2006.09.15

嵐の前の

嵐の前の静けさ…とは言えないかな。
夜で暗いのに不気味な天気だ。

明日は飛行機が飛ばない気がしてきた。
さぁどうなるかな?どうしようかな?


Posted 2006.09.15, 00:09 by meg and filed in 2006.09: 沖縄
嵐の前の はコメントを受け付けていません。
2006.09.15

台風近づく

朝は意外と晴れていた。
石垣への飛行機は夕方、台風が来る時間、なので、国際通り、公設市場をうろつく。

okinawa3-001.jpg okinawa3-002.jpg

ちょっと早めのお昼を市場にて。
魚屋の兄ちゃんに誘われるまま、魚を食べることに。
刺身、あら汁、バター焼き。相席の兄ちゃんと話しながら、お昼から豪勢に食べてしまった。
彼は初沖縄だそうだ。

まだ時間はたっぷりあったので、焼き物展なぞ見ていたら、雨が降りだした。
外は滝のような雨。
ヤバいなぁと思いつつ、国際通りまで戻ると、快晴。

台風が近づいていることは確かだ。

okinawa3-010.jpg


Posted 2006.09.15, 13:42 by meg and filed in 2006.09: 沖縄
台風近づく はコメントを受け付けていません。
2006.09.15

不運は慣れてるさ

okinawa3-013.jpg
はい、飛べませんでした。
いや、飛んだけど着陸できませんでした。

1つ前までは行けてて、1つ後ろからは欠航が決まってたので、絶妙の不運さ。

飛行機は明後日に予約を取り直して、明日また那覇。どこ行こうかなぁ。

今まだ那覇は晴れてる。明日の天気は知らん。

タクシーの運ちゃん曰く、人間ドック学会があるそうで、この週末は那覇のホテルが埋まってるらしい。
確かにホテルは取れず、結局思いついたのが、晴海荘。
ムリに部屋を空けてくれたみたいで、、感謝。
ここのおばちゃん、相変わらず何言ってるのか、あまり聞き取れないけど(笑)

okinawa3-015.jpg


Posted 2006.09.15, 19:32 by meg and filed in 2006.09: 沖縄
不運は慣れてるさ はコメントを受け付けていません。
2006.09.16

襲来

台風来たよ~。

朝から風は強かったけど、ついさっき、横殴りの雨が降りだした。
樹々もワッサワッサしてる。

午前は首里城をゆっくりまわってたけど、午後をどう過ごそうか、まだ考え中。

okinawa3-025.jpg


Posted 2006.09.16, 12:40 by meg and filed in 2006.09: 沖縄
襲来 はコメントを受け付けていません。
2006.09.16

台風の過ごし方がわからん

もはや吹き飛ばされそうなほどの強風。
風圧で折りたたみ傘が曲がったから、傘は諦めた。

あまりに暇で、映画を見たいなぁと思い、新都心と呼ばれるところに来た。
観光の色は一切なく、きっと地元の若者が遊ぶ場所だろう。
人間ドック学会もここみたいだが…。

パイレーツ・オブ・カリビアンを見て、ドリカム中村さんのトークステージを覗いて、夕方。

もう出歩きたくない荒天なので、観光風情のない駅隣のビルで食事。
さすがに観光客っぽいのはいない。デートばっか。

この台風、明朝には通り過ぎててくれるだろうか。


Posted 2006.09.16, 18:03 by meg and filed in 2006.09: 沖縄
台風の過ごし方がわからん はコメントを受け付けていません。
2006.09.17

爪痕

okinawa3-038.jpg
石垣島に着いた。
まだ雲は厚く、小雨がぱらついている。

街路樹がバタバタと倒れていて、台風の脅威を感じる。
ここまでの直撃は10年ぶりらしい。

停電もまだ4分の1しか復旧してないそうだ。


Posted 2006.09.17, 09:18 by meg and filed in 2006.09: 沖縄
爪痕 はコメントを受け付けていません。
2006.09.17

竹富島は

okinawa3-046.jpg
今まだ、竹富島は停電・断水から復旧してない。

依然として厚い雲に覆われ、雨が降ったり止んだりを繰り返している。

okinawa3-053.jpg

というわけで、シャワーも出ないけど、泊めてくれるって。

okinawa3-056.jpg okinawa3-059.jpg
島中が片付けに大忙し。
邪魔しないように外を散歩していたら、2時間ほどで行き尽した。

もう地図なしで、どこへでも行ける。

行き尽したから、2度目のビーチに、今、向かってる。
たぶんまだ強風が吹き荒れているだろうし、泳ぎたいほど暑くないのだが。。

今日もまた青空を見られそうにない。


Posted 2006.09.17, 15:05 by meg and filed in 2006.09: 沖縄
竹富島は はコメントを受け付けていません。
2006.09.17

酒盛荘

台風被害からの復旧で迷惑になるようなら、
竹富に宿泊はやめようかな、なんて思ってた。

停電・断水だったし。

okinawa3-105.jpg
でも、私のために部屋が用意され、夕食の準備が進められ、
他にも宿泊者がいる、と知って、おとなしく泊めてもらうことにした。

そして、この旅で、今のところいちばん楽しい時間を過ごすことができた。

台風の被害を知ってて宿泊した物好きは、私を含めて4名。
うち2人が常連のおっちゃんで、あと1人は竹富島に1週間滞在の青年。
まず、竹富島は滞在する場所なんだということに驚いた。

okinawa3-115.jpg
夕食の時に初めて彼等の顔を見たのだが、そのときはあまり言葉を交わさなかった。
宿の人か客か、疑問だったから。。あとこの3人がグループかどうかも読めなかった。

停電のためランタンに灯を入れ、薄暗い食事だったため、そっちに気をとられていた。

しかし、食べ終わる頃、常連さんの1人が外で飲もうと誘ってくれ、
カロリー制限な常連さんを除いて、酒盛り開始♪

と言っても、青年は昨日飲みすぎたとかで、あまり飲んでなかったが…。

ランタンの灯りの下で、竹富周辺の釣りの話なんか聞いたりしながら、ウコン割りの泡盛を飲む。

その間にも、近所の人がロウソクを買いに来たり、ビールを買いに来たり、
そういう近所との密な関係が新鮮だった。
風で倒れた自動販売機を、客も含めて皆で起こしたりもした。
そのとき私は懐中電灯の発電係。

okinawa3-121.jpg
宿のおばあちゃんにボードゲームを教わったり、
足の裏に釘で怪我をしたおじいちゃんの治療をしたり、
いろいろしながら、台風被害のスゴさを聞いた。
風速70m近くあったらしく、貯水タンクも飛んだそうだ。
 
そんな中、部屋の蛍光灯がパッとついた!

ついた!って皆が叫んで、拍手した。

宿の人は友達に電話したり、近所からは喜びを分かち合う人が来たり、、、

なんか、良かった。

それからも近所の人を交えた飲み会は続き、酒、釣り、台風の話に交じる。
23時の門限で、お開き。
酒飲みと認定された私は、1日しか滞在しないことを悔やまれた。。

いやぁ、竹富島、良いとこっすよ。


Posted 2006.09.17, 23:45 by meg and filed in 2006.09: 沖縄
酒盛荘 はコメントを受け付けていません。
2006.09.18

観光業復活

朝食をいただいてから、また島をうろついた。
曇りではあるが、時折、陽が射す。

ビーチは干潮のため、殺風景。
だが、風がないので、居やすい。

okinawa3-134.jpg
集落には観光業が戻ってきていた。
昨日は片付けで手一杯だったようだが、最低限の片付けは終えたのかな。

okinawa3-142.jpg
昨日は寝ていた水牛も、今日はモーモー頑張ってた。

okinawa3-149.jpg
 
忙しそうだから、港までの送迎を断り、歩いて行くと言うと、助かるわ~とのこと。
竹富島、また晴れたときに来よう。



Posted 2006.09.18, 12:01 by meg and filed in 2006.09: 沖縄
観光業復活 はコメントを受け付けていません。
2006.09.18

また旅が終わる

台風13号に会う(遭う)ことがメインとなった沖縄の旅が終わる。

台風が沖縄に向かっていることは知っていたし、知ったうえで敢えて来たのだ。
もちろん当初の予定は台風じゃない。
離島でノンビリとシュノーケルすることだった。
結局1度もできなかったけど。。

綺麗な景色を綺麗なまま見る、それも魅力だけど、
それだけならばせっかく現地に足を運ぶのに、勿体ない。
航空券の半額を返金してもらうのと、現地の人々の暮らしの実態に触れること、
天秤にかけたら、後者が勝った。

いちばん心に残ったのは、竹富島での24時間。
観光客としてではなく、実際の暮らしを見ることができた。

「こんなときなのに来てくれて、ありがたいねぇ。」
「あんまり相手できないけど、いい?」
「今度はもっと良い天気のときに来なよ。」

「今度は台風じゃないときに来ます(笑)」

天気こそ最悪だったけど、数十年ぶりの大災害。
宿泊客同士、めったにない経験だよね~、なんて前向きに酒を飲んでいた。

那覇直撃は10年ぶり?石垣島のこの被害の大きさも10数年ぶり?
竹富島にこの規模の台風が来たのは昭和63年以来?おじいちゃんは50年ぶりって言ってたな。

とにかく島人もびっくりの台風だった。

撮った写真は被災地レポートのようだし、
いちばんたくさん青空を見たのは飛行機の窓。

灰色の厚い雲に覆われた空、天気に関係なく透明な海、
ところどころが崩れた有名な石垣、崩れた赤い屋根瓦、折れたバナナの木。
それが私の見た竹富島。

ガイドブックには載ってない。
ニュースにもならない。

暗い部屋でランタンの灯りで食事をし、薄暗い外で酒を飲み、
雨が降ればまた皆がランタンの下に蛾のように集まる。
それが内盛荘、前半。

電気が復旧し、遅くまで復旧工事をしてくれた誰かや、
いろいろな文明の利器に感謝しながら、蛍光灯の下に集まっていた。
それが内盛荘、後半。

たった1日しかいなかったけど、
台風13号に会い(遭い)に来た形となった今回の旅を、とても濃いものにまとめてくれた。

でも、

やっぱり青空のときに来たい!
台風体験は何度もするもんじゃない!

また来るぞ。絶対。

okinawa3-156.jpg
今回はそんな思い出を総括して、お土産は泡盛とおつまみ。
少ししかないけど、欲しい人はうちに来てね。一緒に飲みましょう。

あと半日で休暇終了だ。。


Posted 2006.09.18, 20:46 by meg and filed in 2006.09: 沖縄
また旅が終わる はコメントを受け付けていません。