2018.09.22

ReLIFE

落ちこぼれて立ち直れないNEETを社会復帰させるため、
若返らせて高校生活を1年やらせるという実験をするReLIFE。
不器用だが一生懸命な高校生から多くを学ぶ。

高校の頃って、目の前のことに一生懸命だったよなって思う。
ただ、あの頃に戻れたとしても、そう変わらないだろう。
そんなにやり直したい過去ではない。

どちらかといえば、社会人9年目くらいからやり直したい。
熱い高校生活をいいなとは思うけど、今からは無理だなー。


Posted 2018.09.22, 23:19 by mera and filed in ☆☆☆☆
2018.09.22

Love, Simon

アメリカの高校生サイモンと、彼の友だちの話。
自分がゲイであることを親友にすらひた隠しにしてきたサイモン。
高校の掲示板で匿名でゲイだと発表した人に影響され、
自分も公表すべきか悩んでいたところ、邪魔が入る。

高校生の友情と恋愛と、それに絡んだイジメや冷やかし。
テーマがLGBTなんだけど、もっと普遍的な感じがする。

爽やかに終わってくれてよかった。


Posted 2018.09.22, 23:17 by mera and filed in ☆☆☆☆
2018.08.26

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ

恋愛が長続きしないので結婚は諦めていたが、どうしても子どもが欲しいマギー。
昔の同級生から精子をもらって妊娠しようという計画を立てていた。
それをまさに実行しようというとき、勤め先の大学で偶然出会った学者のジョンに惹かれる。
ジョンとは不倫から始まったが、結婚して念願の子どもを授かった。
しかしジョンとの仲も長続きせず、ジョンを元の奥さんに戻そうと企む。

理屈から入るくせに、真っ直ぐなゆえに、ズレてしまう。
そういうところがかなり共感できる。

大学の教授とか非常勤で教えている学者とか、そういうアカデミックな人たちの話だから、かな。
みんな悪気はないんだけど、社会的にはダメなんだよね。
だから一般的にこの映画がウケるかというと、そうではないと思う。

理屈ではうまく行かない。
恋愛とか家族のことは、人対人のことだから、コントロールできない。
それをわかってないと振り回されちゃうか、わがままになるか、どっちかになってしまう。

わかる。

そういう意味でおもしろい映画だった。

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(字幕版)
監督 レベッカ・ミラー
主演 グレタ・ガーウィグ, イーサン・ホーク, ビル・ヘイダー

 


Posted 2018.08.26, 15:51 by mera and filed in ☆☆☆☆
2018.08.11

カメラを止めるな!

37分に渡るワンカット・ゾンビサバイバル、というのが前情報。

ゾンビ映画を撮りたかったが、リアリティが欲しくて、本物のゾンビを呼び寄せる・・・
そんな話をワンカットで撮った若者たちの青春ストーリーかと思いきや、
全くそんなことはなく、エンターテイメント。

もうちょっとスレたテレビマンたちの話でもあり、
少々下品だったりもするけど、何も考えずに笑って見てられる気軽な映画。

ストーリーは大きく前編・後編に分かれてるのだが、後編が楽しい。
映画館で、観客が皆笑い声を上げて見てて、なんだかそれも楽しかった。

何も情報なく見て、なるほどね(笑)って見るのがイイのだと思う。
もし2回目に見たら、あーここね(笑)ってなると思う。
でも情報を知った上で最初に見ちゃうと、・・・楽しめる要素がない気がするんだな。

見終わったとき、あー楽しかった!って爽快な気持ちになる。
だけどしばらく経つと、何がそんなによかったんだっけ?ってわかんなくなる。
それくらい、ただの楽しいエンターテイメント。

良かった。

http://kametome.net/index.html


Posted 2018.08.11, 22:45 by mera and filed in ☆☆☆☆
2018.07.29

ハン・ソロ

ハン・ソロの若き日の物語。
「ソロ」という名がどうついたのか、チューバッカとどう出会ったのか、ファルコン号とどう出会ったのか。
そんなハンソロの物語の始まりを描いた物語。

キーラという、ハンソロの幼馴染の女性がキーではあるのだが、
そういえばレイラが妻だったから、キーラはまた別なのか。

ハン・ソロが貧乏で不自由な生活から抜け出したい、好きな飛行技術でやってやりたい、と、
息巻いている姿が魅力的だったし、チューバッカと会話できちゃうところとか、
ギャンブルでイイ戦いしちゃうところとか、やっぱり魅力的だった。

他のストーリーとどう繋がっているのか、は、あまりわかってないけど、
単独の話として、楽しかった。

 


Posted 2018.07.29, 20:36 by mera and filed in ☆☆☆☆
2018.05.28

エブリシング

免疫の難病で、無菌状態の部屋から出られないマデリン。
母親が医者ということで、小さい頃から一歩も外に出ずに自宅で過ごしてきた。
ある時、隣の家に青年オリーが引っ越してきて、窓越しにチャットするようになり、恋に落ちた。
接触できないままでいられるはずもなく、二人は隠れて会うようになる。

と、ここまではピュアな話。

で、だ。

『わたしを離さないで』を思い出してしまった。

外に出て、あれ?大丈夫だぞ? ってところから、薄々気付いてはいた。
でも、やっぱり倒れたので、そういうものなのか・・・とも思った。

それからの、展開である。

母の気持ちもわからないでもないので、不快なことはなく、ある程度予想できることでもある。
ちょっと怖いという気持ちはあるけど・・・。

何よりも、ピュアな恋愛はそのままで、キュンキュンできるのは、良い感じである。

主演: アマンドラ・ステンバーグ, ニック・ロビンソン, アニカ・ノニ・ローズ
上映時間: 1 時間, 36 分


Posted 2018.05.28, 00:48 by mera and filed in ☆☆☆☆
エブリシング はコメントを受け付けていません。
2018.05.09

The Greatest Showman

貧乏だけどユーモアがあって、人を楽しませるのが好きな少年。
大人になり、なんとか貧乏から抜け出そうと博物館を始めたものの、客が入らない。
ふと考えたのが、ユニークな人を集めた奇人ショーをすること。

良くも悪くも注目を集め、サーカスとして人気に。
セレブとの関係もできるようになってきて、忙しくなるにつれ、家族の心は少しバラバラに・・・。



英語で見たので、理解できるか心配だったが、だいたい理解できた。

奇人ショーって、昔はお祭りのときにあったりしたけど、今もまだあるのかな?
奇人の皆さんを、気持ち悪い人じゃなくて、特技のある人と捉えて接してるのがいい。
だから、彼らにとっても、サーカスはHOMEなんだな。

 


Posted 2018.05.09, 22:06 by mera and filed in ☆☆☆☆
The Greatest Showman はコメントを受け付けていません。
2018.03.27

しあわせはどこにある

精神科医のヘクターは、日々患者と接するうち、幸せが何かわからなくなってしまう。
ある日突然、恋人のクララを置いて、一人で幸せ探しの旅に出た。
中国やアフリカを廻るうち、何が大切なのかに気づく。

ヘクターがとってたメモが欲しい。
なかなかイイ言葉があったんだよな。

お金で幸せを買えるわけではなく、ってのは、まぁそうだろう。
豊かになればなるほど、精神科医が増える現状をヘクターは知っている。

家族がいれば幸せなのか? パートナーがいれば幸せなのか?
それはたくさんいたほうがいいのか? 知らない方がいい?
恐怖や不幸との相対的なものなのか?

なんだかんだ、学びや気付きがあって、楽しく見られた。

しあわせはどこにある(字幕版) 2015
主演: サイモン・ペッグ, ロザムンド・パイク, トニ・コレット
上映時間: 1 時間, 59 分

 


Posted 2018.03.27, 00:07 by mera and filed in ☆☆☆☆
しあわせはどこにある はコメントを受け付けていません。
2018.03.17

ニューヨーク 眺めのいい部屋 売ります

画家の夫アレックスと、元教師の妻ルース。
二人が40年間暮らすのは、ニューヨーク・ブルックリンのビルの5階。
最高の眺めだったが、エレベーターがなく、これからの老いを考えて引っ越すことに。

今の部屋を売り、新しい部屋を買う、これがミッション。
だが、今の部屋に思い入れが強く、なかなか売りたい相手も現れず、次に住みたい部屋も見つからず。。

あそこまで固執できるほど、気に入った場所があるっていいなって、素直に思う。

1億円なんて、即決できないし、しないほうがいい。

そんなこと言ってたら、変わることはできないのかもしれないけど・・・
でも、それが好きだったら、ムリして変わらないほうがいいってこともあるんだろうな。

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(字幕版)
Amazonビデオ ~ モーガン・フリーマン


Posted 2018.03.17, 00:56 by mera and filed in ☆☆☆☆
ニューヨーク 眺めのいい部屋 売ります はコメントを受け付けていません。
2018.01.02

BIG GAME 

ビッグゲーム 大統領と少年ハンター

フィンランドの辺境の村で暮らす少年オスカリは、13歳の誕生日に通過儀礼として、
一人で森に入り、大きな獲物を獲ってこなければいけなかった。
弓が得意でないオスカリが森で奮闘していると、飛行機が墜落してきて、謎の物体が現れた。
指示通りに開けると、そこにいたのは、アメリカ大統領だった。

というわけで、テロリストから逃げるアメリカ大統領を、13歳の少年が助けるという、ありえない組み合わせがいい。

オスカリは彼なりに、獲物が獲れない悔しさがあり、なんとか強くなりたいと思ってる。
自分の土地では強い人でありたいから、目の前の人が大統領だろうと、媚びない。

大統領は、もちろんフィンランドの森の奥で一人でどうにかできるはずもなく、彼に頼るしかない。

そんな関係だから、対等になる。

なかなかイイ映画だった。

 


Posted 2018.01.02, 21:12 by mera and filed in ☆☆☆☆
BIG GAME  はコメントを受け付けていません。