2018.12.26

アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー

インテリアデザイン、アート、ファッションデザインをするアイリスのドキュメンタリー。

色使いが大胆で派手で、彼女の短い白髪と、大きな丸メガネと、スラッとした体型によく似合う。

皆と違うものが好きで、高いものも安いものも混ぜてるのが楽しい。

こういう人と一緒にいたら楽しいだろうな。


Posted 2018.12.26, 22:58 by mera and filed in ☆☆☆
2018.12.21

アリー/スター誕生

アリー/スター誕生
http://wwws.warnerbros.co.jp/starisborn/


初日に観てきた。

最初っから最後まで、ただつらい映画で、
観終わって絶望感に襲われたというか、無力になった。

アリーはジャクソンと出会って成功をつかんでいくけど、
ジャクソンはどんどんつらくなっていくだけで、悲しかった。

宣伝ではボヘミアンラプソディーのようなヒットを狙って感動大作のような雰囲気を出しているけど、
感動で泣くというよりは、悲しくて泣く映画であって、全く違う。
同じようなヒットにはならないだろうと思った。

アリーとジャクソンの最初のステージの歌声は素晴らしかった。
その1点がすべて。


Posted 2018.12.21, 15:58 by mera and filed in ☆☆☆
2018.10.13

ナイスガイズ!

妻を失い、酒浸りの探偵マーチは、失踪した女性の行方を追っていた。
同じ女性を追う男に一度は痛めつけられるが、共に行動せざるを得なくなり、仲間となる。
なぜ女性は失踪したのか、それを解いていくうちに、映画に辿り着く。

仲間になったり敵になったり、誰が誰だかよくわからなくなる。

ダメ男が頑張る映画なので、殺し合いなのに、ほのぼのしてたりする。


ナイスガイズ!
監督 シェーン・ブラック
主演 ラッセル・クロウ, ライアン・ゴズリング, アンガーリー・ライス


Posted 2018.10.13, 22:38 by mera and filed in ☆☆☆
ナイスガイズ! はコメントを受け付けていません。
2018.09.22

Wedding Dates

バカな兄貴2人組は、妹の結婚式をぶち壊さないように、きちんとした女性を同伴することを家族から言い渡された。
相手探しにネットを使ったところ、タダでハワイ旅行するのが目的のヒドい人ばかりが集まった。
まんまと騙されたバカ兄貴たちは、彼女たちと共に、ぶち壊してしまう。

なかなか下ネタのキツイ映画だった。。
バカっぷりが、ホントに笑えないやつなので、そんなに楽しくもない。

ああいうのを見ると、パリピは合わないな〜って、しみじみ。


Posted 2018.09.22, 23:19 by mera and filed in ☆☆☆
Wedding Dates はコメントを受け付けていません。
2018.09.22

50回目のファーストキス

交通事故で短期記憶障害になったルイと、
天文学の研究のためにハワイに来たダイスケ。
1日で記憶が消えてしまうルイに、ダイスケは毎日好きになってもらう努力をする。

記憶障害の映画はいくつか見たけど、これはリアル感が少ないのは、ハワイのせいだろうか。

好きな人に負担をかけたくないルイの気持ちもわかる。
好きな人と心が通じ合っていないと何もできなくなるダイスケの気持ちもわかる。

別れる理由になってない、って結論がハッピー。


Posted 2018.09.22, 23:19 by mera and filed in ☆☆☆
50回目のファーストキス はコメントを受け付けていません。
2018.09.22

Proud Mary

殺し屋の女性メアリーは、殺した男に息子がいたことに気付き、後悔していた。
何とか見つけたその子はドラッグの運び屋としてこき使われていた。
倒れているところを拾い、一緒に暮らすことにする。

躊躇なく人を殺す、変に気楽な殺し屋ムービー。
そういう人は同じ匂いの人を惹きつけるのか、そう育ててしまうのか。。


Posted 2018.09.22, 23:17 by mera and filed in ☆☆☆
Proud Mary はコメントを受け付けていません。
2018.09.22

Maze Runner: The Death Cure

メイズランナーの続編。
前回の最後にゾンビになった者と捕われた者がいたのは覚えていたが、
そこから復習なく始まったので、わかるか不安だった。

英語音声、英語字幕で理解できてよかった。
ニュートが松本潤、トーマスが岡田准一にしか見えないのがおもしろい。

あんまりハッピーエンドじゃなかったけど、まだ続編もありそうな気配。


Posted 2018.09.22, 23:16 by mera and filed in ☆☆☆
Maze Runner: The Death Cure はコメントを受け付けていません。
2018.09.09

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオスを観てきた。
どうせならキューバに行く前に見ておきたかったので。

街の風景は、心踊る。
それは時期的に勝手に私が盛り上がっているだけでもあるけど。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ。
黒人差別やアフリカ人奴隷など、歴史を抱えたキューバ音楽。
アルバムを出し、映画がヒットし、社会現象となった。

一旦は音楽をやめた人たちが、再びキューバ音楽を始める。
そんな感じだから、ちょっとお年を召した方々が、熱い音楽を奏でる。
昔は良かったなというオーラが強いけど、今でもいいものはいい。

キューバと国交復活の、オバマ大統領の時代の話で終わる。
いい時代が来た、と思ったけど、今はどうなんだろう。
トランプになってから無かったことにされてるらしくて、悲しい。


Posted 2018.09.09, 14:04 by mera and filed in ☆☆☆
ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス はコメントを受け付けていません。
2018.07.21

クレイジー・フォー・マウンテン

映画『クレイジー・フォー・マウンテン』

クラシック音楽に乗せて、山々とそこでクレイジーなアクティビティをする人の映像が流れる。
そして時々、ナレーションが入る。

ドキュメンタリーではあるが、誰かを追いかけているわけではない。

信仰の対象であった山に人が登るようになり、好奇心を満たし、
山に入ることが普通になった現代では、スキーやスノボの遊び場となった。

それでは足りなくなった人は、ジャンプ競技や、パラシュートを背負って飛んだり、
とんでもない高度でスラックラインをしたり、マウンテンバイクで走ったり、ウイングスーツで飛んだり。

エベレスト登山ですら、渋滞が起きるほど誰でも行けてしまう今、
生きている実感を得るために山に行く人は、まさにクレイジーな活動をしているのだ。

最初の映像がアレックス・オノルドのフリークライミングなので目を引くが、
それ以降も、出てくる人は皆、クレイジージャーニーな感じ。

幸い、見ていても「やりたい」とは思わなかった。
それだけ段違いだった。

やろうと思っても、運動神経や恐怖を克服できるハートがないと、すぐに死ぬだろう。
映像では失敗のシーンもいくつも出てきていたが、その後生きてるのかどうかわからない。

全てを兼ね備えた人でも、いつ死んでもおかしくない挑戦。
やろうと思えない凡人でよかったというか、能力がないのに手を出そうとしちゃわない自分でよかった。

すごい映画というわけではないけど、クレイジージャーニーが好きな人なら、好きな内容だろう。
ただ、それぞれのアクティビティに既視感はあるかもしれないが。

 


Posted 2018.07.21, 15:43 by mera and filed in ☆☆☆
クレイジー・フォー・マウンテン はコメントを受け付けていません。
2018.06.04

フローズン・タイム

彼女に振られて、ショックで眠れなくなってしまった画家志望のベン。
どうせ起きているならと、スーパーの夜勤バイトを始めたら、そこは変わった人ばかり。
不眠でボーッとした頭には、その変な世界でも、時間を止めてうまく付き合える。

だんだんとレジ係の女性と親しくなるにつれ、
ようやく前の彼女のことを冷静に見ることができるようになるのは、現実に戻った感じがあってイイ。

夢と現実の間をふわふわしてるような、不思議な世界。
普通に自分があの世界にいたら、イライラしたりムカつくんだろうけど、
そんなこともなく、現実と距離を保っちゃってるところが、独特の世界観で味がある。

主演: ショーン・ビガースタッフ, エミリア・フォックス, ショーン・エヴァンス
上映時間: 1 時間 42 分


 


Posted 2018.06.04, 21:39 by mera and filed in ☆☆☆
フローズン・タイム はコメントを受け付けていません。