2019.09.07

フリーソロ

アレックス・オノルドが、ヨセミテのEl Capitanを、
ロープなし、つまりフリーソロで登り切るまでのドキュメンタリー。
撮影がMERUも撮ったジミー・チン。

撮影クルーもクライマーであり、よく知ってる間柄だからこそ、
命がけのチャレンジを撮影することをためらう。
自分のせいで集中力が欠けて命を落とすことになったら・・・と。

アレックスの大人しそうでシャイっぽい性格と、
誰にも邪魔させないような、芯をしっかり持っているところが、好き。
どちらかといえば、私自身もそっちのほうだからね。

ボルダリングだと仲間と一緒に励ましあって登って、、ってところもあるだろうけど、
アレックスの場合はそういうのが合わなくて、ソロを始めたのかもな。

登るシーンでは、指先や足先のアップが多くて、
どうやって撮ったんだろう!?っていう驚きと、
なんでそんなところで保持できてるんだ!?という驚きと、両方あった。

とにかく、真似する気さえ失せるくらいの、すごいところ。
それをロープなしでやるなんて・・・

見ていてハラハラするシーンも多かったし、楽しかった。
いやー、すごい。


Posted 2019.09.07, 21:46 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
2019.07.28

存在のない子供たち

存在のない子供たち

気になってた映画、一部で公開されてたので新宿武蔵野館まで行って見てきた。

レバノンのスラム街でひっそりと暮らすゼインくんの一家。
子供たちは学校にも行かせてもらえずに、
商店の雑用を手伝ったり、路上で物を売ったりして、生活費を何とか稼いでいた。

ゼインと年の近い妹が、商店のオーナーと無理やり結婚させられ、
それに怒ったゼインは家出をするが、仕事もお金も食べ物もなくて放浪する。

どうしようもないと諦めて何もしない両親、
生きるために必死でお金を稼ぐし、モノを盗んででも妹を結婚させないようにするゼイン。

子供が必死に物を売るのは、ただ旅行をしているだけでもよく見る光景。
路上で子供をダシに物乞いをする姿もよく見かける。
そういったことの、裏側にある世界。

これは実話か??と思わせるような、リアリティがあった。
でも、話自体は実話ではなくて、
キャストはほぼ全員が、同じような経験をしている素人から選ばれたという。

撮影終了後に移民として認められ、教育を受けているというのは嬉しい。
本当は、キャストだけじゃなくて広まらなければいけないし、
日本だって、もっと関わらないといけないんだろうけど。。。

自分が何もしてない、という現実に心が痛む。






Posted 2019.07.28, 20:51 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
存在のない子供たち はコメントを受け付けていません。
2019.07.22

おとなの恋の測り方

元夫との喧嘩のあとスマホを店に忘れ、
それを拾った男性アレクサンドルから電話をもらったディアーヌ。
アレクサンドルからのアプローチで食事することになったが、
実際に会ってみて、ディアーヌはアレクサンドルの低身長に驚く。
アレクサンドルと一緒にいることが楽しくて惹かれていくが、周りの目が気になる。

アレクサンドル自身は当然気にはしているが、もうそれは乗り越えていて、
ユーモアで相手を打ち負かしていくことのできる頭のイイ人。
当然頭がいいから、仕事もできるし、お金もある。

人は見た目じゃ無い、とわかっていながらも、気になる。
本人たちは慣れていくけど、周りにとってはほとんど目にしたことのない外見。
確かに、私自身、ときどき見かけるけど、初見でビックリする。
ビックリ以上に何かあるわけではないのだが、嫌な思いは与えてるかもしれない。

見た目でわかりやすい特徴だと、こういうことがある。
でも、見た目でわかりにくい特徴であっても、後々わかることもある。
難聴の問題だって、お金の問題だって、結局は全部同じ。

なかなか深い映画だった。

1時間38分 2017
ジャンル	ロマンス, コメディー
監督	ローラン・ティラール
主演	ジャン・デュジャルダン, ヴィルジニー・エフィラ, セドリック・カーン


Posted 2019.07.22, 07:00 by mera and filed in ☆☆☆☆
おとなの恋の測り方 はコメントを受け付けていません。
2019.07.20

天気の子

新海誠監督の新作ということで、見てきた。

前作の『君の名は。。』の盛り上がりっぷりがすごくて、
後日見たけど、私にとっては特におもしろい映画ではなくて、
それはどういうことなのか?ってのが気になってた。

テイストとしては同じ。
普通の少年少女がSF的な出来事に巻き込まれ、
自分たちが密かに世界を変えている!!って。

こういう現実と虚構が混じったような世界、今の若者は好きなのかな?

それだったら、ARとかポケモンとか、流行るのは理解できる。
ネットの世界が現実と区別ついてない子、実際にいるしな・・・。
ネットに書かれてることを鵜呑みにしちゃうというか。

という感じで見ていたが、
ヒーローになれない隅っこにいる子の感じ、甘酸っぱさ、そういうものはイイ。

ずっと雨の世界で、雨がやまないなー異常気象だなーって話なので、
今年の梅雨にはピッタリの内容。
夏休みに無理やり合わせるんじゃなくて、先々週くらいから公開すればよかったのにな。

ーー

数席横の若者が、何駅だ!ここあそこだ!とか騒いでて、
さらにそのあとも映画の音量より大きな声でしゃべってて、かなり鬱陶しかった。
電車とかでもああいう突然奇声をあげるタイプの人いるけど、映画館はやめてほしいわ。。



Posted 2019.07.20, 21:41 by mera and filed in ☆☆☆
天気の子 はコメントを受け付けていません。
2019.04.20

キングダム

中国の西に領土を持つ秦で、奴隷の少年・シンが天下の大将軍を目指し、
奴隷の先輩だったヒョウと共に修行をしていたが、
ある日ヒョウだけ、突然やってきた王宮のショウブンクンに連れて行かれた。
残されたシンは修行を続けていたが、王宮の内乱で殺されかけたヒョウが、シンに伝言を託すため戻ってきた。

https://kingdom-the-movie.jp/

ヤングジャンプの漫画が原作ということだが、一切知らない。
というか、その漫画の存在すら知らなかった。
そして、三国志とか中国の歴史にも興味はない。

そんな状態だったけど、予告で見たスケールの大きそうな映像に惹かれ、見に行った。

観てよかった。

ストーリーもシンプルだし、登場人物の名前がわかりにくいこと以外は、特につっかえるところもなく楽しめた。
やっぱりジャンプの友情・努力・勝利が全て詰まった、爽快な映画だった。


Posted 2019.04.20, 14:47 by mera and filed in ☆☆☆☆
キングダム はコメントを受け付けていません。
2019.03.22

ROMA/ローマ

ROMA/ローマを観てきた。
Netflixで配信されている映画が、映画館でやってたので渋谷UPLINKにて。

小さい映画館で、外国人の姿も多かったが、途中から大きなイビキをして寝ていた人がいたり、
後ろの席のおっさん二人組がことあるごとに爆笑して椅子を蹴ってきて鬱陶しかったり、ちょっと変な空気。

何の前情報もなく見に行ったので、最初はタイトルからイタリアのローマの話かと思ったが、
スペイン語である時点でなんかおかしいなと思ってはいたので、どこか異国の話ということしかわからない。

最初はずっと、生活を見ているだけな感じ。
中流階級の子だくさんの家族と、住み込みで働く家政婦たち。
そこで描かれている人間関係こそが、この映画のテーマでもある。

後半になるにつれ、壊れかけていたところが決定的になっていき、逆に家族と家政婦の絆は深まる。
だから前半は、これをずっと見せられるのか?あー旅に出たいなー・・・とか思いつつ、若干退屈。
後半になってグッと、掴まれた感がある。

賞をたくさん獲ったことを理解するのは難しいけど、このTHE人間の生活ってところなのかなー。


Posted 2019.03.22, 00:05 by mera and filed in ☆☆☆
ROMA/ローマ はコメントを受け付けていません。
2019.03.17

運び屋

クリント・イーストウッド監督・主演 運び屋

クリントイーストウッド監督作品は、いくつか好きだった印象なので見てきた。

ユリを育てて品評会で受賞したり、仕事一筋で家族をないがしろにしてきたアール。
事業が潰れ、家族にも受け入れらず、というとき、たまたま会った若者にドライバーの仕事を紹介される。
何も知らずにドライバーを始めたが、実は麻薬組織の運び屋になってしまっていた。

イイ人だと、疑われない。
90歳という超高齢者だと、疑われない。
積極的に他者に関わる人だと、疑われない。

これを見ていて、ピエール瀧が頭に浮かんでいた。
麻薬や覚醒剤を30年(?)もやっていたのに捕まっていなかったのも、同じだよなーって。。。

問題が起きてないからと、どっぷり浸かってしまって、悪いことしてるっていう自覚があっても、抜け出せない。
抜け出せなくなって続けてしまい、結局は法律違反だから捕まる。

見ながら、ボーッと、何のために生きてるんだろうなーとか、考えてしまった。

あーあ、やっちゃったなーっていう気持ちが大半。
高齢者に対する詐欺にひっかかっちゃった人を見ている気分。

でも本人が悪事に手を貸してしまっていると気づいてからは、罪悪感との闘い。
後半は家族との絆は、勇気を出して再構築してみるべき、という、ちょっと救われた気持ち。

心が痛む映画だった。

 


Posted 2019.03.17, 17:08 by mera and filed in ☆☆☆☆
運び屋 はコメントを受け付けていません。
2019.03.04

ワンダー 君は太陽

先天性の病気で生まれてすぐから整形手術を27回も受けてきたオギー。
引きこもって自宅学習を続けてきたが、両親は新学期から普通の小学校へ行かせることにする。
最初しばらくは怪物扱い・菌扱いをされていたオギーだが、
実は賢くてユーモアがあるということに気づいた子が友達になっていった。

見た目だけなんだけど、見た目は第一印象でもあるわけで・・・
やんちゃ盛りな子どもの中であれば、当然のようにイジメの対象になる。

この映画で意外だったのは、オギーの物語だけではなかったこと。
中心にはオギーがいるが、母親も問題を抱え、姉も問題を抱え、姉の友達も、オギーの友達も、ワンコも?
みんなそれぞれに悩みを抱えて葛藤して、日々を生きている。

そういう意味ではみんな同じはずなのだ。
だんだんと時間がたつと、顔がみんなと違うとか、気にならなくなっていく。
オギーの周りの子たちもそんな感じで、慣れていく。

みんなで助け合って、見た目じゃなくて心で通じ合っていければ、心地よいだろう。

すごい感動したし、爽快な気分だったし、愛おしくなったし、よい映画だった。


Posted 2019.03.04, 23:06 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
ワンダー 君は太陽 はコメントを受け付けていません。
2019.03.02

グリーンブック

黒人ピアニストのドクター・シャリーは、コンサートでアメリカ南部を廻るため、
ドライバーとして用心棒の経歴を持つイタリア人のトニー・リップを雇った。
トニーは最初黒人のことをよく思っていなかったが、ガサツでも仕事はやり遂げるという性格と、
彼の演奏を聞いてリスペクトの気持ちが芽生え、徐々に友情に変わっていく。

アカデミー賞受賞だからか満席だった。

差別のシーンも多く、あまり明るい話題ではないのはわかっているけど、
生真面目なドクターシャリーと、ガサツなトニーのやりとりがおもしろくて、笑いが起きていた。

実話を基にしているからこそ、笑いがあっても許されるだろう。
(不謹慎という評価を見かけたので)

やっぱり差別というのは理解できなくて、
黒人というだけでレストランやホテルを分けられ、買い物もできず、殴られ、逮捕され。。

そういうシーンのときはつらかったし、
何事もないシーンでも、悪いこと起きるなよ・・・って祈る気持ちが常に片隅にあった。

二人のうち、私はどちらかというとドクター・シャリーに親近感を覚えていた。
生真面目なところとか、怒りや悲しみを内側にずっと持っているところとか・・・。

でも私は、あぁいった差別を受けたことがなかったので、余計につらかった。
もちろん場所によってはイエローなわけで差別は受けるだろうけど、あそこまでじゃないだろう。

悲しく辛いところと、楽しく熱いところと、わかりやすい映画だった。
こういうのがアカデミー賞なのは、ちょっと意外な感もある。

 


Posted 2019.03.02, 22:09 by mera and filed in ☆☆☆☆
グリーンブック はコメントを受け付けていません。
2019.02.09

ナディアの誓い

ナディアの誓い On her shoulders を吉祥寺のUplinkで観てきた。

2018年ノーベル平和賞受賞者 ナディア・ムラドの決意と行動、というドキュメンタリー。

イラク北部でISISのレイプや虐殺から逃れたヤジディ教徒の女性ナディアが、
他のまだ捕らえられている多くのヤジディ教徒を助けるために、自分の経験してきたことを語る。

その語る内容の話ではなく、そうやって世界に発信することを選んだナディアから見た世界の話。

ナディアがメディアにどういうインタビューを受けてきたか、
世界中のヤジディ教徒は何を思うか、
そして、世界は変わったか。

虚しさと無力感が強く残った。

メディアはナディア自身に興味を持ち、残されたヤジディ教徒を追ってくれない。
世界はナディアに肩書きをつけ、支援を表明するが、実際の行動にはつながらない。
ヤジディ教徒は怒り、泣き、支援を求め、ナディアにすがりつくが、自分たちでは何もできない。

ISISを相手に、何ができるのか。
説得したいという話もありつつ、壊滅させるという行動に出ている国もある。
話し合いに応じない相手にどう対応していいか、映画を見ながら考えてたけど、やっぱりわからない。
壊滅させる、つまり戦争を起こすことしか解決策がないようにも感じてしまう。
ナディアが行動して何かが変わるのか、それもわからない。

ひたすら無力感。

現在進行形なのに、自分で何か行動を起こせるかと問われると、何も浮かばない。

ナディアはきっとかなりの無力感を感じているだろうが、彼女は無力ではない。
彼女は彼女なりに行動して、世界を少しずつでも変えている。

自分が無力なことに改めて気づいて、辛かった。


Posted 2019.02.09, 22:23 by mera and filed in ☆☆☆☆
ナディアの誓い はコメントを受け付けていません。