2019.04.20

キングダム

中国の西に領土を持つ秦で、奴隷の少年・シンが天下の大将軍を目指し、
奴隷の先輩だったヒョウと共に修行をしていたが、
ある日ヒョウだけ、突然やってきた王宮のショウブンクンに連れて行かれた。
残されたシンは修行を続けていたが、王宮の内乱で殺されかけたヒョウが、シンに伝言を託すため戻ってきた。

https://kingdom-the-movie.jp/

ヤングジャンプの漫画が原作ということだが、一切知らない。
というか、その漫画の存在すら知らなかった。
そして、三国志とか中国の歴史にも興味はない。

そんな状態だったけど、予告で見たスケールの大きそうな映像に惹かれ、見に行った。

観てよかった。

ストーリーもシンプルだし、登場人物の名前がわかりにくいこと以外は、特につっかえるところもなく楽しめた。
やっぱりジャンプの友情・努力・勝利が全て詰まった、爽快な映画だった。


Posted 2019.04.20, 14:47 by mera and filed in ☆☆☆☆
2019.03.17

運び屋

クリント・イーストウッド監督・主演 運び屋

クリントイーストウッド監督作品は、いくつか好きだった印象なので見てきた。

ユリを育てて品評会で受賞したり、仕事一筋で家族をないがしろにしてきたアール。
事業が潰れ、家族にも受け入れらず、というとき、たまたま会った若者にドライバーの仕事を紹介される。
何も知らずにドライバーを始めたが、実は麻薬組織の運び屋になってしまっていた。

イイ人だと、疑われない。
90歳という超高齢者だと、疑われない。
積極的に他者に関わる人だと、疑われない。

これを見ていて、ピエール瀧が頭に浮かんでいた。
麻薬や覚醒剤を30年(?)もやっていたのに捕まっていなかったのも、同じだよなーって。。。

問題が起きてないからと、どっぷり浸かってしまって、悪いことしてるっていう自覚があっても、抜け出せない。
抜け出せなくなって続けてしまい、結局は法律違反だから捕まる。

見ながら、ボーッと、何のために生きてるんだろうなーとか、考えてしまった。

あーあ、やっちゃったなーっていう気持ちが大半。
高齢者に対する詐欺にひっかかっちゃった人を見ている気分。

でも本人が悪事に手を貸してしまっていると気づいてからは、罪悪感との闘い。
後半は家族との絆は、勇気を出して再構築してみるべき、という、ちょっと救われた気持ち。

心が痛む映画だった。

 


Posted 2019.03.17, 17:08 by mera and filed in ☆☆☆☆
運び屋 はコメントを受け付けていません。
2019.03.02

グリーンブック

黒人ピアニストのドクター・シャリーは、コンサートでアメリカ南部を廻るため、
ドライバーとして用心棒の経歴を持つイタリア人のトニー・リップを雇った。
トニーは最初黒人のことをよく思っていなかったが、ガサツでも仕事はやり遂げるという性格と、
彼の演奏を聞いてリスペクトの気持ちが芽生え、徐々に友情に変わっていく。

アカデミー賞受賞だからか満席だった。

差別のシーンも多く、あまり明るい話題ではないのはわかっているけど、
生真面目なドクターシャリーと、ガサツなトニーのやりとりがおもしろくて、笑いが起きていた。

実話を基にしているからこそ、笑いがあっても許されるだろう。
(不謹慎という評価を見かけたので)

やっぱり差別というのは理解できなくて、
黒人というだけでレストランやホテルを分けられ、買い物もできず、殴られ、逮捕され。。

そういうシーンのときはつらかったし、
何事もないシーンでも、悪いこと起きるなよ・・・って祈る気持ちが常に片隅にあった。

二人のうち、私はどちらかというとドクター・シャリーに親近感を覚えていた。
生真面目なところとか、怒りや悲しみを内側にずっと持っているところとか・・・。

でも私は、あぁいった差別を受けたことがなかったので、余計につらかった。
もちろん場所によってはイエローなわけで差別は受けるだろうけど、あそこまでじゃないだろう。

悲しく辛いところと、楽しく熱いところと、わかりやすい映画だった。
こういうのがアカデミー賞なのは、ちょっと意外な感もある。

 


Posted 2019.03.02, 22:09 by mera and filed in ☆☆☆☆
グリーンブック はコメントを受け付けていません。
2019.02.09

ナディアの誓い

ナディアの誓い On her shoulders を吉祥寺のUplinkで観てきた。

2018年ノーベル平和賞受賞者 ナディア・ムラドの決意と行動、というドキュメンタリー。

イラク北部でISISのレイプや虐殺から逃れたヤジディ教徒の女性ナディアが、
他のまだ捕らえられている多くのヤジディ教徒を助けるために、自分の経験してきたことを語る。

その語る内容の話ではなく、そうやって世界に発信することを選んだナディアから見た世界の話。

ナディアがメディアにどういうインタビューを受けてきたか、
世界中のヤジディ教徒は何を思うか、
そして、世界は変わったか。

虚しさと無力感が強く残った。

メディアはナディア自身に興味を持ち、残されたヤジディ教徒を追ってくれない。
世界はナディアに肩書きをつけ、支援を表明するが、実際の行動にはつながらない。
ヤジディ教徒は怒り、泣き、支援を求め、ナディアにすがりつくが、自分たちでは何もできない。

ISISを相手に、何ができるのか。
説得したいという話もありつつ、壊滅させるという行動に出ている国もある。
話し合いに応じない相手にどう対応していいか、映画を見ながら考えてたけど、やっぱりわからない。
壊滅させる、つまり戦争を起こすことしか解決策がないようにも感じてしまう。
ナディアが行動して何かが変わるのか、それもわからない。

ひたすら無力感。

現在進行形なのに、自分で何か行動を起こせるかと問われると、何も浮かばない。

ナディアはきっとかなりの無力感を感じているだろうが、彼女は無力ではない。
彼女は彼女なりに行動して、世界を少しずつでも変えている。

自分が無力なことに改めて気づいて、辛かった。


Posted 2019.02.09, 22:23 by mera and filed in ☆☆☆☆
ナディアの誓い はコメントを受け付けていません。
2018.12.20

Love & Other Drugs

医者になれなくてチャラ男として生きるジェイミーは、新薬のセールスマンになった。
受付嬢と寝てサンプルの薬を置いてもらったり、チャらく仕事をして成果をあげていた。
あるとき出会った女性マギーに惹かれたが、彼女はパーキンソン病。
まだ初期段階のため、ジェイミーは彼女の容体を気にすることなく、軽いノリで関係をもつが・・・。

セックス依存症じゃないけど、そんな感じで軽いノリで生きてる男。
それが本当の姿じゃないってのは、ありふれたストーリーかもしれない。

でも、それでいい。

だんだんと症状が出てくるにつれて、自分の周りから人を遠ざけようとするマギー。
惹かれている自分に気づいて、誠実に向き合おうとするジェイミー。

辛いけど、幸せなストーリーで良い。
ジェイミーの周りにいるチャラい男らがうざったいけど。

Love & Other Drugs (字幕版)
ジャンル コメディー, ロマンス, ドラマ
監督 エドワード・ズウィック


Posted 2018.12.20, 15:48 by mera and filed in ☆☆☆☆
Love & Other Drugs はコメントを受け付けていません。
2018.09.22

ReLIFE

落ちこぼれて立ち直れないNEETを社会復帰させるため、
若返らせて高校生活を1年やらせるという実験をするReLIFE。
不器用だが一生懸命な高校生から多くを学ぶ。

高校の頃って、目の前のことに一生懸命だったよなって思う。
ただ、あの頃に戻れたとしても、そう変わらないだろう。
そんなにやり直したい過去ではない。

どちらかといえば、社会人9年目くらいからやり直したい。
熱い高校生活をいいなとは思うけど、今からは無理だなー。


Posted 2018.09.22, 23:19 by mera and filed in ☆☆☆☆
ReLIFE はコメントを受け付けていません。
2018.09.22

Love, Simon

アメリカの高校生サイモンと、彼の友だちの話。
自分がゲイであることを親友にすらひた隠しにしてきたサイモン。
高校の掲示板で匿名でゲイだと発表した人に影響され、
自分も公表すべきか悩んでいたところ、邪魔が入る。

高校生の友情と恋愛と、それに絡んだイジメや冷やかし。
テーマがLGBTなんだけど、もっと普遍的な感じがする。

爽やかに終わってくれてよかった。


Posted 2018.09.22, 23:17 by mera and filed in ☆☆☆☆
Love, Simon はコメントを受け付けていません。
2018.08.26

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ

恋愛が長続きしないので結婚は諦めていたが、どうしても子どもが欲しいマギー。
昔の同級生から精子をもらって妊娠しようという計画を立てていた。
それをまさに実行しようというとき、勤め先の大学で偶然出会った学者のジョンに惹かれる。
ジョンとは不倫から始まったが、結婚して念願の子どもを授かった。
しかしジョンとの仲も長続きせず、ジョンを元の奥さんに戻そうと企む。

理屈から入るくせに、真っ直ぐなゆえに、ズレてしまう。
そういうところがかなり共感できる。

大学の教授とか非常勤で教えている学者とか、そういうアカデミックな人たちの話だから、かな。
みんな悪気はないんだけど、社会的にはダメなんだよね。
だから一般的にこの映画がウケるかというと、そうではないと思う。

理屈ではうまく行かない。
恋愛とか家族のことは、人対人のことだから、コントロールできない。
それをわかってないと振り回されちゃうか、わがままになるか、どっちかになってしまう。

わかる。

そういう意味でおもしろい映画だった。

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(字幕版)
監督 レベッカ・ミラー
主演 グレタ・ガーウィグ, イーサン・ホーク, ビル・ヘイダー

 


Posted 2018.08.26, 15:51 by mera and filed in ☆☆☆☆
マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ はコメントを受け付けていません。
2018.08.11

カメラを止めるな!

37分に渡るワンカット・ゾンビサバイバル、というのが前情報。

ゾンビ映画を撮りたかったが、リアリティが欲しくて、本物のゾンビを呼び寄せる・・・
そんな話をワンカットで撮った若者たちの青春ストーリーかと思いきや、
全くそんなことはなく、エンターテイメント。

もうちょっとスレたテレビマンたちの話でもあり、
少々下品だったりもするけど、何も考えずに笑って見てられる気軽な映画。

ストーリーは大きく前編・後編に分かれてるのだが、後編が楽しい。
映画館で、観客が皆笑い声を上げて見てて、なんだかそれも楽しかった。

何も情報なく見て、なるほどね(笑)って見るのがイイのだと思う。
もし2回目に見たら、あーここね(笑)ってなると思う。
でも情報を知った上で最初に見ちゃうと、・・・楽しめる要素がない気がするんだな。

見終わったとき、あー楽しかった!って爽快な気持ちになる。
だけどしばらく経つと、何がそんなによかったんだっけ?ってわかんなくなる。
それくらい、ただの楽しいエンターテイメント。

良かった。

http://kametome.net/index.html


Posted 2018.08.11, 22:45 by mera and filed in ☆☆☆☆
カメラを止めるな! はコメントを受け付けていません。
2018.07.29

ハン・ソロ

ハン・ソロの若き日の物語。
「ソロ」という名がどうついたのか、チューバッカとどう出会ったのか、ファルコン号とどう出会ったのか。
そんなハンソロの物語の始まりを描いた物語。

キーラという、ハンソロの幼馴染の女性がキーではあるのだが、
そういえばレイラが妻だったから、キーラはまた別なのか。

ハン・ソロが貧乏で不自由な生活から抜け出したい、好きな飛行技術でやってやりたい、と、
息巻いている姿が魅力的だったし、チューバッカと会話できちゃうところとか、
ギャンブルでイイ戦いしちゃうところとか、やっぱり魅力的だった。

他のストーリーとどう繋がっているのか、は、あまりわかってないけど、
単独の話として、楽しかった。

 


Posted 2018.07.29, 20:36 by mera and filed in ☆☆☆☆
ハン・ソロ はコメントを受け付けていません。