2019.05.21

Zpacks Pack Cover

また今年も山の計画を現実的に考え始めてる今日この頃。
今年の新しい道具は Zpacks のバックパックが一番大きい。

この前、出したり入れたりして、少し新しいバックパックにも馴染んできた。
ショルダーポーチは不要だけど、ベルトポーチは左右に欲しい、というのが気づいた点。

ということで、ベルトポーチを1つ買い足した。
ついでに、レインカバーも買おうと思った。

中が防水バッグであれば不要というのも見たけど、新しいザックを汚したくない。
バスに預けるときなんかカバーしたほうがいいんじゃないかという気もする。
で、どうせなら、と、軽い Pack Cover を購入したわけだ。

実測 41g だった。
Pack Cover

あとはヘルメットを軽量化するかどうかだなー。
でも、雲ノ平にはヘルメットいらなさそうだけど、どうなんだろ。

あー、晴れるといいなー。






2019.05.21, 23:41 / 未使用
2019.05.14

EVERNEW FPmat125

ザック内にしまえる薄いマットを購入。
こいつとエアマットを組み合わせて、エアが死んでも全滅にならない作戦。

EVERNEW FPmat125 EBA504



200g と書かれていたが、測ってみたら 185g で嬉しい。

厚さは、Zライトの半分くらい。
Zライトのほうも切ったので、長さは同じくらいで 125cm。
全身の分はないけど、ザックとか枕でどうにかなる。

重さは 185g vs. 300g なので、115g 差。
エアマットはそれより重いから、トータルでは重くなっちゃうけど、エアマット単体より安全。

 

硬いというのが特徴だったので、下にスティック糊を置いてみて、寝転がってみた。
でっぱりがあるのはわかるが、痛いということはない。
畳で寝る感覚というレビューを見かけたが、確かに硬いけど痛くなく、わかる。

この上にエアマットがあれば、十分だと思う。
試してみないと何とも言えないけど。

ザックに入れて、テントと寝袋とヘルメットを突っ込んでみた。

たぶん、イケるんじゃないかな。
楽しみになってきた。
サイズ : 125cm×50cm
厚さ : 5㎜
収納時 : 25cm巾折畳み
素材 : PE
質量 : 200g


2019.05.14, 20:32 / 未使用
2019.04.21

モバイルバッテリー

届いたものが、思っていたより分厚くて、ちょっと失敗?
10000mah のバッテリーを購入した。
これさえあれば、2回くらいはフル充電できるはず。

MOXNICE モバイルバッテリー ケーブル内蔵

ケーブルは microUSB タイプだと内蔵ケーブルだけでいけるのでスマート。
CタイプとiPhoneのタイプは変換アダプタが同梱されているので、つけないといけない。
変換アダプタがケースに入らないのが残念ポイント。

本体だけで、196g
変換アダプタとケースが合わせて 10g なので、合計 206g

山に持っていくのは迷う重さではあるけど、あったほうが安心だろうな。


2019.04.21, 18:19 / お買い物
2019.04.21

エンディングノート

GWにやることとして、1つ決めたのは、エンディングノートを作ること。
札幌でできる範囲はやってしまおうと思う。
調べながら書かないといけない点については、自宅に資料があるだろうから後回し。

どうせ後で書き直すことを考えたら、本の形式では無駄だし、
かといってフリーに書こうとすると、絶対に何を書けばいいのかわからなくなる。

そこで見つけたのが、ルーズリーフ形式のエンディングノート。

レイメイ藤井 リフィル My Life Binder用 A5 MLR161

ひとまず、同じサイズの方眼紙タイプも併せて買ったので、そちらに書こうと思う。


2019.04.21, 18:05 / お買い物
2019.04.20

キングダム

中国の西に領土を持つ秦で、奴隷の少年・シンが天下の大将軍を目指し、
奴隷の先輩だったヒョウと共に修行をしていたが、
ある日ヒョウだけ、突然やってきた王宮のショウブンクンに連れて行かれた。
残されたシンは修行を続けていたが、王宮の内乱で殺されかけたヒョウが、シンに伝言を託すため戻ってきた。

https://kingdom-the-movie.jp/

ヤングジャンプの漫画が原作ということだが、一切知らない。
というか、その漫画の存在すら知らなかった。
そして、三国志とか中国の歴史にも興味はない。

そんな状態だったけど、予告で見たスケールの大きそうな映像に惹かれ、見に行った。

観てよかった。

ストーリーもシンプルだし、登場人物の名前がわかりにくいこと以外は、特につっかえるところもなく楽しめた。
やっぱりジャンプの友情・努力・勝利が全て詰まった、爽快な映画だった。


2019.04.20, 14:47 / ☆☆☆☆
2019.03.22

ROMA/ローマ

ROMA/ローマを観てきた。
Netflixで配信されている映画が、映画館でやってたので渋谷UPLINKにて。

小さい映画館で、外国人の姿も多かったが、途中から大きなイビキをして寝ていた人がいたり、
後ろの席のおっさん二人組がことあるごとに爆笑して椅子を蹴ってきて鬱陶しかったり、ちょっと変な空気。

何の前情報もなく見に行ったので、最初はタイトルからイタリアのローマの話かと思ったが、
スペイン語である時点でなんかおかしいなと思ってはいたので、どこか異国の話ということしかわからない。

最初はずっと、生活を見ているだけな感じ。
中流階級の子だくさんの家族と、住み込みで働く家政婦たち。
そこで描かれている人間関係こそが、この映画のテーマでもある。

後半になるにつれ、壊れかけていたところが決定的になっていき、逆に家族と家政婦の絆は深まる。
だから前半は、これをずっと見せられるのか?あー旅に出たいなー・・・とか思いつつ、若干退屈。
後半になってグッと、掴まれた感がある。

賞をたくさん獲ったことを理解するのは難しいけど、このTHE人間の生活ってところなのかなー。


2019.03.22, 00:05 / ☆☆☆
ROMA/ローマ はコメントを受け付けていません。
2019.03.17

運び屋

クリント・イーストウッド監督・主演 運び屋

クリントイーストウッド監督作品は、いくつか好きだった印象なので見てきた。

ユリを育てて品評会で受賞したり、仕事一筋で家族をないがしろにしてきたアール。
事業が潰れ、家族にも受け入れらず、というとき、たまたま会った若者にドライバーの仕事を紹介される。
何も知らずにドライバーを始めたが、実は麻薬組織の運び屋になってしまっていた。

イイ人だと、疑われない。
90歳という超高齢者だと、疑われない。
積極的に他者に関わる人だと、疑われない。

これを見ていて、ピエール瀧が頭に浮かんでいた。
麻薬や覚醒剤を30年(?)もやっていたのに捕まっていなかったのも、同じだよなーって。。。

問題が起きてないからと、どっぷり浸かってしまって、悪いことしてるっていう自覚があっても、抜け出せない。
抜け出せなくなって続けてしまい、結局は法律違反だから捕まる。

見ながら、ボーッと、何のために生きてるんだろうなーとか、考えてしまった。

あーあ、やっちゃったなーっていう気持ちが大半。
高齢者に対する詐欺にひっかかっちゃった人を見ている気分。

でも本人が悪事に手を貸してしまっていると気づいてからは、罪悪感との闘い。
後半は家族との絆は、勇気を出して再構築してみるべき、という、ちょっと救われた気持ち。

心が痛む映画だった。

 


2019.03.17, 17:08 / ☆☆☆☆
運び屋 はコメントを受け付けていません。
2019.03.10

トレーニング

ガバじゃないホールドを持つためのトレーニング機器を買ってしまった。

前に指のを買ってて、そっちは当時ぶら下げるところがなかったので、メルカリで売ってしまった。
ぶら下がり棒を持ってる今となっては、ちょっともったいなかったなって思ってるけど。

Metolius(メトリウス) ポータブルパワーグリップ ME14009

今日届いたので、早速開封。

木なのが、なんとなく素敵。

ロープでつける方式なので、下部は八の字結びで堰き止めて、上部はダブルの八の字結びで止めてみた。
もうちょっとよさげな結び方があったら、そっちに変えてもいいけど、今は知識がない。

ロープ自体が細いのが若干不安だが、慣れれば大丈夫かな。
足はギリギリつま先が着く高さにしたので、万が一ロープが急に緩んでも大丈夫なはず。

さて、手首の調子を見つつ、少しずつでも鍛えてみよう。

 


2019.03.10, 19:38 / イイ感じで使用中
トレーニング はコメントを受け付けていません。
2019.03.04

ワンダー 君は太陽

先天性の病気で生まれてすぐから整形手術を27回も受けてきたオギー。
引きこもって自宅学習を続けてきたが、両親は新学期から普通の小学校へ行かせることにする。
最初しばらくは怪物扱い・菌扱いをされていたオギーだが、
実は賢くてユーモアがあるということに気づいた子が友達になっていった。

見た目だけなんだけど、見た目は第一印象でもあるわけで・・・
やんちゃ盛りな子どもの中であれば、当然のようにイジメの対象になる。

この映画で意外だったのは、オギーの物語だけではなかったこと。
中心にはオギーがいるが、母親も問題を抱え、姉も問題を抱え、姉の友達も、オギーの友達も、ワンコも?
みんなそれぞれに悩みを抱えて葛藤して、日々を生きている。

そういう意味ではみんな同じはずなのだ。
だんだんと時間がたつと、顔がみんなと違うとか、気にならなくなっていく。
オギーの周りの子たちもそんな感じで、慣れていく。

みんなで助け合って、見た目じゃなくて心で通じ合っていければ、心地よいだろう。

すごい感動したし、爽快な気分だったし、愛おしくなったし、よい映画だった。


2019.03.04, 23:06 / ☆☆☆☆☆
ワンダー 君は太陽 はコメントを受け付けていません。
2019.03.02

グリーンブック

黒人ピアニストのドクター・シャリーは、コンサートでアメリカ南部を廻るため、
ドライバーとして用心棒の経歴を持つイタリア人のトニー・リップを雇った。
トニーは最初黒人のことをよく思っていなかったが、ガサツでも仕事はやり遂げるという性格と、
彼の演奏を聞いてリスペクトの気持ちが芽生え、徐々に友情に変わっていく。

アカデミー賞受賞だからか満席だった。

差別のシーンも多く、あまり明るい話題ではないのはわかっているけど、
生真面目なドクターシャリーと、ガサツなトニーのやりとりがおもしろくて、笑いが起きていた。

実話を基にしているからこそ、笑いがあっても許されるだろう。
(不謹慎という評価を見かけたので)

やっぱり差別というのは理解できなくて、
黒人というだけでレストランやホテルを分けられ、買い物もできず、殴られ、逮捕され。。

そういうシーンのときはつらかったし、
何事もないシーンでも、悪いこと起きるなよ・・・って祈る気持ちが常に片隅にあった。

二人のうち、私はどちらかというとドクター・シャリーに親近感を覚えていた。
生真面目なところとか、怒りや悲しみを内側にずっと持っているところとか・・・。

でも私は、あぁいった差別を受けたことがなかったので、余計につらかった。
もちろん場所によってはイエローなわけで差別は受けるだろうけど、あそこまでじゃないだろう。

悲しく辛いところと、楽しく熱いところと、わかりやすい映画だった。
こういうのがアカデミー賞なのは、ちょっと意外な感もある。

 


2019.03.02, 22:09 / ☆☆☆☆
グリーンブック はコメントを受け付けていません。