2017.10.27

怖い絵展

午後が休みの日だったので、ボルダリングに行こうかとか思ってたけど、
せっかくの晴れの日だし、室内はもったいないなと思って、
上野の森美術館でやっている『怖い絵展』に行ってみた。

もちろん屋内の展示だけど、すごい混んでるって情報だったので、外に並ぶなら晴れの日のほうがいい。
それに、休日よりは平日のほうがまだマシだろうという目論見。

15時ちょっと前に到着して、50分待ち。
17時閉館だから、大丈夫。

数十人ずつまとめて中に入れているようで、列は10mくらい進んで、止まって、という感じ。
実際に入るまでにかかった時間も、50分くらいだった。

そして、怖い絵展。

まず、切り口がおもしろいなって、気になっていた。

ポール・ドラローシュの描いた 『レディ・ジェーン・グレイの処刑』 が目玉ではあるが、
処刑だけじゃなく、悪夢、恨み、悪魔、レイプ、自殺、など、様々な人間の暗い面が描かれている。

人間だけじゃなくて、馬の絵もあったし、自然の脅威もあった。

神話の世界から始まり、そこはイソップ物語とか、小説の挿絵とか、そういった雰囲気。
または、RPGとか、舞台とか、芝居とか、そういうフィクションの世界を強く思わせるものだった。

でも、後半に歴史の一場面を描いたものが出てくると、一気に現実とのつながりを感じる。
レディ・ジェーン・グレイは、英国初の女王。
他にも、クレオパトラとか知ってる名前を見かけた。

どこも、大混雑。

やっぱり一番前の列に貼り付いて動かない人たちがいて、後ろから覗き込む形で見学。
暗い世界を覗き込むというのも、なんだかそれはそれで味わい深い。。

さらっと見終えてしまったけど、全体を通して、不思議な感覚。
ただ暗い・怖いじゃなくて、哀れさとか弱さを強く感じた。

 


2017.10.27, 20:22 / イベント
2017.10.21

安藤忠雄展

安藤忠雄展に行ってきた。

もちろん、名前は知ってる。
でも、代表作は? と聞かれても、答えられない。
その程度の知識しかなかった。

最初、住宅の設計と模型を展示している部屋。
ここがいわゆる建築家としての仕事の紹介部分になる。
最前列で張り付いて設計図を見ている列が、なかなか動かなかったので、後ろからチラチラ見て進む。
私にとっては、設計図を読み込むより、模型を見たほうがいい。

コンクリート打ちっ放しなどシンプルであり、幾何学的でクール。
デザイナーズマンション、と言ってしまえば近いのかもしれないけど、それをだいぶ昔からやってるわけで。

そこから、光で十字架を描いた教会など、シンプルさの中に、自然が融合していく。
アートとも言える、好きな感じ。

そして、駅、複合商業施設、美術館など、大規模な建築。
大きな部屋に、大きめの模型や写真があり、なかなか見応えのある部屋。

直島に行ったとき、たしか安藤忠雄の作った建物ってのをみた。
そういうのもここに含まれる。

日本だけでなく、海外の作品も多く、
震災だったり、地域復興だったり、森林再生だったり、テーマ性も強くなる。

建築家、という枠だけでなく、人の生きる道としてできることをやるという熱さを感じた。

高校の頃に建築家についてもっと知ってたら、そっちの道を進みたかったな。
技術の授業で設計図とか描くのは大好きだった。

今の自分は何もしてないなって、辛くなった。

 


2017.10.21, 21:56 / イベント
2017.09.03

旅祭2017

旅祭2017に行ってきた。

今年は会場が幕張だったので、なかなか遠い。
というか、電車は1時間半くらいだったけど、30分くらい歩いた。

暑くなるかと思って警戒していたが、思ったより涼しいままだった。
夕方からは鳥肌が立つくらいに寒かったので、もらったオリジナルタオルで暖をとる。

昼からの参戦。

モン吉 [MUSIC]
マネージャがDJをやってるということで、なんだか感慨深かった。
FUNKY MONKEY BABYS って解散してからもボーカル二人がそれぞれ過去の歌を歌ってるのがおもしろいな。
熱くてよかった。

関野吉晴x高橋歩 [TALK]
グレートジャーニーとか、関野氏が探検を始めるまでのいきさつ、お金をどう工面してるのか、など、興味深かった。
夢とかじゃなくておもしろいからやる、お金が必要なら働く、とシンプルだったのが嬉しい。

本田直之x四角大輔 [TALK]
モバイルボヘミアンの話がメイン。
パッとやってできることではないけど、準備すればできる可能性が高くなる。
準備なしにやろうとする人にはやめとけという姿勢に共感。

GAKU-MC [MUSIC]
なんとなく前の会社の人たちを思い出した。

尾崎裕哉 [MUSIC]
この時間帯が眠くて、天気も良くて風が涼しくて気持ちよくて、隅っこで座って寝ながら聴いてた。
でも、I LOVE YOU のときには起きてしまった。
やっぱり、似てる。

伊勢谷友介x四角大輔 [TALK]
今年いちばん衝撃というか、自分に響いたトークだった。
ちなみに去年は若旦那のトークだった気がするので、四角大輔との対談はおもしろい確率が高いってことか。

前にダウンタウンの番組で自分の会社について少し話してたやつの、詳しい版。
本能と理性の話が多くて、人間は知能があって理性で動いてるはずなのに、自分たちの住む環境を壊してる。
それをバランスとるために何をしたらいいか考えて動くのが、リバースプロジェクトのやってることらしい。

夢なんてあってもなくてもよくて、もともと人間には環境や種を守り、よりよく生きるという使命があるはずと。
だから自分探しの旅なんか意味なくて、旅からその使命に気づいたりすることはあっても、自分なんか探してもしょうがない、と。

そういうちょっと斜に構えつつ正論を言ってるようなところ、好きだ。
アート作品を創ることだけがクリエイティブであることじゃなくて、仕組みを創るのもクリエイターだというのが、またいい。

もう一度聞きたい。

ナオト・インティライミ [MUSIC]

トークがおもしろいと聞いたことはあったが、ホントすごかった。
かなりの旅人だから、旅についてもいろいろ話したいみたいで、話すか歌うか迷ってるところがまたおもしろい。
そして旅の話ももっともっと聞きたいって思うくらいおもしろかった。

サビだけいろんな曲をやったりしてたけど、演奏したのは他でやらない旅系の曲。
それもそれでいい。

楽しかった。

 


2017.09.03, 22:40 / イベント
旅祭2017 はコメントを受け付けていません。
2017.03.26

Passage Tells: Shibuya

Passage Tells: Shibuya に行ってみた。
アートのような、勉強のような、不思議なもの。

渋谷駅で働く人や歴史など、普段は意識しない情報を、オーディオで聞きながら、歩く。

ヘッドフォンを渡されて、音声が聞こえるか確認したらもう、あそこの3出口の階段から降りてください、と言われる。
そのあとどこにどう行けばいいか全然知らずに歩き始めたもんだから、不安で怖かった。

ヘッドフォンから情報が聞こえ、一通り終わったところで、次はどこに行けというアナウンスが流れる。
そういうシステムだってわかってからは、少し安心。
それからは、ちょっとRPG気分で進む。

この頭上には渋谷川が流れてる、とか、昔はこうだった、とか、
それを実際の場所を見ながら聞けるのは、それなりにおもしろい経験だった。

 


2017.03.26, 19:57 / イベント
Passage Tells: Shibuya はコメントを受け付けていません。
2017.01.14

DAVID BOWIE

デビッドボウイが亡くなって、彼の功績を偲ぶ展示会。
そもそも曲をほとんど知らなかったけど、
それでも名前を知ってるってことは、見ておきたいなって思って。

展示に近づくとヘッドフォンから音がするシステム。

最初は展示の文字を読んでから映像を見ようと並んでたが、
それだと文字を読んでる間に映像が終わってしまうことがわかったので、
その後は映像を先に見るようにした。

歌手ってだけじゃなくて、パントマイムや、衣装デザインや、演技。
ジギーというキャラクターや、ボウイ自身の性別や宗教観、
全て揃って際立ったアーティストだった。

見終わったときには、デビッドボウイを好きになっていた。

曲だけじゃないんだな。

行ってよかった。


2017.01.14, 23:28 / イベント
DAVID BOWIE はコメントを受け付けていません。
2016.12.18

YEAR END

会社の YEAR END PARTY の日。
社内のではなくて、読者の方が参加するイベント。

私にとっては、K-SOUND を呼んでいたので、それが頭の中心。
17個下の70期らしい。

車も機材もない状態で音響をやれと言われたので、それならと K-SOUND を紹介したのだ。

代替わりしてすぐということで初々しかったが、良い子たちでよかった。
MCから演奏に切り替えるときにハウリングしたので心配になったけど、演奏が始まったら大丈夫だった。
盛り上がってたし、安心した。

私がパート長をやってたときも、OBからのPA依頼に助けられた覚えがある。
だから、もし彼らの助けになることができていたのなら、嬉しい。
もしそうじゃなかったら、無理しなくていいよって伝えたいけどね。

これからも一緒にイベントできる機会があればいいな。

 


2016.08.31

見学

前に見学に行った会社で、2ヶ月に1度あるというパーティーに、
会社の友だちを連れて、行ってきた。

やっぱり、大人な雰囲気の人々と、広々としたオフィスと、働きやすそうな成果主義、イイね。
羨ましすぎる。

そして、エスニック料理がテーマということで、そういった普段食べない料理も、おいしかった。
多国籍でインターナショナルな空気、イイね。

こうして訪問しているうちに、移りたくなったりするんだろうな。
もうイイ加減、大人なところで働きたくもあるわけで。

一緒に行った友だちが、いろいろと社員さんに話しかけてくれたおかげで、
けっこう多くの方と話すことができて、超感謝。

なんだかんだ、パーティーは苦手でもある^^;

 


2016.08.31, 00:13 / イベント
見学 はコメントを受け付けていません。
2016.08.11

旅祭2016

今年も旅祭に行ってきた!

祝日開催だったので、発表された当時は行けないものかと思っていたが、
先々月くらいから祝日も仕事が休みになったので・・・。
(今更かぃ!って感じだけど・・・)

去年は、今の会社に入ってから知った名前の方々と、あいのりの人たち、という印象だったが、
今年は MAN WITH A MISSION のステージがあったり、
クレイジージャーニーで知った佐藤健寿とヨシダナギのトークがあったり、少し違う感じ。

で、楽しかった。

先にダメな点を挙げておくと、去年と同じだけど、
・飲食の店の行列が長すぎて並ぶ気にならないこと
・最後まで見たいと思うのに、途中で1時間くらい参加したいものがない時間があり、居場所がなくて帰る
くらいかな。

参加した順に感想を・・・

Caravan
知らないアーティストの音楽ステージだけど、他に聞きたいものがなかったので行ってみた。
フェスって感じの、ゆったりまったり。

BOHEMIAN 〜旅をしながら、新しい何かを生み出し続ける〜(高橋歩、山崎拓巳)
高橋歩は前にも見たことあったし、探検隊でも下の世代が圧倒的にリスペクトしてる人というイメージ。
山崎拓巳って方は、なんか名前を見たことある気がするけど・・・?という感じで、気になったので行ってみた。

ジャイアンタイプだろうが慎重派だろうが、チャンスが来た時にすぐ決断して行動に移せる人が強い、というのに納得。
そして「やりたいことを真剣にやろうとすると、法律の壁が来る時があるけど、本気で変えたければ政治家になればいい」という高橋歩の言葉にものすごく共感した。

僕らが旅をして見えた世界、そして光と影(ロバートハリス、辻井隆行(パタゴニア日本支社長))
ロバートハリスは聞きたかった。
辻井さんはプロフィールのパタゴニアの人ということしか知らなかったけど、それでよかった。
父親が暗号学者とか言ってて、もしかしてあの辻井氏?と思ったけど、どうなんだろ?

イスラム圏とか行くとアラビアンナイトのような世界が広がってる・・・というロバートハリスの言葉に共感。
私もモロッコに行ったときに衝撃を受けた。
でもエジプトでその衝撃はなかったし、トルコやヨルダンはその後で行ったせいか少し衝撃が薄かった気がする。

ニコニコしていれば良いことがやってくる。
現地で関係を築くことで、そこから得られるものは大きい。
そうして世界に、場所じゃなくて人を感じられるようになると、世界のニュースも自分ゴトになる。

旅において相手に与える印象って、肩書きとか国籍とか関係ない素の自分の第一印象。
だから、そこが大事っていうのは言葉以上に深いと思った。

肩書きを捨て、「芸能界」という世界の外に出る旅(西野亮廣(キングコング)、四角大輔)
この前に外にランチに行っていたので、最後の10分くらいしか聞いてないけど、
自分のホームじゃない場所で、肩書きが通用しない場所に行って得られるものって、あるよね。

クレイジーな旅人二人が語る”旅”と”写真”(ヨシダナギ、佐藤健寿、松尾翠アナウンサー)
クレイジージャーニー好きとして、佐藤健寿は聞きたかった。
けど、二人とも口数が少なくて黙り込むタイプのようで、松尾アナも途切れ途切れになってたな。
隣のステージでやってた『水曜日のカンパネラ』の音量が大きすぎたので、話しづらかったのかもしれないな。

変なところに行こうとするんじゃなく、撮りたいものがそこにあっただけで、危険だと判断したら行かない。
そういう写真を撮りたい!って思ったら負けで、いかに他と違うものを撮るかを考える。
全部正論なんだけど、ああいうマネできない写真を撮る方々が正論で安心した。

人生は旅 Life is Journey(若旦那、四角大輔)
湘南乃風の若旦那の人生と旅を、四角大輔が聞き出すという形式。
若旦那の印象がガラッと変わった、ものすごくおもしろいトークだった。

若旦那がロジカルな面と熱い面を両方持ち合わせてて、しかもそれが半々だなんて、全然知らなかった。
確かに話を聞いていると、ただの熱いヤンキーミュージシャンって感じではなかった。
ロジカル面というか、全体を見て考えて行動に移して・・・というのが真っ直ぐで堅実で、新たな一面だった。

なんかすごいイイ話を聞いたなー、若旦那カッケーなー。

MAN WITH A MISSION
名前は知ってて、曲もiTunesで買ったので少しは知ってるし、テレビで姿は見たことがある。
でも、ライブを見たのは初めてだった。

時間前にステージ前に行ったけど、すでに満員で、後ろの方になってしまった。
でも、それでよかったかもしれない。

私より前の人は、ものすごいたくさんいたけど、全員、手のフリが揃ってた。
大人はもちろんだけど、子どもまで・・・ものすごく盛り上がっていた。

その姿を後ろから眺める形になってしまったけど、改めて、スゲーなって思った。

・・・

で、ここまでで退場して、帰宅。

ホントはその後の後のステージの GAKU-MC も聴きたかったけど、
1時間くらい空いてしまい、やることなかったし、時間を潰して戻ってくるほど元気も残ってなかった。

いやー、でも、今回も楽しかった。
前回より印象に残ったトークが多くて、楽しかったかもしれない。


2016.08.11, 21:36 / イベント
旅祭2016 はコメントを受け付けていません。
2015.11.14

首都圏外郭放水路

首都圏外郭放水路 が神殿みたいでカッコイイと話題になってた。
通常は予約しないと見学できないのだが、今日は埼玉県民の日ということで特別解放らしい。

10時からということで、9時半に駅に到着してシャトルバスを使おうという計画。

出社時間よりも早く7時半前に家を出て、電車で南桜井駅まで1時間半。
おかげで今週の課題図書が読み終わった。

シャトルバスの案内の人がいたので場所はすぐにわかったが、目を疑うような長蛇の列。
1kmくらい人が並んでいたような・・・。

歩くと40分ということだったので、どっちが早いか迷いながらも並んでしまう。
これが今日最大の失敗。

30分経過して半分くらいしか進んでなかったけど、もう30分並んじゃったし・・・とそのまま待つ。
結局バスに乗れたのは1時間ちょっと経った頃。
帰りに歩いてみて30分だったので、最初っから歩いていれば、だいぶ時間の節約になってたね。

ぎゅうぎゅうのバスに乗り、10分くらいで龍Q館に到着。
入場待ちの列が、バス以上の長蛇の列で若干ひく。

こっちはアナウンスで1時間半以上待つって言ってたので、覚悟ができる。
ここまできて引き返すわけにはいかない。
例年よりはるかに多いお客様が・・・って言ってたし、メディアに露出したせいか。

パリのテロ事件のニュースを見ながら、列が進むのについていく。
進みは早かったので、気持ち的には楽なんだけど、寒いのと雨が降ってきたのがイヤ。

ちょうど1時間半くらいで入り口。
一眼レフカメラを出して、準備オッケー。

階段では立ち止まらないでくださいって言われ続けたけど、下に降りたらフリー。
とにかく写真を撮りまくる人だらけで、おもしろかった。
そりゃそうだよね。
それ以外することないしね。

IMG_2699

どうしたらカッコイイ写真になるのか探り探りで、写真を撮りまくる。
1時間ほど遊んで、終わり。

満足した。

入るまでが長かっただけに、達成感もあった。

帰りはバスに並ぶのはイヤだと思い、歩いて駅まで行って、30分。
そして電車で1時間半。

入るまでに 1時間半(電車)+1時間10分(バス待ち)+10分(バス)+1時間半(入場待ち) = 4時間20分
見学は 1時間。
帰りは 2時間。

長かったー。

 


2015.11.14, 21:16 / イベント
首都圏外郭放水路 はコメントを受け付けていません。
2015.11.07

hide crystal project presents RADIOSITY

hide crystal project presents RADIOSITYに行ってきた。

ライブに1人で行くのはどうか・・・と若干の迷いはあったものの、ま、いっか、で、参戦。
会場をよくよく見たら、ライブハウスなのか映画館なのかよくわからない場所だった。

到着してみたら、ちょっと年齢層高めの、というか、私世代な方々がたくさん。
ど真ん中だもんなぁ。
でも、若い人もチラホラいるし、年配もチラホラいる。

「ライブハウス同様に、スタンディングで楽しんだり、歓声を上げたり、サイリュームを振るなどの鑑賞OK!」
と書かれていたり、そういったアナウンスが流れたりして、どれだけリアルなんだ!?とワクワクさせる。

始まってしばらくは音楽がだんだんと大きくなり、CGが画面で踊っているだけ。
サイリュームを振って待ってる人もいる。

まだかまだかと待って、ようやく登場!
ROCKET DIVE!!

なんだけど、若干ガッカリ。

ホログラムの向こう側に画面が見えてしまって、hideが幽霊のように見えてしまう。
なんだか盛り上がるというより、しんみりしてしまった。
前の席の人とか、泣いてたし。

立ち上がって盛り上がるという感じではなく、hideを偲ぶ会といったほうが近いかもしれない。
歓声とか、いっさいなかった。

でも2曲目のピンクスパイダーは、後ろが暗かったからか、なかなかリアルに見えて嬉しかった。

それからしばらく知らない曲が続き、リアルに見えたり見えなかったり。

あるとき決定的に気づいてしまった。

ホログラムは左右一直線上にしか動いていない!!
だからリアルに見えないんだ!!!

ホログラムを投影するラインというものがあって、その上でしか動かせないんだろうけど、
例えば後ろに水を飲みに行ったり、前の客席に迫ってきたりというのが、観客との距離なんだろうなと思う。
それがないから、テレビの中という感覚から抜けられないでいたのが大きい気がする。

あとは、足のライン、ステージの線が、スクリーンの高さなので、ステージより一段上。
そのあたりもリアルに見えない要因だったんだろうな。

何はともあれ、メガネをかけないで立体的に見えてたことは確かだし、それは素晴らしい。
大音量でhideの音楽を聴けて、久しぶりにhideの姿を見ることができて、楽しかった。

良い経験だった。

image

 


2015.11.07, 19:07 / イベント
hide crystal project presents RADIOSITY はコメントを受け付けていません。