2018.04.16

きっと、うまくいく

インドの名門工科大学に入学した新入生たち。
自由人ランチョー、動物写真を撮るのが趣味なファルハーン、信心深いラジューは友達になった。
悟ったような物言いで、機械いじりが大好きなので成績もトップなランチョー。
曲がったことがキライなので先生や先輩と対立してばかりなので、ファルハーンとラジューは彼に振り回される。

大人になってから再会しようというとき、ランチョーと連絡がつかない。
それで彼を探しながら、昔を振り返るわけだが・・・

とにかく、昔のヤンチャに遊びまわるところが痛快。
悪さばかりするんじゃなくて、要所要所で機械いじりを発揮するところがいい。

まっすぐで、機械好きで、友達想い。
ホントああいう人って大好き。

決められたレールなんてぶっ壊していくし、
丸暗記なんて無駄だってわかってて、物作りしまくるし、
ちゃんと愛する人に愛を伝えることができるし、ホント、イイ。

3時間近くある映画なので長いことは長いのだが、中だるみすることもなく、
ずっと楽しくポジティブな気持ちで楽しめた。

久々に、良い映画に出会った。

きっと、うまくいく
主演: アーミル・カーン, カリーナ・カプール
上映時間: 2 時間, 51 分


Posted 2018.04.16, 21:30 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
2017.12.28

僕のワンダフル・ライフ

イーサンに飼われた犬ベイリーは、生涯を終えたあと、別の犬として転生する、ということを繰り返す。
記憶は残っていて、自分は何のために生きるのかと自問している。

出会いと別れの繰り返しなので、基本的には悲しくなる場面が多いが、
犬は可愛いし、ちょっと笑える場面も多いので、良いバランス。


Posted 2017.12.28, 18:44 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
僕のワンダフル・ライフ はコメントを受け付けていません。
2017.12.28

ファミリー・マン ある父の決断

ヘッドハンティングの会社で、社長の座を狙って仕事三昧になり、華々しい成績を上げてきたデイン。
なかなか家庭を省みることもなく過ごしてきたが、長男ライアンが急性リンパ性白血病と診断され、さすがに意識が向く。
それでも仕事第一の生活を続けていたが、ライアンが生死の境を彷徨い、ようやくライアンを第一に考える。
そして仕事の成績は落ちていき、葛藤する。

人を騙して成績を上げてたって、仕事ができる人なわけではないし、
なんでそこまで家族に目を向けないのか、不思議でならない。

でもまぁ、日本だと数十年前はそういう人ばかりだったんだろうし、気持ち悪いな。
ヘッドハンティング会社があんな感じだってことも、意外だった。

そんな親でも、子どもはちゃんと育ってしまうわけで、
いじらしいライアン君が、泣ける。


Posted 2017.12.28, 18:20 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
ファミリー・マン ある父の決断 はコメントを受け付けていません。
2017.12.28

gifted/ギフテッド

フロリダの田舎で暮らす7歳の女の子メアリーと、叔父のフランク。
メアリーは数学に飛び抜けた才能があったが、普通の生活をさせたいと地元の公立校に進ませる。
当然のように周りの子とレベルが合わずに問題児となってしまう。

そんなときに、養育権の問題が出てきた。
もともとフランクは姉からメアリーを預かったので育ててきたが、母がエブリンは英才教育を受けさせようと、奪いに出てきた。

どちらの子として生きていくのか、メアリーに決めさせればいいと思ってしまうが、さすがに7歳に判断はさせないようだ。
才能を伸ばしたいというのもわかるけど、才能があるのは子どものうちだけの可能性もあるんじゃ? ってのは思ってしまう。
実際、私自身も子どもの時の方が頭がよかった気がするし。

メアリーは数学以外に関しては、ちょっと生意気だけど、普通の子ども。
だから、可愛いし、守ってあげたいし、ずっと一緒って言葉を信じてるところなんか、心が苦しくなる。

幸せってなんだろうって、考えさせられる映画。
よかった。

http://www.foxmovies-jp.com/gifted/


Posted 2017.12.28, 18:04 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
gifted/ギフテッド はコメントを受け付けていません。
2017.12.17

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

銀河の独裁をもくろむファーストオーダーと、それに抵抗するレジスタンスの戦い。
前作と登場人物が同じで、テレビで放送してたのも見て復習してたから、内容はちゃんとわかって楽しかった。

神風特攻隊を連想してしまう場面とか、オウムを連想してしまう場面とかあったけど、気にしすぎか。

負けるのが確実でも立ち向かうところとか、
冷静に先を読んで計画を立てる司令塔の存在や、
どの場面でも性別や人種に関係なく活躍していることや、
いろいろと考えることもあって、大ファンが多く存在することもよくわかる。

そして私は、BB-8みたいな人になりたい。
あいつスゲエ。

 


Posted 2017.12.17, 20:34 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
スター・ウォーズ/最後のジェダイ はコメントを受け付けていません。
2017.11.18

イエスマン “YES”は人生のパスワード

離婚して、友達と会うことさえ億劫になってしまい、何もかも断ってしまっていたカール。
そんな感じなので、友達関係も仕事もうまくいってなかった。

あるとき久しぶりに会った友達が、なんでもYESと言うことで人生が変わったと、セミナーを勧められる。
行ってみたら、なんでもYESと答えるという誓いを立てさせられる。
無視するつもりだったが、ホームレスに助けを求められたときに無理やりYESと言わされ、従ってみたら、良いことが起きた。

なんか、わかる。

なんでも否定する人とは友達になりたくないと思うし、仕事でもなるべく関わりたくない。
できるようにするために前向きに考えることがいかに大事かってのは、わかってる。

一方、卑屈になっちゃって、なんでも否定したい気持ちもわかる。
そういうときって、前向きであることに対して見下したような気持ちになったりするしな。

友達がしつこく構ってくれてたりして、カールはいい友達を持ったなと思う。
飛行機を操縦したり、新しい言語を習ったり、思ってもみなかったであろうことに手を広げられているのが羨ましい。

最初の一歩を踏み出せば、けっこう変わるわけだ。

だからといって、なんでもYESと言っていいわけじゃない。
もちろん、本心であることが大事なわけで、ウソはよくない。

そういうところまで含めて、なかなか考えさせられる、そして前向きにすっきりできる良い映画だった。


Yes Man
主演: ジム・キャリー, ゾーイ・デシャネル, ブラッドリー・クーパー


Posted 2017.11.18, 18:40 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
イエスマン “YES”は人生のパスワード はコメントを受け付けていません。
2017.06.26

HIDDEN FIGURES

邦題:ドリーム

NASAの宇宙開発を陰で支えた3人の黒人女性の話で、実話。
熱かった!

1960年ごろのアメリカ、ということで、まだ黒人差別がある。
そしてさらに、女性が働くことに対するマイナス意識も強いような時代。

NASAでは有能な黒人たちを雇ってはいたが、内部では当然のように使用スペースが区別されている。
そしてそれを「ルール」だと思っており、差別しているという意識はない。
まだまだ差別がない世界には程遠い。

そこに、有能な計算係として就職したキャサリン。
有能さを買われて、コアの計算を行っている部署に転属になるが、そこは今まで黒人のいない部署。
周りの人が知らない数多くの不便があった。

ドロシーは黒人女性たちをまとめる良きお母さんといったところだが、
黒人は前例がないという理由で管理職にはしてもらえなかった。

メアリーもエンジニアとしての勘はありそうだったが、
勉強するための場が白人向けにのみ与えられていた。
それを裁判で、人間的な感情を揺さぶることで勝ち取るところがイイ。

ドロシーとか、IBMのメインフレームがきたときに独学で使えるようになり、それを他の黒人女性たちに教え、
彼女たちが将来の職に困らないようにしてあげるところなんか、最高。
まさに今、人工知能に職が取られるとか言ってる人には、響くんじゃないだろうか。

NASAが最終的に差別よりも能力を取ったところも、イイ。
やっぱり科学はそうでなきゃ。
(まぁWikipediaによると、映画に描かれているよりも少し前に差別は撤廃されたそうだが)

 


Posted 2017.06.26, 11:51 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
HIDDEN FIGURES はコメントを受け付けていません。
2017.04.29

ミニマリズム:本当に大切なもの

アメリカのミニマリスト2人が、本を書き、講演を行いながら、ミニマリズムを語る。

アメリカの大量消費社会に疑問を感じ、物を減らしたら心も軽くなった。
それを講演し、実際にやってみる人も現れて、だんだんと聴講者数も増えていく。

子どもが大量の物に囲まれて生きるのが当たり前になっていて、それが価値基準になっていく。
でも、家族でミニマリストを実現しているファミリーというのも、いくつか出てくる。
やってやれないことはない。

要らないものを捨てていったら、本当に大切なものに気づく、というのは、
わかりやすい話ではあるが、でも実際にそうなんだろうなとも思うわけである。


この映画から、ぽすれんじゃなくて、Netflixでの視聴。
映画情報を埋め込む手段はないようで残念。

ミニマリズム:本当に大切なもの (2016)


Posted 2017.04.29, 22:47 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
ミニマリズム:本当に大切なもの はコメントを受け付けていません。
2017.03.04

WE ARE X

X JAPAN の軌跡を描いたドキュメンタリー。

X JAPAN のことはオンタイムで知ってるけど、熱烈なファンというわけではなかったので、
メンバー間で何があったかとか、父の自殺とか知らないことが多かった。

小学生のとき、テレビで見かけて、かなり強い衝撃を受けたのは事実。

大人になるって型にはまっていくことだと思っていたから、
ステージで破壊していたり、そもそも格好や音楽が新しかったりして、型は壊していいのだと知った。
そういった意味で、かなり私の姿勢に影響を与えていると思う。

線の細い男性という存在や、化粧した男性、派手な格好でピアノを弾いたり、型破りばかりだったな。


父とか、幼馴染とか、そういう身近な人間関係が濃く影響を与えていることが、意外だった。
メンバーがよく入れ替わってたということは知ってたけど、それぞれにいろいろ事情があるな。

メンバーが亡くなるのが全部自殺というのがつらいところ。
HIDEのが首のストレッチ中の過ちであったとしても、これはYOSHIKIもつらいよな。
そしてさらに幼馴染のToshiが洗脳されるとか、もう確かに、何が何だかわからないくらい話題豊富だ。

海外進出が英語の発音がネックで難航してて、それがToshiの負担になりすぎてたとか、
そういうところに人間くささが見えると、洗脳とか怪しい話題になっても、弱ってるところをやられたとわかる。

見てよかったし、ますます知りたくなった。

YOSHIKIとデビッドボウイの写真があったり、
セールスフォースのマークベニオフのメッセージがあったり、
そういうところでも、あっ!って思ったり。


Posted 2017.03.04, 20:40 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
WE ARE X はコメントを受け付けていません。
2017.03.04

世界一キライなあなたに

不況で職を失ったルイーザが、ようやく手にしたのは四肢麻痺で車椅子生活を送る青年ウィルの介護。
半年という期限はついていたが、心を閉ざして嫌味なウィルを、お金のためと我慢して介護する。
素直なルイーザにウィルも徐々に心を開くが、ルイーザは半年の期限の意味を知ってしまう。

実話を基にした小説の映画化。
最初は『最強のふたり』みたいな話だと思ってた。
でも、さらにその上に、深く考えさせられる問題があった。

自殺幇助は許されるべきかどうか。

確かに、自分で体を動かせないことに絶望して、生きたくない気持ちもわかる。
単純にその状態で一人ぼっちにされたら餓死してしまうだろうから、他人の手によって生かされているのは明らか。

ルイーザと一緒にいて楽しくても、人生を楽しい想い出で終わることができそうでよかった、と思ってしまう。
刹那的に生き、瞬間瞬間を一生の想い出として刻み付けて、時を過ごす。

なんかそれが旅の一期一会にも似て、というか、そこでしか経験がないわけだけど、切なかった。

瞬間を大事に生きるって、普段は意識しようと思ったって表面的。
それが本当に死ぬ前の最後の想い出だというのが、つらい。

つらかったけど、つらいのは相手のことを想っているから。
胸が痛い、感動する映画。

世界一キライなあなたに
監督:テア・シャーロック
出演者:エミリア・クラーク、 サム・クラフリン、 ジャネット・マクティア、 チャールズ・ダンス
収録時間:110分
レンタル開始日:2017-02-03


Posted 2017.03.04, 20:16 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
世界一キライなあなたに はコメントを受け付けていません。