2005.11.26

シェルタリング スカイ

北アフリカへの旅の記録である。
いつ帰るとも知れない当てのない期限のない旅。

土地が土地だけに、快適ライフではない。
男女の倦怠と愛情が、旅の中でもうごめく。
男2女1の3人いるうちは、そちらの人間関係という余所者に気が向く。
すると、ホームとアウェイを意識するので、それはまだ「旅」なのである。

最初、旅を単純に羨ましいという気持ちがあった。
しかし次第に、一人旅はやっぱり怖いなぁという感情に動いていき、
最後には、生きていくってことは地球のどこでも同じなんだ、と行き着いた。
旅であろうとなかろうと、人間が生きるということには変わりない。

生きていくのだから、
いくらお金があったって、いくら英語が話せたって、
独りでは辛いし、食べ物がなければ辛い。

どこにいても、人間がその場その場を生きていることには変わりない。

原作が良いらしいが、読んだことがない。
読めばもう少し深く何かを感じられたかもしれない。
なかなか奥が深いテーマを抱えている気配がする。


2005.11.26, 00:00 / ☆☆☆☆
2005.11.26

レジェンド・オブ・フォール

会社の飲み会で所属長が勧めてくれたのが、この映画だった
と思う。メモしなかったので記憶が曖昧だが・・。


インディアン魂。

長男はルールを守るきっちりタイプ。
次男はインディアン魂を継いだルール無視。
三男はその二人に守られてる。

その3人がスザンナと結婚かけて闘う・・・わけじゃないんだけど
狭い世界で生きているからか身内でドロドロとしていて、ちょっとヤダなぁ。

ルールに縛られて生きるよりは、自分が信じる道を行きたいと思うけど
そうしている自分に好意を寄せてくれる人々が、次々にいなくなってしまうと
自分の生き方に疑問を抱きそうだ。

規律か、信念か。





2005.11.26, 00:00 / ☆☆☆
レジェンド・オブ・フォール はコメントを受け付けていません。