2018.09.23

イグ・ノーベル賞の世界展

イグ・ノーベル賞の世界展

今やってることに気づいて、行ってきた。

最近の受賞だと、うんちくとして聞いたことがあるものがけっこうあった。
意味あるの? あーでも気になるよね、っていうような、微妙なラインなのがイイ。

こういう笑えて、ロジックもしっかり詰めている研究(結論が出てないものもあるが)をしたかった。
イグノーベル賞を目指す研究をすればよかったなーという思いでいっぱいだ。

今からでも何かできないかな。
情報系だと、たまごっち、バウリンガルあたりだよな。

ちょっとこれから、意識しよう。
仕事では関係なさそうだから、プライベートで。

 


2018.09.23, 21:59 / イベント
2018.09.13

ロボット

ロボットクリエイターの高橋智隆さんの話を聞きに、LIFULLのイベントスペースに行ってきた。
旅祭のチラシにこのイベントのことが書かれていて気になったのだ。
(LIFULL が PEACE DAY に関わっていたので)

〜感情とロボット編〜AIが社会基盤となるからこそ必要であろう叡智、 今残すべき叡智とは?

おしゃれな会場だけど、人数が多めなのかちょっとギュウギュウ。
窓から車の騒音が聞こえて、ときどき声がかき消されていたのがマイナス。

だけど、その他はホントよかった!

高橋さんって話上手なのね。

文系と理系の両方が足りない能力を身につければ、アホな議論が減るとか、
けっこうブラックな感じで、私が最近ものすごく感じていることを言っていて嬉しい。

これまでの経歴とか、ロボットを作る時に気をつけていることとか、考え方の話が多くて楽しい。
デアゴスティーニのROBIの裏で行われていることの話とか興味深かったし。

小さいロボットは期待値を下げるからイイとか、
みんなで相談して決めると無難になるから一人でやるほうが突き抜けてイイとか、
言うことがいろいろ、イイのだ。

いやー、楽しかった。

楽しいこと好きなことを突き詰めていったらこうなった。
そう言えるようなことに、私はまだ出会えていない。

趣味と仕事を分けてしまったことがいけないのだろうか。
人生半分まできたら、もう趣味と仕事を一体化していく道を考えないと。

本当に、最近ずっと考えてる。


どうでもいいこととしては、高橋さんのイケメンの種類が、サークルの先輩に似てることに気づいたことと、
前職で担当してたイベント業、こういうスタイルのイベントをやりたかったなーということ。


 


2018.09.13, 00:13 / イベント
2018.09.02

旅祭 2018 x PEACE DAY

昨日と今日、幕張海浜公園で開催されていた旅祭に行ってきた。
今年は2日間で、2日目はPEACE DAYということだった。

メチャメチャよかった。

2DAYSチケットを5800円で買ったのだが、出演者がスゴくて、
振り返ってみると、こんなに安くてよかったのか?と思う。

見に行ったのは、こんな感じ。
今年はメインステージとその他のステージが交互になってて、メインを逃さない構成になっててよかった。

ただ、SUGIZOがトークに参加するところ、行けばよかったー!
GAKU-MCの裏でそんなことやってたの、見逃したわ。


1日目

[TALK] 「PLAY ON EARTH」高橋歩、四角大輔
[MUSIC] 由利華
[MUSIC] Awesome City Club (Acoustic set)
[TALK] 「人生を変えた世界一周の旅」四角大輔、喜多桜子(インスタグラマー)、Kei(映像ディレクター)
[MUSIC] モン吉
[PERFORMANCE] 電撃ネットワーク
[MUSIC] Nakamura Emi
[TALK] 「旅のから騒ぎ・旅と人生/仕事の楽しみ方」伊佐知美(エッセイスト)、古性のち(編集者)、岡村龍弥(カメラマン)、前田塁
[MUSIC] CHAI
[TALK] 「宇宙旅行時代、到来!」山崎大地(民間宇宙飛行士)、前田塁
[MUSIC] 竹原ピストル
[TALK] 「夢と冒険に生きる」荻田泰永(北極冒険家)、高橋歩、井本喜久
[MUSIC] SPECIAL OTHERS

2日目

[MUSIC] S.T.K.(SUGIZO+TETRA)
[TALK] 「ROAD TO WORLD PEACE」井上高志(LIFULL)、高橋歩、関根健次(ユナイテッドピープル)、井本喜久
[MUSIC] GAKU-MC
[TALK] 「世界を旅して選んだ、僕らの働き方」モリジュンヤ(インクワイア)、成瀬勇輝、太田尚樹(やる気あり美)、高橋歩
[MUSIC] the LOW-ATUS(細美武士・TOSHI-LOW)
[TALK] 「ビジネスで世界平和を目指す」出雲充(ユーグレナ)、長谷川雅也(自然電力)、北川力(WOTA)、井上高志(LIFULL)
[MUSIC] MONKEY MAJIK
[TALK] 「地球と生きる〜サステナブルな社会の実現を〜」NOMA(モデル)、四角大輔、辻井隆行(パタゴニア)
[TALK] 「平和構築のためのメディアの役割を考える」丹下紘希(映像作家)、サヘルローズ、堀潤
[TALK] PEACE DAY宣言
[TALK] Jeremy Gilley
[MUSIC] 一青窈

1日目はほとんど晴れで日焼けが心配だったし、熱中症になりそうだったけど、
竹原ピストルが終わった途端に豪雨が降って、次の話を聞きに行くのに出遅れてしまった。

良いトークが多かったのと、竹原ピストルがよかった。

1日目の夜は家まで帰ると2日目行く気が失せそうだったので(片道1時間ちょいだけど)
西船橋のカプセルホテルに泊まった。

2日目は朝に雨が降ってたけど、その後は意外に大丈夫だったな。
パラパラ降ってたときはあったけど、豪雨ではなかった。
1日目の数倍の人がいたような気がするし、各アーティストのファンなんだろうなって人がけっこういた。

PEACE DAYについて知ることができたのが一番の収穫。
あと、平和についてのマジメなトークが多くてよかったのと、
SUGIZO を見ることができて嬉しかったのと、一青窈もよかったな。
 
 
 
それぞれのセッションの感想は以下のとおり。
感じるものがあったやつだけね。

1日目

[TALK] 「PLAY ON EARTH」高橋歩、四角大輔
→ ビビッと来たものをやる!って決めるのは大事だけど、もっと大事なのはそこから頭を全力で使うこと。
 決めたあとにやっぱりできなくてやめる、という例があまりにも多いらしい(まぁそうだろう)

[TALK] 「人生を変えた世界一周の旅」四角大輔、喜多桜子、Kei
→ 学生時代にピースボートに乗ってたら、確かに少しは変わったかもしれないなと思ったけど、
 引っ込み思案が乗ったところで、実際はそんなに変わらないかもしれないな。
 あとはインスタとか動画編集とかは今の時代じゃないと無理だし。

[MUSIC] モン吉
→ 今年もファンキー加藤のことはネタにしていた(笑)

[MUSIC] Nakamura Emi
→ 同世代っぽいけど、女の笑顔が職場を明るくする、とか性別を歌詞に入れちゃうところが今向きじゃなさそう。
 みんなの笑顔とか言えばいいのにね。

[TALK] 「旅のから騒ぎ・旅と人生/仕事の楽しみ方」伊佐知美、古性のち、岡村龍弥、前田塁
→ 旅をしながら仕事するんじゃなくて、旅の合間に仕事をするのが現実的だけど、
 旅自体が仕事という芸能人っぽい仕事もある人にはある、とのこと。
 動画編集とエンジニアは需要あるんじゃ?と人ごとのように言っていたが。

[TALK] 「宇宙旅行時代、到来!」山崎大地、前田塁
→ 今はまだ高くて数十億とかするけど、需要が増えれば数千万とかなったり、もっと進めば数百万円で行けるらしい。
 知らない話ばっかりで、おー!って思いながら聞いてたけど、今となっては数字も思い出せず。
 ただ、宇宙に行くのは自分でお金を払って行くことを考えるのではなく、
 宇宙で必要そうな職業を探して第一人者になることを狙ったほうがいいぞってことをしきりにおっしゃってた。

[MUSIC] 竹原ピストル
→ けっこう近くで見られて、めちゃくちゃよかった。最高。
 本当に良い人なんだろうなっていう、人柄があふれる語り口だった。
 そして歌は熱く、聞いてて涙が出てくる。最高。

[TALK] 「夢と冒険に生きる」荻田泰永、高橋歩、井本喜久
→ 荻田さんの話は別のところでも聞いたことがあるけど、旅というより冒険なのが良いし、別世界の話は楽しい。
 やりたくてやる、バイトして稼いで北極に行く、とやっていたのを、
 単独無補給徒歩をやるときにスポンサーを探したということで、やはり大きいことをやるのは大変だ。


2日目

[MUSIC] S.T.K.(SUGIZO+TETRA)
→ SUGIZOをあんなに近くで見られるなんて、すごい。
 しかもギターじゃなくてバイオリンだった。
 脚が細くてなんだか心配になるほどだったけど、カッコよかった。

[TALK] 「ROAD TO WORLD PEACE」井上高志、高橋歩、関根健次、井本喜久
→ PEACE DAY とは何物か、今回のコラボはどうしてそうなったのか、など、これまでの話を聞けた。
 PEACE DAY が一人の若者発信で世界中に広まりつつあることなど熱い話を聞けてよかった。

[TALK] 「ビジネスで世界平和を目指す」出雲充、長谷川雅也、北川力、井上高志
→ 旅祭で理系な話を聞いたのは初めてかもしれない。
 ミドリムシでオイルを得る、水の循環、自然エネルギーなど、研究してきたことが実用化してきているとのこと。
 これらは生活に必要なエネルギーであり、得られることで争いがなくなる可能性もあるし、PEACE!

[MUSIC] MONKEY MAJIK
→ もう何年も日本にいるんだろうから当然かもしれないけど、日本語なんだな。
 英語と日本語をいろいろ混ぜてしゃべるの、いいな。

[TALK] 「地球と生きる〜サステナブルな社会の実現を〜」NOMA、四角大輔、辻井隆行
→ 服を作るのは大量の水を使うし、ものすごく環境を破壊するらしい。
 500円のTシャツを作る裏では過酷な労働や薬剤の使用などで何人か死者が出ているかもしれない。
 そういったことを考えて、なるべくそういうことがないようにしているのがパタゴニア。

[TALK] 「平和構築のためのメディアの役割を考える」丹下紘希、サヘルローズ、堀潤
→ なかなか興味深いテーマ。
 国のイメージというのは報道に左右されているが、その国に知人がいればもう少し正しく理解できる。
 報道じゃなくて誰かの発言のほうが信用できる場合もあるが、そうでない場合もある。
 どの情報を信用するかも考えないといけないし、自分の考えも発信していかないといけない。

[TALK] Jeremy Gilley
→ PEACE DAY を作った人。
 午前のTALKで聞いていたとおり、熱い人だった。
 その熱さで世界を動かしつつある・・・これは夢を追いかける人を冷笑なんてしていられない。
 自分なりに、どうやって関わっていけるか、考えていこう。

[MUSIC] 一青窈
→ かなり前のほうで見られて、すごい。
 近くで見ると友だちのYに似ているなって思ったので、今度会ったら伝えよう。


2018.09.02, 22:03 / イベント
2018.06.28

ウカスカジー

チケットぴあで桜井和寿をマークするようになり、ウカスカジーのチケットを買うことができた。
Mr.Children とか ap bank fes とかはまだ買えたことないけど。

ウカスカジー TOUR 2018 日本のアンセム

一人で参戦なこともあり、かなりドキドキ。
もしかしてユニフォームじゃないと浮いちゃう?とか気になったり。

でも、きっとファンの人たちは温かい心のはず!と、深く考えずに行ってみる。
場所は中野サンプラザ。

開場時間に着いたので、そのまま列が進んで、中に入ることができた。
2階席なので、だいぶステージからは遠いように感じる。
一人参戦の人もチラホラいたので、よかった。

『きっとラット』という若い二人組が前座ステージ。
爽やかさとひたむきさが、ウカスカジーのスポーツ好きっぽいところと合う。

そして、18時半から、いよいよウカスカジー。

初めて桜井和寿を見て、ウルウルきてしまった。
もっと近くで見たかったー。

曲のタイトルを知らなくても、曲は知ってる。
そんな曲ばかりだったので、楽しかった。

基本的に手の振りがわからないけど、GAKU-MCが全部先導してくれてたので、混じることができた。
盛り上げ方もうまいな。

新曲もいくつかあり、新曲では画面に歌詞が出るので、気持ちも入る。

画面に顔のアップが出るとつい見てしまうが、ライブだから、生のほうを見るように意識。
GAKU-MCが歌ってるときの桜井さんとか、桜井さんが歌ってるときのGAKU-MCのポージングとか、
映ってないところが見れるのは、いい。

ものすごく、楽しかった。
行く前よりもずっと、ウカスカジーが好きになった。

もっとライブ行こう。

 


2018.06.28, 23:31 / イベント
ウカスカジー はコメントを受け付けていません。
2017.12.09

冒険塾

モンベル冒険塾に初めて行ってきた。
名前は知ってても、直接見たことのない方々のトーク。

辰野勇(モンベル代表)
角幡唯介(極地探検)
服部文祥(サバイバル登山)
野田知佑(カヌーイスト)

冒険とは何だ?
自分にとって新しいことへのチャレンジ
現地の人にとっては日常であるバスの屋根に乗ることが、リスキーな冒険だと感じたりもする

登山道を歩くのはハイキングかトレッキングであり、登山とは言わない

現在の探検は格差によって成り立つ部分が大きい(ポーターを雇うことなど)
そこからの原点回帰で、中身を自分が理解していないもの(電子機器など)を使わないのがサバイバル登山
ただ、原理主義にはならないよう、楽しいと感じる部分を残す

迷うのはダメ、考えて調べて選べ

・・・

メモしながら聞いていたわけではないので、誰の言葉とかメモってない。
だけど、思っていたよりずっと、響く言葉が多かった。

どの人にも共通していたことは、この2つか。
・ 真剣に自分の思う冒険に向かってて、楽しそうなんだけど、決してチャラくない
・ 自分の食べる動物は自分で殺す

そういう生きることに真剣に向き合うことは、
人間が人間であるために必要なことなんだろうなって思うし、
小難しいことを考えずとも昔から人間がやってきたことでもあるわけだ。

自分の生き方を反省もするけど、自分の選んできた道が間違っていたともいえない。
会場にいた高校生へのアドバイスも、三者三様。

間違いないのは、人生一度きり、ということ。

子どもの頃にこういう大人に出会ってたら、人生変わっただろうか?
冒険の本とかは家にあったけど、それが仕事になるなんて考えたこともなかった。

全部自分で考えて選ぶ。
それだけは忘れないで生きていきたい。

 


2017.12.09, 20:42 / イベント
冒険塾 はコメントを受け付けていません。
2017.10.27

怖い絵展

午後が休みの日だったので、ボルダリングに行こうかとか思ってたけど、
せっかくの晴れの日だし、室内はもったいないなと思って、
上野の森美術館でやっている『怖い絵展』に行ってみた。

もちろん屋内の展示だけど、すごい混んでるって情報だったので、外に並ぶなら晴れの日のほうがいい。
それに、休日よりは平日のほうがまだマシだろうという目論見。

15時ちょっと前に到着して、50分待ち。
17時閉館だから、大丈夫。

数十人ずつまとめて中に入れているようで、列は10mくらい進んで、止まって、という感じ。
実際に入るまでにかかった時間も、50分くらいだった。

そして、怖い絵展。

まず、切り口がおもしろいなって、気になっていた。

ポール・ドラローシュの描いた 『レディ・ジェーン・グレイの処刑』 が目玉ではあるが、
処刑だけじゃなく、悪夢、恨み、悪魔、レイプ、自殺、など、様々な人間の暗い面が描かれている。

人間だけじゃなくて、馬の絵もあったし、自然の脅威もあった。

神話の世界から始まり、そこはイソップ物語とか、小説の挿絵とか、そういった雰囲気。
または、RPGとか、舞台とか、芝居とか、そういうフィクションの世界を強く思わせるものだった。

でも、後半に歴史の一場面を描いたものが出てくると、一気に現実とのつながりを感じる。
レディ・ジェーン・グレイは、英国初の女王。
他にも、クレオパトラとか知ってる名前を見かけた。

どこも、大混雑。

やっぱり一番前の列に貼り付いて動かない人たちがいて、後ろから覗き込む形で見学。
暗い世界を覗き込むというのも、なんだかそれはそれで味わい深い。。

さらっと見終えてしまったけど、全体を通して、不思議な感覚。
ただ暗い・怖いじゃなくて、哀れさとか弱さを強く感じた。

 


2017.10.27, 20:22 / イベント
怖い絵展 はコメントを受け付けていません。
2017.10.21

安藤忠雄展

安藤忠雄展に行ってきた。

もちろん、名前は知ってる。
でも、代表作は? と聞かれても、答えられない。
その程度の知識しかなかった。

最初、住宅の設計と模型を展示している部屋。
ここがいわゆる建築家としての仕事の紹介部分になる。
最前列で張り付いて設計図を見ている列が、なかなか動かなかったので、後ろからチラチラ見て進む。
私にとっては、設計図を読み込むより、模型を見たほうがいい。

コンクリート打ちっ放しなどシンプルであり、幾何学的でクール。
デザイナーズマンション、と言ってしまえば近いのかもしれないけど、それをだいぶ昔からやってるわけで。

そこから、光で十字架を描いた教会など、シンプルさの中に、自然が融合していく。
アートとも言える、好きな感じ。

そして、駅、複合商業施設、美術館など、大規模な建築。
大きな部屋に、大きめの模型や写真があり、なかなか見応えのある部屋。

直島に行ったとき、たしか安藤忠雄の作った建物ってのをみた。
そういうのもここに含まれる。

日本だけでなく、海外の作品も多く、
震災だったり、地域復興だったり、森林再生だったり、テーマ性も強くなる。

建築家、という枠だけでなく、人の生きる道としてできることをやるという熱さを感じた。

高校の頃に建築家についてもっと知ってたら、そっちの道を進みたかったな。
技術の授業で設計図とか描くのは大好きだった。

今の自分は何もしてないなって、辛くなった。

 


2017.10.21, 21:56 / イベント
安藤忠雄展 はコメントを受け付けていません。
2017.09.03

旅祭2017

旅祭2017に行ってきた。

今年は会場が幕張だったので、なかなか遠い。
というか、電車は1時間半くらいだったけど、30分くらい歩いた。

暑くなるかと思って警戒していたが、思ったより涼しいままだった。
夕方からは鳥肌が立つくらいに寒かったので、もらったオリジナルタオルで暖をとる。

昼からの参戦。

モン吉 [MUSIC]
マネージャがDJをやってるということで、なんだか感慨深かった。
FUNKY MONKEY BABYS って解散してからもボーカル二人がそれぞれ過去の歌を歌ってるのがおもしろいな。
熱くてよかった。

関野吉晴x高橋歩 [TALK]
グレートジャーニーとか、関野氏が探検を始めるまでのいきさつ、お金をどう工面してるのか、など、興味深かった。
夢とかじゃなくておもしろいからやる、お金が必要なら働く、とシンプルだったのが嬉しい。

本田直之x四角大輔 [TALK]
モバイルボヘミアンの話がメイン。
パッとやってできることではないけど、準備すればできる可能性が高くなる。
準備なしにやろうとする人にはやめとけという姿勢に共感。

GAKU-MC [MUSIC]
なんとなく前の会社の人たちを思い出した。

尾崎裕哉 [MUSIC]
この時間帯が眠くて、天気も良くて風が涼しくて気持ちよくて、隅っこで座って寝ながら聴いてた。
でも、I LOVE YOU のときには起きてしまった。
やっぱり、似てる。

伊勢谷友介x四角大輔 [TALK]
今年いちばん衝撃というか、自分に響いたトークだった。
ちなみに去年は若旦那のトークだった気がするので、四角大輔との対談はおもしろい確率が高いってことか。

前にダウンタウンの番組で自分の会社について少し話してたやつの、詳しい版。
本能と理性の話が多くて、人間は知能があって理性で動いてるはずなのに、自分たちの住む環境を壊してる。
それをバランスとるために何をしたらいいか考えて動くのが、リバースプロジェクトのやってることらしい。

夢なんてあってもなくてもよくて、もともと人間には環境や種を守り、よりよく生きるという使命があるはずと。
だから自分探しの旅なんか意味なくて、旅からその使命に気づいたりすることはあっても、自分なんか探してもしょうがない、と。

そういうちょっと斜に構えつつ正論を言ってるようなところ、好きだ。
アート作品を創ることだけがクリエイティブであることじゃなくて、仕組みを創るのもクリエイターだというのが、またいい。

もう一度聞きたい。

ナオト・インティライミ [MUSIC]

トークがおもしろいと聞いたことはあったが、ホントすごかった。
かなりの旅人だから、旅についてもいろいろ話したいみたいで、話すか歌うか迷ってるところがまたおもしろい。
そして旅の話ももっともっと聞きたいって思うくらいおもしろかった。

サビだけいろんな曲をやったりしてたけど、演奏したのは他でやらない旅系の曲。
それもそれでいい。

楽しかった。

 


2017.09.03, 22:40 / イベント
旅祭2017 はコメントを受け付けていません。
2017.03.26

Passage Tells: Shibuya

Passage Tells: Shibuya に行ってみた。
アートのような、勉強のような、不思議なもの。

渋谷駅で働く人や歴史など、普段は意識しない情報を、オーディオで聞きながら、歩く。

ヘッドフォンを渡されて、音声が聞こえるか確認したらもう、あそこの3出口の階段から降りてください、と言われる。
そのあとどこにどう行けばいいか全然知らずに歩き始めたもんだから、不安で怖かった。

ヘッドフォンから情報が聞こえ、一通り終わったところで、次はどこに行けというアナウンスが流れる。
そういうシステムだってわかってからは、少し安心。
それからは、ちょっとRPG気分で進む。

この頭上には渋谷川が流れてる、とか、昔はこうだった、とか、
それを実際の場所を見ながら聞けるのは、それなりにおもしろい経験だった。

 


2017.03.26, 19:57 / イベント
Passage Tells: Shibuya はコメントを受け付けていません。
2017.01.14

DAVID BOWIE

デビッドボウイが亡くなって、彼の功績を偲ぶ展示会。
そもそも曲をほとんど知らなかったけど、
それでも名前を知ってるってことは、見ておきたいなって思って。

展示に近づくとヘッドフォンから音がするシステム。

最初は展示の文字を読んでから映像を見ようと並んでたが、
それだと文字を読んでる間に映像が終わってしまうことがわかったので、
その後は映像を先に見るようにした。

歌手ってだけじゃなくて、パントマイムや、衣装デザインや、演技。
ジギーというキャラクターや、ボウイ自身の性別や宗教観、
全て揃って際立ったアーティストだった。

見終わったときには、デビッドボウイを好きになっていた。

曲だけじゃないんだな。

行ってよかった。


2017.01.14, 23:28 / イベント
DAVID BOWIE はコメントを受け付けていません。