2006.02.27

アトランティス

イルカ、アシカ、ペンギン、海蛇、マナティ、マンタ、海亀、
海の中では生き物たちがこんなにいっぱい動いてる。
大きな生き物には小さい魚が寄り添ったりして。
名前を知らない生き物がいっぱいだ。
表情や動きがおもしろくて、
海の中ってこんなになってるんだなぁって。

そんな様子をテーマごとに、音楽とともに、ひたすら。
ウィスキーをチビチビ飲みながら見たりするのが合いそう。

まだ私は経験が浅く、あまり海中には親しんでいないので
シュノーケルとかダイビングとかで
もっと自分で水の流れや重さや温度を感じながら
こういう光景を見てみたいなぁなんて思う。

ボーっと、時に微笑ましく思いながら見ていて、
自分が海と一体になったような錯覚があったりした。
私はまだ海を知らなさすぎる。

よく撮ったなぁと思う映像も多くて、
これを自分で実際に見るのはちょっと難しいかな。

最後に場所も紹介されていたが、
ガラパゴス、フロリダ、タヒチ、オーストラリア、
いろんな海の動物たちだった。

rhythm、darkの章がカッコよくて好きだな。



2006.02.27, 00:00 / ☆☆☆
アトランティス はコメントを受け付けていません。
2006.02.26

恋は邪魔者

女が社会へ進出するための方法を書いた「恋は邪魔者」という本の著者バーバラと、その本が売れることによってプレイボーイでいられなくなったキャッチャー。
その二人のラブコメディ。

衣装やら背景やら、全てがちょっと古くさくて、
ちょっと昔な感じのストーリーが普通のテンポで進んでいく。
平和に見れる映画である。『10日間で男を上手にフル方法』を思い出す展開。

男女が対等な環境にいる現在の私から見ても、
恋をしてはいけないなんて、そんなの所詮無茶な話なわけで。。


2006.02.26, 00:00 / ☆☆☆
2006.02.12

メリーに首ったけ

良い話じゃないか。
とってもテッドに共感してしまった。
最後のところ、たぶん私でも同じ選択をしていただろう。
だから、テッドのようにハッピーエンドになりたいなぁ。

笑えるところもけっこうあったけど
素直に笑えないところもけっこうあったな。。
まぁいいか。ん、いいのか?
・・・下品なんだね、きっと。

ゴタゴタを抜きにすれば、あんなふうに誰かに想われたい。
と、思いつつ、
あんな男に騙されるわけないだろ!
とも思いつつ。


2006.02.12, 00:00 / ☆☆☆
2006.02.11

キリング・フィールド

カンボジアでの大量虐殺
私が生まれるちょっと前の出来事

ポルポト政権(クメール・ルージュ)の狂気
何も知らない子どもが何も知らないが故に
大量虐殺の実行を担っている

人種の問題や地雷の問題
これらがまだ終わってないことに

寒気がする


2006.02.11, 00:00 / ☆☆☆
2006.02.05

ハウルの動く城

ストーリーが大枠でしかわからなかった・・・。
私の理解力不足?

ハウルとソフィの愛情とか、
家族がなんとなーくまとまってくところとか、
部分ごとは良いなぁと思って見ていたけど、
全体として見て、テーマがいまいちつかめなかった。

話題になっていた声優陣は、ソフィ以外は良かった。
ハウルの腰つきが木村拓哉っぽくて、そこが妙に合ってた気もする。

ストーリーが・・・。


2006.02.05, 00:00 / ☆☆☆
2006.02.04

コーラス

寄宿学校の問題児たちが新任教師の合唱指導で団結していく

ストーリーは平凡である
合唱隊となって団結したようであっても
いたずらがなくなるわけではないし
家庭の問題だってなくなるわけではない

でも毎日を楽しいと思えることや
あの先生はいい人だよと言える先生に会えたこと
いろんなことが上向きに進んでいて応援したくなる

なんといっても少年のソロが素晴らしくて
思わず聞き惚れてしまう

ジャン=バティスト・モニエというボーイソプラノの奇跡の歌声
それだけに惹かれて見た映画だが
それだけで充分に見た甲斐があったと言える




2006.02.04, 00:00 / ☆☆☆☆☆
コーラス はコメントを受け付けていません。