2005.07.31

シカゴ

嫉妬って怖いねぇなんてことを笑いながら
ドロドロしたものを歌い飛ばしてしまう
そんなミュージカル

退屈はしないし楽しめたんだけど
見終わったあとに何も心に残らない・・・


2005.07.31, 00:00 / ☆☆☆
2005.07.30

スタンド・バイ・ミー

人生の始まりを感じ始めた頃に
最期を意識する

自分の力で変化を作れる
そんな実感と共に冒険に乗り出す

古き良き少年時代・・




2005.07.30, 00:00 / ☆☆☆☆
スタンド・バイ・ミー はコメントを受け付けていません。
2005.07.25

生きてこそ

『野火』(大岡昇平)のような
だけど戦争じゃなくて飛行機墜落という現代の話
しかも実話

何が起こっても生きよう
生きようと思おう
意志をなくしてはいけない

生き残っても辛いだろうに
それでも助かった命を最大に生かして
数々の試練を乗り越えて生きた

メイキング映像に彼らはいた
生きていた
今も生きている
そして伝えている

カトリックの視点
他者を生かすために身を捧げること

人間の生きる力・信じる力
宗教の根底に流れている
生き残るまでの闘いもドラマだが
その後をどう生きていくかも重要なドラマだ

出来れば
メイキングも併せて見たほうがいい



2005.07.25, 00:00 / ☆☆☆☆☆
生きてこそ はコメントを受け付けていません。
2005.07.24

ギルバート・グレイプ

どうにもならない痛みとか悔しさとか
そういうマイナスの感情がずっと捨てられなくて
でもそこから逃げ出すことのほうが現実的ではないような
救いのない現実しか見ていない人生

現状に満足してないけど諦めている
でもやっぱりどうにかしたいという感情が
ヒシヒシと沁みてきた

放浪しているトラクターの少女との触れ合いは
初めての旅行で新しい物の見方を知ったような初々しさで
新鮮で刺激的なのに人間らしい感情に溢れている

出会ってよかったね

誰にでもそれぞれの人生があって
変化のない道に見えても
きっと変化はある

小さな町に縛られていたギルバート・グレイプの人生にも
変化があると感じられたことが何より良かった

そして・・・
レオナルド・ディカプリオは凄い役者だと
ここまで感心したのは初めてだ
それだけでも見る価値は充分にある



2005.07.24, 00:00 / ☆☆☆☆☆
ギルバート・グレイプ はコメントを受け付けていません。
2005.07.18

サイン

人間は2種類に分けられる

奇跡を信じるか信じないか
神の存在を信じるか信じないか

信じない者は
説明できないものを見て恐怖する

「俺のせいであなたは信仰を捨てた」

信仰を捨てた者は
説明できないものを見てどうするか

自分を見失い喚きながら、ただ耐える
そして見たものに対して説明をつけていく

信じていたものに裏切られて信仰を捨てた

裏切られることもあるけど助けられることもある

奇跡が目の前で起きれば神に感謝する
信じるか信じないかは
神から恩恵を受けたかどうかによるのか

信じたいものとは何なのか?
今起きているそれを奇跡と思うか?

それはわからない
ただ奇跡を見てみたいとは思うけれど。。



2005.07.18, 00:00 / ☆☆☆☆
サイン はコメントを受け付けていません。
2005.07.09

大いなる遺産

ディケンズの小説だよね
ってことは知っていた
本は途中で読むのを諦めた記憶がある

でもこの映画はおもしろいぞ
こんな話じゃなかった気がするのだが

主人公が少年時代も大人になってからも
美しくてカッコいいのが良い
そして幼いときから大人になってもずっと
同じ人を想っているところが素敵

それだけが必ずしも良いとは思わないけど
ニューヨークでの荒波や囚人との関係なんかも含めて
生きることは人間と関わっていくことだと感じさせてくれる

終盤の展開が急すぎて
そこはイマイチだったけど
終わってみれば後味悪くもないし
素直な気持ちで見ていられた

『The Notebook – きみに読む物語』を思い出した



2005.07.09, 00:00 / ☆☆☆☆
大いなる遺産 はコメントを受け付けていません。
2005.07.04

Jam Films

役者が豪華なわりには
ちょっとうまい放研のビデオ作品みたいで
感覚的な表現が多くて
これを撮りたかったのねってのがわかってしまう撮り方で
別にさほど悪くはないと思うけど
一般受けはしないだろうなぁという感じ



2005.07.04, 00:00 / ☆☆
Jam Films はコメントを受け付けていません。
2005.07.02

ホテル・ハイビスカス

沖縄に行ったとき,西表島のツアーのガイドさんと,
ツアーに参加していた沖縄の子が一番好きな映画ということで教えてくれた.
沖縄!!って感じがして好きだって

好きだって気持ちは通じる
だから想ってる
そんな暖かい気持ちが根底にあって
おおらかに元気に生きてる
こういう普通のことがジーンと来て何故か泣いていた
お酒を飲んでいたのも理由かもしれないけどさ
想い出の品 泡盛とシークァーサーの酒

キジムナーとか魂(マブイ)とか
沖縄では大事なもんだって言ってたよ
時代とか歴史とか関係とか先祖とか
そういう目に見えないものを大事にしている
気持ちをいちばん大事にしている
そうなりたいと思う

三線の音も染みる
すごいぞ,沖縄パワー
楽しかった沖縄の記憶で,やっぱり感情を抑えられない
酔ってるせいもあると,もう一度言っておく
この文章は後で書き直すかもしれないけど,なるべくやめとく

字幕をつけないと
何を言ってるかわからないところがあるのが残念
修業が足りんのです



2005.07.02, 00:00 / ☆☆☆☆☆
ホテル・ハイビスカス はコメントを受け付けていません。