2010.05.28

半生

いつの間にか、
人生の半分ほどを共に過ごしている財布。

高校に上がるときくらいの誕生日だったかな、
プレゼントに親が買ってくれたもの。

そのくらいの頃が、これまでの人生の半分なのも、
それはそれで衝撃的な事実ではあるが・・・

で、私は物持ちの良いほうだと思うのだが、
さすがに壊れてきた。

去年くらいから、部分的に剥がれてきてて、
とうとう今日、プレートみたいなのが剥がれた。

ニュッと押し付けて、またくっつけておいたけど、
また何かに引っかかったりしたら、剥がれちゃうだろう。

いつまでもつかわからないけど、
次にモロッコに行ったら、革の財布でも買おうかなぁ。

ただ、完全に機能を果たさなくなるまで、次のものに移れない気はしてる。
 


2010.05.28, 23:26 / 日々所感
2010.05.28

5/8: 最終日、マラケシュ

途中に1回休憩があって、3時間くらいドライブ。
おしゃべりもしたけど、やっぱりほとんど寝てたかな。

夕方頃にマラケシュ到着。
初日に泊まったホテルと同じところだ。

最後のお買い物タイムなので、
夕食を遅めにして、たっぷりめに時間を取る。

みんなに配れるお土産・・・ということで、
まずはスーパーに寄ってもらい、ミントティーを購入。

それからマーケットにタクシーで直行する買い物派と
ホテルに荷物を置いてから歩いて向かうマッタリ組に分かれ、私は後者。

写真を撮ったりしながらのんびり。

途中で男性に話しかけられ、そのままずーっと話してて、
最後に花をもらってたメンバーもいた^^

マーケットに着いてから30分ほど時間があったので、
さらっと見て回ったが、特に安いというわけではないようだった。

品数重視なのかな。
なんというか、鮮やかなものがゴチャっと並んでるのがキレイ。

22時に集合。
15分前くらいから集合場所へ向かう。
ものすごく入り組んだ作りになっているから、奥に行くと戻れないのだ。

時間通りに到着する人は相変わらず少なく、
何人かずつパラパラと戻ってきたが、
1人が20分経っても戻ってこない。

心配だったが、連絡手段がなくもどかしかった。
ケータイでこっちの誰かにかけてくれれば・・・と思いつつ、
迷子放送とかしてもらいたい気分だった。

誰かに助けてもらって送ってもらったらしく、
ようやく帰ってきたが、さぞ心細かっただろうと思う。
親切な人がいて良かった。

先ほどのフナ広場の屋台か、カジュアルなレストランか、
トラディッショナルなレストランか。

いくつかの選択肢の中、最後の晩餐に相応しい静かな店を・・・
ということで、トラディショナルな店を選択。

伝統的な料理の店ということでアルコールはなかったが、
タジンやクスクスを最後に食べられて良かった。

ちゃんとみんな集まるのは最後だから、
ここでモハにチップを渡したり、最後の挨拶や集合写真。

泣ける。

帰り道、タクシーか歩くかという選択肢では、
全員が歩くほうを選んだ。
一緒にいる時間を伸ばしたかった。

これでホントに最後か~・・・と、切ない気持ちで歩いてた。

途中で物を道路越しに投げてるクレイジーな人がいて、
ちょっと怖かったけど、そんなときはモハの目つきが鋭くなってた。
 
 
ホテルに戻ってから、
『アウスキミニー・ハウハウ』のスタンプを押してもらいに、
すぐにモハの部屋へお邪魔した。

この言葉、結局よくわからないままなのだが、ラクダの名前らしい。

アウスキミニー?って言われたら、ハウハウって答える。
なんか合言葉のようで、使いまくってたな^^

特にドライバーさんは英語が話せなかったので、
ホントこの言葉でしかコミュニケーションを取らなかったな。。
 
 
半分くらいの人が、飛行機が9時くらいだったので、
ホテルを6時に出るように大型タクシーを手配してくれていた。

朝早いから、徹夜を決めていた。

モハのPCを使ったときにメディアが壊れたというメンバーがいたので、
PCに残された写真を救出したりしながら、
早朝の出発時間まで、ずーっとモハの部屋で過ごしたのだった。
 


2010.05.28, 00:26 / 2010.04-2010.05: モロッコ
5/8: 最終日、マラケシュ はコメントを受け付けていません。