2012.07.23

スキャン: 学生時代・完了

プリント写真のスキャンをテレビを見ている間にちょこちょこやってて、
やっと大学生の分が終わった!長かった~!

放送研究会の写真が800枚くらいだったかな。
研究室の写真はあんまりなくて、あっさり終わった。
色黒な自分が、研究室の写真だとかなり浮いてて笑える。

いろいろ思い出して懐かしかったけど、同時にすごい昔だとも感じる。
思い出せない名前もいっぱいあったし・・・。
もう久しく会ってないなーって、改めて年月が経ったことを感じた。

高校の放送委員会と、大学の放送研究会は、たくさん撮ってあって、
ときどき自分の写真も出てきて、ダサくて消えたい!って思うけど、
自分の目から見る世界が楽しかったことは間違いない。

今から思い返すと、高校のときの写真って、よく許されてたな。
もちろん授業中の写真はないけど、行事のときの放送ブースの写真はけっこうある。
先輩方にも撮ってる人はいたし、写真部もあったから、まぁよかったんだろう。

ずっとポケットアルバムに入れっぱなしで、
特に太陽に当てたりしてないから大丈夫だと思ってたが、
かなり色が褪せててビックリした。

さて、まだ旅行のが26冊ある。

これはまた今度だな。


2012.07.23, 23:57 / 日々所感
スキャン: 学生時代・完了 はコメントを受け付けていません。
2012.07.23

ヤング@ハート

平均年齢80歳のロックンロール・コーラス隊、ヤング@ハート。
彼らの活動を追ったドキュメンタリー。

1982年に老人ホームの陽気な方がロックを歌ったことがキッカケで結成されたという。
童謡とかクラシックとかじゃなくて、ロックなのがおもしろい。

歌詞に感情移入したいから、歌詞が大事。
記憶力は弱くなっているけど、一生懸命に覚えて歌う。

指導者のボブは厳しくて、ご老人だから優しく褒めて伸ばす・・・なんてことはしない。
それが彼らのプロ意識を伸ばしていき、より良い歌になっていくのだ。

みんなが健康な方々というわけではなく、突然入院する方もいるし、亡くなる方もいる。
それでも外出ができる身体であれば、いそいそと練習に通う。

せっかくもらった自分のパートを他の人に渡したくない!って気持ちが、若くてイイ。
全員が歌えなければやめるといわれた曲も、10日間の休暇でみんなが必死に練習してきたり。

新しいものに真剣に取り組む姿が、部活の1年生みたい。
そこでの友情や思いやりも、またイイ。

歌が自分のものになったときのパワフルさが素晴らしい。
みんなで歌うことが楽しいから、歌い続ける。

こんな生活、学生のときだけかと思っていたけど、やる気があればいつまででもできるもんなんだな。
すごい元気をもらった!!

で、これドキュメンタリーなので、実際に彼らはいる。

日本ツアーもあるらしい。

ヤング@ハート Live in Japan
行きたいなー。

ヤング@ハート
監督:スティーヴン・ウォーカー
出演者:アイリーン・ホール、 ジョー・べノア、 レニー・フォンティン、 スタン・ゴールドマン
収録時間:108分
レンタル開始日:2009-05-20



2012.07.23, 22:32 / ☆☆☆☆☆
ヤング@ハート はコメントを受け付けていません。