2019.11.10

バスキア展

バスキア展 メイド・イン・ジャパン
Jean-Michel Basquiat : Made in Japan

来週終わってしまうので、慌てて行ってきた。
始まってから2ヶ月近く経ってるので、そろそろ空いてるかと思ったのに・・・

六本木ヒルズの美術館の外までチケットを買う列が伸びていたのでイヤな予感。
幸い、ローソンで先にチケットを買っておいたので、そこには並ばず。

でもチケットを引き換えてから、50分かかると言われ、次の部屋は人がビッシリ。
ときどき進みが早く、25分くらいでそこを脱出して、エスカレータで上へ。

意外に早かったなーなんて思ってたら、上でも長蛇の列。
ここから40分と言われ、トータル長くなってんじゃん・・・とガックシ。

でも、列自体は進むので、そんなに滅入ることなく、1時間くらいで入れた。

無料の音声ガイドがあって、ありがたい。
有料だったら滅多に借りないけど、やっぱり解説があると違う。

落書きと何が違うのか、考えながら見てた。
いや、絶対的に感じるものは違うんだけど、落書き出身だし、
街を汚す落書きとは何か違うはずで。

メッセージ性という説明は、私にはしっくり来てなかった。
パッと見て、文字が書いてあることは認識するけど、
すぐには読めないから、内容がカッコイイというところまでたどり着かない。

見たことあって、カッコイイものだと刷り込まれているわけでもない。
知らない絵のほうが多い。

色使いがキレイであることが第一。
そして色のバランス、文字や図形や絵のバランス、
それが心地よく配置されてるから、カッコイイと思うのかな、という結論。

思ったより多くの絵が展示されていて、満足。
魂が込もった絵は、見ていて熱くなるから好きだ。



2019.11.10, 00:37 / イベント
2019.10.22

ゴンザレス

丸山ゴンザレス 地球のカオス展 に行ってきた。

せっかくの祝日なのに、なんのヤル気もしないで動けなかった中、
ふと今日が最終日だということを思い出せて、池袋パルコまで行ってきた。

600円という値段だから予想はしていたけど、展示数は少なかったな。

クレイジージャーニーでやってた内容がほとんどで、新鮮さはなかった。
でも、クレイジージャーニーの打ち切りが決まった直後ということもあって、
個人的には、なんか物悲しい気持ちで見てしまった。

ホント、あの番組を見るまで、こういう人を知らなかったし、
他にもたくさん、知ってよかった人がいたし、
クレイジージャーニー、もしくはそれ的な番組には復活してほしい。

自由に生きていいんだ、という、救いを感じるんだよね。




2019.10.22, 18:52 / イベント
2019.09.22

還暦祝い

最初の会社に入社したとき、所長だった方が還暦ということでお祝い。
お祝いという名の下に、同窓会を開いたような形かも。

なぜか幹事チームだったので、1ヶ月前くらいから、Facebook Messengerが騒がしい。
でも、私も辞めて10年以上経ってるので、
誰を呼ぶか呼ばないかとか、そういう話には関わらないようにしたので、
申し訳ないけど、ほとんど手伝えなかったかな。

15時開始だったけど、14時過ぎに到着。
以前住んでいたアパートを見に行って、入居者募集してるなーってのを見たり、
東急ストアに入ってみて、中央林間図書館がおしゃれでビックリしたり。
なかなか住みやすそうな街になってるな。

15時に中央林間に集まり、オフィス跡地の見学ツアー。
ちょっと前に下見をしておいてあったので、私としては懐かしくなかったが、
やっぱり久しぶりに見ると、なかなか興奮するようで、10数人の集団が写真を撮ったり、
端から見たら、謎の観光地と化していた。

そこから1次会は虎萬金。
徐々に人数も集まっていき、とても懐かしい雰囲気。
中央林間時代の雰囲気ということのようだったけど、私にとってはそれがI社時代の全て。

生ビールもセルフで注いでいいということで、貸切でかなり自由にやらせてもらえた。
食事も勝手に出てくる方式だったので、幹事といえどもさほどやることもなく。
おしゃべりに加わったり、食事したり。

主賓をはじめ、懐かしい人にも会えて、それだけで楽しかった。
何で鎌倉に住んでるのか?というツッコミが多かったけど。

クイズ大会も滞りなく終わったようで(わたしは早々に敗退)、
19時になる前にお腹は一杯になり、食事が余ってしまって申し訳なかった。

2次会は知知武へ移動。
こちらは入ってみたら、懐かしかった。
たしかによく行った場所だ。

お腹がはちきれそうだったので、あまり食べられなかったけど、
それでもお刺身は美味しそうだったので少し食べた。
こちらも大量に余ってしまって、本当に申し訳ない。

私が辞めるときの上長とも、けっこう久しぶりにお会いできた。
会社というか世の中自体がああいう状況だったわけだし、
恨みつらみは本当にゼロなのだけど、やはり私をクビにしたのは気になさってるのかな・・・。
それが垣間みえて、ちょっと泣けてきたのが、辛かったポイント。

3次会はカラオケに行ったっぽかったけど、そこで私は帰った。
駅まで、駅でも、まだしゃべってなかった方々と話せて、楽しかった。
こういうタイミングは、席が遠かっただけで本当は本当に話したかった人なので楽しい。

こういう会、たまにあるといいね。
混ぜてもらえてよかった。





2019.09.22, 11:32 / I社, イベント
2019.05.02

Mr.Children

そもそも何で札幌に来ているかというと、ミスチルのライブに当選したから。

Mr.Children Dome Tour 2019 “Against All GRAVITY”

14時開演で、13時半くらいに到着。
南ゲートでしばらく入場待ちの列に並ぶ。

意外に若い人がたくさんいてビックリするが、
同時に、ガラケーを持った年配の方も多くてビックリ。

QRコードの読み取りと、運転免許証の確認をして、荷物検査をして入場。
カメラは持ち込めないと札幌ドームのWebサイトに書かれていたので持って行かなかった。
ペットボトルのジュースは、プラスチックコップに移すように言われたので従った。

中にも食べ物を買えるところがあったり、グッズを買えるところがあったり。
でも、もうランチを済ませたあとだったので、特にやることもなく。
まだ早かったが、席で待つ。

開演の16時になってもまだ入場してる人がいて、少し遅れて開演。

桜井さんの姿を見て、声を聴いて、またウルっときてしまった。
ウカスカジーのライブでも、桜井さんを見てウルっときてしまったから、2回目。
生で見れただけでも幸せだっていうの、すごいよな。

席は2階席の前の方で、肉眼で人を識別できるくらい。
残念ながら表情までは見えない。
最初は大型スクリーンに映されていなかったので、必死で桜井さんを見つめてた。

最初の数曲は、声のいいところの周波数がバッサリ落ちてる感じで、
桜井さんの叫びが全然伝わってこなくて、PAひどいなって思った。
中盤になって、中央のステージがメインになってるときは、よくなったけど。

少し知ってる曲、とってもよく知ってる昔の曲、新しい曲など、いろいろ。
相変わらず振りはわからないので、最初は手拍子だけ、あとから腕を振ったりしてみた。

everybody goes, HANABI, innocent world,
Tomorrow never knows, 名もなき詩, 旅立ちの唄、など知ってる名曲たくさん。

桜井さんがMCで、令和最初のライブって言ってて、
HANABI なんか平成のヒットソングって紹介したりしてた(笑)

桜井さん、けっこうMCで噛んでたのも、生だもんねって嬉しかった。

伝えたい想いがメロディーとして、朝起きたときなんかにふと浮かんで、
それをメンバーたちと一緒に紐解いて、詩をつけて、曲になる。
そういった話が、染みた。

そういうパズルを解くようなことを、いろんな場面でやって、自分で納得して、進んでいく。
自分に嘘をついたりしないんだろうなっていう感覚がわかって嬉しい。

アンコールも含めて3時間弱、あっという間だった。
アンコールのMCがいちばん泣けた。

なんだろう、すごいジワジワくる。
というか、夢の中の出来事のように感じている。
肉眼で表情が見えるくらいの席をとるには、ファンクラブに入らないといけないんだろな。

札幌、38500人って言ってた。
桜井さんは、すごいことなんだよって言ってた。
当日券もあったらしいから埋まらなかったのかもしれないけど、さすがにGW中の札幌だしね。
いいな、当日券・・・地方の特権だよな。

あー、よかったな。
じわじわと。



Your Song  

Starting Over

himawari

everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-

HANABI

Sign

名もなき詩

CANDY

旅立ちの唄

ロードムービー

addiction

Dance Dance Dance

Monster

SUNRISE

Tomorrow Never Knows

Prelude

Innocent World

海にて、心は裸になりたがる


en.)

SINGLES

Worlds end

皮膚呼吸


2019.05.02, 23:29 / 2019.04: 札幌, イベント
Mr.Children はコメントを受け付けていません。
2019.03.21

人間らしさ

人間らしさ〜人類の足跡 グレートジャーニー〜

Next Wisdom Foundation のイベントで、探検家・人類学者・医師の関野吉晴さんの講演を聞いてきた。

あれ?何の話だったっけ?? って何回もなってしまうくらい、
話があっちこっち行くけど、本人は話が外れているというのはわかってるらしく、時々戻る。

人間が最初はどうして世界に広がっていったのか、という話から始まり、
文明と接していない人の考え方とか、
かつて交流のなかったアフリカ大陸と南米大陸で同じようにピラミッドがあったり農耕が育ったりって話とか、
なんかいろいろ話していた気がするけど、思い出すのは難しい。

人間が他の動物と違う点は、
餌をシェアしてお互いに恩を売って将来の安全を確保する点だったり、
他人と自分を比べて嫉妬したり、勝ちたいと思ったりする点だったり、
生きること以外の無駄なことに圧倒的に多くの時間を使ってる点だったりするそうだ。

細切れな話がたくさん出てきたけど、私の感情としては、旅したい、に尽きる。


2019.03.21, 00:41 / イベント
人間らしさ はコメントを受け付けていません。
2019.02.20

MIURA ACONCAGUA 2019 TALK SHOW

MIURA ACONCAGUA 2019 TALK SHOWに当選したので行ってきた。

86歳の三浦雄一郎がアコンカグアに登り、そこからスキー滑降するという挑戦。
その夢を支えた次男の三浦豪太とチームの仲間たち。
結局ドクターストップで三浦雄一郎は断念したけど、まだアコンカグアに登ったことのない豪太氏と何人かは登頂。
その報告会。

この挑戦に関しては、ドクターストップで下山ということになっていなかったら、そんなに興味を持たなかったかもしれない。

ヘリを使って酸素ボンベを多用して、なるべく体力温存をしながら登っていったのに、
予想を超えた強風で停滞が続き、その間に体力が奪われ、ドクターストップに至った。

予想はつくけど、三浦雄一郎はまだまだいけると思っていて、
それを息子の豪太氏が説得し、諦めてもらったという形。

まだ今日も、あのドクターストップは勇み足だった、とか言ってたけど(笑)

豪太氏も言ってたけど、高齢者の登山は、気持ちに体がついていってないことで起きる事故が一番多いということで、
ちゃんと諦めたというのは、大きな決断だし、世の中に与える影響も良いと思う。

そして二人ともが言っていたが、父子だけで行くのではなく、
ちゃんと信頼できる仲間たちでパーティーを組んで、
普段から診てもらっている信頼できる大城ドクターに同行してもらってのだから、
そこでドクターの言うことに逆らって登るのも、同行してもらった意味がない。

客観的視点を保つためにチームを組んだというわけだ。

なんかそういう学んだ点というのが、興味深い点でもあったし、ドラマでもあるのだ。
ただただお金をかけて精鋭部隊についてもらって登頂したっていうのでは、
いくら86歳の挑戦だからといっておもしろくない。

おもしろい、おもしろくない、で語るものでもないと思うけど、
やっぱり挑戦して、諦めざるを得なかったけど、諦めきれずに次の挑戦を思い描く、
ここまでをセットにして、ストーリーが完成している。

思ったより、私自身も得るものが多いトークショーだった。

 


2019.02.20, 00:19 / イベント
MIURA ACONCAGUA 2019 TALK SHOW はコメントを受け付けていません。
2018.09.23

イグ・ノーベル賞の世界展

イグ・ノーベル賞の世界展

今やってることに気づいて、行ってきた。

最近の受賞だと、うんちくとして聞いたことがあるものがけっこうあった。
意味あるの? あーでも気になるよね、っていうような、微妙なラインなのがイイ。

こういう笑えて、ロジックもしっかり詰めている研究(結論が出てないものもあるが)をしたかった。
イグノーベル賞を目指す研究をすればよかったなーという思いでいっぱいだ。

今からでも何かできないかな。
情報系だと、たまごっち、バウリンガルあたりだよな。

ちょっとこれから、意識しよう。
仕事では関係なさそうだから、プライベートで。

 


2018.09.23, 21:59 / イベント
イグ・ノーベル賞の世界展 はコメントを受け付けていません。
2018.09.13

ロボット

ロボットクリエイターの高橋智隆さんの話を聞きに、LIFULLのイベントスペースに行ってきた。
旅祭のチラシにこのイベントのことが書かれていて気になったのだ。
(LIFULL が PEACE DAY に関わっていたので)

〜感情とロボット編〜AIが社会基盤となるからこそ必要であろう叡智、 今残すべき叡智とは?

おしゃれな会場だけど、人数が多めなのかちょっとギュウギュウ。
窓から車の騒音が聞こえて、ときどき声がかき消されていたのがマイナス。

だけど、その他はホントよかった!

高橋さんって話上手なのね。

文系と理系の両方が足りない能力を身につければ、アホな議論が減るとか、
けっこうブラックな感じで、私が最近ものすごく感じていることを言っていて嬉しい。

これまでの経歴とか、ロボットを作る時に気をつけていることとか、考え方の話が多くて楽しい。
デアゴスティーニのROBIの裏で行われていることの話とか興味深かったし。

小さいロボットは期待値を下げるからイイとか、
みんなで相談して決めると無難になるから一人でやるほうが突き抜けてイイとか、
言うことがいろいろ、イイのだ。

いやー、楽しかった。

楽しいこと好きなことを突き詰めていったらこうなった。
そう言えるようなことに、私はまだ出会えていない。

趣味と仕事を分けてしまったことがいけないのだろうか。
人生半分まできたら、もう趣味と仕事を一体化していく道を考えないと。

本当に、最近ずっと考えてる。

どうでもいいこととしては、高橋さんのイケメンの種類が、サークルの先輩に似てることに気づいたことと、
前職で担当してたイベント業、こういうスタイルのイベントをやりたかったなーということ。

 


2018.09.13, 00:13 / イベント
ロボット はコメントを受け付けていません。
2018.09.02

旅祭 2018 x PEACE DAY

昨日と今日、幕張海浜公園で開催されていた旅祭に行ってきた。
今年は2日間で、2日目はPEACE DAYということだった。

メチャメチャよかった。

2DAYSチケットを5800円で買ったのだが、出演者がスゴくて、
振り返ってみると、こんなに安くてよかったのか?と思う。

見に行ったのは、こんな感じ。
今年はメインステージとその他のステージが交互になってて、メインを逃さない構成になっててよかった。

ただ、SUGIZOがトークに参加するところ、行けばよかったー!
GAKU-MCの裏でそんなことやってたの、見逃したわ。

1日目

[TALK] 「PLAY ON EARTH」高橋歩、四角大輔
[MUSIC] 由利華
[MUSIC] Awesome City Club (Acoustic set)
[TALK] 「人生を変えた世界一周の旅」四角大輔、喜多桜子(インスタグラマー)、Kei(映像ディレクター)
[MUSIC] モン吉
[PERFORMANCE] 電撃ネットワーク
[MUSIC] Nakamura Emi
[TALK] 「旅のから騒ぎ・旅と人生/仕事の楽しみ方」伊佐知美(エッセイスト)、古性のち(編集者)、岡村龍弥(カメラマン)、前田塁
[MUSIC] CHAI
[TALK] 「宇宙旅行時代、到来!」山崎大地(民間宇宙飛行士)、前田塁
[MUSIC] 竹原ピストル
[TALK] 「夢と冒険に生きる」荻田泰永(北極冒険家)、高橋歩、井本喜久
[MUSIC] SPECIAL OTHERS

2日目

[MUSIC] S.T.K.(SUGIZO+TETRA)
[TALK] 「ROAD TO WORLD PEACE」井上高志(LIFULL)、高橋歩、関根健次(ユナイテッドピープル)、井本喜久
[MUSIC] GAKU-MC
[TALK] 「世界を旅して選んだ、僕らの働き方」モリジュンヤ(インクワイア)、成瀬勇輝、太田尚樹(やる気あり美)、高橋歩
[MUSIC] the LOW-ATUS(細美武士・TOSHI-LOW)
[TALK] 「ビジネスで世界平和を目指す」出雲充(ユーグレナ)、長谷川雅也(自然電力)、北川力(WOTA)、井上高志(LIFULL)
[MUSIC] MONKEY MAJIK
[TALK] 「地球と生きる〜サステナブルな社会の実現を〜」NOMA(モデル)、四角大輔、辻井隆行(パタゴニア)
[TALK] 「平和構築のためのメディアの役割を考える」丹下紘希(映像作家)、サヘルローズ、堀潤
[TALK] PEACE DAY宣言
[TALK] Jeremy Gilley
[MUSIC] 一青窈

1日目はほとんど晴れで日焼けが心配だったし、熱中症になりそうだったけど、
竹原ピストルが終わった途端に豪雨が降って、次の話を聞きに行くのに出遅れてしまった。

良いトークが多かったのと、竹原ピストルがよかった。

1日目の夜は家まで帰ると2日目行く気が失せそうだったので(片道1時間ちょいだけど)
西船橋のカプセルホテルに泊まった。

2日目は朝に雨が降ってたけど、その後は意外に大丈夫だったな。
パラパラ降ってたときはあったけど、豪雨ではなかった。
1日目の数倍の人がいたような気がするし、各アーティストのファンなんだろうなって人がけっこういた。

PEACE DAYについて知ることができたのが一番の収穫。
あと、平和についてのマジメなトークが多くてよかったのと、
SUGIZO を見ることができて嬉しかったのと、一青窈もよかったな。
 
 
 
それぞれのセッションの感想は以下のとおり。
感じるものがあったやつだけね。

1日目

[TALK] 「PLAY ON EARTH」高橋歩、四角大輔
→ ビビッと来たものをやる!って決めるのは大事だけど、もっと大事なのはそこから頭を全力で使うこと。
 決めたあとにやっぱりできなくてやめる、という例があまりにも多いらしい(まぁそうだろう)

[TALK] 「人生を変えた世界一周の旅」四角大輔、喜多桜子、Kei
→ 学生時代にピースボートに乗ってたら、確かに少しは変わったかもしれないなと思ったけど、
 引っ込み思案が乗ったところで、実際はそんなに変わらないかもしれないな。
 あとはインスタとか動画編集とかは今の時代じゃないと無理だし。

[MUSIC] モン吉
→ 今年もファンキー加藤のことはネタにしていた(笑)

[MUSIC] Nakamura Emi
→ 同世代っぽいけど、女の笑顔が職場を明るくする、とか性別を歌詞に入れちゃうところが今向きじゃなさそう。
 みんなの笑顔とか言えばいいのにね。

[TALK] 「旅のから騒ぎ・旅と人生/仕事の楽しみ方」伊佐知美、古性のち、岡村龍弥、前田塁
→ 旅をしながら仕事するんじゃなくて、旅の合間に仕事をするのが現実的だけど、
 旅自体が仕事という芸能人っぽい仕事もある人にはある、とのこと。
 動画編集とエンジニアは需要あるんじゃ?と人ごとのように言っていたが。

[TALK] 「宇宙旅行時代、到来!」山崎大地、前田塁
→ 今はまだ高くて数十億とかするけど、需要が増えれば数千万とかなったり、もっと進めば数百万円で行けるらしい。
 知らない話ばっかりで、おー!って思いながら聞いてたけど、今となっては数字も思い出せず。
 ただ、宇宙に行くのは自分でお金を払って行くことを考えるのではなく、
 宇宙で必要そうな職業を探して第一人者になることを狙ったほうがいいぞってことをしきりにおっしゃってた。

[MUSIC] 竹原ピストル
→ けっこう近くで見られて、めちゃくちゃよかった。最高。
 本当に良い人なんだろうなっていう、人柄があふれる語り口だった。
 そして歌は熱く、聞いてて涙が出てくる。最高。

[TALK] 「夢と冒険に生きる」荻田泰永、高橋歩、井本喜久
→ 荻田さんの話は別のところでも聞いたことがあるけど、旅というより冒険なのが良いし、別世界の話は楽しい。
 やりたくてやる、バイトして稼いで北極に行く、とやっていたのを、
 単独無補給徒歩をやるときにスポンサーを探したということで、やはり大きいことをやるのは大変だ。

2日目

[MUSIC] S.T.K.(SUGIZO+TETRA)
→ SUGIZOをあんなに近くで見られるなんて、すごい。
 しかもギターじゃなくてバイオリンだった。
 脚が細くてなんだか心配になるほどだったけど、カッコよかった。

[TALK] 「ROAD TO WORLD PEACE」井上高志、高橋歩、関根健次、井本喜久
→ PEACE DAY とは何物か、今回のコラボはどうしてそうなったのか、など、これまでの話を聞けた。
 PEACE DAY が一人の若者発信で世界中に広まりつつあることなど熱い話を聞けてよかった。

[TALK] 「ビジネスで世界平和を目指す」出雲充、長谷川雅也、北川力、井上高志
→ 旅祭で理系な話を聞いたのは初めてかもしれない。
 ミドリムシでオイルを得る、水の循環、自然エネルギーなど、研究してきたことが実用化してきているとのこと。
 これらは生活に必要なエネルギーであり、得られることで争いがなくなる可能性もあるし、PEACE!

[MUSIC] MONKEY MAJIK
→ もう何年も日本にいるんだろうから当然かもしれないけど、日本語なんだな。
 英語と日本語をいろいろ混ぜてしゃべるの、いいな。

[TALK] 「地球と生きる〜サステナブルな社会の実現を〜」NOMA、四角大輔、辻井隆行
→ 服を作るのは大量の水を使うし、ものすごく環境を破壊するらしい。
 500円のTシャツを作る裏では過酷な労働や薬剤の使用などで何人か死者が出ているかもしれない。
 そういったことを考えて、なるべくそういうことがないようにしているのがパタゴニア。

[TALK] 「平和構築のためのメディアの役割を考える」丹下紘希、サヘルローズ、堀潤
→ なかなか興味深いテーマ。
 国のイメージというのは報道に左右されているが、その国に知人がいればもう少し正しく理解できる。
 報道じゃなくて誰かの発言のほうが信用できる場合もあるが、そうでない場合もある。
 どの情報を信用するかも考えないといけないし、自分の考えも発信していかないといけない。

[TALK] Jeremy Gilley
→ PEACE DAY を作った人。
 午前のTALKで聞いていたとおり、熱い人だった。
 その熱さで世界を動かしつつある・・・これは夢を追いかける人を冷笑なんてしていられない。
 自分なりに、どうやって関わっていけるか、考えていこう。

[MUSIC] 一青窈
→ かなり前のほうで見られて、すごい。
 近くで見ると友だちのYに似ているなって思ったので、今度会ったら伝えよう。


2018.09.02, 22:03 / イベント
旅祭 2018 x PEACE DAY はコメントを受け付けていません。
2018.06.28

ウカスカジー

チケットぴあで桜井和寿をマークするようになり、ウカスカジーのチケットを買うことができた。
Mr.Children とか ap bank fes とかはまだ買えたことないけど。

ウカスカジー TOUR 2018 日本のアンセム

一人で参戦なこともあり、かなりドキドキ。
もしかしてユニフォームじゃないと浮いちゃう?とか気になったり。

でも、きっとファンの人たちは温かい心のはず!と、深く考えずに行ってみる。
場所は中野サンプラザ。

開場時間に着いたので、そのまま列が進んで、中に入ることができた。
2階席なので、だいぶステージからは遠いように感じる。
一人参戦の人もチラホラいたので、よかった。

『きっとラット』という若い二人組が前座ステージ。
爽やかさとひたむきさが、ウカスカジーのスポーツ好きっぽいところと合う。

そして、18時半から、いよいよウカスカジー。

初めて桜井和寿を見て、ウルウルきてしまった。
もっと近くで見たかったー。

曲のタイトルを知らなくても、曲は知ってる。
そんな曲ばかりだったので、楽しかった。

基本的に手の振りがわからないけど、GAKU-MCが全部先導してくれてたので、混じることができた。
盛り上げ方もうまいな。

新曲もいくつかあり、新曲では画面に歌詞が出るので、気持ちも入る。

画面に顔のアップが出るとつい見てしまうが、ライブだから、生のほうを見るように意識。
GAKU-MCが歌ってるときの桜井さんとか、桜井さんが歌ってるときのGAKU-MCのポージングとか、
映ってないところが見れるのは、いい。

ものすごく、楽しかった。
行く前よりもずっと、ウカスカジーが好きになった。

もっとライブ行こう。

 


2018.06.28, 23:31 / イベント
ウカスカジー はコメントを受け付けていません。