2018.07.21

クレイジー・フォー・マウンテン

映画『クレイジー・フォー・マウンテン』

クラシック音楽に乗せて、山々とそこでクレイジーなアクティビティをする人の映像が流れる。
そして時々、ナレーションが入る。

ドキュメンタリーではあるが、誰かを追いかけているわけではない。

信仰の対象であった山に人が登るようになり、好奇心を満たし、
山に入ることが普通になった現代では、スキーやスノボの遊び場となった。

それでは足りなくなった人は、ジャンプ競技や、パラシュートを背負って飛んだり、
とんでもない高度でスラックラインをしたり、マウンテンバイクで走ったり、ウイングスーツで飛んだり。

エベレスト登山ですら、渋滞が起きるほど誰でも行けてしまう今、
生きている実感を得るために山に行く人は、まさにクレイジーな活動をしているのだ。

最初の映像がアレックス・オノルドのフリークライミングなので目を引くが、
それ以降も、出てくる人は皆、クレイジージャーニーな感じ。

幸い、見ていても「やりたい」とは思わなかった。
それだけ段違いだった。

やろうと思っても、運動神経や恐怖を克服できるハートがないと、すぐに死ぬだろう。
映像では失敗のシーンもいくつも出てきていたが、その後生きてるのかどうかわからない。

全てを兼ね備えた人でも、いつ死んでもおかしくない挑戦。
やろうと思えない凡人でよかったというか、能力がないのに手を出そうとしちゃわない自分でよかった。

すごい映画というわけではないけど、クレイジージャーニーが好きな人なら、好きな内容だろう。
ただ、それぞれのアクティビティに既視感はあるかもしれないが。

 


Posted 2018.07.21, 15:43 by mera and filed in ☆☆☆
2018.06.18

ルーム

狭くて天窓以外に窓はなく、ドアもロックされた部屋で、母ジョイと息子ジャックは暮らしていた。
ジャックはそこで生まれたため、部屋の外の世界も知らず、母とテレビと本が情報源。
誘拐犯による差し入れも乏しくなり、母ジョイは部屋から出る手段を考える。

物語はそこで終わらない。
後半は、外の世界を知らなかったジャックと、罪悪感と人間関係で苦しむジョイ。
やはり無くはないと思える状況なだけに、心が痛む。

怖い話かと思ったけど、なかなか考えさせられる話でもある。
世界から切り離されて母とテレビしか知らない子が、どう育っていくのかとか、
外の世界を知っていた大人が、どうして外に出られなかったのかとか。

ジャングルで猿に育てられた少女とか、そういうのを思い出したけど、
違うのは、周りにいたのは人間なのに、人間の仕業であぁなったってことだよな。

ジャックが可愛いのがイイ。
髪を切った方が可愛い。

ルーム(字幕版)
主演: ブリー・ラーソン, ジェイコブ・トレンブレイ, ジョアン・アレン
上映時間: 1 時間, 57 分


 


Posted 2018.06.18, 21:18 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
2018.06.09

万引き家族

祖母、父、母、母の妹、息子、といった感じに見える家族だが、実際はそうではない。
祖母の年金と、父、母の少ない稼ぎをベースに、父・息子の万引きを足して、なんとか生活している。
近所で虐待にあっている女の子を拾ってきて、家族がもう一人増えたり、少しずつ、変化が訪れてきていた。

誰と誰がどういう関係で・・・というのは、徐々に明かされる。
宣伝で言われているような、家族で万引きをやって生計を立てているってのは、違う。

血の繋がりか、お金の繋がりか、心の繋がりか。
何が正解かなんてわからないけど、血じゃないんだろうなっていう気はしてしまう。
食べるためのお金と、人間らしくいるための心。

虐待されてた女の子のシーンは、最近の事件を思い出してしまってツライ。
最後のシーンがどうだったのか、続きが気になってしまう。

そして、城桧吏くんがイイ。
『誰も知らない』の柳楽優弥もよかったけど、それにもうちょっと明るさが足されてる感じ。

よかった。
良い映画だったし、考えさせられるし、ホッコリもする。

 


Posted 2018.06.09, 20:50 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
2018.06.04

フローズン・タイム

彼女に振られて、ショックで眠れなくなってしまった画家志望のベン。
どうせ起きているならと、スーパーの夜勤バイトを始めたら、そこは変わった人ばかり。
不眠でボーッとした頭には、その変な世界でも、時間を止めてうまく付き合える。

だんだんとレジ係の女性と親しくなるにつれ、
ようやく前の彼女のことを冷静に見ることができるようになるのは、現実に戻った感じがあってイイ。

夢と現実の間をふわふわしてるような、不思議な世界。
普通に自分があの世界にいたら、イライラしたりムカつくんだろうけど、
そんなこともなく、現実と距離を保っちゃってるところが、独特の世界観で味がある。

主演: ショーン・ビガースタッフ, エミリア・フォックス, ショーン・エヴァンス
上映時間: 1 時間 42 分


 


Posted 2018.06.04, 21:39 by mera and filed in ☆☆☆
2018.05.28

エブリシング

免疫の難病で、無菌状態の部屋から出られないマデリン。
母親が医者ということで、小さい頃から一歩も外に出ずに自宅で過ごしてきた。
ある時、隣の家に青年オリーが引っ越してきて、窓越しにチャットするようになり、恋に落ちた。
接触できないままでいられるはずもなく、二人は隠れて会うようになる。

と、ここまではピュアな話。

で、だ。

『わたしを離さないで』を思い出してしまった。

外に出て、あれ?大丈夫だぞ? ってところから、薄々気付いてはいた。
でも、やっぱり倒れたので、そういうものなのか・・・とも思った。

それからの、展開である。

母の気持ちもわからないでもないので、不快なことはなく、ある程度予想できることでもある。
ちょっと怖いという気持ちはあるけど・・・。

何よりも、ピュアな恋愛はそのままで、キュンキュンできるのは、良い感じである。

主演: アマンドラ・ステンバーグ, ニック・ロビンソン, アニカ・ノニ・ローズ
上映時間: 1 時間, 36 分


Posted 2018.05.28, 00:48 by mera and filed in ☆☆☆☆
2018.05.27

キセキ -あの日のソビト-

医者の家に生まれ、医者にならなければならないというレールを敷かれていたが、
音楽をやりたくて、メタルバンドをやってメジャーデビューもしていた兄ジンだが、うまくいかない。
弟ヒデは、医学部の受験には破れ、歯科医を目指して一念発起するが、
めでたく入学してからは、大学の友だちとバンドを組んで、楽しく過ごしていた。
そんな弟たちの歌の素晴らしさに気づいた兄は、彼らをメジャーデビューさせようと奮闘する。

GReeeeNの誕生秘話。
歯科医をやりつつ、覆面で音楽をやるという、二足のわらじをキチンとしてる新しいパターン。
そういう新しいことをしている人は好きだ。

医者の家で、医者にならなきゃいけないというプレッシャーはよくわかる。
私の場合は特に何をやりたいというわけではなかったが、道を外れる時の、家から外れる感覚もわかる。
だからこそ、ちゃんと両立できていることを、本当に尊敬する。

メタルもいいけど、弟くんたちの歌は、楽しそうで、爽やかで、本当に気持ちが上がるのがわかる。
超ド直球ストレートってのも、欲しくなる時があるんだよな。
あの縦ノリも、今っぽい(笑)


どうでもいいけど、「ソビト」っていいな。
会社で、素人を「ソジン」って、バカにした感じで使われてるので、違う読み方でよかった。

 


Posted 2018.05.27, 21:05 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
2018.05.21

ドン・ジョン

イケメンのジョンは、男友達と毎晩パーティーに出かけては、美女をお持ち帰りし一夜の関係。
しかし満足できず、ポルノ動画にハマって毎日何回も見ていた。
美女バーバラと付き合うが、彼女は貞節を守るタイプで、ジョンのポルノ漬けを知り別れてしまう。
そして夜間学校で会った年上の女性に、本当の愛を教えてもらう。

女性に対してはポルノが全てみたいになってるジョンだが、
家族揃って食事したり、教会には欠かさず通ったり、筋トレしながらお祈りしてたり、
きっちり毎日掃除やベッドメイキングをしたり、
バーバラとは違った方向かもしれないけど、こっちもこっちで、変なとこでキッチリしてる。

何はともあれ、一方的なのはダメ、というわかりやすい結論で、良い。
最初はジョンが社会人なのかと思って、セックス依存症みたいな話かと思ったけど、
学生で若いという設定だったので納得な内容。

主演: ジョセフ・ゴードン・レヴィット, スカーレット・ヨハンソン, ジュリアン・ムーア
上映時間: 1 時間 29 分


Posted 2018.05.21, 00:10 by mera and filed in ☆☆☆
ドン・ジョン はコメントを受け付けていません。
2018.05.09

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

中学生の夏休みの登校日、
花火大会に誰と行くか?なんて話題が出つつも、
花火は横から見たら平べったいのか、丸いのか確かめに行く。


というのがメインかと思いきや、
ガラスの玉を投げると時間を巻き戻せるというタイムスリップものだった。

なんじゃこりゃ。

やたらと女性の胸を強調する絵も気に入らないし、がっかりな映画。

 

 


Posted 2018.05.09, 22:07 by mera and filed in ☆☆
打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? はコメントを受け付けていません。
2018.05.09

The Book of Henry

12歳の天才児ヘンリーは、普通学級でつまらなく過ごしつつ、
いじめられっ子の弟ピーターを守ってやりながら、
家では大掛かりな工作をしたり、実験をしたり、家の税金の計算なんかをして父親代わり。
母親もすっかりヘンリーに頼っていた。

ヘンリーは隣の家に住む女の子が継父から虐待を受けてるのを目撃し、
ソーシャルワーカーに連絡したりするが、取り合ってもらえない。

なんとか彼女を救いたいと思ったヘンリーは、継父の殺害計画を立てていた。
しかしその途中でヘンリーは脳腫瘍で倒れ、亡くなった。

ヘンリーの残した計画ノートをピーターが見つけ、母親はその計画を実行することにする。



英語で見たので、やや理解が不安。

どうしてあんなに頭がイイのかとか、どうして父親がいないのかとか、わからないけど、
あのヘンリーだったら、確かに頼りたくなる。
虐待を揉み消すオッサンとか、田舎町の人間関係が鬱陶しい感じもあるが、最後は救われてよかった。

 


Posted 2018.05.09, 22:07 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
The Book of Henry はコメントを受け付けていません。
2018.05.09

The Greatest Showman

貧乏だけどユーモアがあって、人を楽しませるのが好きな少年。
大人になり、なんとか貧乏から抜け出そうと博物館を始めたものの、客が入らない。
ふと考えたのが、ユニークな人を集めた奇人ショーをすること。

良くも悪くも注目を集め、サーカスとして人気に。
セレブとの関係もできるようになってきて、忙しくなるにつれ、家族の心は少しバラバラに・・・。



英語で見たので、理解できるか心配だったが、だいたい理解できた。

奇人ショーって、昔はお祭りのときにあったりしたけど、今もまだあるのかな?
奇人の皆さんを、気持ち悪い人じゃなくて、特技のある人と捉えて接してるのがいい。
だから、彼らにとっても、サーカスはHOMEなんだな。

 


Posted 2018.05.09, 22:06 by mera and filed in ☆☆☆☆
The Greatest Showman はコメントを受け付けていません。