2017.11.18

イエスマン “YES”は人生のパスワード

離婚して、友達と会うことさえ億劫になってしまい、何もかも断ってしまっていたカール。
そんな感じなので、友達関係も仕事もうまくいってなかった。

あるとき久しぶりに会った友達が、なんでもYESと言うことで人生が変わったと、セミナーを勧められる。
行ってみたら、なんでもYESと答えるという誓いを立てさせられる。
無視するつもりだったが、ホームレスに助けを求められたときに無理やりYESと言わされ、従ってみたら、良いことが起きた。

なんか、わかる。

なんでも否定する人とは友達になりたくないと思うし、仕事でもなるべく関わりたくない。
できるようにするために前向きに考えることがいかに大事かってのは、わかってる。

一方、卑屈になっちゃって、なんでも否定したい気持ちもわかる。
そういうときって、前向きであることに対して見下したような気持ちになったりするしな。

友達がしつこく構ってくれてたりして、カールはいい友達を持ったなと思う。
飛行機を操縦したり、新しい言語を習ったり、思ってもみなかったであろうことに手を広げられているのが羨ましい。

最初の一歩を踏み出せば、けっこう変わるわけだ。

だからといって、なんでもYESと言っていいわけじゃない。
もちろん、本心であることが大事なわけで、ウソはよくない。

そういうところまで含めて、なかなか考えさせられる、そして前向きにすっきりできる良い映画だった。


Yes Man
主演: ジム・キャリー, ゾーイ・デシャネル, ブラッドリー・クーパー


Posted 2017.11.18, 18:40 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
2017.10.22

誘惑のアフロディーテ

スポーツ記者のレニと、画廊オーナーを夢見る妻のアマンダ。
仕事に熱中していた二人には子どもがいなかったが、突然子供を欲しくなったアマンダが養子をもらってきた。
その子がとても賢かったため、親が誰なのか気になったレニは、隠れて実の親を探す。
盗み出した情報で会ってみたら、母親は娼婦だった。

ギリシャ神話の舞台みたいなミュージカルっぽいのが、時々はさまってきて、そこがストーリーの核心を語る。
イヤな感じはないんだけど、なんだか不思議な構成。

娼婦だって、なりたくてなったわけじゃなくて、
子どもだって、手放したくて手放したわけじゃなくて、
夫婦仲だって、冷えさせようとしてそうしたわけじゃなくて、
そのときどうしようもなかったことの塊で、ただそうなっているだけ。

そんな不条理感が、深刻じゃない感じで描かれていて、味わい深い。
最後にハッピーエンドになると、いろいろあっても人生は人生って思える。

https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FIX4MEO/


Posted 2017.10.22, 21:43 by mera and filed in ☆☆☆
2017.10.18

ローマでアモーレ

ローマで起きた、ちょっとだけあり得ない世界のドタバタ劇。

観光中に恋に落ちて結婚することになったアメリカ人の娘、
そんな娘にはるばる会いに来た両親は、彼氏の親の美声に惚れて、新鋭的な舞台をやってしまう。

他にも、恋人の親友を好きになってしまった男、純朴なカップルに割って入るコールガール、
突然有名人にされてしまった男、など。

世にも奇妙な物語みたいなストーリー。

シャワーを浴びながら歌う男を見たとき、あれ? この映画見たことあったような・・・って思ったけど、検索しても出てこなかった。
予告で見ただけかな。

http://romadeamore.jp/


Posted 2017.10.18, 00:23 by mera and filed in ☆☆☆
2017.09.18

ラ・ラ・ランド

女優を目指すミアと、ジャズピアニストを目指すセブ。
夢を追う男女が偶然街で出会い、お互いの夢に共感するが、
夢と生活の両立をしないといけない中で、すれ違う。

話題になっていたのを、ようやく観た。

有名なダンスのシーンが冒頭だということを知らなかった。
ワンカットなのは、確かに目を引く。
シーンの綺麗さとか、ミュージカルとか、そういうところに注目してみる人には、違う印象なんだろうな。

ストーリーとしては、わりと普通。
夢を追う二人、片方が夢を諦めて成功し、また夢に戻る。
そうこうしてる間に、もう片方が夢を叶えて、すれ違う。

やりたいことがある人同士って、うまくいかないもんだな。

ラ・ラ・ランド(字幕版) 2016
主演: ライアン・ゴズリング, エマ・ストーン, カリー・ヘルナンデス
上映時間: 2 時間, 7 分


Posted 2017.09.18, 23:03 by mera and filed in ☆☆☆
ラ・ラ・ランド はコメントを受け付けていません。
2017.07.11

アオハライド

中学生の時、同級生の田中くんが好きだったフタバ。
しかし夏祭りの約束をした日に田中くんは現れず、それっきり学校にも来なかった。
高校生になったある日突然、馬渕くんとなってフタバの前に現れた。

親の離婚、病気、死といったお決まりの要素があり、三角関係もあり・・・
定番な感じなんだけど、やっぱりそういうのイイ。

まっすぐに青春を楽しんでいる人もいれば、そうしようと頑張ってる人もいるし、
楽しんじゃいけないと、冷めた目で見てる人もいる。

成海みたいに過去に囚われることも、そんな自分に酔ってるわけで、青春。
ああいう、どんな手を使ってでも・・・ってタイプは大嫌いだけど。

(結局、楽しもうと頑張ってるヤツがいちばん幸せに過ごせるなって思う)

亡くなった人は、残された愛する人が幸せになることを願うに決まってるよね。

https://www.netflix.com/title/80134574

 


Posted 2017.07.11, 22:51 by mera and filed in ☆☆☆☆
アオハライド はコメントを受け付けていません。
2017.07.09

少女が大人に変わる夏

高校生活の最後の夏休み、親友同士のリリーとジェリーは処女を卒業したかった。
海ではじけた帰りに見かけた青年ディヴィッドのことをジェリーは好きになるが、
ディヴィッドはリリーに惹かれていて、二人はジェリーに内緒で付き合うことに。

あるときジェリーの父親が亡くなったとき、リリーはディヴィッドをジェリーの元に行かせた。
それが元で、リリーはディヴィッドを拒絶するようになり、リリーとジェリーも絶交してしまう。

なんとも言えない、三角関係。
よくあるよね。

隠すとか、嘘をつくとか、そういうことをしなければ素直な関係のままでいられるのに、
相手への思いやりが不器用なだけに、やらないほうがよかった、って方向に進んでしまう。

よくある話なんだけど、わかるわかるって見てしまうやつ。

https://www.netflix.com/title/70267399


Posted 2017.07.09, 19:38 by mera and filed in ☆☆☆
少女が大人に変わる夏 はコメントを受け付けていません。
2017.07.02

きみがくれた未来

高校生の時に弟と一緒にヨットで優勝したこともある兄チャーリー。
卒業のとき、友達とのパーティーに向かう途中、交通事故で弟を失ってしまう。
それを気に病み、ヨットを辞め、大学にも進学せずに墓守として暮らしていた。

そんなチャーリー、実は特殊能力があるのか、妄想の世界が強いのか、死んだ弟が見える。
だから墓守を辞めることもできず、土地を離れることもできないでいたのだ。

しかしその特殊能力は、気になる女性にも向けられた。
高校の時に同じレースに出ていたヨット乗りの女性が、突然チャーリーの前に現れたのだ。

・・・

ってな感じで、想定外なストーリー。
霊が見える青年の話だった。

そうわかってみると、それなりに良い話。

https://www.netflix.com/title/70130443

 


Posted 2017.07.02, 22:45 by mera and filed in ☆☆☆
きみがくれた未来 はコメントを受け付けていません。
2017.06.26

四月は君の嘘

天才ピアニスト有馬公生は、母の死後ピアノが弾けなくなっていた。
高校生になり、バイオリンを自由に楽しそうに弾くKaoriに惹かれ、伴奏を担当させられることに。
そこから徐々にピアノを弾けるようになったが、Kaoriは病に倒れ・・・

(Kaoriは「かをり」なんだけど読みづらいので)

死・病気・幼馴染、と、ありがちなストーリーではある。
でも、それでいい。

山崎賢人のイケてない暗い感じ、中川大志のチャラいけど優しい男っぽい感じ、
なんかいい高校生活ですな。

Kaoriが病気であるかどうかはストーリー上あんまり関係なかったけど、それは映画だからかな?

http://kimiuso-movie.jp


Posted 2017.06.26, 12:05 by mera and filed in ☆☆☆☆
四月は君の嘘 はコメントを受け付けていません。
2017.06.26

Big Hero 6

邦題:ベイマックス

日本モチーフのディズニーアニメ、ということだけど、
日本というより、私の中では、シンガポールとか香港にいる日系人というイメージかも。
日本だと飛び級とか、あんなにズバ抜けた人って隠れてないような気がするのだが。

ベイマックスが、思ったよりポニョポニョしてなくて、ほとんど鎧をきたロボットになってた(笑)

 


Posted 2017.06.26, 11:57 by mera and filed in ☆☆☆
Big Hero 6 はコメントを受け付けていません。
2017.06.26

HIDDEN FIGURES

邦題:ドリーム

NASAの宇宙開発を陰で支えた3人の黒人女性の話で、実話。
熱かった!

1960年ごろのアメリカ、ということで、まだ黒人差別がある。
そしてさらに、女性が働くことに対するマイナス意識も強いような時代。

NASAでは有能な黒人たちを雇ってはいたが、内部では当然のように使用スペースが区別されている。
そしてそれを「ルール」だと思っており、差別しているという意識はない。
まだまだ差別がない世界には程遠い。

そこに、有能な計算係として就職したキャサリン。
有能さを買われて、コアの計算を行っている部署に転属になるが、そこは今まで黒人のいない部署。
周りの人が知らない数多くの不便があった。

ドロシーは黒人女性たちをまとめる良きお母さんといったところだが、
黒人は前例がないという理由で管理職にはしてもらえなかった。

メアリーもエンジニアとしての勘はありそうだったが、
勉強するための場が白人向けにのみ与えられていた。
それを裁判で、人間的な感情を揺さぶることで勝ち取るところがイイ。

ドロシーとか、IBMのメインフレームがきたときに独学で使えるようになり、それを他の黒人女性たちに教え、
彼女たちが将来の職に困らないようにしてあげるところなんか、最高。
まさに今、人工知能に職が取られるとか言ってる人には、響くんじゃないだろうか。

NASAが最終的に差別よりも能力を取ったところも、イイ。
やっぱり科学はそうでなきゃ。
(まぁWikipediaによると、映画に描かれているよりも少し前に差別は撤廃されたそうだが)

 


Posted 2017.06.26, 11:51 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
HIDDEN FIGURES はコメントを受け付けていません。