もないのだが、最後がまた・・・
なんであれで死んでしまうのだ??と思うくらい、あっけなく幕を閉じる。

他人を傷つけていいから、愛した人がいたら追いかけるべし!という映画・・・かな。

ミラノ、愛に生きる
監督:ルカ・グァダニーノ
出演者:ティルダ・スウィントン、 フラヴィオ・パレンティ、 エドアルド・ガブリエリーニ、 アルヴァ・ロルヴァケル
収録時間:120分
レンタル開始日:2012-06-08



2012.10.01, 23:49 / ☆☆
ミラノ、愛に生きる はコメントを受け付けていません。