2009.08.29

JUNO ジュノ

16歳のジュノは、興味本位で友達と関係を持ってみて、
そのまま妊娠してしまう。
育てられないとわかっているが、中絶することも選べず・・・。

と、あらすじだけで全て説明できてしまうくらい、
あっさりとしたストーリーになっている。

日本だったら、こんな軽々しい話にできないだろう。
それが、風変わりな不思議ちゃんのジュノだからなのか、
アメリカの文化がそうさせるのか、わからない。

学校では誰の子だってのもバレてるし、
お腹が大きいまま通学してるけど、
注目の的になるだけで、特にイジメがあるわけでもない。

なんか変なの。

養子として引き受ける側の夫婦だけは、
ちょっとリアル、というか、有り得る感じ。

男性が父親になるのを躊躇うこととか、
女性が妊娠・出産に神秘的なものとして陶酔してるとか。
それもまた、変なの。と思うわけだけど。

でも、この夫婦も、ジュノと男の子との関係も、
最後に、ちょっと違うものになってくる。
そしてやっと、変なの・・・という感じがなくなる。

変なことも、リアルなことも、現実には両方あるわけで、
それはそれでいいような気もする。
 


2009.08.29, 13:41 / ☆☆☆
JUNO ジュノ はコメントを受け付けていません。