2018.01.08

あしたは最高のはじまり

海辺で遊びまくってるサミュエルのもとに、かつて一晩を共にしたクリスティンが突然やってきた。
子どもができたと、突然赤ん坊グロリアを渡し、クリスティンは逃亡してしまう。
サミュエルはクリスティンを探すものの見つからず、仕方なく自分で育てていく。
グロリアが8歳になり、父娘の関係もうまくいっていたとき、クリスティンが戻って来て、グロリアを取り戻そうとする。

クリスティンのやってることに全く共感できるところもなく、むかつく。
捨てたくせに、取り戻しに来るとか、しかも新しい恋人が一緒だし、わけわからん。

サミュエルとグロリアは毎日がとても楽しそうで、見ていて気持ちいい。
だから当然、こっちを応援したくなる。



Posted 2018.01.08, 17:03 by mera and filed in ☆☆☆
2018.01.03

Tanna

タンナ(Tanna)

バヌアツの部族で暮らす娘ワワは、族長の孫ダインと恋に落ちていた。
復讐の歴史が続いてきた近くの部族と再び争いが起こり、ワワの祖父が殺されてしまう。
これ以上の争いを望まない祖父は、和解することを願う。
その条件として、花嫁を交換することになり、年頃だったワワが選ばれてしまう。

恋愛結婚と、しきたりによる結婚。
我慢してしきたりに従うというのが、今までの伝統的な姿。
そこから逃げ出す二人というのが新しい姿。

撮影もバヌアツで行って、キャストも現地の人たちということで、ドキュメンタリーのような雰囲気。
火山が身近にあって、海もあって、ジャングルもあって、自然豊か。

変化があったことは嬉しい。
ただ、死がきっかけになるのは悲しい。

 


Posted 2018.01.03, 21:00 by mera and filed in ☆☆☆
2017.12.28

ワンダーウーマン

女戦士しかいない島で生まれ育ったダイアナは、
ある日墜落した飛行機からパイロットのスティーブを助けたことで、初めて男性と会う。
彼をきっかけに、外の世界で戦争が起きていることを知り、その裏に戦いの神アレスがいると信じて、参戦する。

いやー、CMを見ておもしろそうだなと思ってたけど、裏切られた(笑)
アメコミが原作だったのね。

女性だけの島というところからファンタジーな設定かと思いきや、
ドイツ軍とか毒ガスとか出てきて、あれ? リアルな世界と混ぜちゃうんだ・・・って冷めた。

戦争は神が起こしたものではなく、人間が起こしたもの。
まぁ、そうだよね、と思うけど、それを初めて知った立場だったら絶望するだろうな。

 


Posted 2017.12.28, 18:34 by mera and filed in ☆☆☆
2017.10.22

誘惑のアフロディーテ

スポーツ記者のレニと、画廊オーナーを夢見る妻のアマンダ。
仕事に熱中していた二人には子どもがいなかったが、突然子供を欲しくなったアマンダが養子をもらってきた。
その子がとても賢かったため、親が誰なのか気になったレニは、隠れて実の親を探す。
盗み出した情報で会ってみたら、母親は娼婦だった。

ギリシャ神話の舞台みたいなミュージカルっぽいのが、時々はさまってきて、そこがストーリーの核心を語る。
イヤな感じはないんだけど、なんだか不思議な構成。

娼婦だって、なりたくてなったわけじゃなくて、
子どもだって、手放したくて手放したわけじゃなくて、
夫婦仲だって、冷えさせようとしてそうしたわけじゃなくて、
そのときどうしようもなかったことの塊で、ただそうなっているだけ。

そんな不条理感が、深刻じゃない感じで描かれていて、味わい深い。
最後にハッピーエンドになると、いろいろあっても人生は人生って思える。

https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FIX4MEO/


Posted 2017.10.22, 21:43 by mera and filed in ☆☆☆
誘惑のアフロディーテ はコメントを受け付けていません。
2017.10.18

ローマでアモーレ

ローマで起きた、ちょっとだけあり得ない世界のドタバタ劇。

観光中に恋に落ちて結婚することになったアメリカ人の娘、
そんな娘にはるばる会いに来た両親は、彼氏の親の美声に惚れて、新鋭的な舞台をやってしまう。

他にも、恋人の親友を好きになってしまった男、純朴なカップルに割って入るコールガール、
突然有名人にされてしまった男、など。

世にも奇妙な物語みたいなストーリー。

シャワーを浴びながら歌う男を見たとき、あれ? この映画見たことあったような・・・って思ったけど、検索しても出てこなかった。
予告で見ただけかな。

http://romadeamore.jp/


Posted 2017.10.18, 00:23 by mera and filed in ☆☆☆
ローマでアモーレ はコメントを受け付けていません。
2017.09.18

ラ・ラ・ランド

女優を目指すミアと、ジャズピアニストを目指すセブ。
夢を追う男女が偶然街で出会い、お互いの夢に共感するが、
夢と生活の両立をしないといけない中で、すれ違う。

話題になっていたのを、ようやく観た。

有名なダンスのシーンが冒頭だということを知らなかった。
ワンカットなのは、確かに目を引く。
シーンの綺麗さとか、ミュージカルとか、そういうところに注目してみる人には、違う印象なんだろうな。

ストーリーとしては、わりと普通。
夢を追う二人、片方が夢を諦めて成功し、また夢に戻る。
そうこうしてる間に、もう片方が夢を叶えて、すれ違う。

やりたいことがある人同士って、うまくいかないもんだな。

ラ・ラ・ランド(字幕版) 2016
主演: ライアン・ゴズリング, エマ・ストーン, カリー・ヘルナンデス
上映時間: 2 時間, 7 分


Posted 2017.09.18, 23:03 by mera and filed in ☆☆☆
ラ・ラ・ランド はコメントを受け付けていません。
2017.07.09

少女が大人に変わる夏

高校生活の最後の夏休み、親友同士のリリーとジェリーは処女を卒業したかった。
海ではじけた帰りに見かけた青年ディヴィッドのことをジェリーは好きになるが、
ディヴィッドはリリーに惹かれていて、二人はジェリーに内緒で付き合うことに。

あるときジェリーの父親が亡くなったとき、リリーはディヴィッドをジェリーの元に行かせた。
それが元で、リリーはディヴィッドを拒絶するようになり、リリーとジェリーも絶交してしまう。

なんとも言えない、三角関係。
よくあるよね。

隠すとか、嘘をつくとか、そういうことをしなければ素直な関係のままでいられるのに、
相手への思いやりが不器用なだけに、やらないほうがよかった、って方向に進んでしまう。

よくある話なんだけど、わかるわかるって見てしまうやつ。

https://www.netflix.com/title/70267399


Posted 2017.07.09, 19:38 by mera and filed in ☆☆☆
少女が大人に変わる夏 はコメントを受け付けていません。
2017.07.02

きみがくれた未来

高校生の時に弟と一緒にヨットで優勝したこともある兄チャーリー。
卒業のとき、友達とのパーティーに向かう途中、交通事故で弟を失ってしまう。
それを気に病み、ヨットを辞め、大学にも進学せずに墓守として暮らしていた。

そんなチャーリー、実は特殊能力があるのか、妄想の世界が強いのか、死んだ弟が見える。
だから墓守を辞めることもできず、土地を離れることもできないでいたのだ。

しかしその特殊能力は、気になる女性にも向けられた。
高校の時に同じレースに出ていたヨット乗りの女性が、突然チャーリーの前に現れたのだ。

・・・

ってな感じで、想定外なストーリー。
霊が見える青年の話だった。

そうわかってみると、それなりに良い話。

https://www.netflix.com/title/70130443

 


Posted 2017.07.02, 22:45 by mera and filed in ☆☆☆
きみがくれた未来 はコメントを受け付けていません。
2017.06.26

Big Hero 6

邦題:ベイマックス

日本モチーフのディズニーアニメ、ということだけど、
日本というより、私の中では、シンガポールとか香港にいる日系人というイメージかも。
日本だと飛び級とか、あんなにズバ抜けた人って隠れてないような気がするのだが。

ベイマックスが、思ったよりポニョポニョしてなくて、ほとんど鎧をきたロボットになってた(笑)

 


Posted 2017.06.26, 11:57 by mera and filed in ☆☆☆
Big Hero 6 はコメントを受け付けていません。
2017.06.26

ALLIVAL

邦題:メッセージ

突然地球にやってきた12個の巨大な物体。
中に宇宙人がいることはわかったが、何を目的にやってきたのかわからない。
そこで、言語学者のルイーズが、彼らの要求を聞き出すために選ばれた。

煎餅の『ばかうけ』に似てるという話題を知ってからは、もうばかうけにしか見えないのだが、
似たのは偶然だったみたいね。

SFではあるんだけど、エイリアンとの戦いとかじゃなくて、言語解読の話がメイン。
だから、意外性もあって、わりとおもしろかった。

当然ルイーズは最初に英語を使って話しかけるわけだが、通じるはずはない。
そこで文字を書いて、実物と共に見せるということを地道に行い、教えていく。

表音文字である英語を使って、表意文字を使うエイリアンの言葉を探っているわけだ。
英語が全能というベースに立っていないところが気に入った。

未来が見えるとか、そういうのが出てきちゃってからは、なんだかズルい感じがしたけどね。

 


Posted 2017.06.26, 11:03 by mera and filed in ☆☆☆
ALLIVAL はコメントを受け付けていません。