2006.08.31

防災の日、の前日

夕方、震度4の地震。
けっこう激しくガタガタ揺れていた。
誰かが走ったときにも揺れるけど、それより大きかった。

社内放送が入った。
事業所の震度計によると震度4です・・・って、そこまで備えてあるんかぃ。

その後、震源地やマグニチュードなどの放送も入り、おしまい。
今までの地震のとき放送なんて入ってたっけ?

明日は防災の日。
聞いてないけど、訓練とかないよなぁ??

今日で8月も終わり。
バタバタしてるうちに終わっちゃった。


2006.08.31, 22:47 / I社
防災の日、の前日 はコメントを受け付けていません。
2006.08.31

お腹の調子

今日はお腹(胃)の違和感がなかったので
お昼をふつうの量にチャレンジしてみた。
やっとこさ、治ったかな?
 
モンゴルの最終日、体調が悪かった。
モンゴル建国800周年記念祭というイベントが終わってからのこと。

イベント会場は草原の真っ只中に吹きっさらしで
寒くて寒くてしょうがなかったのが、バスに戻ってからも続いていた。
手が暖まってきて痺れるのを感じながら、長い移動時間を寝て過ごした。

バスが止まり、「郵便局に行く人~」という声で起きたが、
まったく動く気力がなく、バスに残って寝ていた。

最終日だから楽しく過ごしたかった。
だから全力で、バスの間に復活しようとしていた。

だいぶ経ってみんなが戻ってきて、今度はデパートでお土産タイム。
寒気はだいぶなくなっていたが、元気はあまりない。
パパッと見て、トイレに行ったり、他の人の買い物を眺めたり、ゆっくりしていた。

次はそのまま夕食。最後の晩餐?はバフェスタイル。
夜はクラブに行くので、ここで持ち直しておかないとって思って
食欲はあまりなかったけど少なめの食事。

そしてビールはやめておいてオレンジジュース。
いつも食事のときはビールを飲んでいたもんで、気付いた人に突っ込まれる。
・・・なんかこのパターン、ペルーのときもあったなぁ。。

体調はまた変わっていて、寒気じゃなくて、熱っぽくなっていた。
進みが早いなぁなんて自分で自分に感心してた。

そしてホテルにチェックインして、23時に再集合。みんなでクラブに行くのだ。打ち上げじゃ。
荷物を片付けて出発の準備ができてから、30分ほど余ったので
ベッドで横になっていたら、ウトウトしてしまった。

それが良かったのか、熱っぽさは無くなっていた。
やっぱり自分の回復力に感心。遊ぶためには風邪も治す!

それからクラブに行き、自制していたビールもいただく。
みんなそんなに踊る人々じゃなかったから、まったりした時間が長く
体力的には問題なかった。バスからの自制が功を奏した!

そんなこんなで楽しく騒ぎ、そして楽しそうな仲間たちを眺め、たまにはウトウトし、
モンゴル最後の夜を楽しく過ごせたのであった。
 
 
いつも風邪だと最後は喉にくるのに、今回はお腹だけが後からきた。
なんか悪いものでも食べたのか、肉ばっかがつらかったのか、ストレスか・・。
タイミングからして よくわかんなかったけど
日本だからトイレ事情は良いので、とりあえず問題ない。

帰国翌日の昼食は、おかずとこんにゃくゼリー。
昨日の昼食は、きのこ雑炊。まさに私のための食事かと思った。
そしてやっと今日、ご飯も食べることができたのである。

帰国直後の増えた体重は、元に戻った。
もうちょっと減らないかなぁなんて思ってたけど、
残念ながらもう治っちゃったみたいだな。

というわけで図ったように
晴れて明日からの3連飲みに行けるのである。

・・・バカ。
 


2006.08.31, 20:48 / 2006.08: モンゴル, 地球探検隊
お腹の調子 はコメントを受け付けていません。
2006.08.30

乗馬の想い出

いちばん楽しみにしていったのが乗馬。
今でもまだパッと感覚が蘇り、ボーっとしてしまうくらいだ。

駆け足になったときの弾む足音、帽子が飛ばされるほどの風、
鞍にあたるお尻の痛さと、落ちないようにギュッと鞍につかまる手の痛さ。
横を走る仲間の馬。そして後ろから駆けてくる仲間たちの笑い声。
これら全てがセットで、モンゴルの乗馬だった。
thmongolia-316.jpg
初日の後半から最終日まで同じ馬で、とても言うことを聞く馬だったので、
引かれることもなく自由に行動させてもらえたが、最初に走ったのは2日目の午後だった。

そろそろ走っていい?ってことになって、ちょっと強めにお腹を蹴ったら早足になってくれた。
でもそこでガイドのおとうちゃんに止められて、またテクテク歩くのだった。
前のグループで落馬が多かったそうで、安全第一を徹底しているようだった。
thmongolia-086.jpg
3日目になり、もう馬にもすっかり慣れた。昨日早足になったことを覚えているのか、
平らな草原に出たときに、馬が早足になることも多かった。
そこで「チョー!」という掛け声とともにお腹を強く蹴ったら、足音が変わり、駆け足になってくれた!!

それからは馬も走っていいんだってことがわかったのか、
地面が平らなところに出るたびに早足になり、
後ろから足音が聞こえてくると負けじと早足になり、先頭の馬と並ぶと早足になっていた。
「やっぱ走りたいよね!!」(・・・と、馬と会話)
thmongolia-308.jpg
またおとうちゃんに止められないか様子を窺いながらも、
平らな草原に出るたび「走りたい?」「そろそろ行っちゃう?」と馬と相談し、
「よっしゃ行っとこ!」とお腹をドンと蹴って合図を出し、「チョー!!」という掛け声とともにまた蹴る。

すると、走りたがりの他の馬と一緒に、競争するようにダッシュ!!
小刻みだった足音が、ダダッ・ダダッとリズムよく変わる瞬間が、爽快♪

たまに行き過ぎたり道を反れたり、「ゆっくりー!ゆっくりー!」と止められたりもしたけど、
草原のデコボコ具合を見て「ここなら走れる?」と馬と相談して、やっぱりたくさん走った。

最終日の4日目は2時間ほどしか乗馬の時間がなかったので、
途中でUターン。グイッと方向転換した途端、急に寂しさがこみあげてきた。

乗馬の4日間、トゥルと、乗馬ガイドのイギー・バギー、バトラー、
バスカ、バトイック、おとうちゃんと一緒にいた。
時間が経つにつれ、彼らと私たちが「仲間」になっていった。
thmongolia-290.jpg
乗馬のときにずっと綱を引かれていたメンバーを見ていても、
「引く・引っ張られる」だったのが「一緒に歩く・遊ぶ・走る」になっていた。
ガイドとお客さんじゃなくて、友達になっていった。

もちろん彼らがガイドの顔を見せるとき、乗馬のときには、ものすごく信頼していた。
でも馬を下りると、彼らも無邪気な少年・青年だった。
わたしも彼らと水鉄砲や追いかけっこで遊んでヘトヘトになったりした。
どうやってあれだけコミュニケーションをとっていたかわからないけど、
モンゴル語だろうと日本語だろうと関係なく、楽しもうという心だけは通じていたんだと思う。
thmongolia-343.jpg
ガイドの彼らと心が通じること、馬と心が通じること、
心と心のふれあいをメンバーみんなで味わえたことが最高の思い出だ。
thmongolia-322.jpg


2006.08.30, 22:28 / 2006.08: モンゴル, 地球探検隊
乗馬の想い出 はコメントを受け付けていません。
2006.08.30

モンゴルの写真から・・

とりあえず写真をアップした。

メンバーの顔がわかる写真は除いたので、
ちょっと雰囲気が伝わりにくい部分はあるかもしれないけど。

あと、爽快だったギャロップの写真は、当然ありません(笑)
そんなときに写真撮れないもん。
でも、ムービーモードでまわして音だけ録っておけばよかったなぁ。
 
写真を整理しているときにずっと感じていたこと。
モンゴルの彼らとどうコミュニケーションしてたんだろ?

ものすごくたくさん会話した気もするのだけど、
モンゴル語でもないし日本語でもない。
お互いに自分の言葉を使っていたことが圧倒的に多い。

でも、通訳本を使わなくても一緒に遊んでいた。
ジェスチャーと心だけで、だいぶ通じていた。

メンバーみんな、そうだったんじゃないかな。

特に乗馬中もずーっとガイドたちと一緒だったメンバーは
もっとガッチリ心が通じていたんだろうなって
そんな素敵な時間を過ごしていたんだなってことを、ちょっと切なく思い出す。
 
徐々に日本に心が戻ってきているのが寂しい。
 


2006.08.30, 00:31 / 2006.08: モンゴル, 地球探検隊
モンゴルの写真から・・ はコメントを受け付けていません。
2006.08.30

ダライ・ラマの反響

日記を見た方々は、ダライ・ラマについて反応。
けっこうみんな知ってるんだー。

なーんて思ってたら、甘かった。

お昼はいつもどおり同期で。
話はダライ・ラマの宗教に移り、世界の宗教に移り、
どの宗教がどの分派で、どれが唯一神で、って・・・
なんで君らはそんなに詳しいんだ。。

ちょっと宗教の勉強もしたいなって思いました。


2006.08.30, 00:18 / I社
ダライ・ラマの反響 はコメントを受け付けていません。
2006.08.29

モンゴル

8月23~28日、モンゴルに行っていた。
帰ってきた今、昨日まで馬に乗っていたとは思えない。

こんなゲルに泊まり、
mongolia-046.jpg
念願の乗馬では2日目に、早足から駆け足へ。
mongolia-309.jpg
山羊の屠殺を見学したり、
mongolia-272.jpg
ゲルの周辺の岩山に登ってみたり、
mongolia-187.jpg mongolia-363.jpg
乗馬ガイドの少年・青年と遊びまくったり、
mongolia-236.jpg  
モンゴル建国800周年記念騎馬隊イベントを見たり、
mongolia-425.jpg
最後はガイドのトゥル、乗馬ガイドのイギー・バギー・バトラーと
ウランバートルのクラブに行ったり、
mongolia-468.jpg
正味4日だけど、とても濃い旅だった。
 
 
ダライ・ラマのモンゴル訪問は知っていたが
その後の予定は知らなかったので、成田空港で見かけたときはビックリした。
機内で力士がいることには気付いていたが、朝青龍だった。
遠巻きに写真を撮って、ダライ・ラマに握手してもらった。
mongolia-478.jpg
それも含めて、濃い内容。
 
 
旅で印象に残っているのは、乗馬とガイド君たち。

乗馬は良い子(馬)に当たったのか、言うことをちゃんと聞いてくれて、
走りたいときにはお腹を蹴ったら走ってくれて、
止まるときはジーッと止まってくれる。
だから、走りやすそうな草原に出るたびに、駆け足できて楽しかった。

ガイド君たちは、純粋で好奇心旺盛、やんちゃでいたずら好き。
だけど乗馬ではとても頼りになるし、細かい気配りしてくれて親切。
兄弟がとても仲良くて、メンバーといつも一緒に遊んでた。
だから、ガイド君たちも合わせてツアーメンバーだった。

もっといろいろ書きたいけど、またあとで。
 


2006.08.23

いってきます

成田空港に到着
だいたいのメンバーと合流

やっぱり毎回メンバーの雰囲気は違う
今回は若くてオトナシイ?学生いるしな…
ま、この感じも今だけかな。

28日、無事に帰ってきます


2006.08.22

とうとう前日

午前中はミーティングのため秋葉原にお出かけ。
外にはメイドがいっぱいいた。
午後は事業所に戻って、プロジェクトレビュー。
いつもより英語が聞き取れた。

カナダ出張前に会って以来の
だいぶ久しぶりな同期のブースに訪問。
やっぱみんな忙しそうだ。

それから溜まってる仕事に手をつける。
今日明日で終わるようなもんじゃないが、なかなか溜まってる。
なんかガツンと閃きたいものだ。

そんなこんなですっかり休み明けモード。
お盆休みは前の週にずらしたほうがいいのかな。
 
今回の日程は、水曜出発で月曜帰国。
短い日程だけど良いこともある。
火曜日をはさまないので、ちゃんと火曜10時のドラマを見られるのだ。

ちょい買い物をして帰宅。
これから荷物を詰める。
なーんか忘れ物しそうだよね。。


2006.08.22, 21:47 / I社
2006.08.21

視界確保、筋肉増強

今日の準備、

その1、使い捨てコンタクトレンズ購入。
残りが1枚しかなかったから、危なかったぁ。。
これで視界を確保!

その2、左わき腹の筋肉痛。
昨日のカヤックで、ちゃんと腰からツイストして漕いでいたってこと?
でも、先週の全身筋肉痛で鍛えられてなかったってことか?なんでだろ。
これで乗馬のときのバランス力がアップ!

・・・するかなぁ。
 


2006.08.21, 21:40 / 日々所感
視界確保、筋肉増強 はコメントを受け付けていません。
2006.08.21

フレッツ光

うちにも光回線、導入である。
実測で60Mbpsらしい。

けっこう前からマンションに光が導入されると宣伝され
何回かアンケートをしたり、兄ちゃんが訪問してきたり。

一度はOCNの兄ちゃんのほうで申込みをしたが
契約手続きがめんどくさくて解除。
そしたら今度はGyaOの兄ちゃんが来て
今度はその場の手続きで済んだので契約。
GyaOの映像コンテンツにも惹かれてしまった・・。

そして今日が工事日。
マンションまでは準備されているので
部屋に機器を取り付けるだけだったのだが
当然立会う必要があり、午前は自宅勤務。

けっきょく工事がやってきたのは12時前。
工事を見届けて、昼食を取ってから速攻で出社。
 
なんかもううすっかり休み明けの雰囲気になってた。
ミーティングの際に「休みの間、事故なかった?」とか確認してたが
「まだいちばん危ない奴が残ってる」とツッコミが入る。
はい正解、私はこれから休みを頂きまーす。
 
んで、帰ってからBフレッツ、接続!

意外にも、体感で速いのがわかってしまった。
しかも映像を見たわけでもなく、普通のWeb閲覧だけで・・。
今までのはJ-COM Netで8Mbpsだったから、5,6倍の速度だ。

あとはJ-COM Netを解約しなきゃなー。
 


Continue Reading »


2006.08.21, 20:23 / お買い物
フレッツ光 はコメントを受け付けていません。