2010.05.21

5/4: 砂丘と星空

キャンプサイトに到着。


さてトイレでも行くか・・・と思ったら、
すでに近くのデューンに登ってるメンバーがいた!


簡易トイレは、個室ほどに仕切ってあるだけで、
地面はそのまま砂地なので、臭い。

要は隠れられる場所まで待てない人向けかな。
結局ここは最初の1回しか使わなかったな。

んで、遅れまいとデューンを登る。
たぶんだけど、「デューン」は「砂丘」のことね。


砂が崩れるので登りにくい。

思ったよりも砂である。

硬い地面に砂が積もっているのではなくて、
きっと全てが砂なのである。

足を踏み込むと、砂が崩れて沈む。

となると・・・

沈む前に足を前に出す!

なんて漫画みたいな発想しか出てこない^^;

息を切らしててっぺんにたどり着いたら、
思い描いていた通りの砂漠が広がっていた!

そのまま、夕陽が沈むまで、みんなで並んで佇んでいた。


夕食はモロカンサラダとタジン。

 
そこからはダラダラとまったりタイム。

モハやドライバーさんたちはアフリカンドラムで大騒ぎ。

私は占い待ちをしながら、
寝っころがって満天の星空を眺め、流れ星を探した。

地平線の近くまで星が見え、
流れ星もたくさん見えた。

たぶん10回くらい見えたのだけど、
とうとう願い事を唱えることはできなかった。

きっと、ずーっと心に願い続けながら、
あの星空を見あげていれば、流れたかもしれない。

何を考えていたのか思い出せない。

楽しそうな歌声を聞きながらも、
ほとんど無心だったのかもしれない。
 
 
途中で少しだけ唄い踊る集団に呼ばれた。
少しだけ行ったけど、途中からじゃノリがわからず。

ちょっと疲れていたし、ゆっくりしたかったので、
やっぱり流れ星を探しつづけた。

幸せな時間だった。
 
 
占いを少しやってもらって、
残ってるメンバーでおしゃべり。

そしてサンライズを見るため、2時頃に就寝。

風が気持ち良かったので、
毛布を持ち出して、外で寝た。

戻ってきたメンバーも、どうやらみんな外で寝たらしい。

サンライズは6時半ごろだと言っていた。

だから、5時に起きようということになった。
 


2010.05.21, 23:51 / 2010.04-2010.05: モロッコ
5/4: 砂丘と星空 はコメントを受け付けていません。
2010.05.21

眠気

3時前に待ち疲れて寝て、6時にパッと起きた。
そしたら、その少し前に待ってたものが来てたので、
そこから1,2時間ほど続きをしたのだった。

モロッコから帰ってきてから、すぐ平日だったし、
なんだか忙しくて帰る時間が遅くなってた。

そのくせ、昼間は眠いのに、
夜になるにつれて元気になってた。

だから、ここんとこムリヤリ寝るようにしてた。

でも、昨晩と今朝と遊んでたので、
今日はとっても眠かった。

ようやく、ちゃんと眠くなってから眠れる気がする。
 


2010.05.21, 22:58 / 日々所感
眠気 はコメントを受け付けていません。
2010.05.21

5/4: 砂漠

ラクダから降りると、そこは来たところとは違う場所。
とうとう、砂漠キャンプに向けて出発なのだ!
 
4WDに分乗し、いざサハラ砂漠!


パジェロが1台と、ランドローバーが2台。
これで砂漠を突き進む!


デモクラシーと言ってモハが用意してくれたクジを引き、
わたしはランドローバーのほうになった。

乗ってみて、なんでそうしたのか、わかった。
ランドローバー、イスが外れていたりして大変だった。

天井に手をつき、横の手すりにつかまり、
なんとか体勢を保つ感じ(笑)

でもそれも、デコボコ道をあえて進んで、
その揺れを楽しんじゃおう!というアトラクション♪

車酔いなんて言ってる暇もないほど、揺れまくり。

揺れるっつーか、跳ねまくり。

楽しかった~!

途中で他の2台と出会ったり、別れたりしたけど、
パジェロのほうは揺れも少なく快適そうだった。


そのまま1,2時間進み、
途中、井戸のところで少し休憩。

井戸といえば、『アラビアのロレンス』では
殺し合いになるほど大事なもの。

きっと現代ではそんなことないんだろうけど、
見た目は映画と一緒だったぞ・・・・

 
そこからまた砂漠をひた走る。

最初は岩や草や、いろいろあったけど、
あたり一面が砂になったりすると、
ここで迷ったら確実に死ぬ・・・というところだった。

よくこんなところ運転できるな。

モハ曰く、砂漠ガイドの資格も持ってるらしい。
こんなところでも目印があるんだろうな。


そして、キャンプ地に到着。

 
(まだ続く)


2010.05.21, 00:53 / 2010.04-2010.05: モロッコ
5/4: 砂漠 はコメントを受け付けていません。
2010.05.21

ベルベル語

無口なせいか、上達しないから、
語学は得意ではない。

でも、興味はある。

大学のとき、アラビア語を履修したこともあった。
1週間に1コマだったし、その後使うこともなかったので、
きれいさっぱり忘れたけど。

モロッコに行ってきて、ベルベルに興味を持った。
文字がアルファベットに対応しかけてて、
見た目もかわいらしかった。

モハが教えてくれた挨拶は、
こうだったと記憶しているのだけど、正しいのだろうか。。

– How are you? マンザギン?
– Fine. ラバス
– And you? イキエ ラバス?
– Fine. ラバス

自信ないけど、ちょっと勉強してみよう。

というわけで、買っちゃった。

ベルベル人とベルベル語文法―民族・文化・言語 知られざるベルベル人の全貌