2017.05.21

今日、キミに会えたら

アメリカに留学していたときに恋に落ちたイギリス人のアンナ。
彼と離れたくないあまり、ビザが切れても帰国せずに残ってしまう。
一度結婚式に参列するためにイギリスに帰国したら、不法滞在が原因でもうアメリカには入国できなくなっていた。

いやー、もう、一言で言えば、不法滞在ダメ。
それさえしなければ、いくら遠距離恋愛だって、うまくいってただろう。

そのすれ違いの期間があり、会いたくても会えなかったり、
一緒に暮らすのはイギリスに限定されてしまったりするわけだ。

まぁ、この二人の場合は、不法滞在であろうがなかろうが、遠距離恋愛であればケンカしてただろうけど。

会えない間に、相手のことを疑ってしまったり、距離を置こうとしたり、ありがち。
ありがちだけど、ありがちだから、胸が締め付けられる。

一眼レフカメラで撮影し、即興芝居で構成されてるらしいが、そのせいか、妙な生々しさはある。

最後どうなったんだろうなぁ。

 


Posted 2017.05.21, 22:40 by mera and filed in ☆☆☆☆
2017.05.14

メイデントリップ 世界を旅した14才

最年少でヨットの単独世界一周をした少女のドキュメンタリー。

幼い頃にヨットで生活し、その生活に戻りたくて父を説得し、お金や機材を集め、自分で計画し、
一度は子育て放棄と思われて計画が頓挫したものの、1年かかってOKになり、晴れて海へ。

14才でヨットの知識も海の知識もあって、素晴らしい。
ヨットでのカメラは自分で撮っているので、本当に大変な嵐のときなんかは撮られていない。

無寄港じゃなくて、島があったら寄って入国して、その土地の文化に触れる。
そういった場所での心の成長も、しっかり含まれている。

普通に14才で世界一周ということだったとしても、なかなかすごいのに、ヨットだもんなぁ・・・

行き先も自分で決められるし、自分の力が足りなかったら死んでしまうくらい、責任も負っている。
これ以上の自由はない。

それを知っていて、それを望んで、実行しているのだから、すごい。

2年かかって、1周したときには16才。
オランダから出発したからって、オランダに帰りたいわけじゃないから、
その先のカリブで一周にするってのも、自由でいいな。

そしてその後の航海でちゃんと生まれた地であるニュージーランドに行ったのもいいな。

最初の世界一周のときに寄らなかったからって、大事じゃないわけじゃなくて、
彼女にとっては海が日常だから、またあとでくればいい、っていう気持ちがあったんだろうな。

 


Posted 2017.05.14, 15:54 by mera and filed in ☆☆☆☆
2017.05.05

LION 25年目の…

LION 25年目の…(途中までしか表示されてないので)

5歳で迷子になり、タスマニアの夫婦のもとに養子に行き、
25年経って、Google Mapsを使って、
迷子になったカルカッタから1000km以上離れた実家を探し当てた。

実話を基にした話。
この前、テレビのドキュメンタリーで見たから、ストーリーは知ってたけど、
やっぱり、諦めない気持ちに感動した。

それと、オーストラリア人夫婦が、子どもを授かることのできる身体だったのに、
子どもの頃に降りてきた映像を信じ、茶色の肌の子を要旨にもらったというのがスゴい。
考え方が思いもよらない。

技術の進歩ってスゴいなぁというか、この場合はGoogleスゴいなぁと素直に思う。


Posted 2017.05.05, 00:26 by mera and filed in ☆☆☆☆
2017.03.13

ベン・ハー

エルサレムのユダヤ人の名家に生まれたベン・ハーは、養子であるローマ人メッサラと義兄弟。
メッサラは自分が本当の家族じゃないことを気にし、自分に自信をつけるため戦争に参加。
数年後に生き残って帰ってきたときは英雄となっており、ベン・ハーの家と対立。

裏切りにより決定的な決裂をしてしまい、ベン・ハーは奴隷船へ送り込まれる。
数年後、なんとか生きて逃げ出すことができ、家族を裏切ったメッサラと決着をつけるため、馬車レースに挑む。

身も心も痛いシーンが多かった。

自分じゃどうしようもない、血筋だったり、宗教だったり、そういったもので、
大切な家族や、愛する人を失ってしまう。
しかも、自ら手を下したりしていて、心が痛い。

どうにもならないことで、望まぬ未来へと進まなければならない。
それでも諦めず、数年間も耐え抜き、少しだけ見えた希望にしがみつく。

定めとか運命が暗くても、諦めちゃいけないんだなって思った。
でも、諦めないで生き長らえても、そのまま光が見えなかったら・・・と思っちゃうんだよな。

なかなかに勇気付けられる映画。

ちなみに、1959年のほうの映画は知らない。
ちなみに、ベン・ハーは短髪のときがいちばんカッコイイ。

ベン・ハー
監督:ティムール・ベクマンベトフ
出演者:ジャック・ヒューストン、 モーガン・フリーマン、 トビー・ケベル、 ロドリゴ・サントロ
収録時間:123分
レンタル開始日:2017-02-08



Posted 2017.03.13, 22:30 by mera and filed in ☆☆☆☆
ベン・ハー はコメントを受け付けていません。
2017.01.09

レヴェナント:蘇えりし者

山で毛皮を売って生計を立てる白人狩猟部族のグラス。
別の部族の女性との間にできた混血の一人息子ホークが唯一の生きがいだった。
あるときグラスは山で熊に襲われ、瀕死の重傷を負う。
厳しい冬で生きるので精一杯な中で、別の部族に襲われないうちに、山へと逃げないといけなかった。

グラスを運ぶことを諦め、せめて埋葬しようと、数人だけ残してグラスの死を待つことになった。
その中で、ただのお金目当てだったフィッツジェラルドは、息子ホークを殺し、グラスを生き埋めにする。

そこからが、グラスの復讐劇。
ただただ痛々しいし、なんでこれで生きてられるの!?っていうシーンばかり。
撮影だってマイナス25度の中で、自然光で行われていたらしい。
その苛酷さが、そのまま殺風景で寒々しい画面に現れていて、痛いし辛いし苦しい。

レオナルド・ディカプリオのカッコ良さなんて全くない。
ただ静かに復讐だけのために生き長らえている、毛皮を着た毛むくじゃら。

痛々しい臨場感。

見ていてハッピーな気持ちになんかなれないけど、しがみつく強さは感じられた。

レヴェナント:蘇えりし者
監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ
出演者:レオナルド・ディカプリオ、 トム・ハーディ、 ドーナル・グリーソン、 ウィル・ポールター
収録時間:156分
レンタル開始日:2016-08-24




Posted 2017.01.09, 19:19 by mera and filed in ☆☆☆☆
レヴェナント:蘇えりし者 はコメントを受け付けていません。
2017.01.03

きみがくれた物語

海辺の別荘地に引っ越してきたギャビー。
隣人の獣医師トラヴィスのことを嫌な奴だと思っていたが、次第に惹かれ合う。

お互いに別な相手がいたときに出会ったが、トラヴィスの執念勝ちでゴールイン。
しかし、ギャビーは交通事故に遭い、意識不明になってしまった。

という前半・後半で大きく軸が違う。
後半のほうはなくてもよかった気がするけど、レンタル時の紹介文になっていたので中心?

イケメンなのに真っ直ぐって、ズルいよね。
イケメンだからきっと女にダラしないはず!と思いたい気持ちもわかる。

そんな真っ直ぐな男が追いかけるほうっていう、前半は好き。
後半は、急にシリアスな展開になっちゃったなーという困惑が主。

いずれにせよ、選択しないといけないときは、妥協じゃなく、後悔しないほうを選ぶべきなのだ。
そっちのほうが大抵困難な道で、目的のものが得られない可能性も高い。
でも妥協したら、いったんリセットして最初からやり直す、という手間が増える。

きみがくれた物語
監督:ロス・カッツ
出演者:ベンジャミン・ウォーカー、 テリーサ・パーマー、 マギー・グレイス、 アレクサンドラ・ダダリオ
収録時間:111分
レンタル開始日:2016-12-02




Posted 2017.01.03, 21:12 by mera and filed in ☆☆☆☆
きみがくれた物語 はコメントを受け付けていません。
2016.12.05

パロアルト・ストーリー

冷めた女子高校生エイプリルは、パーティーでバカ騒ぎする同級生に馴染めず、
同じく冷めた男子テディとイカれた男子フレッドの2人組と抜けだす。
テディはエイプリルに想いを寄せていたが、
一方エイプリルは、ベビーシッターをしていたサッカーコーチの家で、関係を持つ。

世の中を斜めに見ているやつらの、歯がゆい青春。

フレッドの切れ具合は一緒に居たくない怖さだったけど、エイプリルとテディは良い。
性に興味はあるけど、周りの女子たちのように誰とでもヤルわけではない。
絵や音楽は好きだけど、授業で描かされるのは好きじゃない。

友達なんだけど、一緒にいたくない。
一緒にいるけど、友達というわけじゃない。

思ってることが行動につながらなくて、もどかしい感じ。

友情最高!みたいな簡単なものじゃなくて、パーティー最高!みたいチャラいのじゃなくて、
自分の世界で過ごす時間の長さとか、すごいしっくりきた。

よかった。

ジェームズ・フランコが原作ということに驚いた。
普通のイケメン俳優だと思ってたけど、そういうこともするんだ。

パロアルト・ストーリー
監督:ジア・コッポラ
出演者:エマ・ロバーツ、 ジェームズ・フランコ、 ナット・ウルフ、 ヴァル・キルマー
収録時間:100分
レンタル開始日:2015-09-02


Posted 2016.12.05, 22:54 by mera and filed in ☆☆☆☆
パロアルト・ストーリー はコメントを受け付けていません。
2016.10.23

アメリカン・スナイパー

米軍で伝説と呼ばれたスナイパーのクリス・カイル。
厳しい訓練を耐え抜き、ほとんどの敵を一発で殺せるまでの腕前になった。
イラクに派遣され敵方のスナイパーと戦うが、任を解かれて帰国したときは父親であろうとした。
心が戦争にとらわれ、なかなか人間的な感情を取り戻せないカイルに妻は辛抱強くつきあった。

クリント・イーストウッド監督。
彼が真実を描き出したというわけじゃなく、脚本家が真実を追ったものを映画化するために監督は呼ばれたようだ。

子どもが殺されるシーンは泣きたいくらい辛いし、こっちの身体まで痛い。
ホントは大人が殺されるシーンも同じくらい重いはずなんだけど。
生首とか吊るされた死体とか、R15ならではの残酷シーンが多くて、こっちまで心がおかしくなる。

米軍はヒーローじゃないし敵もヒーローじゃない。
伝説だろうがなんだろうが、人殺しであることには変わりない。

だから、戦争から帰ってきた人は皆おかしくなってるだろうと思う。
それがカイルの命を奪うことにつながったわけで。

撮影はモロッコのラバトらしい。
こんな残酷な戦争映画を撮ることができるのは、モロッコが平和だからこそだな。

アメリカン・スナイパー
監督:クリント・イーストウッド
出演者:ブラッドリー・クーパー、 シエナ・ミラー、 ルーク・グライムス、 ジェイク・マクドーマン、 ケビン・ラーチ
収録時間:132分
レンタル開始日:2015-07-08

 


Posted 2016.10.23, 17:44 by mera and filed in ☆☆☆☆
アメリカン・スナイパー はコメントを受け付けていません。
2016.09.25

ハドソン川の奇跡

ハドソン川の奇跡をIMAX2Dで観てきた。
クリント・イーストウッド監督の映画はけっこう好きだから、気になってたのだ。

もちろん、ハドソン川に不時着したことは覚えてる。
全員生還という奇跡的なことが起きていたことも。

ただ、その後で事故調査が行われ、そこで判断ミスを疑われていたことは知らなかった。

あの切迫した状況だったら、誰だって少しくらいミスすることはあり得るだろうし、
命が助かったんだからいいじゃないか・・・と素人目には思ってしまう。

しかし、飛行機を1機ムダに壊したのではないか?というのが保険会社としては調べなきゃいけないらしい。
調査官も、サリー機長の判断ミスがある前提で、強気で調査してくる。

でも・・・やっぱりあの状況で全てを100%うまくやらないといけないなんて、普通に考えてムリ。

機長と副機長が見ていたものが真実の全てだったのか、
他にもっと良い判断はできなかったのか、
真実は何なのか・・・

真実は1つであることに間違いはない。

ただ、人間はミスをするし、判断に時間もかかる。
それをわかってないといけない。

それをわかってる機長も副機長も、カッコイイ。


 


Posted 2016.09.25, 22:44 by mera and filed in ☆☆☆☆
ハドソン川の奇跡 はコメントを受け付けていません。
2016.08.21

消えた声が、その名を呼ぶ

第一次世界大戦時のトルコで、アルメニア人の虐殺が行われていた。
夜中に突然連行されたアルメニア人のナザレットは、奴隷のように働かされる。
そこでキリスト教への改宗を拒否した人は皆、喉を切られて殺された。
ナザレットは喉を刺されながらも奇跡的に生きていたが、声を失ってしまった。

砂漠で水も食料もない中で奴隷のように働かされる期間、
声を失ってから、砂漠を脱出するまでの期間、
娘が生きていると知り、国をまたいで探し回る期間。

大きく3つに分かれているけど、それぞれ長いので、見応えがある。
声を失っていなくても、物語は成立する。
ただ、声が出ないことで訴える力は強くなっている。

やっぱり、砂漠で彷徨うのが、見ていていちばん辛い。
砂漠で死ぬか働くかの選択しかない、奴隷のような扱いを受けるのも当然見ていて辛いけど、
さらに逃げるアルメニア人の女子供を捕まえて、子供の前でレイプしたり、本当に酷い。

しかもレイプは、このトルコだけじゃなく、アメリカのシーンでも出てきたし、本当にイヤだな。
これは100年前の話ではあるけど、今でもISとかボコハラムとかがやってることなんだろう・・・。

差別や虐殺など理由のない人殺し、理不尽なことが嫌いなだけに、本当に不快。

よく生きる希望を捨てないでいられたなと感心するし、
生きていたからこそ、死んだと思っていた娘に会うこともできたわけで、
絶望の中で生き続けることで得られるものがあるかもしれないという可能性を知った。

しかし、やっぱり、自分に置き換えて考えると、絶望になった時点で死んでしまいそうだ。
そこを耐えることができるのは、理由があるからじゃなくて、本能なのかな。

そこが強い。

消えた声が、その名を呼ぶ
監督:ファティ・アキン
出演者:タハール・ラヒム、 シモン・アブカリアン、 マクラム・J・フーリ、 モーリッツ・ブライプトロイ
収録時間:138分
レンタル開始日:2016-07-02


Posted 2016.08.21, 11:06 by mera and filed in ☆☆☆☆
消えた声が、その名を呼ぶ はコメントを受け付けていません。