2005.02.21

ダンサー・イン・ザ・ダーク

暗い、ずっと暗い
最初は絶望感の暗さ、後半では裏切りの暗さも加わり、ドン底

手ブレするカメラワークがドキュメンタリーに感じさせ、
それにより起承転結やストーリーの山場がなくても
それが自然であるように感じられる
少々退屈ではあるが・・

ミュージカルを見たことがほとんどないので
そのものの楽しさというのはわからないが
ミュージカルのシーンでは
ドキュメンタリータッチの部分が抜けて華々しくなる

それがまさにセルマの感情を表現したものなんだな

しかし、暗く陰鬱なシーンでさえ
華やかなミュージカルにしてしまうものなのか、と
その部分に関してはかなり奇妙な感じであった



2005.02.21, 00:00 / ☆☆☆
ダンサー・イン・ザ・ダーク はコメントを受け付けていません。
2005.02.17

チャーリーズ・エンジェル コレクターズ・エディション

フルスロットルを見る前に見ようと思って。

明るい気分になれて、楽しめた。

GPS+音声認証なんてものが出てきても
マジメに考えちゃぁいけない
だってコメディだもん。
というくらいの軽い感じ、これが求めていたもの。

最後のほうの赤サングラスの兄ちゃん、
保坂尚樹っぽくてなかなかカッコよかったな。


2005.02.17, 00:00 / ☆☆☆☆
チャーリーズ・エンジェル コレクターズ・エディション はコメントを受け付けていません。
2005.02.04

S.W.A.T.

最初は英語で見てたけどわかんなくてつまんなくてやめた
これはおもしろいのか?と思いつつ、2度目は日本語で見た

そしたら、おもしろいじゃん!

アメリカっぽいノリというのは
やはり言葉のやりとりが重要なんだな

プロフェッショナルっていいな、と思いつつ
わかりやすいストーリーにドキドキしながら
食いついて見ていた




2005.02.04, 00:00 / ☆☆☆☆
S.W.A.T. はコメントを受け付けていません。