2006.06.25

エリシャ・カスバートのラブ・ゲーム

見るんじゃなかったな。。
ギャンブルにはまって堕落していく学生ケイトリン。

借金を返すためにまた借金を重ね・・・という完全なる悪循環。
見ていて心地の良いものではない。
借金するだけではなく、友達や家族をだまし、金を盗み、最低最悪。

無い金を使おうとするなんて、ガキだな。

借金を返すために、
最終的には変わった性癖を持つ夫婦に身体を売って・・

ホント最悪だよ。

あんなに多くの人を傷つけておいて、
更生する気配もないし。

ギャンブルは、ラスベガスでスロットやって、
40ドル儲けて喜んでるくらいでいいのだ。
それが私の人生におけるお金に関するギャンブルの全て。


2006.06.25, 04:21 / ☆☆☆
エリシャ・カスバートのラブ・ゲーム はコメントを受け付けていません。
2006.06.24

ライフ・イズ・ビューティフル

愛する息子と妻とともに
強制収容所へ連行されるユダヤ人のグイド

現実を見るのもつらい状況だけど
子供を不安がらせないために一所懸命
精一杯これはゲームだと言い聞かせ
そう信じさせるために、自身も演じる

完全に100%、誰かのために
自分の持てる力の全てを費やして
極限状態を乗り越えようとする
自分のためになんて少しも考えていない

誰かを愛して誰かを信じて
自分を捧げて
相手も受け入れてくれて
こんなにも人間の心がゆるぎなく繋がっていられること・・・

ずっとグイドが騒々しすぎるくらいに
明るく振舞っていたので
最後いなくなってしまってから
ジョズエがひとり孤独に歩く姿が胸に突き刺さった

ジョズエの瞳が愛らしすぎるから、余計に。



2006.06.24, 00:00 / ☆☆☆☆☆
ライフ・イズ・ビューティフル はコメントを受け付けていません。
2006.06.19

最後の誘惑

キリストがゴルゴダの丘で十字架にかけられるまでの話。

その状態でキリストが
最後に感じたんじゃないかなーっていう内容が
最後の誘惑

その部分はきっとキリスト教の外の話。

ダビンチ・コードを見てないので比べられないが
キリスト教を違う視点から見た物語だと思う。
どちらかといえば正統派なのかな。。

時代背景や聖書の内容など、
残念ながらキリスト教に親しんでいないので
ちょっとわからない部分もあったけど
なかなか見ごたえのある映画だった。

こうして見終えてみて、今、
最後のエンディングの音楽だけが合わない気がする。


2006.06.19, 00:00 / ☆☆☆
2006.06.17

キャロルの初恋

スペイン内乱のとき、
ニューヨークから小さな村に来た少女キャロルと
村の少年トミーチェとの物語。

キャロルはボーイッシュで凛々しく
ガキ大将なトミーチェの笑顔は優しさに溢れている。
このトミーチェ少年がとても素敵なんだな。
友達としても、男性としても、頼れる。

真っ直ぐな感情をぶつけていて
とても素敵な少年少女なんだけど
その純粋な目を妨げるのは戦争・・・

結末がつらい。

キャロルには今後なんとか幸せになってほしいものだ。

映像が綺麗で、役者たちの表情がとてもいい。
静かな物語だけど充分に味のあって素敵だった。

うーん、じわじわくる。。
☆☆☆☆☆でもいい気がしてきた。


2006.06.17, 00:00 / ☆☆☆☆
キャロルの初恋 はコメントを受け付けていません。
2006.06.12

グラン・ブルー/グレート・ブルー完全版

海を愛した者の狂気が切ない。
ジャック・マイヨールをテーマにした物語。
実話とは少し違うらしいが。

少年時代に父を海で亡くし
イルカと共に過ごすことで寂しさを紛らわす。
母と同じアメリカの女を愛する。
親友を父と同じく海で亡くす。

全てが海。

海にあれだけ取り付かれてしまうと
その他の全てのことが雑念にしか思えないのだろうか。

彼には海以外のものが目に入らないって
自分は海の次だってわかってるのに
あれだけ真っ直ぐにジャックを愛するジョアンナも切ない。

海という1つのものをひたむきに愛する心が
語らぬジャックの目から溢れていた。
美しいものは口で語ればいいってもんじゃない。

真っ暗で圧力が強くて息ができない水中で
血液すらも身体をまわらなくなるような空間で
美しい幻覚に溺れることが快感になってしまったのか。

海の中には何があるんだろう。
何に取り付かれてしまうのだろう。
素潜りでなければ、その何かはわからないのだろう。

怖いけど見てみたい。
見てみたいけど、常人にはたぶん見えない。


# 途中で日本人がバカキャラとして出てくることには目をつぶろう。。。


2006.06.12, 00:00 / ☆☆☆☆☆
2006.06.10

インファナル・アフェアII 無間序曲

インファナル・アフェアの過去の話。
トニーレオンが出てこないのが非常に残念。

主役たちはカッコいいんだけど
顔が似ているからどっちがどっちかわかんない・・・
途中まで同じ人かと思った。
そのせいでストーリーもわけわかんなくて
最初っからちゃんと顔を把握しておけばよかったよ。

アクションはほとんどなく、
人間関係と義理人情のストーリー。
それはそれでおもしろいけど、ちょっと物足りなかったな。


2006.06.10, 00:00 / ☆☆☆
インファナル・アフェアII 無間序曲 はコメントを受け付けていません。
2006.06.04

Mr.&Mrs.スミス

夫婦喧嘩でそこまでやっちゃダメでしょ、ってくらい
お互い派手にやってます(笑)

各自の任務のときはカッコいいのに
正体がバレてからというもの、カッコ悪くドンパチ。
だからバレる前の各自の任務のほうをもっと見たかったな~。

夫婦がお互いの仕事の中身を知らないのはわかるけど
仕事の道具があんなに家の中にあったり
まず出会ったときにも片鱗が出てるんだし
少しは気づかなかったのか??

いや、気づいてたからギクシャクした関係になってたのか。。
その夫婦のギクシャクした関係、
こんなんいやだー!と思いながらビクビクしてみておりました。
そういうシーンが長いのは良くないよ。。怖いもん。

ストーリーは単純で、派手にドンパチやってるし、
深く考えずに楽しめる映画でなかなかよかった。


2006.06.04, 00:00 / ☆☆☆
2006.06.03

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

おもしろかった。

ハリーもロンもハーマイオニーも皆同じように大人になっている。
少年少女のかわいらしさはもうないけど、
ストーリーも成長した彼らになっているから合ってる、かな。
14歳には見えないけど・・・

原作からはだいぶ内容が削られているらしく
自分の中で理解してない部分もあるけど
展開はいつもと同じく、仲間・ライバル・先生と闇…。
話についていけないことはない。映画だけ見てても大丈夫。


2006.06.03, 00:00 / ☆☆☆☆