2018.11.23

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

イギリスに戻り、アメリカでグリンデルバルドという強い魔法使いが逃げ出したことを知る。
ニュートがその魔法使いを捕まえるため、パリに向かう。

というストーリーだったようなんだけど、全然内容がわからなかった。
途中で2回くらい、ちょっと寝てしまった。。

ニュートとグリンデルバルドが対決するっぽいことはわかるんだけど、それがなんでだかわからないし、
それよりも恋人と友達と友達の恋人と、っていろんな人が出てきて、お前誰だよってなってくる。

楽しみにしていただけに残念だったなー。
動物たちもほとんど出てこなかったし。

http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/


Posted 2018.11.23, 20:32 by mera and filed in ☆☆
2018.05.09

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

中学生の夏休みの登校日、
花火大会に誰と行くか?なんて話題が出つつも、
花火は横から見たら平べったいのか、丸いのか確かめに行く。


というのがメインかと思いきや、
ガラスの玉を投げると時間を巻き戻せるというタイムスリップものだった。

なんじゃこりゃ。

やたらと女性の胸を強調する絵も気に入らないし、がっかりな映画。

 

 


Posted 2018.05.09, 22:07 by mera and filed in ☆☆
打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? はコメントを受け付けていません。
2017.06.10

ナオミとイーライのキス禁止リスト

ナオミは、幼なじみのイーライといつも一緒で、まるで恋人同士のよう。
しかし、イーライはゲイで、ナオミのことはあくまでも友達。

ナオミの周りは男友達ばかりで、ボーイフレンドもその中にいた。
しかし、イーライは、そのナオミのボーイフレンドとキスをしてしまう。

ナオミは、大好きなイーライにボーイフレンドをとられ、サイアク。
でも、ボーイフレンドの浮気よりも、イーライが自分に構ってくれないほうがイヤ。

といった感じの、学生のユルい恋愛。
イーライが、アレクにしか見えなくて、それでゲイだから、不思議な感覚。。

www.netflix.com/title/80079470


Posted 2017.06.10, 00:41 by mera and filed in ☆☆
ナオミとイーライのキス禁止リスト はコメントを受け付けていません。
2017.04.24

ドロップ

不良に憧れて転校してきたヒロシは、ケンカして不良グループに入れてもらう。
そこから対立する別の学校のやつらと戦ったり、先に就職した友だちとの間で葛藤があったり。

だいぶ前に話題になった品川祐のやつ。

今見ると、水嶋ヒロとか、成宮寛貴とか、今見ないなーって人が出てて、懐かしかった。
綾部とかすごい若いし、時代を感じる。

で、こいつらが中学生っつーのが、ムリがある。。
見た目的には高校生が限界だろ・・・
たぶん、もっと若い子が演じてたら、もうちょっとちゃんと見れたかもしれない。

まぁ、ケンカのシーンは好きじゃないので早送りだったけど。

中学のとき、同じクラスにも不良くんがいて、確かに別の学校の生徒が校庭に来たり、
そういうのあったなーってのを思い出した。

いわゆるクサイ話が好きな人は、こういうの好きなんだろうな。

ドロップ (品川ヒロシ監督)
監督:品川ヒロシ
出演者:成宮寛貴、 水嶋ヒロ、 本仮屋ユイカ、 上地雄輔、 中越典子、 宮川大輔、 坂井真紀、 哀川翔、 遠藤憲一
収録時間:122分
レンタル開始日:2009-08-21


Posted 2017.04.24, 21:36 by mera and filed in ☆☆
ドロップ はコメントを受け付けていません。
2017.04.23

僕と君の片想い

オーストラリアの田舎町で、町のドリフト走行コンテストにチームで出場していたビリーとルーシー。
恋愛感情はあるものの、昔からの友達なので関係を進められずにいた。
パーティーでいろんな色恋沙汰が起こり、二人もようやく・・・

全然思ってたストーリーと違って、展開があるんだかないんだか。
飲みつぶれてカップルになっていくような、そんな映画でよくあるホームパーティーで、恋愛が進む。
ただそれだけのような気がしてならない。

オーストラリア映画がこういうものなのか、タイトルが思わせぶりすぎるのか。

僕と君の片想い
監督:ティム・ファーガソン、マーク・グレイシー
出演者:ゼイヴィア・サミュエル、 モーガン・グリフィン、 トラヴィス・ジェフリー、 リンカーン・ルイス
収録時間:92分
レンタル開始日:2017-02-22


Posted 2017.04.23, 19:09 by mera and filed in ☆☆
僕と君の片想い はコメントを受け付けていません。
2017.04.16

スーサイド・スクワッド

敵に立ち向かうため、刑務所から最強のやつを選び出し、チームを編成。

ってところまで見たのだが、意味わかんなくて寝てしまった。
なんだか、置いてけぼり感がすごかったけど、原作あるのかな?

そして改めて見る気も起きないので、終わりにしちゃう。

スーサイド・スクワッド
監督:デヴィッド・エアー
出演者:ウィル・スミス、 マーゴット・ロビー、 ジャレッド・レト、 福原かれん
収録時間:123分
レンタル開始日:2016-12-21


 


Posted 2017.04.16, 21:06 by mera and filed in ☆☆
スーサイド・スクワッド はコメントを受け付けていません。
2017.03.27

ファング一家の奇想天外な秘密

両親が現代アートと称して、悪趣味なドッキリのようなことをして世間を驚かせてきたファング一家。
アニーとバクスターは子どもの頃から、仕掛け人として参加させられてきた。
大人になって、ようやく親から離れて自由な生活をしていたが、バクスターの入院をきっかけに家族が再集結。
両親はまた、一家総出のドッキリを計画するが、アニーとバクスターは参加したくなかった。

両親が旅に出たところ、強盗に襲われたのか血だらけの車を残して行方不明に。
それが本当に襲われたのか、それとも悪趣味なドッキリか、残されたアニーとバクスターは迷う。

悪趣味なドッキリってとこで、まず共感はできない。
だから、そういう意味で、アニーとバクスターのほうには共感できるわけだけど。

子どもは親のオモチャじゃない。
悪意のない悪はいちばんタチが悪い。

ファング一家の奇想天外な秘密
監督:ジェイソン・ベイトマン
出演者:ニコール・キッドマン、 クリストファー・ウォーケン、 メアリー・アン・ブランケット、 ジェイソン・ベイトマン
収録時間:106分
レンタル開始日:2017-02-03


Posted 2017.03.27, 23:06 by mera and filed in ☆☆
ファング一家の奇想天外な秘密 はコメントを受け付けていません。
2017.03.07

グランド・イリュージョン 見破られたトリック

イリュージョンがスゴイっていう話ではなくて、手品師が復讐したり戦ったりする映画。
シリーズ物で、前作を知らないと全然わからない感じ。

グランド・イリュージョン 見破られたトリック
監督:ジョン・M・チュウ
出演者:ジェシー・アイゼンバーグ、 マーク・ラファロ、 マイケル・ケイン、 モーガン・フリーマン、 ウディ・ハレルソン、 ダニエル・ラドクリフ、 リジー・キャプラン、 ジェイ・チョウ
収録時間:130分
レンタル開始日:2017-01-11


Posted 2017.03.07, 20:16 by mera and filed in ☆☆
グランド・イリュージョン 見破られたトリック はコメントを受け付けていません。
2017.02.27

インデペンデンス・デイ:リサージェンス

エイリアンが地球に接近してきたところを、相手の正体も確かめずにアメリカ大統領の一言で攻撃開始。

って感じの話だったと思うけど、前作をそもそも覚えてないし、
気楽にエイリアンを攻撃しちゃうのとか、ノリがよくわからなくて、
最後30分くらいは寝ちゃって見てないけど、見直す気もおきずに終わり。

インデペンデンス・デイ:リサージェンス
監督:ローランド・エメリッヒ
出演者:ジェフ・ゴールドブラム、 リアム・ヘムズワース、 ビル・プルマン、 マイカ・モンロー、 ジェシー・アッシャー、 シャルロット・ゲンズブール
収録時間:119分
レンタル開始日:2016-11-05


Posted 2017.02.27, 21:28 by mera and filed in ☆☆
インデペンデンス・デイ:リサージェンス はコメントを受け付けていません。
2017.01.22

俺たちダンクシューター

一発屋ミュージシャンがオーナーとして趣味でやってる弱小バスケチーム。
リーグ合併により、上位4チームしか残れない。

ってところで寝てしまい、続きを見てないんだけど、そこまでがおもしろくなくて。。
レビュー見ると、そこからのほうがおもしろいのかな・・

俺たちダンクシューター
監督:ケント・オルターマン
出演者:ウィル・フェレル、 ウディ・ハレルソン、 アンドレ・ベンジャミン、 デレイ・デイヴィス
収録時間:99分
レンタル開始日:2009-03-27


Posted 2017.01.22, 21:50 by mera and filed in ☆☆
俺たちダンクシューター はコメントを受け付けていません。