2017.06.15

Fantastic beasts and Where to Find Them

魔法動物を研究している魔法使いが、ニューヨークにやってきた。
目的はエジプトで捕まえた大きな鳥を、アメリカの故郷に返してあげること。
でもそれ以前に、魔法使いであることを隠して過ごさなければならず、
トランクから逃げた動物たちが騒ぎを起こしてしまって大変なことになっていた。

動物が可愛い。
貴金属とお金が大好きなモグラが特に可愛い。

いくつかの要素が混じっていたからか、思ったより話はわかりづらいかも。
主人公の目を合わせられない挙動不審っぽいのとか、なんか新鮮。


Posted 2017.06.15, 09:43 by mera and filed in ☆☆☆
2017.06.15

美女と野獣

Beauty and the beast

エマ・ワトソンが良いという前評判どおり、カッコよくてキレイだった。
元のストーリーは全く覚えてないけど、楽しめた。

人を見た目で判断しちゃいけない。
でも、第一印象は大事。

それは当たり前かもしれないけど、やっぱり目の前でカップがしゃべったり、
野獣が怖かったりしたら、ビビってしまうよな。

素敵な話だった。

 


Posted 2017.06.15, 09:38 by mera and filed in ☆☆☆☆
2017.06.13

ワタシが私を見つけるまで

ニューヨークで暮らす独身女性4人の話。
独身だからこそパーティーで遊べる、でもそれも虚しい。
妊娠などの女性のリミットもわかりながら、自分らしくいようとする。

一番パーティー好きな太っちょさんは、付き合うとめんどくさいタイプ。
他人に流されがちなキレイめ女子は、自立したくて弾けてみる。
それぞれに奮闘してるんだけど、痛々しい。
それを愛らしいとみるかどうかかな。

都会にいるとなかなか難しいけど、振り回されずに自分の道を生きたいものである。

https://www.netflix.com/title/80075563
 


Posted 2017.06.13, 11:46 by mera and filed in ☆☆☆
2017.06.11

1日1ドルで生活

大学生4人が、1日1ドルで暮らす貧困層の実態を知り、
本当に必要な支援は何かを考えるため、グアテマラの村に8週間滞在。
1日に使える金額を0ドルから9ドルまでクジ引きで決め、実際に暮らしを経験した。

1日1ドルで暮らさざるを得ない人たちがいることを、知識としては知っている。
しかし、そこでどういう生活が営まれているのか、病気になったときどうするか、
そういった内情は、全然知らなかった。

今回の村のケースは、緊密な共同体があって、定職に就くものがいたから成り立っていた。
融資を受けてでも仕事を始めるといった仕組みの重要性がわかる。

ただお金をあげるんじゃ意味ない。
それはわかってるんだけど、じゃあどうしたらいいの?というのは難しい。

自分は、共同体の中にいるのか、外にいるのか。
それもまた考えてしまう要素である。

www.netflix.com/title/80026944


Posted 2017.06.11, 00:48 by mera and filed in ☆☆☆☆
2017.06.10

ナオミとイーライのキス禁止リスト

ナオミは、幼なじみのイーライといつも一緒で、まるで恋人同士のよう。
しかし、イーライはゲイで、ナオミのことはあくまでも友達。

ナオミの周りは男友達ばかりで、ボーイフレンドもその中にいた。
しかし、イーライは、そのナオミのボーイフレンドとキスをしてしまう。

ナオミは、大好きなイーライにボーイフレンドをとられ、サイアク。
でも、ボーイフレンドの浮気よりも、イーライが自分に構ってくれないほうがイヤ。

といった感じの、学生のユルい恋愛。
イーライが、アレクにしか見えなくて、それでゲイだから、不思議な感覚。。

www.netflix.com/title/80079470


Posted 2017.06.10, 00:41 by mera and filed in ☆☆
2017.06.04

トレインスポッティング

ヘロイン中毒で、仲間達とヤク漬けの生活を送るレントン。
なんども薬物を断とうとするが、仲間から抜けられないし、周囲に誘惑が多すぎる。

ヘロインに対していいなぁと思う場面はないし、仲間も悪魔にしか見えない。

https://www.netflix.com/title/60037022

なんで Netflix はこの映画を猛烈におすすめしてきたんだろうなぁ。
あんまり良い映画ない気がしてきてるので、今マイリストに入ってるものを見終えたら解約か?



Posted 2017.06.04, 17:09 by mera and filed in ☆☆☆
2017.05.21

今日、キミに会えたら

アメリカに留学していたときに恋に落ちたイギリス人のアンナ。
彼と離れたくないあまり、ビザが切れても帰国せずに残ってしまう。
一度結婚式に参列するためにイギリスに帰国したら、不法滞在が原因でもうアメリカには入国できなくなっていた。

いやー、もう、一言で言えば、不法滞在ダメ。
それさえしなければ、いくら遠距離恋愛だって、うまくいってただろう。

そのすれ違いの期間があり、会いたくても会えなかったり、
一緒に暮らすのはイギリスに限定されてしまったりするわけだ。

まぁ、この二人の場合は、不法滞在であろうがなかろうが、遠距離恋愛であればケンカしてただろうけど。

会えない間に、相手のことを疑ってしまったり、距離を置こうとしたり、ありがち。
ありがちだけど、ありがちだから、胸が締め付けられる。

一眼レフカメラで撮影し、即興芝居で構成されてるらしいが、そのせいか、妙な生々しさはある。

最後どうなったんだろうなぁ。

 


Posted 2017.05.21, 22:40 by mera and filed in ☆☆☆☆
2017.05.14

メイデントリップ 世界を旅した14才

最年少でヨットの単独世界一周をした少女のドキュメンタリー。

幼い頃にヨットで生活し、その生活に戻りたくて父を説得し、お金や機材を集め、自分で計画し、
一度は子育て放棄と思われて計画が頓挫したものの、1年かかってOKになり、晴れて海へ。

14才でヨットの知識も海の知識もあって、素晴らしい。
ヨットでのカメラは自分で撮っているので、本当に大変な嵐のときなんかは撮られていない。

無寄港じゃなくて、島があったら寄って入国して、その土地の文化に触れる。
そういった場所での心の成長も、しっかり含まれている。

普通に14才で世界一周ということだったとしても、なかなかすごいのに、ヨットだもんなぁ・・・

行き先も自分で決められるし、自分の力が足りなかったら死んでしまうくらい、責任も負っている。
これ以上の自由はない。

それを知っていて、それを望んで、実行しているのだから、すごい。

2年かかって、1周したときには16才。
オランダから出発したからって、オランダに帰りたいわけじゃないから、
その先のカリブで一周にするってのも、自由でいいな。

そしてその後の航海でちゃんと生まれた地であるニュージーランドに行ったのもいいな。

最初の世界一周のときに寄らなかったからって、大事じゃないわけじゃなくて、
彼女にとっては海が日常だから、またあとでくればいい、っていう気持ちがあったんだろうな。

 


Posted 2017.05.14, 15:54 by mera and filed in ☆☆☆☆
2017.05.07

君の名は。

高校生の男女の体が突然入れ替わってしまい、
最初はそれが夢かと思っていたが、意図があって起きていることだと気づく。
その使命を果たすため、時空を超えて奮闘する。

流行ってたときには見てなくて、飛行機で観賞。

前情報がいろいろあった気もするが、それすら忘れた。
忘れててちょうどいいのかも。

子どもの頃に大事だと思ってたことが、時間がたって忘れてしまう。
絶対忘れたくない、絶対忘れないと思っていたことですら、思い出せない。
それどころか何を忘れないと思っていたかも忘れてしまう。

そういう経験があると、感情が深く刺さってくる。
だから、そっちの感情が染みるような年代の人にとっては、
隕石だの時空だの言ってることは、実はどうでも良いんじゃないかと思う。

そういう、過去の感情を思い出せないという経験がない若い世代は、
そっちのストーリーを楽しめばいい。

なんやかんや言われてた評論、後でチラッと見てみよう。

 


Posted 2017.05.07, 22:36 by mera and filed in ☆☆☆
2017.05.05

LION 25年目の…

LION 25年目の…(途中までしか表示されてないので)

5歳で迷子になり、タスマニアの夫婦のもとに養子に行き、
25年経って、Google Mapsを使って、
迷子になったカルカッタから1000km以上離れた実家を探し当てた。

実話を基にした話。
この前、テレビのドキュメンタリーで見たから、ストーリーは知ってたけど、
やっぱり、諦めない気持ちに感動した。

それと、オーストラリア人夫婦が、子どもを授かることのできる身体だったのに、
子どもの頃に降りてきた映像を信じ、茶色の肌の子を要旨にもらったというのがスゴい。
考え方が思いもよらない。

技術の進歩ってスゴいなぁというか、この場合はGoogleスゴいなぁと素直に思う。


Posted 2017.05.05, 00:26 by mera and filed in ☆☆☆☆