2008.03.31

記憶・記録

もう業務日報をつけなくていいはずなんだけど、
特に深く考えずにつけている。

時間と成果が連動していないから、
何をどれだけやったのか、わかったほうがいい気がする。

でも、今までのように細かくつける必要はないので、
手を抜きながら、でもゼロにならないように継続できれば、一番いい。

週明けとか、何をすべきか思い出すのに使える。
本来の目的とは違うのだけど、TODOリストとしての意味合いのほうが強い。

結局のところ、記憶として使ってるのだ。
ここと同じ。
 
 
一人抜けただけと言えば、だけなはずなんだけど、
それによって体制が変わりそうなことが不安。

せっかく慣れそうなところだったのに。
まー、基本、ないものねだり。
 


2008.03.31, 22:32 / I社
記憶・記録 はコメントを受け付けていません。
2008.03.31

神童

天才ピアニストの少女と、音大を目指す青年が、
音楽を通じて、心を通わせる。

年が離れているから、恋愛というわけでもなく、
かといって、兄妹でもないという微妙な関係。
少女が13歳といっていたが、もっと年上に見えたな。
中学1年生と、大学1年生ということになるのか。

音大を目指す青年が、受験のときに弾いたあの力強さに打たれたが、
その後の大学生活での音楽を聴くと、
先生方同様、なんだったんだろ?って思ってしまう。

あの演奏はなんか深い意味があったのかな。
原作には何か書いてあるのか、ちょっと気になるところ。

で、音楽だけでつながっている二人というのが、
なかなか純粋でいい。
やっぱり松山ケンイチの表情がいい。
 


2008.03.31, 20:43 / ☆☆☆☆
神童 はコメントを受け付けていません。