2018.07.10

ぶら下がり棒

突然思い立って、買ってしまった。

ぶら下がり健康器 改良強化版 懸垂マシン

前にドア枠に突っ張って取り付ける棒を買ったことがあるのだが、
今の家は傷つけたらすぐにわかってしまうので、あの方式は無理で、棒はすでに売った。

だけど、肩を痛めてから、伸ばす運動をしたいのにできない、というのに悶々として、
ぶら下がりたい欲望が勝ってしまい、ポチってしまったのだった。

配送状況は、明後日来るということになってたのだが、今日の昼間に電話が来て、届けに来たとのこと。
持ち帰ります?みたいな感じだったので、他に方法ありますか?って聞いたら、
玄関先に置いて行ってくれた。

重いから持って帰りたくなかったってのもあると思うけど、ラッキー。

そそくさと家に帰って、組み立てる。

最初にネジをしっかり絞めてしまったら、パイプがささらなかったりしたけど、
基本に立ち返って、最初にゆるくしてから絞めたら、ちゃんとできた。

かなり頑丈で、思いっきりぶら下がっても、安心感がある。
しばらくボルダリングに行けない時期があるし、これは使おう。

 


2018.06.25

スウェットバンド

登山のときに、メッチャ汗をかく。
タオルで拭いたりはするけど、面倒なので使ってみたかった。


NIKE(ナイキ)スウッシュ ヘッドバンド


DYZD 汗止め ヘッドバンド

サッカー選手がつけてるのは見たことあるけど、前髪を上げてる人がつけてるイメージしかない。
私が前髪を上げって、すぐ落ちてきて邪魔になるのはわかってる。

だから、ハチマキみたいにつけたかった。
目立たない色でやったら、バレないくらいにしたかった。

で、黒と、細いタイプと、2つ買ってみた。

まだ実戦投入はしていないけど、次の山には持って行ってみようと思ってる。

前髪の下に押さえつけてから、後ろ側にバンドを回すようにすると、髪の毛が浮き上がりにくいかも。
そこまでは練習しておいた。

そもそも汗をかかない程度に歩けって言うけどさ、夏は無理だよな。

 


2018.06.25, 22:02 / 未使用
2018.06.18

ルーム

狭くて天窓以外に窓はなく、ドアもロックされた部屋で、母ジョイと息子ジャックは暮らしていた。
ジャックはそこで生まれたため、部屋の外の世界も知らず、母とテレビと本が情報源。
誘拐犯による差し入れも乏しくなり、母ジョイは部屋から出る手段を考える。

物語はそこで終わらない。
後半は、外の世界を知らなかったジャックと、罪悪感と人間関係で苦しむジョイ。
やはり無くはないと思える状況なだけに、心が痛む。

怖い話かと思ったけど、なかなか考えさせられる話でもある。
世界から切り離されて母とテレビしか知らない子が、どう育っていくのかとか、
外の世界を知っていた大人が、どうして外に出られなかったのかとか。

ジャングルで猿に育てられた少女とか、そういうのを思い出したけど、
違うのは、周りにいたのは人間なのに、人間の仕業であぁなったってことだよな。

ジャックが可愛いのがイイ。
髪を切った方が可愛い。

ルーム(字幕版)
主演: ブリー・ラーソン, ジェイコブ・トレンブレイ, ジョアン・アレン
上映時間: 1 時間, 57 分


 


2018.06.18, 21:18 / ☆☆☆☆☆
2018.06.17

仕事は楽しいかね

仕事は楽しいかね?
デイル・ドーテン (著), 野津智子 (翻訳)


試してみることに失敗はない。
昨日より今日がよくなるように、いろいろ試してみるべきで、
いろいろやってみると、偶然から新しいことが生まれたりもする。


仕事は楽しいかね?2
デイル・ドーテン (著), 野津智子 (翻訳)


良い部下、良い上司とは、互いに高め合える関係。
指示すればいい、言うことを聞いていればいい、ということではなく、
何を与えられるか、何を得られるかを考えて動こう。

仕事は楽しいかね?≪最終講義≫
デイル・ドーデン (著), 中村 佐千江 (翻訳)


優秀な人とは、最高を超える力を出せる人のこと。
自分の力で片付けようとせず、周りの力をうまく引き出し、能力を高められる人。

—-

3部を一気読みして、目から鱗ということはなく、納得のほうが大きい。

それらのことを、自分が楽しくないと思っているときに発揮できるかがポイントのような気がする。
ノッてるときはきっとできる人が多いだろうけど、ノせる側にならないといけない。

ポジティブな気持ちになれる本だったので、読んでよかった。

 


2018.06.17, 19:15 /
2018.06.16

膝サポーター

長い間、MIZUNO のサポーターを愛用していた。
けど、登山で使っていて、歩いている間にずれてくるのが気になっていた。
直しながら使えば、問題ないが、見た目も不恰好。

ということで、もうちょっと太ももの部分が緩まないやつを探してみた。
ズボンの上から着用するのが前提なので、筒状ではなく、巻きつけるタイプでなければダメ。

意外に、Amazon にたくさん安いのがあった。
前からこんなにあったのかな・・・。

膝サポーター 左右兼用 男女兼用
1DOT2






今日届いたので、家の中だけど少し着用してみている。

膝の部分に円形に枠が入っているのと、両サイドに縦に固いものが入っている。
そのため、膝を深く曲げるのは、少々やりにくいが、固定されている感はとても強い。

重さは、MIZUNOのやつより重いが、パーツが分かれていないので無くす心配がないのは良い。

MIZUNOのと、買ったものを、片足ずつ着用してみて、比べてみた。
つけた瞬間のホールド感は MIZUNO のほうが上。

だけど、しばらく動いたりしていると、差が出てくる。



この写真で、右が MIZUNO ので、ズレて不恰好になっているのがわかる。
左の新しく買ったほうは、全然ズレてない。

次の登山で使ってみるつもり。

 


2018.06.16, 18:14 / 未使用
2018.06.12

革靴インソール交換

もう2度と革靴なんて履くことはないと思ってたけど、来月履くかもしれない。
というわけで、唯一私が履くことができる秘蔵っ子を出してみたら、中がボロボロ。


でも、私に履ける靴なんて、なかなか見つかる気はしない。
だから当然、買い替えよりは、修理を選択。

ふと探してみたら、超薄型インソールなんてものがある。
【SAMTIAS】超薄型インソール(本革製)レディースフリーサイズ
(はさみでカットして大きさを調整)



今日、ポストに届いていたので、張り替え。

もともとのボロボロなインソールを、ひっぺがす。

裏側は粘着性のものだったけど、もうボロいので、それなりに剥がれる。
中のクッションは代わりがないが仕方ない。


剥がしたインソールを型にして、新しいペラペラのインソールを切り取る。
長さは2cmくらい切り取ったので、26.5cmくらいまでいけるんじゃないだろうか。

説明書通り、裏側に両面テープを貼って、靴の内部に貼り付ける。


見た目は、イイ感じ。

これでまたしばらく、こいつを履けるだろう。

 


2018.06.09

万引き家族

祖母、父、母、母の妹、息子、といった感じに見える家族だが、実際はそうではない。
祖母の年金と、父、母の少ない稼ぎをベースに、父・息子の万引きを足して、なんとか生活している。
近所で虐待にあっている女の子を拾ってきて、家族がもう一人増えたり、少しずつ、変化が訪れてきていた。

誰と誰がどういう関係で・・・というのは、徐々に明かされる。
宣伝で言われているような、家族で万引きをやって生計を立てているってのは、違う。

血の繋がりか、お金の繋がりか、心の繋がりか。
何が正解かなんてわからないけど、血じゃないんだろうなっていう気はしてしまう。
食べるためのお金と、人間らしくいるための心。

虐待されてた女の子のシーンは、最近の事件を思い出してしまってツライ。
最後のシーンがどうだったのか、続きが気になってしまう。

そして、城桧吏くんがイイ。
『誰も知らない』の柳楽優弥もよかったけど、それにもうちょっと明るさが足されてる感じ。

よかった。
良い映画だったし、考えさせられるし、ホッコリもする。

 


2018.06.09, 20:50 / ☆☆☆☆☆
2018.06.04

フローズン・タイム

彼女に振られて、ショックで眠れなくなってしまった画家志望のベン。
どうせ起きているならと、スーパーの夜勤バイトを始めたら、そこは変わった人ばかり。
不眠でボーッとした頭には、その変な世界でも、時間を止めてうまく付き合える。

だんだんとレジ係の女性と親しくなるにつれ、
ようやく前の彼女のことを冷静に見ることができるようになるのは、現実に戻った感じがあってイイ。

夢と現実の間をふわふわしてるような、不思議な世界。
普通に自分があの世界にいたら、イライラしたりムカつくんだろうけど、
そんなこともなく、現実と距離を保っちゃってるところが、独特の世界観で味がある。

主演: ショーン・ビガースタッフ, エミリア・フォックス, ショーン・エヴァンス
上映時間: 1 時間 42 分


 


2018.06.04, 21:39 / ☆☆☆
2018.05.28

エブリシング

免疫の難病で、無菌状態の部屋から出られないマデリン。
母親が医者ということで、小さい頃から一歩も外に出ずに自宅で過ごしてきた。
ある時、隣の家に青年オリーが引っ越してきて、窓越しにチャットするようになり、恋に落ちた。
接触できないままでいられるはずもなく、二人は隠れて会うようになる。

と、ここまではピュアな話。

で、だ。

『わたしを離さないで』を思い出してしまった。

外に出て、あれ?大丈夫だぞ? ってところから、薄々気付いてはいた。
でも、やっぱり倒れたので、そういうものなのか・・・とも思った。

それからの、展開である。

母の気持ちもわからないでもないので、不快なことはなく、ある程度予想できることでもある。
ちょっと怖いという気持ちはあるけど・・・。

何よりも、ピュアな恋愛はそのままで、キュンキュンできるのは、良い感じである。

主演: アマンドラ・ステンバーグ, ニック・ロビンソン, アニカ・ノニ・ローズ
上映時間: 1 時間, 36 分


2018.05.28, 00:48 / ☆☆☆☆
2018.05.27

キセキ -あの日のソビト-

医者の家に生まれ、医者にならなければならないというレールを敷かれていたが、
音楽をやりたくて、メタルバンドをやってメジャーデビューもしていた兄ジンだが、うまくいかない。
弟ヒデは、医学部の受験には破れ、歯科医を目指して一念発起するが、
めでたく入学してからは、大学の友だちとバンドを組んで、楽しく過ごしていた。
そんな弟たちの歌の素晴らしさに気づいた兄は、彼らをメジャーデビューさせようと奮闘する。

GReeeeNの誕生秘話。
歯科医をやりつつ、覆面で音楽をやるという、二足のわらじをキチンとしてる新しいパターン。
そういう新しいことをしている人は好きだ。

医者の家で、医者にならなきゃいけないというプレッシャーはよくわかる。
私の場合は特に何をやりたいというわけではなかったが、道を外れる時の、家から外れる感覚もわかる。
だからこそ、ちゃんと両立できていることを、本当に尊敬する。

メタルもいいけど、弟くんたちの歌は、楽しそうで、爽やかで、本当に気持ちが上がるのがわかる。
超ド直球ストレートってのも、欲しくなる時があるんだよな。
あの縦ノリも、今っぽい(笑)


どうでもいいけど、「ソビト」っていいな。
会社で、素人を「ソジン」って、バカにした感じで使われてるので、違う読み方でよかった。

 


2018.05.27, 21:05 / ☆☆☆☆☆