2017.09.18

ラ・ラ・ランド

女優を目指すミアと、ジャズピアニストを目指すセブ。
夢を追う男女が偶然街で出会い、お互いの夢に共感するが、
夢と生活の両立をしないといけない中で、すれ違う。

話題になっていたのを、ようやく観た。

有名なダンスのシーンが冒頭だということを知らなかった。
ワンカットなのは、確かに目を引く。
シーンの綺麗さとか、ミュージカルとか、そういうところに注目してみる人には、違う印象なんだろうな。

ストーリーとしては、わりと普通。
夢を追う二人、片方が夢を諦めて成功し、また夢に戻る。
そうこうしてる間に、もう片方が夢を叶えて、すれ違う。

やりたいことがある人同士って、うまくいかないもんだな。

ラ・ラ・ランド(字幕版) 2016
主演: ライアン・ゴズリング, エマ・ストーン, カリー・ヘルナンデス
上映時間: 2 時間, 7 分


Posted 2017.09.18, 23:03 by mera and filed in ☆☆☆
2017.07.09

少女が大人に変わる夏

高校生活の最後の夏休み、親友同士のリリーとジェリーは処女を卒業したかった。
海ではじけた帰りに見かけた青年ディヴィッドのことをジェリーは好きになるが、
ディヴィッドはリリーに惹かれていて、二人はジェリーに内緒で付き合うことに。

あるときジェリーの父親が亡くなったとき、リリーはディヴィッドをジェリーの元に行かせた。
それが元で、リリーはディヴィッドを拒絶するようになり、リリーとジェリーも絶交してしまう。

なんとも言えない、三角関係。
よくあるよね。

隠すとか、嘘をつくとか、そういうことをしなければ素直な関係のままでいられるのに、
相手への思いやりが不器用なだけに、やらないほうがよかった、って方向に進んでしまう。

よくある話なんだけど、わかるわかるって見てしまうやつ。

https://www.netflix.com/title/70267399


Posted 2017.07.09, 19:38 by mera and filed in ☆☆☆
少女が大人に変わる夏 はコメントを受け付けていません。
2017.07.02

きみがくれた未来

高校生の時に弟と一緒にヨットで優勝したこともある兄チャーリー。
卒業のとき、友達とのパーティーに向かう途中、交通事故で弟を失ってしまう。
それを気に病み、ヨットを辞め、大学にも進学せずに墓守として暮らしていた。

そんなチャーリー、実は特殊能力があるのか、妄想の世界が強いのか、死んだ弟が見える。
だから墓守を辞めることもできず、土地を離れることもできないでいたのだ。

しかしその特殊能力は、気になる女性にも向けられた。
高校の時に同じレースに出ていたヨット乗りの女性が、突然チャーリーの前に現れたのだ。

・・・

ってな感じで、想定外なストーリー。
霊が見える青年の話だった。

そうわかってみると、それなりに良い話。

https://www.netflix.com/title/70130443

 


Posted 2017.07.02, 22:45 by mera and filed in ☆☆☆
きみがくれた未来 はコメントを受け付けていません。
2017.06.26

Big Hero 6

邦題:ベイマックス

日本モチーフのディズニーアニメ、ということだけど、
日本というより、私の中では、シンガポールとか香港にいる日系人というイメージかも。
日本だと飛び級とか、あんなにズバ抜けた人って隠れてないような気がするのだが。

ベイマックスが、思ったよりポニョポニョしてなくて、ほとんど鎧をきたロボットになってた(笑)

 


Posted 2017.06.26, 11:57 by mera and filed in ☆☆☆
Big Hero 6 はコメントを受け付けていません。
2017.06.26

ALLIVAL

邦題:メッセージ

突然地球にやってきた12個の巨大な物体。
中に宇宙人がいることはわかったが、何を目的にやってきたのかわからない。
そこで、言語学者のルイーズが、彼らの要求を聞き出すために選ばれた。

煎餅の『ばかうけ』に似てるという話題を知ってからは、もうばかうけにしか見えないのだが、
似たのは偶然だったみたいね。

SFではあるんだけど、エイリアンとの戦いとかじゃなくて、言語解読の話がメイン。
だから、意外性もあって、わりとおもしろかった。

当然ルイーズは最初に英語を使って話しかけるわけだが、通じるはずはない。
そこで文字を書いて、実物と共に見せるということを地道に行い、教えていく。

表音文字である英語を使って、表意文字を使うエイリアンの言葉を探っているわけだ。
英語が全能というベースに立っていないところが気に入った。

未来が見えるとか、そういうのが出てきちゃってからは、なんだかズルい感じがしたけどね。

 


Posted 2017.06.26, 11:03 by mera and filed in ☆☆☆
ALLIVAL はコメントを受け付けていません。
2017.06.15

Fantastic beasts and Where to Find Them

魔法動物を研究している魔法使いが、ニューヨークにやってきた。
目的はエジプトで捕まえた大きな鳥を、アメリカの故郷に返してあげること。
でもそれ以前に、魔法使いであることを隠して過ごさなければならず、
トランクから逃げた動物たちが騒ぎを起こしてしまって大変なことになっていた。

動物が可愛い。
貴金属とお金が大好きなモグラが特に可愛い。

いくつかの要素が混じっていたからか、思ったより話はわかりづらいかも。
主人公の目を合わせられない挙動不審っぽいのとか、なんか新鮮。


Posted 2017.06.15, 09:43 by mera and filed in ☆☆☆
Fantastic beasts and Where to Find Them はコメントを受け付けていません。
2017.06.13

ワタシが私を見つけるまで

ニューヨークで暮らす独身女性4人の話。
独身だからこそパーティーで遊べる、でもそれも虚しい。
妊娠などの女性のリミットもわかりながら、自分らしくいようとする。

一番パーティー好きな太っちょさんは、付き合うとめんどくさいタイプ。
他人に流されがちなキレイめ女子は、自立したくて弾けてみる。
それぞれに奮闘してるんだけど、痛々しい。
それを愛らしいとみるかどうかかな。

都会にいるとなかなか難しいけど、振り回されずに自分の道を生きたいものである。

https://www.netflix.com/title/80075563
 


Posted 2017.06.13, 11:46 by mera and filed in ☆☆☆
ワタシが私を見つけるまで はコメントを受け付けていません。
2017.06.04

トレインスポッティング

ヘロイン中毒で、仲間達とヤク漬けの生活を送るレントン。
なんども薬物を断とうとするが、仲間から抜けられないし、周囲に誘惑が多すぎる。

ヘロインに対していいなぁと思う場面はないし、仲間も悪魔にしか見えない。

https://www.netflix.com/title/60037022

なんで Netflix はこの映画を猛烈におすすめしてきたんだろうなぁ。
あんまり良い映画ない気がしてきてるので、今マイリストに入ってるものを見終えたら解約か?



Posted 2017.06.04, 17:09 by mera and filed in ☆☆☆
トレインスポッティング はコメントを受け付けていません。
2017.05.21

最後の1本

最後の1本〜ペニス博物館の珍コレクション

動物のペニスを集めた博物館、いろんな動物のをコレクションしてきたが、人間のがない。
寄付を募るしかないということで、名乗り出たのが2人。
どちらが最初に陳列されることになるのか・・・というドキュメンタリー。

人間のエゴの争いだから、まぁどうでもいい話ではある。
集めたい欲望、それを超えて、自分のを陳列してほしいという欲望。

最終的には、なるようにしかならない。
でもその過程では、伝え方とかアピール方法とか、そういったものから始まる人間関係のところが大きい。

そんなドキュメンタリー。


Posted 2017.05.21, 22:33 by mera and filed in ☆☆☆
最後の1本 はコメントを受け付けていません。
2017.05.07

君の名は。

高校生の男女の体が突然入れ替わってしまい、
最初はそれが夢かと思っていたが、意図があって起きていることだと気づく。
その使命を果たすため、時空を超えて奮闘する。

流行ってたときには見てなくて、飛行機で観賞。

前情報がいろいろあった気もするが、それすら忘れた。
忘れててちょうどいいのかも。

子どもの頃に大事だと思ってたことが、時間がたって忘れてしまう。
絶対忘れたくない、絶対忘れないと思っていたことですら、思い出せない。
それどころか何を忘れないと思っていたかも忘れてしまう。

そういう経験があると、感情が深く刺さってくる。
だから、そっちの感情が染みるような年代の人にとっては、
隕石だの時空だの言ってることは、実はどうでも良いんじゃないかと思う。

そういう、過去の感情を思い出せないという経験がない若い世代は、
そっちのストーリーを楽しめばいい。

なんやかんや言われてた評論、後でチラッと見てみよう。

 


Posted 2017.05.07, 22:36 by mera and filed in ☆☆☆
君の名は。 はコメントを受け付けていません。