2018.07.21

クレイジー・フォー・マウンテン

映画『クレイジー・フォー・マウンテン』

クラシック音楽に乗せて、山々とそこでクレイジーなアクティビティをする人の映像が流れる。
そして時々、ナレーションが入る。

ドキュメンタリーではあるが、誰かを追いかけているわけではない。

信仰の対象であった山に人が登るようになり、好奇心を満たし、
山に入ることが普通になった現代では、スキーやスノボの遊び場となった。

それでは足りなくなった人は、ジャンプ競技や、パラシュートを背負って飛んだり、
とんでもない高度でスラックラインをしたり、マウンテンバイクで走ったり、ウイングスーツで飛んだり。

エベレスト登山ですら、渋滞が起きるほど誰でも行けてしまう今、
生きている実感を得るために山に行く人は、まさにクレイジーな活動をしているのだ。

最初の映像がアレックス・オノルドのフリークライミングなので目を引くが、
それ以降も、出てくる人は皆、クレイジージャーニーな感じ。

幸い、見ていても「やりたい」とは思わなかった。
それだけ段違いだった。

やろうと思っても、運動神経や恐怖を克服できるハートがないと、すぐに死ぬだろう。
映像では失敗のシーンもいくつも出てきていたが、その後生きてるのかどうかわからない。

全てを兼ね備えた人でも、いつ死んでもおかしくない挑戦。
やろうと思えない凡人でよかったというか、能力がないのに手を出そうとしちゃわない自分でよかった。

すごい映画というわけではないけど、クレイジージャーニーが好きな人なら、好きな内容だろう。
ただ、それぞれのアクティビティに既視感はあるかもしれないが。

 


Posted 2018.07.21, 15:43 by mera and filed in ☆☆☆
2018.06.04

フローズン・タイム

彼女に振られて、ショックで眠れなくなってしまった画家志望のベン。
どうせ起きているならと、スーパーの夜勤バイトを始めたら、そこは変わった人ばかり。
不眠でボーッとした頭には、その変な世界でも、時間を止めてうまく付き合える。

だんだんとレジ係の女性と親しくなるにつれ、
ようやく前の彼女のことを冷静に見ることができるようになるのは、現実に戻った感じがあってイイ。

夢と現実の間をふわふわしてるような、不思議な世界。
普通に自分があの世界にいたら、イライラしたりムカつくんだろうけど、
そんなこともなく、現実と距離を保っちゃってるところが、独特の世界観で味がある。

主演: ショーン・ビガースタッフ, エミリア・フォックス, ショーン・エヴァンス
上映時間: 1 時間 42 分


 


Posted 2018.06.04, 21:39 by mera and filed in ☆☆☆
2018.05.21

ドン・ジョン

イケメンのジョンは、男友達と毎晩パーティーに出かけては、美女をお持ち帰りし一夜の関係。
しかし満足できず、ポルノ動画にハマって毎日何回も見ていた。
美女バーバラと付き合うが、彼女は貞節を守るタイプで、ジョンのポルノ漬けを知り別れてしまう。
そして夜間学校で会った年上の女性に、本当の愛を教えてもらう。

女性に対してはポルノが全てみたいになってるジョンだが、
家族揃って食事したり、教会には欠かさず通ったり、筋トレしながらお祈りしてたり、
きっちり毎日掃除やベッドメイキングをしたり、
バーバラとは違った方向かもしれないけど、こっちもこっちで、変なとこでキッチリしてる。

何はともあれ、一方的なのはダメ、というわかりやすい結論で、良い。
最初はジョンが社会人なのかと思って、セックス依存症みたいな話かと思ったけど、
学生で若いという設定だったので納得な内容。

主演: ジョセフ・ゴードン・レヴィット, スカーレット・ヨハンソン, ジュリアン・ムーア
上映時間: 1 時間 29 分


Posted 2018.05.21, 00:10 by mera and filed in ☆☆☆
ドン・ジョン はコメントを受け付けていません。
2018.04.23

エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方

出版社でアダルト雑誌を担当するエイミーは、自由奔放な私生活で男を取っ替え引っ替え。
取材相手である真面目なスポーツドクターに恋をしてしまう。
自分らしさを出したら彼との関係が終わりそうになり、自分らしさを失いつつも必死に追いかける。

なんというか、下品なことは確か。
アラフォーの独身がああいう感じだと思われたくはない。

親の介護の問題が入ってきたり、妹家族との関係が出てきたり、生活もある。
そんな中で、素の自分 vs 素の気持ち、といったところか。

特にオススメできるものでもないが、さほど悪くもない映画ではあった。
もうちょっと短くてもいいかなとは思う。

エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方(字幕版) 2017
主演: エイミー・シューマー, ビル・ヘイダー, ブリー・ラーソン
上映時間: 2 時間, 4 分


Posted 2018.04.23, 00:17 by mera and filed in ☆☆☆
エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方 はコメントを受け付けていません。
2018.04.01

セブンティーン・アゲイン

バスケ部のエースであるマイクは、奨学金がかかった大事なバスケの試合の直前に、
彼女から大事なことを告げられ、試合をフイにしてしまった。
その後、彼女とは結婚したのだが、過去を引きずっていて生活はうまくいっていなかった。

家庭だけでなく仕事もうまくいかなくなったマイクは、高校に忍び込み、過去を懐かしむ。
そこでなぜか17歳の体に戻ってしまい、高校生活をやり直すことになる。

高校では自分の子どもたちと同級生。
家では深い会話をしていなかったので、勝手に楽しく生活していると思っていたが、全然違った。
自分の子どもたちがちゃんと楽しい高校生活を送れるように奮闘しつつ、妻への気持ちにも気づいていく。


という、わかりやすい話ではあるのだが、タイムスリップではなく、現代のまま体だけ高校生に戻る。
だから今を見つめざるを得ず、現状を第三者の視点で見ることになる。

過去の失敗を誰かのせいにするのは簡単。
だけど、そんな卑屈な心で良いことなんか起きない。

というのもそうなんだけど、
高校生の時にあんなにカッコよかった人が、
いくら堕落したからってあれだけダサいおじさんになってしまうというのも、悲しい。

セブンティーン・アゲイン(字幕版)
Amazonビデオ ~ ザック・エフロン


Posted 2018.04.01, 21:39 by mera and filed in ☆☆☆
セブンティーン・アゲイン はコメントを受け付けていません。
2018.03.21

パーフェクト・タイム 100億分の1の奇跡

幻の波といわれる「パーフェクト・ウェーブ」を探し求めて、世界中でサーフィンすべく旅に出たイアン。
オーストラリア・ダーウィン、インドネシア・バリ島、南アフリカ・ケープタウンと転々とするうち、
アナベルという女性と恋に落ち、彼女を追いかけてモーリシャスに辿り着く。

実話に基づく物語、と、最初に表示されていなければ、違和感しかなかっただろう。
逆に、途中から急激にキリスト教映画になってしまっても、実話なら仕方ないかと思ってしまう。

何か足りないという思いを抱えたまま、世界を転々と旅する。
その気持ちはとてもよくわかるし、正直羨ましい。

綺麗な海を見ていると、バリいいなーとか、モーリシャス行ってみたいなーとか思う。

でも、ナイトダイビングのシーンから、明らかに不吉な感じで、宗教映画になってしまった。

全く信心深くない私としては、それが実話だということから、
人がどうして宗教を信じるかという気持ちを読み解きたいという思いで見ていた。

命がかかった場面では、気持ちの強さが大事というのはよくわかる。
それはきっとそうなんだろう。

その強い気持ちを保っていられたのは、何があったからか?
そこで、その拠り所が宗教だったという人もいるだろうというのはわかる。

イアンの場合は、宗教というよりは、母の言葉ということになるのかな。

なんでもいい、自分が強く信じることができるものがあれば、
そしてそれが自分以外のものであれば、自分ではどうにもならない場面で気持ちを保っていられるのだろう。

パーフェクト・タイム 100億分の1の奇跡
~ スコット・イーストウッド


 


Posted 2018.03.21, 18:55 by mera and filed in ☆☆☆
パーフェクト・タイム 100億分の1の奇跡 はコメントを受け付けていません。
2018.03.19

グッド・ライ ~いちばん優しい嘘~

スーダンの内戦で家族を殺され、ケニアを目指して歩き続け、難民キャンプにたどり着いた少年少女。
時が流れ、選ばれた数人が、アメリカに移住できることになった。
しかし、アメリカの受け入れ先は難民であることもよく知らず、仕事の斡旋がうまくいかないことにイラつく。
時間が経つにつれて、今まで受けた心の傷が見えてきて、周りの態度も変わっていく。

本当のスーダン難民が演じていたということに驚く。

アフリカの村で過ごしてきて、そこから草原を歩き続け、難民キャンプで生きてきた人が、
アメリカの大量生産・大量消費の文化なんて理解できるわけもない。

家族が一緒にいることが一番大事で、仲間も大事にしながら、寄り添って生きている姿に、
強大な自然を相手にしてきたからこその強い絆を感じた。

自分のためより家族のためというのが先に来て、それは万国共通の心。
文化が違っても、そういう心はちゃんと通じるんだなっていうのは、ホッとする。

グッド・ライ、とはいえ、良くない。
まだ何も解決していないということを、最後にまた思い出させられる。

グッド・ライ ~いちばん優しい嘘~


Posted 2018.03.19, 22:37 by mera and filed in ☆☆☆
グッド・ライ ~いちばん優しい嘘~ はコメントを受け付けていません。
2018.01.08

あしたは最高のはじまり

海辺で遊びまくってるサミュエルのもとに、かつて一晩を共にしたクリスティンが突然やってきた。
子どもができたと、突然赤ん坊グロリアを渡し、クリスティンは逃亡してしまう。
サミュエルはクリスティンを探すものの見つからず、仕方なく自分で育てていく。
グロリアが8歳になり、父娘の関係もうまくいっていたとき、クリスティンが戻って来て、グロリアを取り戻そうとする。

クリスティンのやってることに全く共感できるところもなく、むかつく。
捨てたくせに、取り戻しに来るとか、しかも新しい恋人が一緒だし、わけわからん。

サミュエルとグロリアは毎日がとても楽しそうで、見ていて気持ちいい。
だから当然、こっちを応援したくなる。



Posted 2018.01.08, 17:03 by mera and filed in ☆☆☆
あしたは最高のはじまり はコメントを受け付けていません。
2018.01.03

Tanna

タンナ(Tanna)

バヌアツの部族で暮らす娘ワワは、族長の孫ダインと恋に落ちていた。
復讐の歴史が続いてきた近くの部族と再び争いが起こり、ワワの祖父が殺されてしまう。
これ以上の争いを望まない祖父は、和解することを願う。
その条件として、花嫁を交換することになり、年頃だったワワが選ばれてしまう。

恋愛結婚と、しきたりによる結婚。
我慢してしきたりに従うというのが、今までの伝統的な姿。
そこから逃げ出す二人というのが新しい姿。

撮影もバヌアツで行って、キャストも現地の人たちということで、ドキュメンタリーのような雰囲気。
火山が身近にあって、海もあって、ジャングルもあって、自然豊か。

変化があったことは嬉しい。
ただ、死がきっかけになるのは悲しい。

 


Posted 2018.01.03, 21:00 by mera and filed in ☆☆☆
Tanna はコメントを受け付けていません。
2017.12.28

ワンダーウーマン

女戦士しかいない島で生まれ育ったダイアナは、
ある日墜落した飛行機からパイロットのスティーブを助けたことで、初めて男性と会う。
彼をきっかけに、外の世界で戦争が起きていることを知り、その裏に戦いの神アレスがいると信じて、参戦する。

いやー、CMを見ておもしろそうだなと思ってたけど、裏切られた(笑)
アメコミが原作だったのね。

女性だけの島というところからファンタジーな設定かと思いきや、
ドイツ軍とか毒ガスとか出てきて、あれ? リアルな世界と混ぜちゃうんだ・・・って冷めた。

戦争は神が起こしたものではなく、人間が起こしたもの。
まぁ、そうだよね、と思うけど、それを初めて知った立場だったら絶望するだろうな。

 


Posted 2017.12.28, 18:34 by mera and filed in ☆☆☆
ワンダーウーマン はコメントを受け付けていません。