2005.09.24

サルサ

サルサ!

メキシコでサルサに出会ってから
あの陽気なリズムとセクシーなダンスは好きになった
たぶんあそこで出会わなければこの映画も観なかっただろうし
サルサの良さもあまりわからなかったのかもしれない

サルサには全てを受け入れる空気が似合うのだが
やはり肌の色という違いは
いくら表面的なことであっても違いは違いであり
国や地域に密着した文化だからこそ
そういうことを気にする人は多いのだろう

パリでは商売上のイメージ戦略が大事だったとしても
キューバに戻ってみれば受け入れてくれるんだ

サルサを愛する心があればいいんだな
最後はやっぱりそこよね




2005.09.24, 00:00 / ☆☆☆☆
サルサ はコメントを受け付けていません。
2005.09.24

スクール・オブ・ロック

見始めて最初のほうは
嘘はいかん!とかそれはやりすぎ!と思ってたけど
だんだんと進むにつれて
ここまできたら全力で楽しんじゃえ!!って・・

本番がやってくるならそれに向けて
ステージ上のメンバーも裏方メンバーも一体となって
最高のものを作るために全力を尽くす

教育として嘘はいかんが
夢中になって自ら学ぶことほど
身になることもないだろう

才能ある子供たちが頑張ってる
10歳であんなにワクワクを体験してる
羨ましい限りである

見ている間でドンドン評価が上がった



2005.09.24, 00:00 / ☆☆☆☆
スクール・オブ・ロック はコメントを受け付けていません。
2005.09.17

僕の彼女を紹介します

『猟奇的な彼女』が好きな人は好きだと思う。
でもそれよりも感動は少なかったな。
全体的にダラダラ進んでてダレる。

ハチャメチャな女と振り回される男というのは相変わらずの構図。
でもハチャメチャってか、銃を撃ちすぎっす。
それが原因で・・じゃないの?と思ったりもするのだが。。

少しファンタジーもありつつ(『いま会いにゆきます』ほどじゃないけど)
漫画のようなストーリー。

挿入歌にX JAPANが流れて驚いた。しかも何度も・・。




2005.09.17, 00:00 / ☆☆
僕の彼女を紹介します はコメントを受け付けていません。
2005.09.17

6DAYS 7NIGHTS

英語字幕で見たけど、
素直なストーリーだったので、ちゃんとわかって嬉しい。

こういう素直なストーリーは好き。
無人島でサバイバル。ちゃんと道具があってラッキーだったね。
きれいな海とビーチで、真水もあって動物もいて、
パイレーツさえいなければ素敵なところだ。

せっかく婚約したのに、あの冒険でやられちゃうのね。。
そこらへんが少々複雑な心境。
冒険は心を動かすね。でもそれは見ていてもわかる。
あれは心動いてもしょうがないのかな。

というわけで、
冒険を羨ましいと思いつつ、楽しみました。



2005.09.17, 00:00 / ☆☆☆☆
6DAYS 7NIGHTS はコメントを受け付けていません。
2005.09.13

戦場のピアニスト

辛すぎて二度とは見たくないけど
とても心に響く実話

戦争の描写も生々しく
目を伏せたくなる場面も多々あり
幸せな気分になることなんて殆どなく

最後のちょっと素敵な場面に来るまでは
見れば見るほどどうしていいかわからなくて辛くて
胸が締め付けられっぱなしで
ドキドキしっぱなし

最後のその場面から後は
根本は同じだけど違う感情がやってくる
やっぱり不条理を強く感じて涙もこぼれる

痩せ細っていく姿が痛々しく
背も縮んでいき顔もやつれきって
眼だけがギョロっと食べ物を探している

よく生き抜いた

見れば見るほど辛すぎて
戦争なんてなくなってしまえと心から思う


2005.09.13, 00:00 / ☆☆☆☆☆
戦場のピアニスト はコメントを受け付けていません。
2005.09.09

インファナル・アフェア

トニー・レオンの眼が気に入ったので選んだ。
アンディ・ラウもカッコいいね。

出てくる男たちがカッコいいし、
探りあいは、どちらがバレるかドキドキだし、
ストーリーは分かりやすいし、
けっこう素直に楽しめた。

出だしのスピーカーケーブルのシーンで
一気に気持ちがぐいっと前に行った。
そういうこだわりの男たちの物語、いいじゃなーい。

1つだけ気にならなくていいところで気になっていたこと。
手のひらを相手に向ける敬礼は欠礼だって
警備員の研修のときに教わった気がするんだけど
国が違うと正しい姿勢も違うのかなぁ。


2005.09.09, 00:00 / ☆☆☆☆
2005.09.03

ラストコンサート

ステラが猫みたいでかわいい

生きているときを最後まで生き抜こうという
時には無茶に思えるような行動も
物悲しさを感じさせる
ピアノの音がそれを助長する

淡々と、一生懸命に生きていく姿

本当は最後だけじゃなくて
いつ最期が来てもいいように真摯に生きるのが素敵だけど
最期ということで一層輝くってこともあるだろう

人生の最後の最後で燃えることができて、幸せだろうな



2005.09.03, 00:00 / ☆☆☆
ラストコンサート はコメントを受け付けていません。
2005.09.03

恋愛寫眞 Collage of our Life

評価が低かったからどうだろうと思いながら見始めたが、
けっこう好きです、これ。
分類がミステリー・ラブロマンスになっていたことが、
評価を下げていたんじゃないかな。

写真っていいな。

あんな綺麗な写真、撮りたいな。

ニューヨーク、怖そうだけど、行ってみたいな。

・・・・

う、内容に対する感想じゃないな。

ストーリーとかキャストとか、そういうのはサブ。
メインじゃない。
ということで、タイトルも「恋愛」ってついてるとこは、無視。

出てくる写真が綺麗なのです。

写真を撮りたいな、と思うのです。

ああいう写真を撮れることを羨ましく思うのです。

ああして写真の道に進もうとしたことを羨ましく思うのです。

夢を見ていたことを、夢が現実になろうとしていたことを、

羨ましく思うのです。

・・・・

そういうことで「けっこう好き」。

ちなみにフォトグラファーは、斎藤清貴という人だそうです。


2005.09.03, 00:00 / ☆☆☆☆
恋愛寫眞 Collage of our Life はコメントを受け付けていません。