2008.01.31

持ち直す

ミーティングだらけの日。

午前2個目の途中で突然、喉に刺激。
それからしばらく頭痛。

午後1個目のときは顔も熱くて体調不良。
やばいと思いつつ、まだ寝れば治るだろうと思っておく。

午後2個目、社外の方々と、ちょっと珍しいミーティング。
とても話しやすい方々で、理解も早くて、話してて楽しかった。

それが終わったら、治った。
と、思う。

病は気から!

明日は京都、明後日から2泊3日で志賀高原。
ぜーったいに風邪ひいてる場合じゃない。

こうして1月が終わっていく。
みごとに金曜日のエントリーがない1月。
 


2008.01.31, 20:19 / I社
持ち直す はコメントを受け付けていません。
2008.01.30

HeySay じゃなくて

今って、平成20年なはずなんだけど、
記憶を頼りに計算してみると合わない謎。

何年生のときだから何歳のはずで・・・と仮定して
「今の年齢-当時の年齢」を計算すると 2年ずれる謎。

昼にすっごく気になったけど放置していて、
たった今、検証してみた。
 
平成元年は(Wikipediaによると)1989年。

平成に変わったのが小4のときと記憶してたのが、まず間違い。
調べてみたところ、たぶん小3で、1年ずれた原因。
城先生だったという記憶は正しかった。

あとは単純に+1しないと合わないのは気付いてた・・・よ。
1989年-1989年+1=元年
2008年-1989年+1=20年
28-9+1=20年

平成何年っていう表現は、使わなくなるとわかんなくなる。
日本人として如何なもんか。

でもパッと計算できないからこそ、本人確認で使われたりするんだな。
 


2008.01.30, 19:40 / 日々所感
2008.01.29

時間管理

前のグループだと、話が脱線して延々と話す人がいても、
みんな気にしてないのか、
さらに脱線したまま話が続き、ミーティングは長引くばかりだった。

今はなんとなーく所属長が時間キッチリな感じで、
時間オーバーして話す人がいると雰囲気が変わるのが伝わってくる。

でもそれすら気にしないで話し続ける人はいるんだけど、
かなり客観的に、どっちが勝つんだろう?って場を見てた私。

私自身は、ミーティングは時間内に終わってほしい派。
んー、がんばれ。
 


2008.01.29, 22:57 / I社
時間管理 はコメントを受け付けていません。
2008.01.29

コンタクトレンズ

クララスーパー・オーEX
7800円×2。

乱視用じゃない普通のレンズらしい。
価格表を見ていたら、乱視用は1万5千円くらいだった。

ちなみに、安いのと高いのでは装用可能な時間が違うらしい。
でも12時間までだったら、どちらでも変わらないって。

メモ:
度が合わない場合は3ヶ月、破損は半年まで交換できる。
3ヶ月以内にコンタクト装着状態で定期健診を受ける。

合うといいな。
 


2008.01.29, 22:47 / まぁまぁ
コンタクトレンズ はコメントを受け付けていません。
2008.01.29

Self Control

いや、ビックリするほど制御できてない。
喜怒哀楽というほど種類もないし、
仕事のことじゃないから、いいと言っちゃいいんだけど。

唯一耐えてるのは、ひきそうでひかない風邪。
もう2週間くらいひきそうでひかないまま。
このまま耐えろ~!


2008.01.29, 21:50 / 日々所感
Self Control はコメントを受け付けていません。
2008.01.28

夢の記録

また覚えてた夢を記録。
ホントどーでもいい話でごめん。

いつも冬に着ている黒いジャケット。
たぶんここ4年くらいは毎冬に着てるアレ。
アレを飲み会の帰りに間違えて持っていかれて、追いかける夢。

追いかけるってのも単に走るんじゃなく、
なぜか飛行機で海を渡って、友だちが住んでるマンションを突き止めて、
追いかけては隠され、階段を駆け上り。

黒くてこういう形してて襟が立ってる感じで・・・、
って必死に説明してるのが、思い返せば不思議。
だって、特に何の感情も抱いてなかったはず。

なのに今日着るとき、あ、あった!!って、嬉しかった。

夢は心を投影するのか、夢が心に投影するのか。
夢に支配されることは簡単な気がした。
 


2008.01.28, 22:16 / 日々所感
夢の記録 はコメントを受け付けていません。
2008.01.28

ハードコンタクト

えーっと、早速作りに行っちゃった。

眼科が開くちょっと前に行ったので、整理券3番GET。
ロスタイムは1時間未満で済んだ。

眼科はメガネを作りに行ったとき以来で、
その前は1dayのソフトコンタクトを作りに行ったときで、
定期健診を全然受けてなかった。
そういや前にソフトコンタクトを買ったとき、受けるように注意されたんだった。

ソフトコンタクトで違和感ないか?って聞かれて、
たまに白目にゼリー状のブヨブヨがあるって言ったけど、
ノーコメントでスルーされたので、これは普通のことなのか??

仮ハードコンタクトをして視力検査。
目のカーブとかは前に測ったデータを使ったのかな。

今回初めてわかったこと。

1つ目、コンタクトは意外に安かった。
私のイメージでは片方2~3万円だったのに、
特注じゃなくベーシックなやつで片方7千円くらい。
数年前に作ったのは特注だったのだろうか、それとも時代が変わったのか。。

ちなみに、正式名は忘れたけど、潤いタイプの安いやつは、
寿命は最大3年ということで、ちゃんと買い替えなきゃ。
初代コンタクトは6年使ったことを考えると(さらに右目は最近まで使ってた疑惑が・・・)
なかなか寿命は短いもんだ。

2つ目、ひとの目に普通サイズってのがあるらしく、
私はそれよりも、角膜が大きくて、平たいらしい。
そんなこと初めて言われた。
角膜が大きいって、黒目が大きいってこと?

でも、特注にしなくて大丈夫だろうということで、ちょっと小さめレンズ。
もし違和感があったら、また言いに行かなきゃいけない。

3つ目、残念なことに視力がさらに低下してた。
ソフトコンタクトのほうも、もう1段階、度を強くしたほうがいいって。。

もっと目が良くなりそうなことをたくさんしたいのだけど、
この生活はちょっと改めないといけないな。
 
というわけで、新コンタクトレンズは明日購入。
傍目から見る分には、何も変わらないけど。
 


2008.01.28, 20:52 / 病院
2008.01.28

蟲師

蟲を退治する蟲師。
コミックの映画化。

どろろと同じような感想。
原作を知ってればもっとおもしろいんだろうなーってのと、
もっと村の人の蟲を退治するところがいっぱいあればよかったなーってのと、
要は映画になっちゃったから、時間不足。

もっと昔の設定かと思ったけど、そうでもなかったっぽい。
100年前とか言ってたし、言葉は現代風。
なのに、村の人だけ見てると何時代かわからないくらい昔。
ちょっと違和感が・・・。

なぜか声の音量が小さくて、台詞がだいたい聞き取りにくいのが眠くなる一因。
あとは台詞のない時間が長いのも、一因。

あと、江角マキコだとは気付かなかった。
合わなかった。
原作は知らないけど、もっとお婆さんっぽいイメージがよかった。
 
そういうマイナス点を除くと、たぶん時間なさすぎ、詰め込みすぎ、になる。
 


2008.01.28, 07:47 / ☆☆☆
蟲師 はコメントを受け付けていません。
2008.01.27

意識して外出

最近の体調不良の原因はわからないけど、
たぶん家でダラダラしてることで、身体もダラけてると仮定。

今日は久々にジムに行って登ってきた。
登れるようにもなってないし、登れなくもなってない。
まぁ久々なので、そしてホールドも変わってたので、
1時間くらいでおしまいにしたけど、握ることがつらい今・・・。
握力つけなきゃ。

そこから駅に戻るとき、入試の予想問題を配られそうになった。
ネタ的にはもらっておけばよかったのか?
10歳くらい若く見られたのか、大学入試じゃないのか、不明。

ついでに、ヴィレッジヴァンガードなど。
何が欲しいわけでもないんだけど、見てるだけでおもしろい。

死にたい瞬間についての投稿を集めたがあって、
この内容をおもしろいと思えるのは、心が元気なときだけだなー
なんてことをしみじみ思ってた。

まーどうでもいいことだ。

ただ、楽しそうなものとか、皮肉で笑うものとか、変なものとか、
いろんなものがあるのを見ていて、
それが狙うところを笑って受け止められるようになったのって、
大人になったというか、社会に適合したというか、そういうことなんだと思った。

なんつーか、よかった、と。
 


2008.01.27, 17:14 / 日々所感
意識して外出 はコメントを受け付けていません。
2008.01.27

パフューム ある人殺しの物語

何でも嗅ぎ分けられる嗅覚を持ってうまれた孤児・グルヌイユ。
人とあまり接することなく、奴隷のように生きてきたが、
女性の匂いを知ってから、それを再現するために調香師となる。

生まれ持った才能だけじゃなく、人と接することが少なかったこともあってか、
感覚や行動が動物的なグルヌイユ。

殺すことと、善悪の判断を切り離してしまっていることが、
彼の人間離れした感覚と、求めるものへの執着心の前では、当たり前。
不思議と怖さを感じないのは、人間ではなく、動物を見ているようだから。

前情報からストーリーは知っていたけど、飽きずに最後まで楽しめた。
どうやって、話題になった最後のシーンまでつながるのか、
そこに興味があったのだが、そこはちょっとおとぎ話みたいな変な展開で拍子抜け。

香水って好きじゃないし、特に興味もないのだけど、
グルヌイユが調合した香水だけは嗅いでみたいものである。
 


2008.01.27, 08:31 / ☆☆☆☆
パフューム ある人殺しの物語 はコメントを受け付けていません。