2018.01.08

あしたは最高のはじまり

海辺で遊びまくってるサミュエルのもとに、かつて一晩を共にしたクリスティンが突然やってきた。
子どもができたと、突然赤ん坊グロリアを渡し、クリスティンは逃亡してしまう。
サミュエルはクリスティンを探すものの見つからず、仕方なく自分で育てていく。
グロリアが8歳になり、父娘の関係もうまくいっていたとき、クリスティンが戻って来て、グロリアを取り戻そうとする。

クリスティンのやってることに全く共感できるところもなく、むかつく。
捨てたくせに、取り戻しに来るとか、しかも新しい恋人が一緒だし、わけわからん。

サミュエルとグロリアは毎日がとても楽しそうで、見ていて気持ちいい。
だから当然、こっちを応援したくなる。



Posted 2018.01.08, 17:03 by mera and filed in ☆☆☆
2018.01.03

Tanna

タンナ(Tanna)

バヌアツの部族で暮らす娘ワワは、族長の孫ダインと恋に落ちていた。
復讐の歴史が続いてきた近くの部族と再び争いが起こり、ワワの祖父が殺されてしまう。
これ以上の争いを望まない祖父は、和解することを願う。
その条件として、花嫁を交換することになり、年頃だったワワが選ばれてしまう。

恋愛結婚と、しきたりによる結婚。
我慢してしきたりに従うというのが、今までの伝統的な姿。
そこから逃げ出す二人というのが新しい姿。

撮影もバヌアツで行って、キャストも現地の人たちということで、ドキュメンタリーのような雰囲気。
火山が身近にあって、海もあって、ジャングルもあって、自然豊か。

変化があったことは嬉しい。
ただ、死がきっかけになるのは悲しい。

 


Posted 2018.01.03, 21:00 by mera and filed in ☆☆☆
2018.01.02

BIG GAME 

ビッグゲーム 大統領と少年ハンター

フィンランドの辺境の村で暮らす少年オスカリは、13歳の誕生日に通過儀礼として、
一人で森に入り、大きな獲物を獲ってこなければいけなかった。
弓が得意でないオスカリが森で奮闘していると、飛行機が墜落してきて、謎の物体が現れた。
指示通りに開けると、そこにいたのは、アメリカ大統領だった。

というわけで、テロリストから逃げるアメリカ大統領を、13歳の少年が助けるという、ありえない組み合わせがいい。

オスカリは彼なりに、獲物が獲れない悔しさがあり、なんとか強くなりたいと思ってる。
自分の土地では強い人でありたいから、目の前の人が大統領だろうと、媚びない。

大統領は、もちろんフィンランドの森の奥で一人でどうにかできるはずもなく、彼に頼るしかない。

そんな関係だから、対等になる。

なかなかイイ映画だった。

 


Posted 2018.01.02, 21:12 by mera and filed in ☆☆☆☆
2017.12.28

僕のワンダフル・ライフ

イーサンに飼われた犬ベイリーは、生涯を終えたあと、別の犬として転生する、ということを繰り返す。
記憶は残っていて、自分は何のために生きるのかと自問している。

出会いと別れの繰り返しなので、基本的には悲しくなる場面が多いが、
犬は可愛いし、ちょっと笑える場面も多いので、良いバランス。


Posted 2017.12.28, 18:44 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
2017.12.28

ワンダーウーマン

女戦士しかいない島で生まれ育ったダイアナは、
ある日墜落した飛行機からパイロットのスティーブを助けたことで、初めて男性と会う。
彼をきっかけに、外の世界で戦争が起きていることを知り、その裏に戦いの神アレスがいると信じて、参戦する。

いやー、CMを見ておもしろそうだなと思ってたけど、裏切られた(笑)
アメコミが原作だったのね。

女性だけの島というところからファンタジーな設定かと思いきや、
ドイツ軍とか毒ガスとか出てきて、あれ? リアルな世界と混ぜちゃうんだ・・・って冷めた。

戦争は神が起こしたものではなく、人間が起こしたもの。
まぁ、そうだよね、と思うけど、それを初めて知った立場だったら絶望するだろうな。

 


Posted 2017.12.28, 18:34 by mera and filed in ☆☆☆
2017.12.28

ファミリー・マン ある父の決断

ヘッドハンティングの会社で、社長の座を狙って仕事三昧になり、華々しい成績を上げてきたデイン。
なかなか家庭を省みることもなく過ごしてきたが、長男ライアンが急性リンパ性白血病と診断され、さすがに意識が向く。
それでも仕事第一の生活を続けていたが、ライアンが生死の境を彷徨い、ようやくライアンを第一に考える。
そして仕事の成績は落ちていき、葛藤する。

人を騙して成績を上げてたって、仕事ができる人なわけではないし、
なんでそこまで家族に目を向けないのか、不思議でならない。

でもまぁ、日本だと数十年前はそういう人ばかりだったんだろうし、気持ち悪いな。
ヘッドハンティング会社があんな感じだってことも、意外だった。

そんな親でも、子どもはちゃんと育ってしまうわけで、
いじらしいライアン君が、泣ける。


Posted 2017.12.28, 18:20 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
2017.12.28

gifted/ギフテッド

フロリダの田舎で暮らす7歳の女の子メアリーと、叔父のフランク。
メアリーは数学に飛び抜けた才能があったが、普通の生活をさせたいと地元の公立校に進ませる。
当然のように周りの子とレベルが合わずに問題児となってしまう。

そんなときに、養育権の問題が出てきた。
もともとフランクは姉からメアリーを預かったので育ててきたが、母がエブリンは英才教育を受けさせようと、奪いに出てきた。

どちらの子として生きていくのか、メアリーに決めさせればいいと思ってしまうが、さすがに7歳に判断はさせないようだ。
才能を伸ばしたいというのもわかるけど、才能があるのは子どものうちだけの可能性もあるんじゃ? ってのは思ってしまう。
実際、私自身も子どもの時の方が頭がよかった気がするし。

メアリーは数学以外に関しては、ちょっと生意気だけど、普通の子ども。
だから、可愛いし、守ってあげたいし、ずっと一緒って言葉を信じてるところなんか、心が苦しくなる。

幸せってなんだろうって、考えさせられる映画。
よかった。

http://www.foxmovies-jp.com/gifted/


Posted 2017.12.28, 18:04 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
2017.12.17

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

銀河の独裁をもくろむファーストオーダーと、それに抵抗するレジスタンスの戦い。
前作と登場人物が同じで、テレビで放送してたのも見て復習してたから、内容はちゃんとわかって楽しかった。

神風特攻隊を連想してしまう場面とか、オウムを連想してしまう場面とかあったけど、気にしすぎか。

負けるのが確実でも立ち向かうところとか、
冷静に先を読んで計画を立てる司令塔の存在や、
どの場面でも性別や人種に関係なく活躍していることや、
いろいろと考えることもあって、大ファンが多く存在することもよくわかる。

そして私は、BB-8みたいな人になりたい。
あいつスゲエ。

 


Posted 2017.12.17, 20:34 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
2017.11.18

イエスマン “YES”は人生のパスワード

離婚して、友達と会うことさえ億劫になってしまい、何もかも断ってしまっていたカール。
そんな感じなので、友達関係も仕事もうまくいってなかった。

あるとき久しぶりに会った友達が、なんでもYESと言うことで人生が変わったと、セミナーを勧められる。
行ってみたら、なんでもYESと答えるという誓いを立てさせられる。
無視するつもりだったが、ホームレスに助けを求められたときに無理やりYESと言わされ、従ってみたら、良いことが起きた。

なんか、わかる。

なんでも否定する人とは友達になりたくないと思うし、仕事でもなるべく関わりたくない。
できるようにするために前向きに考えることがいかに大事かってのは、わかってる。

一方、卑屈になっちゃって、なんでも否定したい気持ちもわかる。
そういうときって、前向きであることに対して見下したような気持ちになったりするしな。

友達がしつこく構ってくれてたりして、カールはいい友達を持ったなと思う。
飛行機を操縦したり、新しい言語を習ったり、思ってもみなかったであろうことに手を広げられているのが羨ましい。

最初の一歩を踏み出せば、けっこう変わるわけだ。

だからといって、なんでもYESと言っていいわけじゃない。
もちろん、本心であることが大事なわけで、ウソはよくない。

そういうところまで含めて、なかなか考えさせられる、そして前向きにすっきりできる良い映画だった。


Yes Man
主演: ジム・キャリー, ゾーイ・デシャネル, ブラッドリー・クーパー


Posted 2017.11.18, 18:40 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
イエスマン “YES”は人生のパスワード はコメントを受け付けていません。
2017.10.22

誘惑のアフロディーテ

スポーツ記者のレニと、画廊オーナーを夢見る妻のアマンダ。
仕事に熱中していた二人には子どもがいなかったが、突然子供を欲しくなったアマンダが養子をもらってきた。
その子がとても賢かったため、親が誰なのか気になったレニは、隠れて実の親を探す。
盗み出した情報で会ってみたら、母親は娼婦だった。

ギリシャ神話の舞台みたいなミュージカルっぽいのが、時々はさまってきて、そこがストーリーの核心を語る。
イヤな感じはないんだけど、なんだか不思議な構成。

娼婦だって、なりたくてなったわけじゃなくて、
子どもだって、手放したくて手放したわけじゃなくて、
夫婦仲だって、冷えさせようとしてそうしたわけじゃなくて、
そのときどうしようもなかったことの塊で、ただそうなっているだけ。

そんな不条理感が、深刻じゃない感じで描かれていて、味わい深い。
最後にハッピーエンドになると、いろいろあっても人生は人生って思える。

https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FIX4MEO/


Posted 2017.10.22, 21:43 by mera and filed in ☆☆☆
誘惑のアフロディーテ はコメントを受け付けていません。