2019.02.09

ナディアの誓い

ナディアの誓い On her shoulders を吉祥寺のUplinkで観てきた。

2018年ノーベル平和賞受賞者 ナディア・ムラドの決意と行動、というドキュメンタリー。

イラク北部でISISのレイプや虐殺から逃れたヤジディ教徒の女性ナディアが、
他のまだ捕らえられている多くのヤジディ教徒を助けるために、自分の経験してきたことを語る。

その語る内容の話ではなく、そうやって世界に発信することを選んだナディアから見た世界の話。

ナディアがメディアにどういうインタビューを受けてきたか、
世界中のヤジディ教徒は何を思うか、
そして、世界は変わったか。

虚しさと無力感が強く残った。

メディアはナディア自身に興味を持ち、残されたヤジディ教徒を追ってくれない。
世界はナディアに肩書きをつけ、支援を表明するが、実際の行動にはつながらない。
ヤジディ教徒は怒り、泣き、支援を求め、ナディアにすがりつくが、自分たちでは何もできない。

ISISを相手に、何ができるのか。
説得したいという話もありつつ、壊滅させるという行動に出ている国もある。
話し合いに応じない相手にどう対応していいか、映画を見ながら考えてたけど、やっぱりわからない。
壊滅させる、つまり戦争を起こすことしか解決策がないようにも感じてしまう。
ナディアが行動して何かが変わるのか、それもわからない。

ひたすら無力感。

現在進行形なのに、自分で何か行動を起こせるかと問われると、何も浮かばない。

ナディアはきっとかなりの無力感を感じているだろうが、彼女は無力ではない。
彼女は彼女なりに行動して、世界を少しずつでも変えている。

自分が無力なことに改めて気づいて、辛かった。


Posted 2019.02.09, 22:23 by mera and filed in ☆☆☆☆
2019.01.16

パッドマン 5億人の女性を救った男

結婚し、大好きな妻が生理中に隔離された部屋で過ごすことを初めて知り、
さらにナプキンじゃなく使い古した布を使っていることを知ったラクシュミ。
妻が病気になったら困ると、なんとかナプキンを使ってもらおうとするが、
そこは男性が生理について触れるだけでも変態扱いされるほど、偏見の多い社会だった。

妻のためという一心でナプキンを開発するラクシュミ。
なんだって自分で作れる、という気概があるからこそ、当たり前にチャレンジしてしまう。

一方女性陣は生理について話されるだけでも恥で、そんなことすぐにやめてほしい一心。
それはそれで、わからなくもない。
夫だったらいいじゃないかと思うけど、妻以外の人にいきなり生理の話をしてたら引くよな。
もうちょっとちゃんと前提を話したらいいのに・・・と思う場面は多々あった。

ともあれ、諦めないで開発する姿勢に、応援したくなる。
開発するより前に、そもそもの知識を得るために大学教授の家に召使いに行ったり、行動力がすさまじい。
一直線に進むだけじゃなく、ちゃんと必要なことのために一歩一歩進んでいるのだ。

家族を含め、なかなか田舎の人たちには理解されなかったのが辛いところだけど、
ちゃんと協力者を得られて、前に進んで、一気に認められるところは爽快。
そこまでの長い長い道のりを考えると、そうなってほしかったから、嬉しかった。

これが実話なのがまたすごいところ。
本当に助かった人はたくさんいたと思うし、世の中をかなり大きく変えてる。
こういうエンジニアになりたいよなーって思う。

アツさ、欲しい。
 


Posted 2019.01.16, 00:27 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
2018.12.26

スノーデン

アメリカで怪我で除隊になったスノーデンは、CIAで働き始める。
そこでは全米国民の個人情報を収集していて、その開発に加わることに。

恋人のリンゼイにも真実を告げられない日が続いていた。
それに耐えられなくなり、内部告発をし、メディアに知らせた。
その結果、アメリカには戻れなくなり、モスクワで生活している。


リアルタイムでは、告発後のことを、なんとなく知ってる程度。
だから何が起きていたのかを知ることができてよかった。
最後は本人の映像だったから、スノーデンから見た真実だろう。

ITに関わる仕事で、あそこまで命に関わるものを他に知らない。
相当に優秀じゃなきゃ務まらない。
スノーデン、正しいことをしたと思う。

スゴイ。


Posted 2018.12.26, 22:58 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
2018.12.26

アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー

インテリアデザイン、アート、ファッションデザインをするアイリスのドキュメンタリー。

色使いが大胆で派手で、彼女の短い白髪と、大きな丸メガネと、スラッとした体型によく似合う。

皆と違うものが好きで、高いものも安いものも混ぜてるのが楽しい。

こういう人と一緒にいたら楽しいだろうな。


Posted 2018.12.26, 22:58 by mera and filed in ☆☆☆
2018.12.21

アリー/スター誕生

アリー/スター誕生
http://wwws.warnerbros.co.jp/starisborn/


初日に観てきた。

最初っから最後まで、ただつらい映画で、
観終わって絶望感に襲われたというか、無力になった。

アリーはジャクソンと出会って成功をつかんでいくけど、
ジャクソンはどんどんつらくなっていくだけで、悲しかった。

宣伝ではボヘミアンラプソディーのようなヒットを狙って感動大作のような雰囲気を出しているけど、
感動で泣くというよりは、悲しくて泣く映画であって、全く違う。
同じようなヒットにはならないだろうと思った。

アリーとジャクソンの最初のステージの歌声は素晴らしかった。
その1点がすべて。


Posted 2018.12.21, 15:58 by mera and filed in ☆☆☆
アリー/スター誕生 はコメントを受け付けていません。
2018.12.20

Love & Other Drugs

医者になれなくてチャラ男として生きるジェイミーは、新薬のセールスマンになった。
受付嬢と寝てサンプルの薬を置いてもらったり、チャらく仕事をして成果をあげていた。
あるとき出会った女性マギーに惹かれたが、彼女はパーキンソン病。
まだ初期段階のため、ジェイミーは彼女の容体を気にすることなく、軽いノリで関係をもつが・・・。

セックス依存症じゃないけど、そんな感じで軽いノリで生きてる男。
それが本当の姿じゃないってのは、ありふれたストーリーかもしれない。

でも、それでいい。

だんだんと症状が出てくるにつれて、自分の周りから人を遠ざけようとするマギー。
惹かれている自分に気づいて、誠実に向き合おうとするジェイミー。

辛いけど、幸せなストーリーで良い。
ジェイミーの周りにいるチャラい男らがうざったいけど。

Love & Other Drugs (字幕版)
ジャンル コメディー, ロマンス, ドラマ
監督 エドワード・ズウィック


Posted 2018.12.20, 15:48 by mera and filed in ☆☆☆☆
Love & Other Drugs はコメントを受け付けていません。
2018.11.23

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

イギリスに戻り、アメリカでグリンデルバルドという強い魔法使いが逃げ出したことを知る。
ニュートがその魔法使いを捕まえるため、パリに向かう。

というストーリーだったようなんだけど、全然内容がわからなかった。
途中で2回くらい、ちょっと寝てしまった。。

ニュートとグリンデルバルドが対決するっぽいことはわかるんだけど、それがなんでだかわからないし、
それよりも恋人と友達と友達の恋人と、っていろんな人が出てきて、お前誰だよってなってくる。

楽しみにしていただけに残念だったなー。
動物たちもほとんど出てこなかったし。

http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/


Posted 2018.11.23, 20:32 by mera and filed in ☆☆
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 はコメントを受け付けていません。
2018.11.18

ボヘミアン・ラプソディ

あの Queen が成功を収めるまでの映画。
フレディのことなんて、ほとんど知らなかったけど、完全に楽しめた。

曲は聞いたことのあるものばかりで、かなりアツかった。
その熱い曲が、どう生まれてきたかを観て、魂の叫びだとわかって、またグッときた。

両性愛に苦しんでいることとか、バンドメンバーとのケンカとか、当然細かいことは知らなかった。
でも、その苦しみはよく理解できたし、曲が生まれてくるときのグッとくる感じが、楽しかった。

最後のライブシーンが好きだ。

もっとリアルタイムで聞いておけばよかった、と思うけど、活動していたのは小学生より前か・・・。
エイズで死亡したというのは、なんとなく覚えてたな。

曲を改めてじっくり聴きたいと思った。
iTunes にはアルバム1枚と I Was Born to Love You があった。
他の曲も入れておこうかな。

 


Posted 2018.11.18, 22:12 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
ボヘミアン・ラプソディ はコメントを受け付けていません。
2018.10.13

ナイスガイズ!

妻を失い、酒浸りの探偵マーチは、失踪した女性の行方を追っていた。
同じ女性を追う男に一度は痛めつけられるが、共に行動せざるを得なくなり、仲間となる。
なぜ女性は失踪したのか、それを解いていくうちに、映画に辿り着く。

仲間になったり敵になったり、誰が誰だかよくわからなくなる。

ダメ男が頑張る映画なので、殺し合いなのに、ほのぼのしてたりする。


ナイスガイズ!
監督 シェーン・ブラック
主演 ラッセル・クロウ, ライアン・ゴズリング, アンガーリー・ライス


Posted 2018.10.13, 22:38 by mera and filed in ☆☆☆
ナイスガイズ! はコメントを受け付けていません。
2018.09.22

Wedding Dates

バカな兄貴2人組は、妹の結婚式をぶち壊さないように、きちんとした女性を同伴することを家族から言い渡された。
相手探しにネットを使ったところ、タダでハワイ旅行するのが目的のヒドい人ばかりが集まった。
まんまと騙されたバカ兄貴たちは、彼女たちと共に、ぶち壊してしまう。

なかなか下ネタのキツイ映画だった。。
バカっぷりが、ホントに笑えないやつなので、そんなに楽しくもない。

ああいうのを見ると、パリピは合わないな〜って、しみじみ。


Posted 2018.09.22, 23:19 by mera and filed in ☆☆☆
Wedding Dates はコメントを受け付けていません。