2018.04.16

きっと、うまくいく

インドの名門工科大学に入学した新入生たち。
自由人ランチョー、動物写真を撮るのが趣味なファルハーン、信心深いラジューは友達になった。
悟ったような物言いで、機械いじりが大好きなので成績もトップなランチョー。
曲がったことがキライなので先生や先輩と対立してばかりなので、ファルハーンとラジューは彼に振り回される。

大人になってから再会しようというとき、ランチョーと連絡がつかない。
それで彼を探しながら、昔を振り返るわけだが・・・

とにかく、昔のヤンチャに遊びまわるところが痛快。
悪さばかりするんじゃなくて、要所要所で機械いじりを発揮するところがいい。

まっすぐで、機械好きで、友達想い。
ホントああいう人って大好き。

決められたレールなんてぶっ壊していくし、
丸暗記なんて無駄だってわかってて、物作りしまくるし、
ちゃんと愛する人に愛を伝えることができるし、ホント、イイ。

3時間近くある映画なので長いことは長いのだが、中だるみすることもなく、
ずっと楽しくポジティブな気持ちで楽しめた。

久々に、良い映画に出会った。

きっと、うまくいく
主演: アーミル・カーン, カリーナ・カプール
上映時間: 2 時間, 51 分


2018.04.16, 21:30 / ☆☆☆☆☆
2018.04.15

無線LANルータ IPv6オプション対応

BIGLOBEが遅くて遅くて、回線速度を測ってみたら1Mbpsしか出てなくて、
測定できないくらい遅いときもたくさんあって、イヤになってた。

調べてみたら、BIGLOBEでもIPv6オプションを使って接続すれば、速くなるらしい。
とはいえ、IPv6対応の無線LANルータは持っていなかったので、購入。

BIGLOBE公式に動作確認をしているのは2機種しかなく、片方は販売終了。
まだ売っている IO DATA製 WN-AX1167GR を購入した。

I-O DATA WiFi 無線LAN ルーター 11ac 867+300Mbps IPv6(IPoE)対応
WN-AX1167GR


6154円なので、500円/月のレンタルと比べれば、買った方が安くなるという算段。
(どうせ3年縛りだし、そのあとも無線LANルータは使うし)


ちゃんと速くなるかが心配だったが、
1. 電源とLANケーブルをつなぐ
2. 光中継機器の電源OFF→ON
3. スマホからWifi接続 (SSIDはルータに書いてある)
4. スマホでパスワードを入力 (ルータに書いてある)
5. スマホのブラウザが起動するので「かんたん接続」を選択
6. BIGLOBEのインターネット接続用のユーザー名・パスワードを入力
で無事に接続できた。

PCからも、192.168.0.1 に接続すれば、設定画面にいくっぽい。
ファームウェアのアップデートなどは必要なかった。

改めて回線速度を測ってみたら、10Mbpsとのこと。
何回か測っていたら、16Mbpsと出たこともあった。

X JAPAN の Coachella のライブ中継も、問題なく見ることができた。
Kindleの本もすんなりダウンロードできるようになった。

少しは快適になってくれるかな。

 


2018.04.14

卒アル処分

寝坊して、ゴミも出せず、ボルダリングにも出遅れたので行く気がせず。
そのままダラダラと過ごしていたが、家にいると、やっぱり断捨離をしたくなってくる。
何もかも捨てたい。

けど、ここに引っ越した前後でいろいろ捨てたので、もうだいぶ厳選されてきている。
もちろん、まだもったいないの気持ちをなくせば捨てられるものはあるけど。

で、今日は、邪魔だと思っていて、処分の方法を見つけた卒業アルバムに着手。

節目写真館 という、電子データ化と処分をしてくれるサービスを使ってみた。
特に急がないので、ゆっくりプランを選択。
Webでは1ヶ月程度と書かれているが、申し込んだあとのメールではそれ以上にかかるかも、ということだった。

幼稚園、小学校、中学校、高校の4冊なので、1万円くらいかかるっぽい。
送ってからちゃんとした見積もりを送ってくるらしい。

というわけで、まだアルバムを送付した段階。
いつになるのかわからないけど、無事に電子化されることを願う。

 


2018.04.14, 20:41 / お買い物
2018.04.01

セブンティーン・アゲイン

バスケ部のエースであるマイクは、奨学金がかかった大事なバスケの試合の直前に、
彼女から大事なことを告げられ、試合をフイにしてしまった。
その後、彼女とは結婚したのだが、過去を引きずっていて生活はうまくいっていなかった。

家庭だけでなく仕事もうまくいかなくなったマイクは、高校に忍び込み、過去を懐かしむ。
そこでなぜか17歳の体に戻ってしまい、高校生活をやり直すことになる。

高校では自分の子どもたちと同級生。
家では深い会話をしていなかったので、勝手に楽しく生活していると思っていたが、全然違った。
自分の子どもたちがちゃんと楽しい高校生活を送れるように奮闘しつつ、妻への気持ちにも気づいていく。


という、わかりやすい話ではあるのだが、タイムスリップではなく、現代のまま体だけ高校生に戻る。
だから今を見つめざるを得ず、現状を第三者の視点で見ることになる。

過去の失敗を誰かのせいにするのは簡単。
だけど、そんな卑屈な心で良いことなんか起きない。

というのもそうなんだけど、
高校生の時にあんなにカッコよかった人が、
いくら堕落したからってあれだけダサいおじさんになってしまうというのも、悲しい。

セブンティーン・アゲイン(字幕版)
Amazonビデオ ~ ザック・エフロン


2018.04.01, 21:39 / ☆☆☆
2018.03.27

しあわせはどこにある

精神科医のヘクターは、日々患者と接するうち、幸せが何かわからなくなってしまう。
ある日突然、恋人のクララを置いて、一人で幸せ探しの旅に出た。
中国やアフリカを廻るうち、何が大切なのかに気づく。

ヘクターがとってたメモが欲しい。
なかなかイイ言葉があったんだよな。

お金で幸せを買えるわけではなく、ってのは、まぁそうだろう。
豊かになればなるほど、精神科医が増える現状をヘクターは知っている。

家族がいれば幸せなのか? パートナーがいれば幸せなのか?
それはたくさんいたほうがいいのか? 知らない方がいい?
恐怖や不幸との相対的なものなのか?

なんだかんだ、学びや気付きがあって、楽しく見られた。

しあわせはどこにある(字幕版) 2015
主演: サイモン・ペッグ, ロザムンド・パイク, トニ・コレット
上映時間: 1 時間, 59 分

 


2018.03.27, 00:07 / ☆☆☆☆
2018.03.24

MediaPad T2 7.0 Pro

昨日 MediaPad T1 7.0 LTE を買ったばかりだが、
夜に雑誌を読んでみたら、やっぱりフォントがつぶれてしまって、だいぶ拡大しないと読めなくて、
イライラしたので、結局、MediaPad T2 7.0 Pro を買ってしまった。

解像度をちゃんと確認しないで買った自分が悪い。

というわけで、T1 のほうはメルカリに出品。
買値では売れないだろうけど、わりと高めで出して頑張ってみる。

そして、MediaPad T2 7.0 Pro が早速届いた。

昨日やったセットアップをもう一度。
今度は他端末からのGoogleアカウントの移行ができなくて、普通にセットアップ。

解像度が違うと、全然見た目が違う。
Nexus7 のときのような心地よさがある。

買い換えてよかったと、本当に思う。

雑誌の細かい文字も、潰れないで表示される。
(その小さい文字をそのまま読むとけっこう疲れるけど、気持ちが違う)

こいつは nano SIM なので、Jelly Pro から抜き取って、こいつに入れてしまった。
なので今は、Jelly Pro がお役御免になっている。

もうちょっと慣れてから、どういう布陣にするか考えよう。
場合によっちゃ、もう1枚SIMを足すのもありだしな。



2018.03.24

MediaPad T1 7.0 LTE

Nexus7 の後継機が欲しかったのだが、そんなものはない。

でも、本が読めるくらいのサイズで、でも小さいタブレットが欲しくて、
7インチのSIMフリーモデルを探したら、こいつに行き当たった。

MediaPad T1 7.0 LTE

T2というモデルもあって、そちらのほうがCPUとカメラが良いのだが、1万円高い。
カメラを使う予定はないので、安いほうを選択。

失敗したのは、解像度の低さ。
店員さん、そこ言ってなかったんだよなー。。

でも、とりあえず本が読めるのであれば大丈夫ではあるんだけど、
雑誌の小さい文字は、やっぱり潰れちゃってるかなー。

もしダメって思ったら、T2を買って、こいつは売ってしまえばいいか。

ちょっと使ってみよう。

 


2018.03.24, 00:53 / イマイチ
2018.03.21

パーフェクト・タイム 100億分の1の奇跡

幻の波といわれる「パーフェクト・ウェーブ」を探し求めて、世界中でサーフィンすべく旅に出たイアン。
オーストラリア・ダーウィン、インドネシア・バリ島、南アフリカ・ケープタウンと転々とするうち、
アナベルという女性と恋に落ち、彼女を追いかけてモーリシャスに辿り着く。

実話に基づく物語、と、最初に表示されていなければ、違和感しかなかっただろう。
逆に、途中から急激にキリスト教映画になってしまっても、実話なら仕方ないかと思ってしまう。

何か足りないという思いを抱えたまま、世界を転々と旅する。
その気持ちはとてもよくわかるし、正直羨ましい。

綺麗な海を見ていると、バリいいなーとか、モーリシャス行ってみたいなーとか思う。

でも、ナイトダイビングのシーンから、明らかに不吉な感じで、宗教映画になってしまった。

全く信心深くない私としては、それが実話だということから、
人がどうして宗教を信じるかという気持ちを読み解きたいという思いで見ていた。

命がかかった場面では、気持ちの強さが大事というのはよくわかる。
それはきっとそうなんだろう。

その強い気持ちを保っていられたのは、何があったからか?
そこで、その拠り所が宗教だったという人もいるだろうというのはわかる。

イアンの場合は、宗教というよりは、母の言葉ということになるのかな。

なんでもいい、自分が強く信じることができるものがあれば、
そしてそれが自分以外のものであれば、自分ではどうにもならない場面で気持ちを保っていられるのだろう。

パーフェクト・タイム 100億分の1の奇跡
~ スコット・イーストウッド


 


2018.03.21, 18:55 / ☆☆☆
2018.03.19

グッド・ライ ~いちばん優しい嘘~

スーダンの内戦で家族を殺され、ケニアを目指して歩き続け、難民キャンプにたどり着いた少年少女。
時が流れ、選ばれた数人が、アメリカに移住できることになった。
しかし、アメリカの受け入れ先は難民であることもよく知らず、仕事の斡旋がうまくいかないことにイラつく。
時間が経つにつれて、今まで受けた心の傷が見えてきて、周りの態度も変わっていく。

本当のスーダン難民が演じていたということに驚く。

アフリカの村で過ごしてきて、そこから草原を歩き続け、難民キャンプで生きてきた人が、
アメリカの大量生産・大量消費の文化なんて理解できるわけもない。

家族が一緒にいることが一番大事で、仲間も大事にしながら、寄り添って生きている姿に、
強大な自然を相手にしてきたからこその強い絆を感じた。

自分のためより家族のためというのが先に来て、それは万国共通の心。
文化が違っても、そういう心はちゃんと通じるんだなっていうのは、ホッとする。

グッド・ライ、とはいえ、良くない。
まだ何も解決していないということを、最後にまた思い出させられる。

グッド・ライ ~いちばん優しい嘘~


2018.03.19, 22:37 / ☆☆☆
2018.03.17

ニューヨーク 眺めのいい部屋 売ります

画家の夫アレックスと、元教師の妻ルース。
二人が40年間暮らすのは、ニューヨーク・ブルックリンのビルの5階。
最高の眺めだったが、エレベーターがなく、これからの老いを考えて引っ越すことに。

今の部屋を売り、新しい部屋を買う、これがミッション。
だが、今の部屋に思い入れが強く、なかなか売りたい相手も現れず、次に住みたい部屋も見つからず。。

あそこまで固執できるほど、気に入った場所があるっていいなって、素直に思う。

1億円なんて、即決できないし、しないほうがいい。

そんなこと言ってたら、変わることはできないのかもしれないけど・・・
でも、それが好きだったら、ムリして変わらないほうがいいってこともあるんだろうな。

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(字幕版)
Amazonビデオ ~ モーガン・フリーマン


2018.03.17, 00:56 / ☆☆☆☆