2007.11.02

コミュニティ

今日は聴講だけだったが、
昨日までに話さなかった人とも話したし、
今回の学会は今までで一番、会話をした気がする。
(一般的に見て多いかどうかは別として、個人的に。。)

始まる前にあれだけ気が重かったのに、
(原因の全てがコレなわけじゃなくて、他にもっと大きな原因があるけど)
終わってみたら、楽しかったという印象。

きっと初日の夜のセッションで、
以前に会った方が覚えててくれたり、声をかけてくれたりということが大きい。

それで気分が明るくなって、
当初の予定通り、1分間なるべく明るく楽しそうに話すことを心がけた。
それ以降は、いろんな人と話すことができた。

やっぱり相変わらず相当な人見知りだから、
身内以外で見知った人がいると思えたことが良いのかな。
そう考えると、身内が若者しかいなかったことも、大きな要因かも。

(お目付け役っぽい身内がいると、それだけで身動き取れない気分になってしまう)

会社つながりのほうより、大学や研究室のつながりのほうが濃かったりする。
いろいろ人脈は大事にしていきたいものである。

社外のコミュニティがあるということを認識する、
社外で行われている研究を、日本の同じ分野の方々が何をしてるかを、知る。
そういったことが自分の位置や、これからの方向を見るキッカケになる。

少なくとも日本の学会だと、言葉の壁もないし、そういう点では自己嫌悪にならないから、
素直に目の前にあるものを見ることができる。
そういう意味では、鋭い視点とか、楽しそうな態度とか、柔軟な人間とか、
直接の研究内容に対してじゃなくても、得るものはけっこうある。
 
ということを思いながら、
帰りの新幹線では、ちょっと豪華に、柿の葉寿司が入ったお寿司セット。
そして、ちょっと豪華に玉露茶。
 


2007.11.02, 21:45 / 日々所感
コミュニティ はコメントを受け付けていません。