2018.12.04

0才から100才まで学び続けなくてはならない時代

0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書
著: 落合陽一

落合氏の話は断片的には聞いたことがあったけど、まとめてガッツリ読むのは初めてだ。
論理的な思考と、アートの思考を両方持つこととか、共感できることが多い。

考え方が偏っていなくていい。

若者代表みたいな立場で紹介されていることが多いから、もっとデジタル寄りな人かと思ってた。
ちゃんと感覚を重要視しているからこそ、彼の研究やアートがあるわけだ。

暗記じゃなくて本質が大事ってところは当然ながら、
自分の考えや自分の言葉を探すことの重要性、その訓練が日本で普通に生活していると足りないことなど、
いろんな視点から見た考え方が書かれていて参考になる。

さらっと読めて、よかった。

基本的に全部Agreeなんだけど、それはそれでいいのか悩んでしまう。
そう思うなら、もっと自分で発信しないとって思ったり、自分で言語化しないといけないなと思う。

 


2018.12.04, 22:58 /
0才から100才まで学び続けなくてはならない時代 はコメントを受け付けていません。
2018.11.20

ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
フレデリック・ラルー (著), 嘉村賢州 (著), 鈴木立哉 (翻訳)

進化型組織と書いて、ティール組織と読む。
ってことで、今よくある組織と違った、進化型の組織について書かれた本。

これといった定義があるわけではないが、組織の目的に向かって個々が判断しながら進むもの。
命令で動くわけでもなく、役割分担が決まっているわけでもなく、
個々人が自分のできることを、どう活かしたら組織が目的に近づけるかを考える。

その組織の目的も、お金とか規模拡大とかじゃない。
よりよい品物を作るとか届けるとか、よりよいサービスを提供するとか、中身の精神的なものに近い。

目的がちゃんとあって、自分に何か貢献できる能力があるなら、これはうまく行くと思えてしまう。
ただ、これは自分一人の問題じゃなく、組織の皆が同じように各自で行動を決めていくのだ。

そう考えると、サボる人がいるとか、偉そうにしてて何もしないやつがいるとか、そういうことが気になりそうだ。
それもまたわかっていることであって、その対策として、評価も全員で行うということになっていく。
もしくは自分で自分を評価し、それを他の人たちがレビューする。

そうやってピアレビューをすることで、監視の目となる。

厳密な定義のあるやり方ではないが、基本的にはこういう考え方で、うまく行ってる組織がある。
その事例を紹介しているパートが中盤に出てくる。
やり方は1つじゃない、ということもわかる。

こうして読み進めている中で、過去の組織を思い出した。
1つ前にいた職場は、順応型(アンバー)なのに、進化型になりたがってホラクラシーとか言ってたな。
ボトムアップで何か進めようとすると、トップダウンで全否定する、その繰り返しだった。

さらにその前は、完全に順応型、その前は達成型か多元型、その前は達成型、その前も達成型か多元型、かな。
今はきっと達成型の会社が圧倒的に多く、古い体質だと順応型のTHE日本って感じの組織で、
新しい感じだと多元型だったり進化型だったりというイメージだ。

こうして整理して考えてみたことはなかったが、自分が組織に興味を持っているし、
仕事をする上でもかなり重要なポイントとなっていることに気づけた。

600ページ近くある長い本だったが、読み終えることができてよかった。

 


2018.11.20, 21:15 /
ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現 はコメントを受け付けていません。
2018.06.17

仕事は楽しいかね

仕事は楽しいかね?
デイル・ドーテン (著), 野津智子 (翻訳)

試してみることに失敗はない。
昨日より今日がよくなるように、いろいろ試してみるべきで、
いろいろやってみると、偶然から新しいことが生まれたりもする。

仕事は楽しいかね?2
デイル・ドーテン (著), 野津智子 (翻訳)

良い部下、良い上司とは、互いに高め合える関係。
指示すればいい、言うことを聞いていればいい、ということではなく、
何を与えられるか、何を得られるかを考えて動こう。

仕事は楽しいかね?≪最終講義≫
デイル・ドーデン (著), 中村 佐千江 (翻訳)

優秀な人とは、最高を超える力を出せる人のこと。
自分の力で片付けようとせず、周りの力をうまく引き出し、能力を高められる人。

—-

3部を一気読みして、目から鱗ということはなく、納得のほうが大きい。

それらのことを、自分が楽しくないと思っているときに発揮できるかがポイントのような気がする。
ノッてるときはきっとできる人が多いだろうけど、ノせる側にならないといけない。

ポジティブな気持ちになれる本だったので、読んでよかった。

 


2018.06.17, 19:15 /
仕事は楽しいかね はコメントを受け付けていません。
2018.01.02

モチベーション革命

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書
尾原和啓 (著)

乾けない世代、と書かれている、いわゆるミレニアル世代。
生まれた時から物は十分にあって、何かを得るためにガムシャラに働くことはない。
なんか意味のあることをしたくて、そういう働き方をしたい。

ものすごい実感が湧く。
私も年齢的には境目だろうけど、断然こっちの乾けない世代。

プライベートゼロでガムシャラに働くことに意味を見出せない。

そんな世代が、どうやって生きていけばいいか、何を仕事にしたらいいか、
どうやって働いていけばいいか、どういうチームを組んだらいいか。

昔は同じような人たちが集まればよかったが、
今はそれぞれの個性を知った上で、組み合わせれば最強という状態を作ることが大事。
個性はあるものとして、それを生かす道をちゃんと探そう、というメッセージ。

また、新しいこと、クリエイティブなことをするためには、失敗を受け止めてくれる仲間が必要。

お互い様の精神。

これは前職で、失敗したら全力で責めるという若者たちを見ていただけに、やっぱり必要なのはこっちだよなと改めて思った。
なんでも自分のものがある時代だからこそ、自分は自分、他人は他人になっちゃって、許容する心がなかったりするのかな。

さらっと読める本ではあったけど、わかるわかると読み進められる。
だからといって、今すぐ自分の生活に生きるかというと、それは難しいわけだが。

何か猛烈にやりたいことがある人には良い時代。
それがない人にとっては、なかなか難しい時代である。

 


2018.01.02, 10:30 /
モチベーション革命 はコメントを受け付けていません。
2018.01.02

ブロックチェーン・レボリューション

ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか
ドン・タプスコット (著),‎ アレックス・タプスコット (著),‎ 高橋 璃子 (翻訳)

仮想通貨の話ではなくて、その根幹技術であるブロックチェーンについての本。
ブロックチェーンが簡単に言うとどういうもので、世界をどう変える可能性があるか、といったことが書かれている。

まだ技術的なことを理解したわけではないけど、
P2Pで複製不可というのは、応用範囲が広く、将来的に非常に重要ということはよくわかった。

これは真面目に勉強する価値がある、と思うし、
それに出遅れている自分が少し嫌になったし、この世界をすでに作りつつある大勢の人たちの行動力を尊敬した。

頑張って追いつこう。

 


2018.01.02, 08:53 /
ブロックチェーン・レボリューション はコメントを受け付けていません。
2017.10.22

家族ノマドのススメ: 好きなときに、好きな場所で暮らす生き方

家族ノマドのススメ: 好きなときに、好きな場所で暮らす生き方
著: 板羽 宣人

なんの異論もなく、ただ羨ましく思った本。
だいぶあっさりとした内容ではあった。

いいなと思ったのは、もちろん行動力もあるけど、
家族がいること、そしてどこでもできる仕事をしていること。

この2点。

特に前者が重要で、一人でやろうとは思わないんだよね。
どこか特定の場所に惚れ込んで・・・というのなら、一人でもわかるんだけど、
そうでもないと、私の場合はモチベーションが上がらない。

いいな。

いいな。


2017.10.22, 23:26 /
家族ノマドのススメ: 好きなときに、好きな場所で暮らす生き方 はコメントを受け付けていません。
2017.10.22

学校では教えてくれない 楽しい人生をつくる教室

学校では教えてくれない 楽しい人生をつくる教室
著: 岩田 麻央

さらっと読めるけど(各章についている課題やってないので)、
けっこう元気をもらえるし、今の自分を振り返って反省することもある。

自分の人生を送ってる。
でも、思い通りには行ってない。

ってのが、今の自分の状態かな。

他人と違う人生ってことには、わりと早い段階で慣れた。

30歳を過ぎたあたりから、他人に合わせないで言うべきことを言うようにはなってきた。
ストレスによる不調が、身体に出てくるようになったっていう、どうしようもない理由も大きいけど。

でも、生活するためにお金を稼いでいる、お金のために働いている、という状態は確かにあって、
仕事は、どうしても自分のやりたいことだからやってる、というわけではない。
それに週に5日8時間も使っているわけだから、本来は考え直すべきポイントではある。

叶えたい夢があるかというと、あるにはあるけど他人が関係するので、自分でどうにかできることでもない。
それに向かって邁進することもできないが、捨てるわけにもいかないので、今の状態がある。

だから、自分のやりたいようにやって、それで自分が困ってるのだから、
自業自得だし、納得すべき人生を送っていると言えるだろう。

とはいえ、もっと自分らしくいられる場所というのは、持ったほうがいいんだろうなって思う。
日々に忙殺されて、自分らしくいることすら忘れてるのだから、困ったものだ。

懐メロを聴きながら読んでたこともあって、高校や大学のときって、楽しかったなって、改めて思った。
それがその後に続いていないことが問題なんだ。

 


2017.10.22, 22:58 /
学校では教えてくれない 楽しい人生をつくる教室 はコメントを受け付けていません。
2017.06.04

日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。

日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。
著: 太田英基

わかってはいるけど、行動できない。
そういうことばかりではあった。

私が学生の頃にこれを読んでいたとして、行動できたか?というと No だろう。
特に海外に目を向けてなかったし、ヤバイという感覚も薄かった。

今は問題意識にも共感できるし、動こうと思ったら動くだけの行動力はあると思う。
でも、何をしたいのか?と考えると、何も出てこない。

世界がオモシロイことはわかってる。
動きたい気持ちもある。

何が足りないか。

私を縛り付けているものは何なのか。

 


2017.06.04, 22:48 /
日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。 はコメントを受け付けていません。
2017.05.14

凄いことがアッサリ起きる44のルール

凄いことがアッサリ起きる44のルール
著: 山﨑拓巳

夢実現プロデューサーとか言われると胡散臭いとしか思わないけど、
でも確かに、書かれていることは、とても納得のできることだらけだった。

ポジティブに、素直に、謙虚に。
おだてられても乗らず、冷静に動く。

わかってるよ!と思ってしまうんだけど、できてない。
自分の中にあるネガティブな感情を冷静に対処できるようになりたいものだ。

いろんな本のエッセンスをまとめた本ということなので、内容は広く浅くかもしれないけど、それでいい。
あっさり読めるし、反省する点も多いし、それなりに得られるものは多い。

 


2017.05.14, 01:32 /
凄いことがアッサリ起きる44のルール はコメントを受け付けていません。
2017.04.29

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには
著: 本田直之, 四角大輔

元会社員だった二人が、モバイルボヘミアンとして生きるようになるまでにやったことや、考え方などを、1章ずつ交互に語る。
なんだか対談というか交換日記というか、不思議な感覚だった。

ワークライフバランスじゃなくて、ライフがあって、ワークがあるという順番。
それができるようになれば、確かに素晴らしいし、
誰にでも出来る可能性はあるけど、
実現するためにはエネルギーが必要だということも想像に難くない。

私も研究職から開発職になったから、仕事の領域は広がったし、単に食べていくだけならできる気がする。
(両方できるという意味でも、開発のほうが需要が大きいという意味でも)
でもそれだけじゃ、好きな仕事しか引き受けないというレベルには到達できていない。

そこまで行くには自分が何が好きなのかを分かっている必要があるし、
それに対してお金を払ってくれる人がどれだけいるかとか、考えないといけない。

それができる頭の良さは、素地として必要。
それがあるのがこの二人というわけだ。

単に真似しようとしたって、真似で終わる。

得られるものも多く、可能性も感じるし、勇気ももらうけど、
最終的に自分が動かないと何も始まらないという、当たり前のことにも改めて気づく。

有意義な本。

実際に彼らが動いた年齢を考えると、私くらいの年齢からでもできるはず。
こういうことは、若いからできるというものでもなく、経験と実績が必要だから、当然か。
そういった意味でも、今読んでよかった本。

 


2017.04.29, 22:40 /
モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには はコメントを受け付けていません。