2006.11.12

ロッククライミング

1年ぶり4回目の外岩でのロッククライミング、
湯河原の幕山公園にて。

この1年はジムもあまり行けなくなっていたので、
本気で久しぶり。ドキドキ。

駅に集合し、タクシーに分乗して幕山公園に向かう。
昨日中止になったクライミングでガイドのナオヤさんに会っていたので、2日連続(笑)
名前も覚えてもらえたみたい。あとスタッフさんは何度もお世話になってるこの方

参加メンバーは9人かな。4人グループと、あとは個人。
うち1人は交流会でスピーカーだったので
話したことがあったと思うけど覚えてないらしく、はじめまして。
年齢は知らないけど、みんな若かった。

幕山公園はメッチャ混んでいた。
到着した時点ですでに空いているところはなく、
場所待ちしながら説明を聞く。
ちゃんと8の字結びとかは覚えていて、安心した。

空いたコースにさっとロープを張ってくれた頃、ザーッと雨。
天気予報は曇のち晴れだったのにな。

作ってくれた2つのコースの右側が簡単らしく5.7~5.8、
左側がちょっと難しくて5.9だそうだ。
経験者ということで、まず左側のチャレンジコース(赤)に挑んだ。

結果、惨敗。

20061112-climbing.jpg20061112-climbing2.jpg

このコースは最初に難関が2回あるのだが、
最初の1個がクリアできないまま、右側のコースでは何人も登ってた。

両手をいっぱいに広げた距離に手に良い場所があったのだが、それがやっと届くくらい。
その状態で足を片足で踏ん張って、
全力でもう片足を高くあげれば届くはずと言われたのだが、
足がどう頑張ってもそこまで上がらなかった。。

両手はいっぱいに広げてやっとつかまってる程度なので、力を入れることもできず。。
右手の指が2ヶ所、皮が剥けて血が出てきたので、あきらめた。

このコース、その後でチャレンジした人では、
背がちょっと高い人は最初の難関をクリアしていて、小さめの人はクリアできなかった。
それが続いていたから、小さいとムリなのか…と思っていたのだが、
最後の最後で一人の女性がクリアした!! すげーっ!!!

ちょうどそのとき私は隣でビレイをしていたので、
どうやって登ったのか、見ていられなかったのが残念。。

そう、今回はビレイも教えてもらった。
過去に1回だけ教えてもらってやらせてもらったことはあったが、
あまりにも前のことなので復習したかった。
だから、ビレイを何回か任せてもらえて、嬉しかった。

けっこう好きなんだよね、ビレイ。
自分が登るんじゃないけど、近くで関われる&命を預かるという
裏方的な使命感が、やりがいがある。

場所を奪われつつも、あと2つのコースを作ってくれたが、
1つは傾斜が逆さの部分があるやつだったので、疲れていたのでやらず。

もう1つはいろんなコースで登れるけっこう楽しいコースで、
横に避けると楽になるという道があったが、けっこう真っ向から攻めてみた。
何回か滑ったけど、メンバーのビレイがしっかりしていたので、安心して登れた。
 
 
若くて元気というのが今日の印象。ノリがいいし、応援も盛大。
毎回、雰囲気違うな~。

混んでいたから結局3回しか登ってないけど、たぶんもっと登った人もいるだろう。
その分、私はビレイを楽しんだ。

17時くらいに切り上げて片付けて温泉へ行き、
夕方から急激に冷えた身体を温めてから、帰宅。
 
 
あまりにブランクを空けてはいけない!と強く感じ、
もうちょっとジムでも外岩でも、なんでもいいからやろうと決めた。

週3日やれば上手くなると言われたが、それはムリかな。。。
ジムの目の前に住んでるという人がいて、羨ましかった。

1年ぶりはヤバかったので、また行くぜぃ!
 
 


2006.11.12, 21:37 / 地球探検隊
ロッククライミング はコメントを受け付けていません。