2017.06.22

ストリートアート

6月22日(木)

前にLanewaysのことを調べていたときに、Street Art の地図を見つけていた。
まだ時間があったので、行ってみることにした。

意外に写真を撮ってる人が多くて、有名なんだなとビックリ。

でもそれは、最初に見たところが当たりだったみたい。
描いてる内容がスゴかったわけではないが、勢いはあった。




10ヶ所くらい周って、特にスゴくないところもあったし、当たりハズレがある。







普段だったら、絶対治安が悪そうだと思って避けるような場所。

でも、楽しかった。

 


Posted 2017.06.22, 19:33 by mera and filed in 2017.06: オーストラリア
2017.06.22

ボタニカルガーデン

6月22日(木)

雨じゃなかったので、ボタニカルガーデンに行くことにした。
朝にご飯を炊いて、またオニギリ持参。

今度は直接なので、近くまでトラムで行く。
そしてわかったのは、昨日の場所はまだまだ手前すぎたってことだ。
2駅分くらい奥にあるようだった。

戦争慰霊の建物があったので、まず寄る。
2階部分では外に出ることができ、高いところから公園を超えて中心街まで見渡せて、いい。
晴れてたらもっとよかっただろうな。




そして、ボタニカルガーデン。
ちゃんと入り口があって、ビジターセンターもあって、ただの公園とは違った。
入り口付近にキッズガーデンがあり、小学生っぽい集団が賑やかだった。

中は、枯れてたり、まだ時期じゃない花も多かった。
でもサボテンとかはキレイでいい感じ。





イチョウの写真を撮ったり、それなりに楽しかった。






一周歩いて、少し休んで、中心街まで歩いた。

 


Posted 2017.06.22, 19:30 by mera and filed in 2017.06: オーストラリア
2017.06.21

ゴッホ展

6月21日(水)

雨は上がっていたけど、なかなかの曇り空。
写真は全然ちゃんと撮れなさそうなので、NGVのゴッホ展を見に行くことにした。
National Gallery of Victoria、ヴィクトリア国立美術館だ。

Thombury 駅から電車で Flinders Street 駅まで行き、そこから歩く。
到着したのが12時ごろだったので、入る前におにぎりで軽くランチ。



NGV自体は前にも来たことがあったが、そのときは常設展しか見なかった気がする。
今度はチケットが必要なので、長い長い列に並ぶ。

オンラインで買ったほうが早い?と思って、並びながら調べてたけど、
クレジットカードの支払いに4ドルかかるようで、オンラインのほうが高かったのでやめた。

30分ほどでチケットを購入することができ、さぁ入ろうとしたとき、
バックパックはクロークに預けてきなさいと注意される。
前に抱えてるから、とか言っても、YOU HAVE TO!! と完全拒否。

ものすごく悲しくなってイライラしたけど、しょうがないのでクロークに戻る。
クロークのおじさんはテキパキ働いてて気持ち良かったから、少し気持ちは回復したけど、
それでもあの言い方はないよなぁ・・・って根に持ってしまう。。

Van Gogh and the Seasons for the 2017 Melbourne Winter Masterpieces exhibition

さて、中に入ると、まず最初に、ゴッホが強い影響を受けたという浮世絵が展示されていて驚いた。
woodbreaks って木版画かな、歌川広重などゴッホのコレクションが展示されていた。

そのあと、ゴッホの絵が、秋・冬・春・夏の順に季節ごとに展示されている。

生前は特に注目されていなかったというのも、わからなくもない。
なんというか、私にも描けそうな気がしてしまう。

後半の作品になってくると、こういうのを印象派っていうのかーと、感じが変わる。
強い色の油絵の具を点描したような描き方、そうなってくると真似できないなって思えてくる。

そんな基準で見ちゃいけないなとは思いつつ。




14時半くらいに見終わり、ボタニカルガーデンのほうへ行ってみたけど、
さすがに天気が悪いと寂しいだけなので、すぐに帰った。


 


Posted 2017.06.21, 20:47 by mera and filed in 2017.06: オーストラリア
2017.06.21

Laneways

6月20日(火)

Federation Square の Visitor Center に行ったら Laneways の地図があったのでもらう。
そして階段に座りながら、おにぎりを食べて腹ごしらえ。



そんなことしてたら、小学生らしき女の子に、アンケートを求められた。
メルボルンの食事は高いですか?とか、観光はどうですか?とか。
平日だからか、そういった社会科見学っぽい集団がたくさんいたな。

結局もらった地図は細かすぎて、ネットで見つけてた地図の通りに進むことにした。

アーケードと言っても、デパートの中の通路みたいなところから、
路地裏のカフェ通り、特に何もない路地裏まで、いくつかタイプがある。

もちろん写真を撮ることを目的にはしていたけど、逆光になるので上手く撮れなくてもどかしい。

路地裏の店はそこまで高くなかったりして、たしかにお気に入りを見つけたら通ってしまいそうだ。
そして、歩いてる途中でいくつかアウトドアショップを見つけたので、中に入ってみてみたり。
やっぱり、Paddy Pallinは好日山荘っぽい雰囲気で、なんとなく落ち着く^^

表通りを散歩するよりは断然、楽しい散歩だった。







また11番のトラムで帰る。

 


Posted 2017.06.21, 08:16 by mera and filed in 2017.06: オーストラリア
2017.05.08

香港+ちょっと澳門

名古屋で1泊、香港に3泊、大阪で1泊。
香港では、九龍を1日、香港島を1日、マカオを1日、うろついた。

電車に乗ってたことも多かったけど、基本的に歩き回ってたし、
少しトレイルも歩いてみたりしたこともあったし、
ゆっくり座るような場所もなかったので、今まだ筋肉痛が続いている。

香港にいて、中国ってこういう感じなのかなって思った。
中国にはまだ行ったことないけど。

シンガポールみたいに、キレイな街を想像してたけど、違った。

街中が煙草臭くて、ゴミが落ちてるとか落ちてないとかいう問題じゃなかった。
道に大きな灰皿が狭い間隔で置いてあって、吸ってる人がたむろってる。

あとは、湿度が高かった。
雨季だから仕方なかったんだけど、曇天に湿度が高くて、ベタベタしてイライラした。

私は現地の人に見えるのか、100%中国語で話しかけられた。
英語で質問して、中国語で返ってきたこともある。

香港の人がみんな英語ができるというわけでもないようで、おばさんとかは中国語で押し通してきて、
中国語は全然わからないんだ・・期待に応えられず申し訳ない、という気持ち。

結局、香港はただの都会といえばそうなので、特にそこらの人と話すような感じもない。
店の人とかを除けば、ほとんど人と話すことなく、旅は終わった。

ビルを見ることが一番の目的ではあったので、新旧の高層ビルが乱立してるのは、カッコよかった。
古いビルが板チョコみたいで、味があるのに高層なのが、スゴイ迫力がある。

高層部分まで出窓になっているからなんだなって思って、怖くないのか?って思ったりしたけど、
日本の高層マンションでも、ある程度だったらベランダとかあったりするもんな。
でも、あんなに味がある建物になるのは、何か違うんだよな。

そういった建物だったり、派手な看板だったり、群衆だったり、
香港と同じような雰囲気を感じた場所は、今まで別の国ではなかったように思う。

だから、歩いているだけで十分に香港っぽさを感じることができたし、その辺は楽しかった。
もうちょっと写真の腕があれば・・・とは、何度も思ったけど。

きっとグルメとショッピングを目当てにして行くと、全然おもしろさが違うんだろうなって思う。
でも、一人でまた行きたいとは思わないかな。

 


Posted 2017.05.08, 22:42 by mera and filed in 2017.05: 香港
香港+ちょっと澳門 はコメントを受け付けていません。
2017.05.07

大阪

関西国際空港のカプセルホテルに宿泊。
場所がターミナルのフロアマップに見当たらず、ちょっと困ったが、
駅を挟んで反対側の建物だとわかってからは、問題なく。

大浴場がついてて、宿泊スペースも縦は分かれてないので中で立ち上がれる広さ。
その分、カプセルっぽさは少ないけどね。

このスペースと荷物置き場さえあれば普通に生活できるんだもんな。
もっと荷物を減らして、こういう家を目指すのもいいよな。

明日は6時半くらいの飛行機なので、けっこう早起きしなきゃ。
モーニングコールも頼んだけど、それより早く起きたい。

ベッドが傾いて起こしてくれるやつ、こういうところでこそ出番だと思う。

 


Posted 2017.05.07, 22:42 by mera and filed in 2017.05: 香港
大阪 はコメントを受け付けていません。
2017.05.07

最終日

夜に雨が降っていたようで、地面が濡れていて、ちょっと涼しい。
飛行機に乗る前はなるべく汗をかきたくなかったので、できることは買い物と食事くらい。

10時近くなるまで部屋でダラダラと過ごし、チェックアウトの声をかけて出る。

まだ雨がパラついていた。

Wan Chai駅の周辺が買い物スポットらしいので、行ってみる。
おもちゃなどを売ってる通りと、ショッピングモールみたいな通りがあった。
ル・クルーゼとかアンダーアーマーとかテスラとか、そんな感じ。

ざーっと見たけど、特に買わず。

次は、中環駅の周辺を見てみようと降りてみる。

何事!?と思うくらいに、女性ばかりが大量にたむろっていた。
最初はアイドルの出待ちとかかと思ったが、
買い物をして、食べ物をテイクアウトして、ただただ外にいるっぽい。

渋谷とかだと、大量に人がいても動いてるけど、
駅周辺すべてが待ち合わせ場所のように動かない人だらけなので、不思議な光景だった。

うろうろするのも疲れそうなので、もう空港に行っちゃうことに。

エアポートエクスプレスに乗り込み、ウトウトしかけた頃に到着。
チケットをリファンドして、50HKDゲット。

香港料理っぽいところで、ランチ。
チキンと焼き豚を乗せたご飯とチンゲン菜。

ゆっくり食べても30分くらいしかかからず、チェックイン。
自動チェックイン機を試してたが、パスポートを読み込ませられなくて戸惑う。
結局係りの人が来て、やってくれちゃった。

座席は全く選べず、1席しか残ってなかったのでそれで。
そりゃ満席か。

まだまだ時間はあるので、お店を全部見て回る。
何か良さそうなものがあったら買おうという気はあったけど、何も買わず。
お土産品も日本語が書いてあると萎える。

結局何も買わず、再両替した。
今回は、宿を除いても1.5万円くらい使ってるし、さらにマカオの往復はカードだし、
何にそんなに使ったんだろうなぁ、というくらい使ってる気がするな。

あとは大阪で一泊して、朝に羽田空港に帰って、そのまま出社、できるかな?

 


Posted 2017.05.07, 16:18 by mera and filed in 2017.05: 香港
最終日 はコメントを受け付けていません。
2017.05.06

マカオ

フェリーでマカオに行くことにしていた。
そのわりに、フェリーのチケットも取ってないし、どこを廻ろうかも決めてない状態。

フェリーの始発が7時半っぽかったので、尖沙咀のフェリーターミナルに向かう。
途中、Kowloon Park を通り抜けたのだが、普通にフラミンゴとかいて無料なのがスゴい。

中港城というところがフェリー乗り場で、チケットも売ってる。
ただ、時すでに遅し、マカオ行きのエコノミークラスは12:30まで売り切れ。
Superクラスなら空いてるけどどうする?っていう選択肢。

値段は倍になっちゃうけど、別の国に行くことを考えたら、2000円アップは許容。
予約してなかったのが悪いし、午前中を気持ち良く潰せる気はしなかった。

幸いクレジットカードを受け付けてくれたので、ついでに帰りのチケットも購入。
こっちはわりと空きがあったようで、17時半のエコノミー。

ここからはもう、スーパークラスですから( ̄^ ̄)って胸を張る。

ちょっと時間があったので、朝食にパンを買い、搭乗ゲートへ。

スーパークラス用のチェックインカウンターでチケットに座席番号を貼ってもらい、
出国の手続きはあったんだかどうだか、パスポートを機械に通して終わり。
荷物検査はなかった。

時間があったので、パンを食べて待つ。

時間になって、搭乗。
スーパークラスは2階の席で、ちょっとフカフカの良いシート。
窓はそんなにキレイじゃなくて、写真はダメな感じ。

周りの席はガラガラだった。

出発してすぐに、なんと機内食!(船内食?)
あると知ってたら、パン買わなかったのになぁ、、しかも似たパンがあるし。
フルーツとパン2つと水の軽食だったけど、フルーツとか嬉しかった。

wifiもあったりして、ガイドブックを見たり、のんびり過ごす。

世界遺産巡りをしようとは決めてたけど、それ以上のことは決めてなかった。
ガイドブックに、オープントップの周遊バス乗り放題があると知り、イイかもなと思った。

例によって頑張って歩けば廻れそうではあったが、
地図上に太い道路が多くて、車じゃなきゃ無理なのかな?と思ったりして不安だったのだ。

マカオに到着して、スーパークラスは先に降りるので優越感。
入国審査も、パスポートを機械に通して終わりだった気がする。

出口を出たら、地図を配るオバサンがいて、地図は単なる餌で、バスの勧誘だった。
聞いたらオープントップの周遊バスだっていうから、ラッキーでそのまま購入。
現金だと150で、クレジットカードだと180だというから、現金支払い。

しばらくしてけっこう乗客も増えたところで時間になり、バスは出発。
周りの写真を撮れるし、風があるから涼しいし、アトラクションっぽくて楽しい。
マカオタワーとか、像とか、いろいろ見れる。

世界遺産巡りのスタート、A-ma templeで降りる。
ここは岩がガツンと存在感あって、好きな感じのところだった。

そこから北上しながら、途中の世界遺産を見る。
土曜だけど学校があるのか、制服の子どもがたくさん歩いてた。

セナド広場辺りまで来たら、観光客がものすごくたくさん。
ショッピングとかカフェもその辺に集まってるのかな。

この頃になると、暑くて暑くて、ちょっと体調が悪くなってきてた。
とりあえず冷たいものを飲まなきゃと、ジュースを買ったり。

香港ドルはそのまま使えるという情報だけで来たが、コインの10ドルは使えないらしい。
何なら受け付けてくれるかわからないので、財布を広げて取ってもらった。
1ドルとかは選んでたので、ホント10ドルコインがイヤなだけだったみたいだ。

なかなか回復しないけど、涼しいところで座れる場所もない。
冷房が効いてるところはゆっくり見学。

モンテの砦は、道がちょっと分かりにくかったが、教会とかより遺産っぽくてよかった。
そこからまた聖アントニオ教会への道も分かりにくかった。

ちょっと離れたところにあるギア要塞は行かないことにして、
それ以外のところを廻りきったら、リスボアホテルのバス停で、拾ってもらおうと思った。

バスの時間は決まってるので、少々早歩きで向かう。
間に合った~と思ってホテルの前で待ってたら、遠くの道路でバスが停まり、出発した。

なんと!あっちがバス停!?

確かに最初乗ってるときにもホテルの前には行かなかった気がするな~。。
手を振ったら気づいてくれて、もう一度バス停に来てくれた。

ありがたや。

なんだけど、バス停の表示もなくて、パンフレットにはホテルって書いてあるんだから、
そこから遠いところをバス停にしちゃダメでしょー。
パンフレットにバス停の場所も書けばいいのに。

無事に乗れたので、あとはフェリーターミナルまで連れてってくれる。
時間的にはもう一周乗っててもよかったので、迷う。

周遊バスの後半は、橋を渡って別の島のタイパというところ。
巨大なホテルがたくさんで、ラスベガスっぽいところだ。
繊細さはなく、普通の豪華ホテルを縦横3倍にしました!みたいな大味の建物が多い。

このバスに乗ってなかったら見なかっただろうから、乗った甲斐があった。

その辺の乗客の乗り降りにけっこう時間をとられ、私のせいもあって、
時間は20分くらい押してしまってた。
もう十分見たし、ターミナルで食事でもして時間を待とうって決めた。

ターミナルに着いて降りる人は少なかったので、皆さんまだまだ遊ぶんだな。

ターミナルで一応購入した船がちゃんと出そうか、掲示を確認。
そして、レストラン。

15時半という中途半端な時間だからか、ガラ空き。
そんなに食欲がなく、餃子とデザート。

食べ終わって16時過ぎになったが、まだ時間があったので外を散策。
といっても暑いし、遠くまでは行きたくないし、で、カジノをチラ見で終わり。

16時半くらいになり、そろそろチェックインしちゃおうと入る。
やっぱり荷物検査はないし、パスポートのチェックも超態度悪い人がテキトーに見るだけ。

ゲートまで行ったら、1つ前のフェリーがまだ出てなかった。
そっちとは別の列で待ってたら、なんと、座席番号シールを貼られ、搭乗できる風。

乗れっていうから、次の便だけどいいの?って聞いたら、いいから乗れって。
どうやら空きがあったら、乗せちゃうみたいね。

今度はエコノミー。
食事は付いてなくて、メニューを見せられただけ。

窓側でもなかったので、寝てた。

尖沙咀に着いたときには少し咳は出るものの、暑さによるダルさはなくなってた。
身体中が汗でベタベタなので、早くシャワーを浴びたかった。
でも今日が最後の夜なので、寄り道して帰る。

電車で太子駅まで行き、昨日見られなかった金魚ストリートを見て、
女人街の一本隣の西洋菜南街が地図上で赤くなってたので、通ってみた。

カラオケストリートとでもいうのか、カラオケを流して、おじさんオバサンが歌ってた。
誰でも歌うという訳じゃなくて、ストリートライブのカラオケ版みたいな。
日本の曲も、虎舞竜とか歌謡曲とかが、あっちの言語で歌われてた。

夕食がまだだったけど、昼食が遅かったせいかお腹は空いてなく。
気持ちが向いたのが、タロ芋とミルクのジュース。
選択肢が多すぎて選びきれなかったけど、美味しかったのでよかった。

甘くて冷たいものばかり欲しくなっちゃうの、良くないねー。

さて、明日は午後に空港まで移動なので、それまで何しようかな。
もう両替はしないで、手持ちのお金だけでやりくりしたい。


Posted 2017.05.06, 23:45 by mera and filed in 2017.05: 香港
マカオ はコメントを受け付けていません。
2017.05.06

香港島

昨日はホテル周辺をぶらつくだけで終わったので、今日から本格的に観光。
そもそも香港もイイかもなって思ったキッカケは超密集マンション。
その映像に心を動かされたのだ。

なので、今回の旅の目的でもあるそこへ、今日は行くと決めていた。

その他は、寺院も見ておこうかな~、ピークトラムも乗っておこうかな~、
中環あたりがアートな感じらしいので見ておこうかな~という感じ。

そして今日のプランは、
1. 黄大仙駅までMTRで行って、黄大仙寺院
2. 鰂魚涌(クォーリーベイ)駅までMTRで行って、超密集マンションを探す
3. 尖沙咀駅までMTRで行って、昨日行き忘れた重慶大厦に入り、レートの良い両替をする
4. 上環駅までMTRで行って、文武廟寺院
5. 歩いて、ピークトラムでビクトリアピークに行き、香港を上から眺める

今日の朝に決めたプランだから、さすがに大体その通りには進んだけど、
クォーリーベイでトレイルを発見して、歩いてみたりってのが追加になったりした。
こういうフレキシブルさは一人旅ならでは、か。

もう電車に乗るのも、乗り換えるのも、全然問題ない。
ただ、今日はガッツリ通勤ラッシュと重なってしまったようで、何だか申し訳ない。

黄大仙寺院は、駅ビルの名前が同じような名前になってたので、ちょっと衝撃。
寺院自体は、派手な色合いの仏教寺院という想像を超えはしなかった。
寺巡り自体がなんか久しぶりな気がした。

クォーリーベイは、外に出ようとしたら駅直結のビルに入ってしまい、方向わからず。
SIMを買ってないので調べることもままならず、勘で歩き出す。
もし想定しているのと反対の駅に着いちゃったら、戻ればいい。

もちろんお目当てのマンションを探しながら歩くが、古いマンションはどれも味がある。
もし見つからなくても、それはそれでいいんじゃないかという気にもなってた。

方向は合ってたようで太古駅まで来てしまった。
ガイドブックには、クォーリーベイ駅と太古駅の間の南側という程度しか書いてない。
観光地じゃなくて普通に住んでる方もいる場所だから、仕方ない。

でも、方角がわかったので、もうちょっと念入りに見つつ、クォーリーベイ駅方面に歩く。

古くて大きなマンションを見かけたら、近づいてみるという地味な作戦。
でも、2つめに怪しいと思ったところが正解だった。

道路側は商店が並んでるだけだが、奥まで行って振り向いたら、それだった。
ちょっと感動。

曇り空の白さで逆光になってしまい、どうにも写真がカッコ良く撮れない。
自分の腕のなさを呪う。

でも、大満足。

さて移動しようかな~と思ってたら、自然散策路みたいな看板と遭遇。

今日はプラン通りに行くと暇なのはわかってたので、行ってみることに。
少し進んだところに地図付きの看板があり、6km 3時間のコースと書かれている。

ちょっとマジなやつかも?と不安になり、水のボトルを買いに戻った。

さて行ってみると、完全な舗装道で、ときどき車も通る。
歩いてる人も意外に多くて、地元の年配の方々が健康維持のために登ってる感じ。
あと韓国人だか中国人だか香港人だかわからないけど、観光客っぽい人もチラホラ。

登山というものではなく、坂道を延々と登るものだった。

基本的には単調な道だけど、2回ほど視界が開けて、高層ビル群を見ることができた。

体力的には大丈夫だったけど、汗だくになってしまった。
洗濯しなきゃ。

あとでカメラの記録で調べるけど、往復で3時間はかかってないくらいだと思う。
もっと先にも道は続いてたけど、知らない場所に出ても困るので、引き返した。

時間的にもお昼くらいになり、尖沙咀でランチを探すのも追加。
重慶大厦はすぐに見つかり、入ってみたら、確かにレートが良い。
690というのを見つけて、また両替。
50HKD違うのはデカイ。

ランチもここでと思ったが、インド料理ばかりだったのでやめた。
近くをうろつくが、一人で入りやすそうな店がなく、とうとう見つけたのはマンゴーの店。
ランチセットみたいなのがあり、しかも安いので即決。

ジュースは美味しかった。
ご飯とおかずとデザートは、まぁまぁかな。

満足したので、文武廟寺院。
行くまでに坂だらけで、もう足が疲れきってたのでつらかった。
キャットストリート、ハリウッドストリートもチラ見して、ピークトラムを探す。

ガイドブックの地図が大事なところで切れてて、迷いかけたけど、無事看板を見つけた。

チケット購入の列がすごくてビビった。
カードにチャージしとけば良かった、と思いつつ、どうせ暇だしいっか、となる。

トラムはなかなかの勾配を登ってて、楽しかった。

上に着いて、真っ先に展望台。

湿気のせいかモヤがかかったような感じではあったけど、
昨晩の場所を反対側から見るのはおもしろい。

夕焼けにも夜景にもまだまだ時間があったので、レストランで食事。
チャーハンとアイスミルクティー。
チャーハンが薄味で途中で飽きてきたというのもあるけど、ゆっくり食べた。

それでもまだまだ時間があり、頂上近辺を一周するトレイルコースを歩いてみたり。
その途中で夕焼けかな?という感じにはなったけど、曇り空で全然キレイじゃなかった。

これはもしや夜景もイマイチかな?と思いつつ、完全に暗くなる前に戻ろうと早歩き。
戻ったときは薄暗くなってたが、やっぱりちょっとイマイチな夜景だった。
湿気が多い季節はこんなもんなのかもね。

あっさり諦めて、下りのトラムに並ぶ。
これまた長蛇の列。

トラム乗車中にチラッとビルの夜景は見えたけど、夜のビルという以上のことはなかった。

帰りは、旺角駅まで行って、女人街というマーケットを通って帰ってきた。
何も惹かれるものは売ってなかった。
偽物を持って帰っちゃいけないということを考えると、買えるもの少なさそうとか思ったり。

歩きまくって疲れたけど、香港に未練はなくなった。
食と買い物の優先順位が低いと、そういうものか。

明日はマカオに行ってみるつもり。
調べなきゃ。

 


Posted 2017.05.06, 00:40 by mera and filed in 2017.05: 香港
香港島 はコメントを受け付けていません。
2017.05.05

香港初日

香港行きの飛行機が、悪天候のため出発が2時間くらい遅れる。
のんびり映画を見てたからよかったけど、なかなかの遅れ具合で少々ビックリ。
どれだけ天気悪かったんだろ。

13時着が15時着になったくらいなので、行動にはさほど影響なし。
それよりも、キャッシュカードを持ってくるのを忘れたのが痛い。
日本円はけっこう持ってたのでよかったけど、両替のレートを気にする。

到着して、1万円を両替し、Airport Express Travel Pass を購入。
空港からの特急列車の往復と、3日間MTR乗り放題で、350HKD、5500円くらいかな。
特急が片道100HKDなので、150HKDくらいがMTRということで、乗りまくろう。

booking.com で予約していたゲストハウス、大きなマンションの一部。
11階の一室に受付があって、別フロアの部屋の中の部屋が宿泊場所。
ちょっと分かりにくいけど香港では普通っぽい。

受付のお姉さんは日本語が少しわかるイイ感じの人。
急に日本人が増えたけど何?って、ビックリしてたので、GWを教えた。

長袖2枚も着てたので暑くて、部屋で早速、半袖ハーフパンツにチェンジ。
歩く用のサンダル持ってくればよかったなぁ。

カメラと貴重品を持って、お出かけ。
ゲストハウスの支払いが Visaって書いてあったのに、サービス料かかるからヤダって。
現金を仕入れるため、まず両替所を何軒か見てみる。

見方をすっかり忘れてたが、We buyと書かれたところの金額が高い方がいいのね。
1ドルいくらって考え方だったから、分かりにくい。
10000円が645HKDくらいなので、1HKD=15.5円くらい。

ガイドブックに書かれてる2016.11時点のレートだと13円なので、だいぶ悪い。
九龍地区のレートが悪いのかな。
明日は香港島に行くから、そっちで両替しよう。

交通費とホテル代でだいぶ使ったので、貧乏。

油麻地と佐敦の間に泊まってるので、男人街を見て、尖沙咀まで歩く。
何となく銀座っぽい店並びで、港だからか横浜っぽくもある。

夕焼けの時間だったので、写真タイム。

少しお腹が空いたので、エッグタルト。
100円ちょっとで買えると、貧乏中な身にとって安心。

20時からショーということで、19時だったけどそのまま夕焼けを眺めて待つ。
写真を撮ってたらバッテリーが減ってしまって焦る。
夜景ってバッテリー喰うのよね。

20時に近づくにつれ、周囲の人がガンガン増える。

ショー、音楽に合わせてレーザー光線やビルのライトが変わる。
花火とかはなくて、ビルたちが頑張ってる感じが、可愛いげがあって良い。

尖沙咀から一駅だけ電車に乗って、また男人街を見て、帰ってきた。
少しお腹が空いていたので、近くでチマキっぽいやつを買おうとしたけど、
頼んだものじゃなくて高いやつを買わせようとしてくるので、諦めた。

やたらと中国語で話しかけられるが、全然わからないので申し訳ない。
すぐ英語に切り替えてくれる人はいいけど、そうじゃない人もけっこういる。


Posted 2017.05.05, 01:13 by mera and filed in 2017.05: 香港
香港初日 はコメントを受け付けていません。