2019.09.07

フリーソロ

アレックス・オノルドが、ヨセミテのEl Capitanを、
ロープなし、つまりフリーソロで登り切るまでのドキュメンタリー。
撮影がMERUも撮ったジミー・チン。

撮影クルーもクライマーであり、よく知ってる間柄だからこそ、
命がけのチャレンジを撮影することをためらう。
自分のせいで集中力が欠けて命を落とすことになったら・・・と。

アレックスの大人しそうでシャイっぽい性格と、
誰にも邪魔させないような、芯をしっかり持っているところが、好き。
どちらかといえば、私自身もそっちのほうだからね。

ボルダリングだと仲間と一緒に励ましあって登って、、ってところもあるだろうけど、
アレックスの場合はそういうのが合わなくて、ソロを始めたのかもな。

登るシーンでは、指先や足先のアップが多くて、
どうやって撮ったんだろう!?っていう驚きと、
なんでそんなところで保持できてるんだ!?という驚きと、両方あった。

とにかく、真似する気さえ失せるくらいの、すごいところ。
それをロープなしでやるなんて・・・

見ていてハラハラするシーンも多かったし、楽しかった。
いやー、すごい。


Posted 2019.09.07, 21:46 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
フリーソロ はコメントを受け付けていません。
2019.07.28

存在のない子供たち

存在のない子供たち

気になってた映画、一部で公開されてたので新宿武蔵野館まで行って見てきた。

レバノンのスラム街でひっそりと暮らすゼインくんの一家。
子供たちは学校にも行かせてもらえずに、
商店の雑用を手伝ったり、路上で物を売ったりして、生活費を何とか稼いでいた。

ゼインと年の近い妹が、商店のオーナーと無理やり結婚させられ、
それに怒ったゼインは家出をするが、仕事もお金も食べ物もなくて放浪する。

どうしようもないと諦めて何もしない両親、
生きるために必死でお金を稼ぐし、モノを盗んででも妹を結婚させないようにするゼイン。

子供が必死に物を売るのは、ただ旅行をしているだけでもよく見る光景。
路上で子供をダシに物乞いをする姿もよく見かける。
そういったことの、裏側にある世界。

これは実話か??と思わせるような、リアリティがあった。
でも、話自体は実話ではなくて、
キャストはほぼ全員が、同じような経験をしている素人から選ばれたという。

撮影終了後に移民として認められ、教育を受けているというのは嬉しい。
本当は、キャストだけじゃなくて広まらなければいけないし、
日本だって、もっと関わらないといけないんだろうけど。。。

自分が何もしてない、という現実に心が痛む。






Posted 2019.07.28, 20:51 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
存在のない子供たち はコメントを受け付けていません。
2019.03.04

ワンダー 君は太陽

先天性の病気で生まれてすぐから整形手術を27回も受けてきたオギー。
引きこもって自宅学習を続けてきたが、両親は新学期から普通の小学校へ行かせることにする。
最初しばらくは怪物扱い・菌扱いをされていたオギーだが、
実は賢くてユーモアがあるということに気づいた子が友達になっていった。

見た目だけなんだけど、見た目は第一印象でもあるわけで・・・
やんちゃ盛りな子どもの中であれば、当然のようにイジメの対象になる。

この映画で意外だったのは、オギーの物語だけではなかったこと。
中心にはオギーがいるが、母親も問題を抱え、姉も問題を抱え、姉の友達も、オギーの友達も、ワンコも?
みんなそれぞれに悩みを抱えて葛藤して、日々を生きている。

そういう意味ではみんな同じはずなのだ。
だんだんと時間がたつと、顔がみんなと違うとか、気にならなくなっていく。
オギーの周りの子たちもそんな感じで、慣れていく。

みんなで助け合って、見た目じゃなくて心で通じ合っていければ、心地よいだろう。

すごい感動したし、爽快な気分だったし、愛おしくなったし、よい映画だった。


Posted 2019.03.04, 23:06 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
ワンダー 君は太陽 はコメントを受け付けていません。
2019.01.16

パッドマン 5億人の女性を救った男

結婚し、大好きな妻が生理中に隔離された部屋で過ごすことを初めて知り、
さらにナプキンじゃなく使い古した布を使っていることを知ったラクシュミ。
妻が病気になったら困ると、なんとかナプキンを使ってもらおうとするが、
そこは男性が生理について触れるだけでも変態扱いされるほど、偏見の多い社会だった。

妻のためという一心でナプキンを開発するラクシュミ。
なんだって自分で作れる、という気概があるからこそ、当たり前にチャレンジしてしまう。

一方女性陣は生理について話されるだけでも恥で、そんなことすぐにやめてほしい一心。
それはそれで、わからなくもない。
夫だったらいいじゃないかと思うけど、妻以外の人にいきなり生理の話をしてたら引くよな。
もうちょっとちゃんと前提を話したらいいのに・・・と思う場面は多々あった。

ともあれ、諦めないで開発する姿勢に、応援したくなる。
開発するより前に、そもそもの知識を得るために大学教授の家に召使いに行ったり、行動力がすさまじい。
一直線に進むだけじゃなく、ちゃんと必要なことのために一歩一歩進んでいるのだ。

家族を含め、なかなか田舎の人たちには理解されなかったのが辛いところだけど、
ちゃんと協力者を得られて、前に進んで、一気に認められるところは爽快。
そこまでの長い長い道のりを考えると、そうなってほしかったから、嬉しかった。

これが実話なのがまたすごいところ。
本当に助かった人はたくさんいたと思うし、世の中をかなり大きく変えてる。
こういうエンジニアになりたいよなーって思う。

アツさ、欲しい。
 


Posted 2019.01.16, 00:27 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
パッドマン 5億人の女性を救った男 はコメントを受け付けていません。
2018.12.26

スノーデン

アメリカで怪我で除隊になったスノーデンは、CIAで働き始める。
そこでは全米国民の個人情報を収集していて、その開発に加わることに。

恋人のリンゼイにも真実を告げられない日が続いていた。
それに耐えられなくなり、内部告発をし、メディアに知らせた。
その結果、アメリカには戻れなくなり、モスクワで生活している。

リアルタイムでは、告発後のことを、なんとなく知ってる程度。
だから何が起きていたのかを知ることができてよかった。
最後は本人の映像だったから、スノーデンから見た真実だろう。

ITに関わる仕事で、あそこまで命に関わるものを他に知らない。
相当に優秀じゃなきゃ務まらない。
スノーデン、正しいことをしたと思う。

スゴイ。


Posted 2018.12.26, 22:58 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
スノーデン はコメントを受け付けていません。
2018.11.18

ボヘミアン・ラプソディ

あの Queen が成功を収めるまでの映画。
フレディのことなんて、ほとんど知らなかったけど、完全に楽しめた。

曲は聞いたことのあるものばかりで、かなりアツかった。
その熱い曲が、どう生まれてきたかを観て、魂の叫びだとわかって、またグッときた。

両性愛に苦しんでいることとか、バンドメンバーとのケンカとか、当然細かいことは知らなかった。
でも、その苦しみはよく理解できたし、曲が生まれてくるときのグッとくる感じが、楽しかった。

最後のライブシーンが好きだ。

もっとリアルタイムで聞いておけばよかった、と思うけど、活動していたのは小学生より前か・・・。
エイズで死亡したというのは、なんとなく覚えてたな。

曲を改めてじっくり聴きたいと思った。
iTunes にはアルバム1枚と I Was Born to Love You があった。
他の曲も入れておこうかな。

 


Posted 2018.11.18, 22:12 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
ボヘミアン・ラプソディ はコメントを受け付けていません。
2018.09.22

君の膵臓を食べたい

クラスの人気者のサクラは、膵臓の病気で余命1年。
そのことを隠して生活していたが、たまたま知ってしまうシガくん。
クラスで目立たない図書委員のシガは、学校では変な噂を立てられてしまう。
学校の外では二人で過ごす時間が長くなり、生きる実感を共有する。

北村匠海のイケてない高校生のあの感じが、なんとも私に似ていてビックリ。
(もちろんイケメンという点ではなく)
受け答えの感じとか、マジメかよって言われちゃうところとか、早く終わらせたいから素直に答えちゃうとか。。

サクラの最期を知ってしまうと、なんだか一日一日を大切に生きないとなという基本的なことを思い出す。

もっと早く見ればよかった。


Posted 2018.09.22, 23:19 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
君の膵臓を食べたい はコメントを受け付けていません。
2018.06.18

ルーム

狭くて天窓以外に窓はなく、ドアもロックされた部屋で、母ジョイと息子ジャックは暮らしていた。
ジャックはそこで生まれたため、部屋の外の世界も知らず、母とテレビと本が情報源。
誘拐犯による差し入れも乏しくなり、母ジョイは部屋から出る手段を考える。

物語はそこで終わらない。
後半は、外の世界を知らなかったジャックと、罪悪感と人間関係で苦しむジョイ。
やはり無くはないと思える状況なだけに、心が痛む。

怖い話かと思ったけど、なかなか考えさせられる話でもある。
世界から切り離されて母とテレビしか知らない子が、どう育っていくのかとか、
外の世界を知っていた大人が、どうして外に出られなかったのかとか。

ジャングルで猿に育てられた少女とか、そういうのを思い出したけど、
違うのは、周りにいたのは人間なのに、人間の仕業であぁなったってことだよな。

ジャックが可愛いのがイイ。
髪を切った方が可愛い。

ルーム(字幕版)
主演: ブリー・ラーソン, ジェイコブ・トレンブレイ, ジョアン・アレン
上映時間: 1 時間, 57 分

 


Posted 2018.06.18, 21:18 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
ルーム はコメントを受け付けていません。
2018.06.09

万引き家族

祖母、父、母、母の妹、息子、といった感じに見える家族だが、実際はそうではない。
祖母の年金と、父、母の少ない稼ぎをベースに、父・息子の万引きを足して、なんとか生活している。
近所で虐待にあっている女の子を拾ってきて、家族がもう一人増えたり、少しずつ、変化が訪れてきていた。

誰と誰がどういう関係で・・・というのは、徐々に明かされる。
宣伝で言われているような、家族で万引きをやって生計を立てているってのは、違う。

血の繋がりか、お金の繋がりか、心の繋がりか。
何が正解かなんてわからないけど、血じゃないんだろうなっていう気はしてしまう。
食べるためのお金と、人間らしくいるための心。

虐待されてた女の子のシーンは、最近の事件を思い出してしまってツライ。
最後のシーンがどうだったのか、続きが気になってしまう。

そして、城桧吏くんがイイ。
『誰も知らない』の柳楽優弥もよかったけど、それにもうちょっと明るさが足されてる感じ。

よかった。
良い映画だったし、考えさせられるし、ホッコリもする。

 


Posted 2018.06.09, 20:50 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
万引き家族 はコメントを受け付けていません。
2018.05.27

キセキ -あの日のソビト-

医者の家に生まれ、医者にならなければならないというレールを敷かれていたが、
音楽をやりたくて、メタルバンドをやってメジャーデビューもしていた兄ジンだが、うまくいかない。
弟ヒデは、医学部の受験には破れ、歯科医を目指して一念発起するが、
めでたく入学してからは、大学の友だちとバンドを組んで、楽しく過ごしていた。
そんな弟たちの歌の素晴らしさに気づいた兄は、彼らをメジャーデビューさせようと奮闘する。

GReeeeNの誕生秘話。
歯科医をやりつつ、覆面で音楽をやるという、二足のわらじをキチンとしてる新しいパターン。
そういう新しいことをしている人は好きだ。

医者の家で、医者にならなきゃいけないというプレッシャーはよくわかる。
私の場合は特に何をやりたいというわけではなかったが、道を外れる時の、家から外れる感覚もわかる。
だからこそ、ちゃんと両立できていることを、本当に尊敬する。

メタルもいいけど、弟くんたちの歌は、楽しそうで、爽やかで、本当に気持ちが上がるのがわかる。
超ド直球ストレートってのも、欲しくなる時があるんだよな。
あの縦ノリも、今っぽい(笑)

どうでもいいけど、「ソビト」っていいな。
会社で、素人を「ソジン」って、バカにした感じで使われてるので、違う読み方でよかった。

 


Posted 2018.05.27, 21:05 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
キセキ -あの日のソビト- はコメントを受け付けていません。