2009.12.31

2009年を振り返って

去年の今頃は、宙ぶらりんな状態だった。

自分がどこの誰かもわからないような、
何もかもが中途半端な状態で、年が変わった。

いなくなりたい、とか、辞めなきゃよかった、とか、
ネガティブなこともたくさん思った。

そんなんじゃ前に進めないことはわかっていたから、
ムリヤリにでも前を向いて、ちょっと前にあるタスクをこなすように、進んだ。

そこから比べてみると、大きな変化だらけの一年だった。

不況を目の当たりにしながらも転職活動をし、
ここでいいかな・・・と思えた会社に会うことができた。

私の場合は、直感が動いたとき、考えて出した答えより良い。
だから、妥協した点はあるけど、直感に従うことができてよかった。

バブル期を知らない、ロスジェネ以降の年代ばかりの会社も、
いいものなのかもしれない、と、最近になって思う。

ムダなものは排除されるべき、という考えは一致する。
サボるとか楽をするとか、そういった点で得をできる仕組みはない。

そういった感じの若い会社に入社し、9ヶ月が経過して、
私のあとに中途社員がもう3人も入ってる。

前職から持ってきたプライドがあるので、とにかく全力。
半年以内で使い物になった中途社員は初めてだと言われ、ホッとした。

そんな怒涛の中、仕事のほうはやっとペースをつかむことができ、
年末には初めて有給休暇を取って、インド旅行に行ってきた。

これから、という感じはするけど、スタートラインとは違う。
もはや前に進むための道は、
自分で模索しなければならない段階だと思ってる。

そんなこんなで仕事がメインの年であった。
 
プライベートのほうでは、途中まではボルダリング大盛況。
だんだんと失速していったが、
まだそこまで下手になってないので頑張りどころかな。

そしてそれと入れ替わりくらいで、
探検隊のほうにも再び顔を出すようになった。
新しい世代が多くて、若くて、時代が変わった感は否めなかった^^;

30歳になり、結婚ラッシュも通り過ぎ、各種集まりも激減し、
これからの人間関係は、意識して構築し、維持していかないと、無くなる。

すでにママ友同士で集まったりってものに変わってきてるらしく、
結婚してないと完全に置いてけぼりなのだ。

2010年、残ってる人間関係を大切にしつつ、
新しい関係を意識して構築していこう。

そして、バタバタとした年ではなくて、
穏やかで幸せな年にしたいと、切に願う。

もうそろそろ不幸キャラを脱したいんだけどな。
 


2009.12.31, 19:08 / 日々所感
2009年を振り返って はコメントを受け付けていません。
2009.12.31

インド

インド4泊5日、実質3日間。
ずっと気になっていた国であるが、
レベルの高い場所だと思って、先延ばしにしていた。

行ってみたら、意外に大丈夫だった。
エジプトのカイロや、ラオスの田舎、
そういった経験をしていると、敷居も低くなるのかもしれない。

だから、人生観が変わる!ということはなかった。
まだまだ奥深いところまで触れてないからかもしれないが。

でも、同じ人間が住むところだし、
そこまで劇的な違いを求めなくてもいいという気持ちもある。

だから、変なもの見たさ、という気持ちはなくなった。
変なものじゃないのだから。。

そうではなくて、広い国の一か所しか見られなかったから、
もうちょっと別の場所も見てみたいな、という、
純粋にまだ知らぬ土地を見たいという気持ちは残っている。

そういった気持ちで、再び行ければいいな、と思う。
 
12/19: いざインドへ
リムジン
成田→プーケット
プーケット→バンコク
バンコク→デリー
初インド

12/20: 待望のタージ・マハル
寝坊
ニューデリー
カレー
アグラ
タージ・マハル
メンドクサさ
クラクション

12/21: アグラ散策

アグラ城
迷子
散策
触れ合い

12/22: 列車に乗り遅れ、酒を飲み・・・
列車
やっちまった
バザール


12/23: 帰国
デリー→バンコク
バンコク

ケータイがキーボード付きなもので、そこに日記を入力していた。
入力が楽で、だいぶ長い文を打ち込んでいたようだ。
そして転送も楽だったので、そのまま載せちゃった。

バンコクでヤバいと思っていた風邪は、
本当に今年でいちばんの風邪になってしまい、会社も休んだ。。
だけど、これが旅の途中じゃなくてよかったかな^^;
 
写真は、あんまり撮らなかった。
遺跡じゃないし、けっこう都会だったから、
そこまで撮りまくらなかった。

人ごみでカメラを構える余裕がなかったりしたことと、
そんなに人とふれあう機会を持てなかったこともあるかな。

写真
あとでコメントとかは足そうと思う。

年内で収めておきたかったので、バーっと更新してしまったけど、
これにてインド旅の話は、おしまい。
 


2009.12.31, 15:11 / 2009.12: インド
インド はコメントを受け付けていません。
2009.12.31

12/23: バンコク

バンコクでの乗り継ぎが悪く、4時間くらい空港で待機。

完全に風邪ひいた。

一昨日くらいから怪しくて、
だましだましきたつもりだけど、
今日は咳と鼻水が。。。

飛行機では暖かい格好をして、
バンコクでの4時間もなんとか身体によいものを摂取したいのだが…。

とりあえずオレンジジュースはGET。

にしても、あと3時間ヒマだ。
 


結局、ドラクエ1時間半、夕食を1時間。
あとは飛行機の中では100%の力で寝るのみ!

コンタクトも外したし、
ジュースを逃してもいいように水も買った!



2009.12.31, 15:05 / 2009.12: インド
12/23: バンコク はコメントを受け付けていません。
2009.12.31

12/23: デリー→バンコク

二人席の窓側。
隣のインド人の女性は飛行機が初めてということで、
かなりソワソワしっぱなし。

なのに、ケータイは飛行機が動き出すまで使ってるし、
飛んでるときにケータイかけようとするし、
私のスペースにがっつり入ってきてるし、
きっとカルチャーで持ってるものは変わらないのだろう…。

私は初めてだから助けてね!って最初に行っておけば、
あとはなんとかなるもんだ。
あの女性はきっとどこでも生きていける。
 
飛行機の中で寒くないように配られる毛布、
あれはかけるものじゃなくて着こなすものなのかも。
着るとインド風になる。

そんなことに気づいたインド行きの飛行機。
毛布を来てる人が何人もいた。
 
彼女に食事はベジタリアンのものがあるか?と聞かれ、
わからないから聞いてみて・・・と答えたのだが、
帰りも行きの飛行機と同じみたいだ。

機内食がチキンorビーフじゃなくて、ベジorノンベジになる。
半々くらいいるってことか。

ちなみに、普段はノンベジの人でも、火曜日だけはベジタリアンになるらしい。
昨日飲んでたとき、彼らはベジタリアンの日だからって、
豆料理をたくさん頼んでいた。 
 


2009.12.31, 14:57 / 2009.12: インド
12/23: デリー→バンコク はコメントを受け付けていません。
2009.12.31

12/22: 酒

ツアー会社の人の友達が経営してるというカフェに到着。
クラブ・インディア・カフェというところ。

室内と屋上があるのだが、外国人はみんな屋上で飲んでるそうだ。
たしかに、屋上へ行く新たなお客さんが絶えなかった。
メチャ寒いのに…。


仕事が終わってからの、
仲間たちとのたまり場として使ってるらしい。
というか、そのために経営しているらしい。

ツアー会社と同じく日本語を話せる人達がいて、
壁には藤原紀香が来たときの写真が貼ってあった。

あと若槻千夏も来たらしいが、
汚い格好をして顔を隠すようにしていたので、
そのときは誰も気付かなかったらしい。


インドのビールというものをいただく。
おおっぴらに飲むことが良くないことなのか、マナーなのか、
酒の瓶類はいつも新聞紙にくるまれて、テーブルの下に置いていた。


インドで初めて楽天と組んだツアー会社だということや、
日本について、日本人について話を聞いた。

インドでITを学ぶのは大変だってことや(4つしか大学がないらしく激戦らしい)、
日本人はシャワー、お風呂に強いこだわりがあること、
そんな雑多なことをおしゃべりしていた。

徐々に仲間が集まってきて、
彼もヒンズー語で話すことが多くなった。
ときどき訳してくれたりはしたけど。

来るといってた別の日本人のお客さんは、
つかれたからということで、今日は来なかった。
そのため、私と、インド人たちという、傍目に不思議な組み合わせ。。

店のオーナーや、ツアー会社のもうひとりのボスも来た。
このシンさんという人、日本語がナチュラルすぎて素晴らしい。

肌の色があんまり濃くなくて、
インド人にしては寡黙だから、日本語が似合う(笑)
うるさくてすいませんねぇ…とか普通に言われると、インド人に見えなくなる。。

インド・ツアーズのHPの表紙にいる人なのだけど、
ターバンじゃなくてキャップをかぶっていて、もう少し肌は白かった)

初日に空港まで迎えに来てくれたドライバーさんが、
片方のボスは今は日本にいる、と言っていたが、
それがシンさんだったらしい。

徐々に集まって、たぶん8人いたのだが、
ドライバー職の3人を除いて日本語が話せるそうだ。
着メロを、萌え系な日本語にしてる人がいて、ビビった(笑)

それまで日本語なのはツアー会社のノティヤルさんとシンさんだけで、
その他のみなさんはヒンズー語しか話してなかったのに
突然4,5人が日本語になったときがあり
(おそらく私について話してたんだけど)、ビックリした。

インド・ツアーズのオーナー達と、
ここクラブ・インディア・カフェのオーナー達は、
とても親日な方々で、みなさん日本語が話せるというわけ。

かなり良い人ばっかりで、全くぼったくることもないので、
ツアー会社もカフェも、どちらも超おすすめ。
ビジネスの人の利用も多いとのことなので、出張で行く際もぜひ。

デリーで頼れるところを見つけられたのは、デカイ。
今後また来るときは、最初っからお世話になっちゃおうかな。。

22時近くになって、もうほとんどヒンズー語オンリーになってたし、
眠くなってきたのでホテルへ戻った。

楽しかった。
 


2009.12.31, 14:00 / 2009.12: インド
12/22: 酒 はコメントを受け付けていません。
2009.12.31

12/22: バザール

アグラに向かう前、おもしろそうだと思っていた場所に戻ってきた。

13時過ぎに着くはずだったのに、
列車遅延と降り間違えで既に16時になっていた。

とりあえず初日に予約したホテルにチェックイン。
最終日用にってことで、ちょっと綺麗なホテルを選んでくれてた。


完全に観光は諦めて、買い物と散策だけにした。
最初にオフィスに行き、戻ったことを知らせ、明日の時間を確認。
それからは何も予定なし。

ストリートを何度も行ったり来たりして、
会社向けのめぼしいお土産は見つからず、
スパイスと紅茶を何種類か購入。


屋台のクッキーを買い食いしたり、
遅いランチ兼早めのディナーでカレーとラッシー。

(このクッキー、めちゃうま)


もう暗くなってきてはいたが、
活気があるのでホテルに引きこもるのももったいなく、
また外に出て今度は屋台のラッシー。

作る過程を写真に撮らせてくれたり、まったりと。
そして再び屋台のクッキーを買って、ホテルに戻ったのであった。


さてシャワーでも浴びようか…と準備していたら、オフィスから電話。

これから従業員とお客さんで夕食がてら飲みに行こうと思うけど
行きますか?というお誘い。

そりゃ、行きますよ(笑)


2009.12.31, 13:46 / 2009.12: インド
12/22: バザール はコメントを受け付けていません。
2009.12.31

12/22: やっちまった

私の席に寝ていたのがお父さんっぽい。

家族構成は結局わからなかったのだが、
お父さん、お母さんらしき人が3人、小さい男の子が2人の大所帯。
(一夫多妻制だっけ?)

席が決まってるなんていうのは形だけで、
大家族の中に、私が間借りさせてもらってるみたいな形だった。

何をしゃべってるのかはわからなかったが、
男の子たちがいたずらをして怒られて…をずーっと繰り返していた。
聞いたところによると、デリーで降りるらしい。

同じだ。

ちょっと場になじんだ頃に、たぶん大きいリュックのほうは
席に残してもこの家族が見ていてくれるだろうと判断し(もちろん鍵はかけてあるけど)、
やっとトイレに行くことができた。

インド式で、水で洗うやつ。
そして、トイレといっても、列車に穴が開いているだけで、
外へ直結なやつ(笑)

3時間くらいかかるので暇。
横になることもできない。
子どもがチョロチョロしてたので、動くものがあって救われた感じ。


1時間遅れで発車したので、
到着もきっと1時間遅れだろうと予想した。
13:40着だったので、きっと14:50らへんだろうと。。

その予想時間になり、
大家族も10個くらいある荷物を入口付近に移しはじめた。
だから私もスタンバイ。

彼らもデリーへ行くのは慣れてないらしく、
駅はまだか?とよくそのへんの人に聞いて、
そわそわしていた。

駅のプラットフォームにはそこが何駅かという表示はなく、
列車の番号と始発駅と終点駅の名前だけが表示されているのだ。

しばらくして、やっと大きめの駅に到着した!

お父さんは頑張って荷物を降ろしだした。
ささっと荷物の合間に降りさせてもらった。
そしてEXITの文字のほうへ進み、外に出た。

のだが、どうも見たことのない景色。

・・・??

入口がたくさんあるのかと思って見渡したが、どうもメインゲート。

これはやっちまったなぁと気づき、
軍服を着た警備員らしき人に、
ここはニューデリー駅?と聞いたら違う名前を答えられた。。

やばい!と思って、急いでホームに戻ってみたものの、
そこにいたのは別の列車。
違う駅で降りてしまった状態、確定。

(読めないけどデリーじゃない・・・)

アグラまでデリーから車で行くツアーもあるのだと思い出し、
それよりはだいぶ近づいてるはずだから、
車で行けば夜までかからないだろう。

そんな予想を立てた途端、
今まで全て無条件に No と答えていたところを変更。
Taxi? と聞かれたとき、Umm, Yes…

ここからニューデリー駅までどのくらいかかる?
と、まるで終電で寝過ごしたときのような質問を投げ掛ける。

経緯はよく覚えてないが、手持ちがないと言ったことは覚えている。
すぐに250ルピーで決着した。
すごい慌ててることは伝わったらしく、ダッシュで車に向かってくれた。

冷静に考えればそこまで慌てる理由はどこにもない。。

今度は慌てて、慌ててる理由を探し、
ツアーオフィスに予約してあることにした。
嘘ではなくて、明日のピックアップ時間を確認に行きたかったのだ。

インド門やプレジデントオフィスなどを横目に、
数十分でニューデリー駅に到着。

やっぱりだいぶ近かったようだ。
助けてくれたお礼に300ルピーあげようと思ってたら、
あっちから先にその額を要求してきて冷めた…。
 


2009.12.31, 13:17 / 2009.12: インド
12/22: やっちまった はコメントを受け付けていません。
2009.12.31

喉の奥の奥の奥のほうに、
なんかひっかかってる感じが取れないまま数日経過。
そのせいで咳が完治しない。

もう1週間もするし、そろそろ治ってくれないかなぁ。

そこをピンポイントで洗いたい。
そのひっかかってる感じのものを洗い流したい。
 


2009.12.31, 11:40 / 日々所感
喉 はコメントを受け付けていません。
2009.12.30

12/22: 列車

朝食をとって、9時頃にチェックアウト。


短い時間で何もできないから、すぐに駅へ向かった。

朝は空気が冷たいので、オートリクシャは寒すぎる。。
なんか飛ばしてくれたので、すぐに着いてしまった。


駅なんか早く着いてもすることはなく、
プラットフォームと時間を確認してからは、しばらく人々の様子を見ていた。


列車が到着すると、ワーッとリクシャの客引きがホームに向かう。
しばらくするとはけてくる。

私も最初のうちは声をかけられたが、
10分もしたら気にする人は少なくなっていた。

列車が来るのは10:20なので1時間ほど暇。

どうしようとフラフラしてたら、
列車を待ってるなら何でプラットフォームで待たないの?
というもっともなことを言われ、ホームへ移動。


やっぱり最初は好奇の目で見られたが、
1時間も待っているうち、気にする人は少なくなっていた。

物売りが電車が来るのを待ち構え、5分ほどの停車時間に売ろうと必死。
鳥の鳴き声がひっきりなしで、あとは物売りが出す音と、怒鳴るような話し声。
なぜかホームを牛が歩き、どこから来たのか自転車で通る人もいた。


ようやく時間になった!と思ったのに、列車が来ない。
そのタイミングでアナウンスも流れるが、なんと言ってるかわからない。
電光掲示板を見たら、到着時刻と発車時刻が約1時間後にリスケされていた。


また座って、ボーッと周囲を眺めながら待つ。
トイレに行きたかったが、なかったのでがまん。

リスケされたほうの時間通りに列車がやってきた。
A1という車両が、予約した席のあるところなので、それを探す。
B5,B4,ときて、A2,A1で見つけた。
すんなり見つかってよかった。


席に行ってみたら、思いっきり私の場所に寝てる。
でもすぐに気づいて起きてくれ、あとは並んで座ってた。
トイレ…。
 


2009.12.30, 20:05 / 2009.12: インド
12/22: 列車 はコメントを受け付けていません。
2009.12.30

12/21: 触れ合い

ここまでほとんど地元民と話すことなく来てしまったが、
ようやく少しその機会に恵まれた。

トイレのためにホテルに戻って体制を整え、
再び外に出たところで、屋台のおじいちゃんが声をかけてきた。


いいから食ってけ、という感じで差し出してきた。
興味のある食べ物だったので、いただくことにした。

じゃがいもを潰して揚げ焼きしたものに、
タレをかけたもので、おいしかった。


お金を払おうとすると、もう一種類の食べ物も薦めてきた。
せっかくだからいただくことにした。

今度は中が空洞のスナックを割って穴を開け、
中にじゃがいものカケラとスープを入れたもの。
こっちもなかなか美味しかった。


しめて30ルピー。


満足して歩いてたら、ゴミを分別して瓶や金属を取り出してる人のエリア。
写真を撮ってたら、たまたま写り込んだ子たちがポーズをとって、撮ってくれと。。


で、撮ってあげたら喜んで、周りの子たちも集まってきた。
撮っては見せて、を数回繰り返してバイバイ。
子どもはやっぱり良い!癒された(笑)


ボチボチ戻ろうかな~と大きめの道に戻ったらリクシャの客引きがたくさん。
みんなして1時間10ルピーだと言ってくる。

そんな短時間で見に行きたい場所はないし、
ホテルもすぐそばなので全部無視してたが、しつこい。

そこで、声をかけてきたチャイ売りのおじさんのところへ行き、
1杯4ルピーだというのでいただくことにした。
しばしチャイ売り場のおじさんたちと話す。


リクシャ野郎もしつこく付いてきたが、断り続けてやっと去ってくれた。
そしたらチャイ売りのおじさんが、あいつはcheating man(嘘つき)だとのこと。。

知ってても、さすがに本人がいるときには言わないのね…。


途中、店の真ん前でバイクの衝突事故があり、
続々と人が集まって、ワイワイしていた。
よくあることだと言っていた。

クラクション、あんなに鳴らしちゃ意味がないわな。。


飲み終えて、ちょこちょこ小さい店を見ながらホテルに戻った。

お腹は空いてなかったけど、暇だからレストランへ。
今日はビルヤーニ。


お腹いっぱい過ぎて、味にも途中で飽きてしまった。。
申し訳ない。

その食事中、3回くらい停電。
そのあとも1回停電。
今日は多いな。
 


2009.12.30, 19:54 / 2009.12: インド