2017.03.04

WE ARE X

X JAPAN の軌跡を描いたドキュメンタリー。

X JAPAN のことはオンタイムで知ってるけど、熱烈なファンというわけではなかったので、
メンバー間で何があったかとか、父の自殺とか知らないことが多かった。

小学生のとき、テレビで見かけて、かなり強い衝撃を受けたのは事実。

大人になるって型にはまっていくことだと思っていたから、
ステージで破壊していたり、そもそも格好や音楽が新しかったりして、型は壊していいのだと知った。
そういった意味で、かなり私の姿勢に影響を与えていると思う。

線の細い男性という存在や、化粧した男性、派手な格好でピアノを弾いたり、型破りばかりだったな。


父とか、幼馴染とか、そういう身近な人間関係が濃く影響を与えていることが、意外だった。
メンバーがよく入れ替わってたということは知ってたけど、それぞれにいろいろ事情があるな。

メンバーが亡くなるのが全部自殺というのがつらいところ。
HIDEのが首のストレッチ中の過ちであったとしても、これはYOSHIKIもつらいよな。
そしてさらに幼馴染のToshiが洗脳されるとか、もう確かに、何が何だかわからないくらい話題豊富だ。

海外進出が英語の発音がネックで難航してて、それがToshiの負担になりすぎてたとか、
そういうところに人間くささが見えると、洗脳とか怪しい話題になっても、弱ってるところをやられたとわかる。

見てよかったし、ますます知りたくなった。

YOSHIKIとデビッドボウイの写真があったり、
セールスフォースのマークベニオフのメッセージがあったり、
そういうところでも、あっ!って思ったり。


Posted 2017.03.04, 20:40 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
2017.03.04

世界一キライなあなたに

不況で職を失ったルイーザが、ようやく手にしたのは四肢麻痺で車椅子生活を送る青年ウィルの介護。
半年という期限はついていたが、心を閉ざして嫌味なウィルを、お金のためと我慢して介護する。
素直なルイーザにウィルも徐々に心を開くが、ルイーザは半年の期限の意味を知ってしまう。

実話を基にした小説の映画化。
最初は『最強のふたり』みたいな話だと思ってた。
でも、さらにその上に、深く考えさせられる問題があった。

自殺幇助は許されるべきかどうか。

確かに、自分で体を動かせないことに絶望して、生きたくない気持ちもわかる。
単純にその状態で一人ぼっちにされたら餓死してしまうだろうから、他人の手によって生かされているのは明らか。

ルイーザと一緒にいて楽しくても、人生を楽しい想い出で終わることができそうでよかった、と思ってしまう。
刹那的に生き、瞬間瞬間を一生の想い出として刻み付けて、時を過ごす。

なんかそれが旅の一期一会にも似て、というか、そこでしか経験がないわけだけど、切なかった。

瞬間を大事に生きるって、普段は意識しようと思ったって表面的。
それが本当に死ぬ前の最後の想い出だというのが、つらい。

つらかったけど、つらいのは相手のことを想っているから。
胸が痛い、感動する映画。

世界一キライなあなたに
監督:テア・シャーロック
出演者:エミリア・クラーク、 サム・クラフリン、 ジャネット・マクティア、 チャールズ・ダンス
収録時間:110分
レンタル開始日:2017-02-03


Posted 2017.03.04, 20:16 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
2016.12.31

MERU

コンラッド、ジミー、レナンの3人がヒマラヤのメルーに挑むドキュメンタリー。
誰も登頂したことがないというシャークスフィンと呼ばれる断崖絶壁を、3人で登る。

アイスクライミング、ロッククライミングなどいろんな技術が必要とされ、それだけ道具も多い。
無茶をする若者のストーリーではなく、熟練したクライマーの冷静な挑戦である。
それがまたイイ。

レナンの怪我からの復帰の速さや、ジミーが雪崩で奇跡的に助かったことなど、さまざまなドラマがある。
今これをやった場合とやらない場合でどう後悔するか・・・それを天秤にかけて行動する。
守るべき家族がいて、絶対に生きて帰ると決めている。
それが重く心にあるから、母親が亡くなったときに行こうって思ったという心境の変化も理解できる。

ジミーは映画監督でもあり、撮影まで自分たちで行っているというのがスゴイ。
空撮の部分は誰かクルーがいたんだろうけど、それ以外の場面なんて、普通は見ることができない。
ジミーが映ってるときはレナンが撮っているんだろう。

極限としか言いようがない状況下での、ユーモアのある発言が楽しい。
リアルな怖さ、リアルな美しさが響く。

本当に良い映画だった。

http://meru-movie.jp

 


Posted 2016.12.31, 18:24 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
MERU はコメントを受け付けていません。
2016.10.30

オデッセイ

火星探査ミッションが砂嵐で中止になり、全員地球へ帰還することに。
そのとき部品が刺さって倒れたワトニーは、死んだと思われて置いて行かれた。
生き残ったワトニーは、残った酸素と食料で次の探査機が来るまで生き延びるため動き出した。

この映画のことを知ったとき、完全にムリだろうって思った。
一応ミッションを行う間の居住空間が残されていて、空気も食料もそれなりに残ってる、
そういった状況があった上でのスタートだった。

とはいえ、やっぱりムリだと思ってしまう。
自分がもし取り残されたとして、傷の手当てをして、食料と空気の残量を確認するところまではするだろう。
もちろん、その技術があったとしての話だけど。

そこから先の、作り出す部分が、もっと見たくなるくらい、ワクワクしたし考えさせられた。
知識があったとしても、何かで何かを代用するという機転が利かないといけないし、
もちろん、実行力と成功させるだけの腕がないといけない。

おもしろかった。

オデッセイ
監督:リドリー・スコット
出演者:マット・デイモン、 ジェシカ・チャステイン、 クリステン・ウィグ、 キウェテル・イジョフォー、 ジェフ・ダニエルズ、 ショーン・ビーン、 ケイト・マーラ
収録時間:142分
レンタル開始日:2016-06-03



Posted 2016.10.30, 22:53 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
オデッセイ はコメントを受け付けていません。
2016.10.10

エール!

娘のポーラ以外、全員耳が聞こえない農場を営む一家。
ポーラが手話の通訳をして周りとコミュニケーションをとっていた。
学校でコーラスのクラスをとったポーラは、歌の才能があることを見出され、パリの音楽学校の試験を受けることに。
しかし、ポーラがいなくなると通訳ができなくなるので、家族にはなかなか打ち明けられないでいた。

誰が悪いわけでもないけど、家に縛られることになっているポーラ。
自分の才能を伸ばすことを選ぶか、家族と共に過ごすことを選ぶか、二択になってしまう。

コーラスの先生も、そんな状態を知らないので、ポーラを歌の道に引っ張る。
同じコーラスクラスのガブリエルくんも、恋愛と絡んだのもあるけど、ちょっと距離を置いてしまったり。

誰のせいでもないけど、みんなの人生は絡み合ってる。
誰々のためにと思ってやってることも、実はそうじゃないかもしれない。
その枠を、一度取り払ってみても、案外うまくいくかもしれない。

生理とか声変わりとか出てくるので、小学生か中学生の話なのかな?
出てくる生徒さんが高校生くらいにしか見えないのだが・・・。
その辺の違和感はあるけど、良い話だった。

エール!
監督:エリック・ラルティゴ
出演者:ルアンヌ・エメラ、 カリン・ヴィアール、 フランソワ・ダミアン、 エリック・エルモスニーノ
収録時間:106分
レンタル開始日:2016-04-02



Posted 2016.10.10, 01:09 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
エール! はコメントを受け付けていません。
2016.09.03

海賊じいちゃんの贈りもの

癌を患う祖父の誕生日を祝いに、実家に集まった。
しかし本当は離婚寸前で両親は別居中、幼い3兄弟はそれを知りつつも、慣れっこだった。
いつも通り両親はケンカばかりで、子どもたちは祖父と一緒に海岸へ遊びに行った。

子どもたちが素直で、行動力があって、かわいい。
それがジイちゃん譲りなんだなってわかるのが、海岸に行くとき。
車を運転させちゃったり、危なっかしいことも楽しんじゃうところが、ファンタジーでいい。

そして、そこから、バイキング式のお葬式の話が出てくる。
死んだふりとか平気でやっちゃうジイちゃんだけど、そのお葬式の話は子どもたちの心に残る。

実行しようって思って、実行できちゃったんだから、子どもたち凄い。
本当なら褒められるべきところではあるけど、もちろん大人の世界は大騒ぎ。

でも、最後は丸く収まって、いい映画を観たなって気持ちで終わる。
やっぱり子どもたちが活躍する映画は、楽しい。

海賊じいちゃんの贈りもの
監督:ガイ・ジェンキン、アンディ・ハミルトン
出演者:ロザムンド・パイク、 デヴィッド・テナント、 ビリー・コノリー、 ベン・ミラー
収録時間:95分
レンタル開始日:2016-06-02



Posted 2016.09.03, 19:07 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
海賊じいちゃんの贈りもの はコメントを受け付けていません。
2016.04.27

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

第二次世界大戦の時代、ドイツ軍の暗号エニグマを解読すべく数学者が集められた。
アラン・チューリングもその1人。
プライドが高く協調性のない彼は、一人でやろうとして苦戦するが、次第に仲間ができ解読に勤しむ。
しかしその裏に、全く別の問題を抱えていた。

毎日鍵が変更されるので全探索をすると時間切れになる、それをどうショートカットするか・・・
なかなかおもしろい課題だし、解決する姿を見ていてもワクワクする。

その中で、女性を差別しないアラン、男性社会に入り仕事に従事するクラーク、
同性愛者のアラン、同性愛が犯罪である社会、
そういった数学以外の要素も濃くて、引き込まれた。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
監督:モルテン・ティルドゥム
出演者:ベネディクト・カンバーバッチ、 キーラ・ナイトレイ、 マシュー・グード、 マーク・ストロング
収録時間:115分
レンタル開始日:2015-10-02


Posted 2016.04.27, 01:00 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 はコメントを受け付けていません。
2016.03.19

ニュー・シネマ・パラダイス

戦後の田舎町、上映される映画が唯一の娯楽。
映写技師のアルフレッドを慕って、勝手に映写室に入ってくるトト君。
頭が良くて勉強もできるイタズラっ子で、映写技術をアルフレッドから引き継いだ。

アルフレッドが働けなくなり、映写技師を引き継いだが、徴兵により戦地へ。
親に反対されていた最愛の女性とも離れ離れになってしまい、孤独に年を取っていく。
そして30年後、アルフレッドが亡くなり、ようやく田舎に帰る。

3時間の超大作か。
長いんだけど、少年期、青年期、初老期の3つの話を連続で見たくらい、ちゃんと全体に内容があった。
そして、聞いたことのある音楽が多くて印象的だった。

少年のトトが可愛くて、少年期の話はそれだけで全て許せる^^
好奇心で目がキラキラしてるの、いいなぁ。

青年になり、大人になり、悲しい恋もあり、うまくいかない人生ってものを感じる。
あのときどうすればよかったんだろう・・・と思うことって、やっぱりあるよね。
後悔しない選択をしたつもりでも、やっぱり振り返ってしまう。

古い映画かと思って見てたら、最後の初老のシーンでは、完全に現代。
あれ?けっこう最近の話なんだ、とか思ってしまったが、親の世代の話かと思ったら納得した。

わかりやすくて、ユーモアがあって、好きなタイプの映画。

ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
出演者:フィリップ・ノワレ、 ジャック・ペラン、 アニェーゼ・ナーノ、 サルヴァトーレ・カシオ、 マリオ・レオナルディ、 ブリジット・フォッセー
収録時間:175分
レンタル開始日:2002-02-22


Posted 2016.03.19, 18:41 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
ニュー・シネマ・パラダイス はコメントを受け付けていません。
2016.03.12

マイ・インターン

CSR活動の一環として、シニア・インターンを募集し始めたスタートアップの会社。
70歳のベンは、妻に先立たれ、人生に刺激を求めて応募したら、見事に合格。
ベンは、性格がキツイと言われる女社長ジュールズの部下として働くことになった。

すごいよかった。

見る前は女社長のほうに共感するのかと思ってたけど、
今の自分の立場からすると、完全にベンの立場だよなーとか思って、ベンを尊敬した。

ユーモアがあって人柄も良いし、行動力があるし、
新しいことを吸収しようと努力するし、若い人からも学ぶ姿勢があるし、
余計なことは言わないし、的確なアドバイスができるし。

あそこまで大人になれないや。

ああいう大人になりたい。

結婚して子どもがいて仕事してて・・・ってところは、ジュールズみたいにもなりたい。
仕事のために家庭を捨てるという選択肢が出てこなかったところは非常に共感。
家庭のために仕事を捨てるってならなかったところも、嬉しかった。

マイ・インターン
監督:ナンシー・マイヤーズ
出演者:ロバート・デ・ニーロ、 アン・ハサウェイ、 レネ・ルッソ、 アダム・ディバイン
収録時間:121分
レンタル開始日:2016-02-10


Posted 2016.03.12, 21:00 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
マイ・インターン はコメントを受け付けていません。
2016.01.03

遥か群衆を離れて

農場で働く独立心旺盛な女性バスシーバに寄ってくる3人の男たちの話。

農場で働く娘バスシーバは、隣の牧場のガブリエルからプロポーズされる。
バスシーバにその気がなく保留してたところ、その直後にガブリエルの羊が全滅してしまい、一文無しになる。

バスシーバは叔父の農場を受け継いで主となり、その隣の農場主の中年ボールドウッドにもプロポーズされる。
しかし、突然やってきた元軍人トロイのちゃらさに惹かれてしまい、すぐに結婚する。
ガブリエルが忠告したとおりトロイはとんでもないダメ男で、結婚生活はボロボロ。

いつになったら真実の愛に気づくのか・・・というもどかしい話ではあるが、わかりやすいし良い。

最初っからガブリエルが良いと思ってただけに、なんでトロイに行っちゃうかなーとか思うけど、
若くて恋愛経験がなかったらそうなっちゃうのかなーとか、いろいろ楽しい。

1967年に同じタイトルの映画があったみたいだけど、それの現代版かな。

Yahoo映画


Posted 2016.01.03, 15:26 by mera and filed in ☆☆☆☆☆
遥か群衆を離れて はコメントを受け付けていません。