2018.06.02

乾徳山

初めてやってみた誕生日登山、特にそのことを言うことはなかったけど。
反省の多い山行となってしまった。

まず、体力がなさすぎる。
荷物は軽かったのに、途中でガンガン抜かれてしまう。

熱中症みたいな感じになってたのかな・・・と思うくらいに、体が熱かった。
半袖だったんだけど、たぶんペースが速すぎた。
水もたくさん飲んでいたつもりだけど、やっぱり頭痛が収まらなかった。

バスの時間がギリギリである、という認識は強く持っていた。
だが、各行程のコースタイムがどれくらいで、実際にどれくらいの速度にしたいか、覚えてなかった。
大きなグループが複数いたので、巻き込まれまいと必死になってしまった点もある。

結果、コースタイムより1時間半ほど早くバス停に戻ってきてしまった。

山としては、楽しい。

登り始めてすぐは、急な坂道で非常につらいのだが、
新緑がキレイで、少し奥では白谷雲水峡とかチラッと思い出したりした。

途中からジグザグの単調な登り道で、ここがひたすら辛かった。
後半になって歩き方を変えたら少し楽になったので、単に私がなまってるだけかも。

そこを抜けると、岩ゾーン。
ここではストックをしまって、木や岩につかまりながら登った方が安定する。
こういうところは好きで、瑞牆山を思い出した。
近いし、地形も似てるのかな。

大きな鎖場が3箇所ほど出てきた。
それぞれ、渋滞していた。

特に鎖を使わなくてもいけるところが大半で、1ヶ所完全に鎖に頼ってしまったのが悔しい。
下りは完全に鎖に頼ったけど、それは仕方ないかな。

これらの鎖場、やっぱり団体さんがいると混む。
でも、リーダーがいると、交通整理をしてくれるので、比較的ラク。
(私を初心者扱いして指導してこようとするのがウザかったけど)

最初まだ団体を引き離してるときは、数人のグループやソロだけだったからか、
登る人ばかり連続して、間で人が立つ場所がなくなってたり、混乱してた。
ああいう場面で声を出すのって、やっぱ女性のほうが多いんだなって、見てて思った。

下りは、岩場までは同じ道を引き返して、そのあとは別のルート(道満尾根)を通ってみた。
最初は緩やかで、人もほとんどいなかったので、気持ちよかった。
でもそこを抜けたら落ち葉の坂道で、走って降りる人に道を譲ることも多く、膝も痛くなるし、イライラ。
ホント、山は下りが一番キライだ。

もうちょっと空いてるときに、ゆっくり歩きたかったな。
そして、もっとトレーニングしないと、テント装備を背負うのはキツイな。

09:06 乾徳山登山口バス停
09:33 乾徳山登山口
[01:10, CT01:40 = 0.7]
10:43 国師ヶ原
[00:39, CT00:45 = 0.87]
11:04 月見岩
[01:09, CT01:15 = 0.92]
12:13 乾徳山頂上(着)
12:19 乾徳山頂上(発)
[00:50, CT00:55 = 0.9]
13:09 月見岩
[00:27, CT00:45 = 0.6]
13:36 道満尾根(入口)
[00:54, CT01:10 = 0.77]
14:32 乾徳山登山口(道満尾根)
15:00 乾徳山登山口バス停

こうして比較してみると、全体的に少しずつ早かっただけなのか。
でも、下りでコースタイムより大幅に短縮してるのは、失敗だ。

0.6になっているところはほぼ平坦だったから、そんなもんだろうけど、
0.77になっているところは、本当にきつかった。
膝を痛めたのはそのせいだろうな。

 


2018.06.02, 23:29 / ハイキング登山
2018.05.19

弘法山など

I社の方々と一緒に、秦野でハイキング。
200m ほどの山ということで、登山靴でもなく、いつもの靴。

予定と実際はこんな感じ(カッコのほうが実際)

10:00(10:00) 秦野駅改札口集合
10:30(10:14) 弘法の清水
11:00(10:37) 弘法山公園入り口
11:30(10:59) 浅間山
12:00(11:23) 権現山
12:30(12:13) 弘法山(標高235m)
13:30(14:15) 吾妻山
14:00(14:55) 鶴巻温泉駅

ゆるいハイキングかと思っていたら、一番最初の弘法山公園入り口のところで、急に山っぽかったからビックリした。

登っている間、おしゃべりの好きな同期くんがおもしろエピソードをみんなに語ってくれてて、楽しかった。
なんか歩いている間しか話さないということになってて、続きを聞こうと休憩時間を切り上げたり(笑)

浅間山か権現山のあたりの平和の碑で、慰霊碑に書かれている名前を眺めて、
そこの法則性を探っていくところの時間を費やしちゃうところとか、懐かしい。

秦野タバコとか、地図に書かれている地名の英語名の法則性とか、
なんでもかんでも1つ1つ楽しむ。
その好奇心に溢れているところが、やっぱりここの方々と遊んでて楽しいところ。

弘法山でランチをとってるので、少しそこで時間はかかっているが、
それだけ見るもの1つ1つで話し込んでいたのに、ちゃんと進めていたのかと、今時間を書き起こして驚いた。
プランニングと今日のタイムキーパーをしてくださった方に感謝だ。

朝は雨の予報だったのに、最後の温泉では、心地よい風が吹いていて、まったり楽しかった。
いい季節なんだな。

もっと山に行こう。

 


2018.05.19, 22:40 / ハイキング登山
2018.03.18

金時山・明神ヶ岳+大涌谷

4時に起きるつもりが、30分遅れてしまったので、到着も少し遅れて8時スタート。
小田原駅からバスで仙石に行き、そこから道路沿いに少し歩いたところに、金時登山口がある。

そこからは看板がよい頻度で出てくるので、迷うことはない。
曇ってるせいか、それほど眺望が良いわけでもなく、両脇を高い草に囲まれた道を淡々と登る。
1時間くらいで頂上ということだけど、単調な登りなので、飽きてくる。

金時山と明神ヶ岳の分岐のところで、まだ3分の1くらい。
そこからまた淡々と登って、金時神社登山口からの道と合流したところで、まだ3分の2くらい。

頂上に到着して、意外に狭いんだなって思った。
でも、小屋が2つ営業していて、まだ9時半くらいなのに室内はすでに賑わっていた。

トイレ休憩をして、また来た道を戻ってたら、登ってくる人とたくさんすれ違った。
小さい子供や犬の散歩や、登山の格好をしてないお爺さんなど、近所の山って感じ。

分岐まで戻って、明神ヶ岳方面へ歩く。
こっちは人が少ないし、道がもっともっと単調でつまらない。
休憩できるところがあったらランチにしちゃおうかなと思ったけど、道が狭くて休憩場所もなく、頂上まで我慢。

ずっと強風で、それが両脇の高い草に遮られてたが、稜線でそれがなくなって強風がつらい。
でも山頂くらいしか広い場所がないのかな・・・と思ったので、強風の中でランチ。

マカロニが入ったインスタントスープを飲んでたのだが、
スプーンですくったものが風で服に飛んでベチャベチャになってて悲しかった・・・。

頂上を去って、下山はよくあるジグザグな岩と木の道。
1時間半くらい下って、別荘地の横を抜け、町に降りたのだった。

そのときまだ13時半くらい。

地図で見て、大涌谷が近そうに見えたので、行くことにした。
懐かしい場所だ。

強羅からケーブルカーでロープウェイの駅まで行き(片道420円)、
ロープウェイで大涌谷まで行く(往復1510円)。

黒たまごを食べたいだけなのに、なんでこんなに交通費かけてるんだろうな(笑)

煙もくもくの様子を見て、たまごを買って、1つその場で食べて、戻ってきた。
帰りは、強羅から箱根登山鉄道で小田原まで戻って、帰ってきた。
その間ずっと頭痛で寝てた。。

 
08:09 仙石バス停着
08:12 金時山ハイキングコース矢倉沢口スタート
08:19 金時山登山口
08:41 矢倉沢分岐
09:22 金時山山頂 到着
09:28 金時山山頂 出発
10:04 矢倉沢分岐
11:05 火打石岳
11:52 明神ヶ岳山頂 到着
12:12 明神ヶ岳山頂 出発
12:42 宮城野・明星ヶ岳分岐
13:36 宮城野

14:15 強羅からケーブルカー
14:30 ロープウェイ
14:41 大涌谷 到着
14:57 大涌谷 出発

 


2018.03.18, 23:33 / ハイキング登山
金時山・明神ヶ岳+大涌谷 はコメントを受け付けていません。
2018.02.25

筑波山梅まつり

冬山は気軽には行けないので、なまった体をどうにかすべく、低山へ。
ということで、以前より気になっていた筑波山を調べたら、ちょうど梅まつりの期間。
むしろそっちのほうが気になって、梅まつりメインに行ってきた。

筑波山あるキップというお得なセットがあったので、それで。
(結局帰りにロープウェイを使ってしまったけど、片道ならまだ得かな)

梅まつりの会場の場所がよくわかってなくて、なんとなく流れに乗ってたら、間違い。
バスを降りてから、道を少し下ったところに梅まつりの会場がある。

濃いピンクが見えて、そこそこ咲いてる感じがして、よかった。
でも、何より曇天なので、どんより暗い。

9時過ぎからさらっと見て、1時間もしなかったかな。

10時くらいから、筑波山の登山。
まずは男体山から。

ケーブルカーの駅を目指すと、そのすぐ脇に登山道がある。
なかなか急なので、息があがる。

御幸ヶ原コースは90分で山頂ということなので、頑張る。
頂上が近づいてきたなというところで、急に大渋滞。

何事かと思ったら、地面が凍っていて、進めないご老人の団体さん。
結局這いつくばって進んでいた・・・。

そこから上は、氷の場所が多くて、アイゼンを持ってこなかったことを後悔。

御幸ヶ原まで到着したら、お店がいっぱいあって、暖かい食事に惹かれる。
でも、まず男体山の山頂に行ってしまおうと、あと15分の距離を頑張る。

そこは、氷のレベルが全然違った。。

それまでは氷と岩が一緒に出てきていたので、足の場所さえちゃんとすれば歩けた。
でも、一面完全に氷という場所が多数。。
下りの人は、歩くことを諦めて、滑って降りてきてる人もいた。

必死に頂上まで行って、少し写真を撮って、下りのほうがさらに怖い。
学生の団体さんが来たので先に通したら、すっ転びまくり。
だいぶ長く待って、通り過ぎてから、慎重に通る。

彼らほどすっ転ぶ場面もなかったけど、しゃがんで重心を超低くして、地面に手をついて進むことが多かった。
ホント、アイゼンを持っていくべきだった。

女体山に行くまでの20分ほどの道も凍っていた。
でも途中でガマ石に石を投げて、4回目でちゃんと乗っかってくれた!

そして、女体山。
こちらのほうが氷が怖い区間は短かったけど、それでも体勢は同じく、転ばないように全力。

こっちの頂上の方が、景色がよかった。
そして、大混雑していた。

また怖い氷の区間を降りてきて、ロープウェイのほうに行けば分岐があるんだろうと思ったら、
こっちは行き止まりで、頂上で分岐があるという貼り紙。

もう戻る気はしなかったし、また凍ってたらイヤなので、そのままロープウェイで帰ることにした。

ちょうどロープウェイが出発してしまったところで、次は20分後。
寒いのでレストランに入って、ラーメンを食べて温まった。

曇天のせいか、どんどん頭痛が強まっている感じがして、帰りはバスでも電車でもずっと寝てたが、帰ってきてもまだ痛い。

 


2018.02.25, 22:26 / ハイキング登山
筑波山梅まつり はコメントを受け付けていません。
2018.01.21

阿弥陀岳

モンベルで申し込んで、登山ガイド・イエティさんがガイドで、

公認山岳ガイドが指導する 雪山登山技術実践講習会
アイゼンワーク&アイスクライミング体験と八ヶ岳阿弥陀岳北稜登頂2days

に行ってきた。

アドバンスコースなので、ドキドキ。

ガイドさんは以前お世話になったことのある方で、なんか見たことある・・・という感じには覚えてくれてたみたい。

メンバーは3人で、私以外に夫婦1組。
よくしゃべる夫婦だったので、気持ち的には楽。

軽く自己紹介などしながら、車で赤岳山荘まで連れてってもらい、
そこからストックとアイゼンを出して、赤岳鉱泉まで、ゆるやかな上り坂を歩く。
暑くて、休憩のたびに脱いで、長袖Tシャツ1枚になってた。
ま、それでも0℃くらいだったらしいけど。

1日目は、アイスクライミングの練習だけ。
体験って感じじゃなく、2日目に行く阿弥陀岳のルートで、けっこうな斜度の箇所があるから、その練習とのこと。
それを聞くと、なかなかドキドキである。

傾斜の緩い壁から始めたので、楽しく登れる。
去年、3本目くらいで力尽きてアックスを落としてしまうという大失態をしたので、気合いが入る。
垂壁を少しやって、やっぱり腕の力が急激になくなるのは同じだったかな・・・

4本登って、おしまい。

まったりと部屋でおしゃべりして、同じイエティの別のガイドさんの部屋におじゃまして酒盛り。
そちらはスクール生ということでガチ勢。
なかなか面白かった。

夜はやっぱり豪華なステーキ。

21時ごろに就寝。
1時に起きて、4時に起きて、という感じだったけど、よく眠れたほうだと思う。

2日目は4:45に起きて、6時出発の準備。

行者小屋まではゆっくり歩いて、そこから樹林を抜けて、灌木帯という急斜面に入る。
そこが一番の難所と聞いていたので、ドキドキ。

ロープをつけて、私はガイドさんの後ろの2番目。
ピッケルを刺して、アイゼンを蹴り込んで、一歩一歩着実に進む。
ふくらはぎが痛くて、なかなかツライ。

でも、距離としては短くて、さくさく進む。
途中でトレースの上にロープ張ってる別パーティがいたりして、邪魔だったりしたけど、無事に通過。
その急斜面を通過したら、あとは10分で頂上。

360度見晴らしが良く、天気も最高で、すばらしかった。
見渡してみて、やっぱり雪が少ないんだなってことはわかった。

下りは、私が先頭で、ガイドさんが最後でロープの撤収などを行う。

ということで、急斜面を先頭切って降りていかないといけなかったのだが、
後ろ向きで降りるので、特に怖いこともなく、楽しかった。
私の後ろの方は怖がっていたので、下から見てわかる情報をいろいろ伝えてみたりした。

急斜面を降りたら、もうあとはのんびり。
またおしゃべりなどしながら、行者小屋、赤岳鉱泉と戻る。

荷物を整理して、あとは赤岳小屋に戻って、肉そばを食べて、
車で美濃戸口まで送ってもらって、おしまい。

まだ冬山登山は数回しかやってないけど、行くとまた行きたくなるんだよな。
みんな楽しそうなんだよな。

いいな。

 
福田ガイドの山行報告


2018.01.21, 22:52 / ハイキング登山
阿弥陀岳 はコメントを受け付けていません。
2018.01.13

金勝山・官の倉山・石尊山

埼玉県の低山ハイキングに、探検隊つながりの山サークルで行ってきた。
しばらくハイキングすらしてなかったので、300m の山とはいえ、久しぶりの登り。

地元の散歩道みたいな感じかもしれない。
地図もないので、ネットの情報が頼り。

駅を出て、まずは金勝山からスタート。
ゆるやかで単調な登りが続き、わりとすぐに頂上。

すぐ近くに小川げんきプラザという施設があり、プラネタリウムとか見られるらしい。
そこから官の倉山に行くには、一旦降りて、線路を渡り、反対側へ行かないといけない。

その道が長かった。

ホントは迷わず行けば30分くらいだったらしい。
しかし、まともに地図もない状況だったので、謎の道に降りたようで、行き止まり。
というか、そのまま先に進んだらまた金勝山に戻ってしまうという、ループ。

まぁ、一旦上に戻って車道を行けば確実に降りられることはわかっていたので、皆焦ることもなく楽しく迷う。

上に行きかけたところで分岐を見つけ、無事に線路のほうへ出ることができた。
30分のところを、2時間かかったみたい。

もう12時を過ぎてお腹もすいていたけど、予定では官の倉山の山頂でランチ。
その手前で神社があるっぽかったので、広場があったらそこで食べようと、とりあえず進む。

そこまでも少々迷いかけたりしたけど、さすがに、その都度ちゃんと検索しながら進む。

神社、なかなかオーラがある感じのところだった。
もちろん、広場なんてものはない。

頂上目指すか、と進み始めたところで、東屋発見。
池の脇に休憩スペースがあったのだ。

池は凍っていて、ファミリーが氷の上に石を投げて、不思議な音が鳴るのを楽しんでいた。
(そのあとも氷を割って遊んだり、お母さんと息子が氷に夢中で可愛かった^^)

陽に当たりながらランチを食べ、誕生日のお祝いをしたり、お菓子をもらったりして休憩。

その後、ようやく(笑) 官の倉山へ登る。

ひたすら登りだったけど、わりとすぐに頂上に着いた。
さすがに300m台だもんな。

頂上では池にいたファミリーがランチ中だった。

そこからすぐ横の石尊山に行き、下山。
そこで鎖場登場。
今日のハイライトとなるべき場所だ。

特に危険というわけではなく、鎌倉の天園にある鎖場みたいに、一応安全のためって感じ。
それでもけっこう距離があって、落ち葉が滑るので、鎖があると安心ってところ。

降りきって、平坦なところに出て、15時くらい。
なかなかの時間だった。

でももう街に向かうだけなので、大丈夫。

皆さんは温泉に行くということだったのでお別れして、私は帰宅。

300m台のハイキングだったけど、予定外にたくさん歩けてよかった。
うっすらと筋肉痛になった。
そして、ストックを使わなかったけど、膝は痛くならなかった。

 


2018.01.13, 23:18 / ハイキング登山
金勝山・官の倉山・石尊山 はコメントを受け付けていません。
2017.12.03

鎌倉

久しぶりに、鎌倉の天園ハイキング。
駅は激混みかと思ったけど、ピークではなかったのか、普通の混雑だった。

建長寺の拝観料が値上げされてて悲しかった。
半増坊でも山から降りてきた人に、建長寺の拝観料払いましたか? って聞いてて、しっかり徴収するっぽい。
きっとそういう抜け道を使ってた人が多かったり、マナーの悪い観光客が増えたりで、管理費が増えたんだろうけど、やっぱ悲しいね。

半増坊での急な階段も、途中で崩れたのか、少し山側にルートが変わってた。
しばらく来てなかったんだなってことを実感した。

紅葉はメチャクチャ綺麗。
紅・黄・緑が一本の木にあったりするのが、かなり綺麗。


今回は一眼レフを持っていったので、きっとストックは使わないだろうと、持って行かなかった。
だから、メインの獅子舞は、けっこう急な坂なのは知ってたので、けっこうドキドキ。

見事な紅葉で、カメラではちゃんと撮れなかった。


行ってよかった。

膝の調子を気にしながら歩いたけど、どういうときに違和感があるのか不明。


2017.12.03, 22:14 / ハイキング登山
鎌倉 はコメントを受け付けていません。
2017.11.26

大多摩ウォーキングトレイル

昨日、大多摩ウォーキングトレイルに行ってきた。
古里〜奥多摩 8km のハイキング。

特に山道でもないので、登山の格好じゃなくてもよかったわけだが、
かかとの靴擦れがあってから、登山靴のインソールを替えてみたので、それを試すのもあり、登山スタイル。

メチャクチャ良い天気でテンション上がる。

古里駅で降りて、橋を渡ってから鳩ノ巣方面に行こうとしたが、そちらは工事中。
一旦戻って、青梅街道沿いに少し歩いてから橋を渡って、あとは川沿い、ダム沿いの道。

全体が紅葉してるわけじゃないが、緑、黄色、赤が混じっているのもキレイ。
写真をいろんなモードで撮って、比べてみたりしながら、のんびり歩く。



コースタイムでは3時間ほどだが、そんなこんなで4時間くらいかな。
9時に歩き始めて、13時ごろに奥多摩駅に着いた。

そこから帰りの電車でも靴を履き替えなかったので、朝6時半から15時すぎまで履いてたが、足は全く痛くならず。
これで次回は安心して山に登れるかな。

 


2017.11.26, 19:20 / ハイキング登山
大多摩ウォーキングトレイル はコメントを受け付けていません。
2017.11.07

鳳凰三山

11月4日(土)〜5日(日)に、鳳凰三山へ行ってきた。

1日目は最初のうちは紅葉が綺麗で、秋の登山って感じ。
小屋に近づくにつれて、晴れてるのに雨がパラついてたり、変な天気。

テントを張ってから、雪がちらつき、雪が降ってたのは実質30分とかだったかもしれないけど、うっすら雪景色。
とてつもなく寒くて寝袋にくるまったまま、夕食をとったりして、19時、早めに就寝。

早く寝すぎたので20時に起きてしまったりしたけど、何回も眠った。
深夜2時に起きたとき、寒くてトイレに行きたくて、寒かったけど夜空を見たいのもあったのでトイレ。

そしたら、そんな時間に出発する人がいて不思議。。
頂上で朝を迎えたいとかだったのかな。

月が明るかったけど、オリオン座はハッキリと見えた。

3時、4時と時間が過ぎるにつれ、外が騒がしくなっていく。
テントを置いて出発する人たちは、どうやらその辺の時間に出るのかな? とか思ったけど、
夜叉神峠ピストンで1泊2日ってことだったんだろうな。

2日目は天気は良かったけど、ひたすら強風。
薬師岳小屋の手前から見る富士山がキレイすぎて、思わず、ヤバ!!って言っちゃった。

3つの頂上を渡り歩いてるうちは楽しかった。
でもそのあと、下りが地獄だった。

振り返ってみれば、ちゃんと秋の登山っぽい感じもあって、よかった。

ーーー

やっぱり上りは速くて、下りは遅い、というのは、いつも通り。
ただ、それほど速くなかった気がするのに上りが半分の時間だったりしたのは、コースタイムが古いのか?

高嶺からの下りは、ずーっとひたすら急な下り坂で辛すぎた。

最初は道がわかりにくい岩ゴロゴロの薮を突き進み、
次は岩ゴロゴロをひたすら下り、最後は木と土と岩の急な斜面をひたすら下る。

3パターンくらいの斜面ではあったけど、どれも急坂で休む場所もない。
膝はギリギリもってくれてよかったが、途中で痛くなったら帰ってこれたかわからない・・・

夜叉神峠から入って、2泊3日でピストンするのが正解だったかな。

甲府駅バス停出発 9:05
夜叉神峠バス停到着 10:23 ・・・ 5分ほど遅れて到着
夜叉神峠登山口出発 10:28
(0:56 CT1:00 – 0.93)
夜叉神峠 11:24
(休憩)
夜叉神峠 11:30
(1:09 CT2:00 – 0.57)
杖立峠 12:39
(1:27 CT2:00 – 0.72) ・・・ けっこう急な上りだったかな
苺平 14:06
(0:30 CT0:30 – 1.00)
南御室小屋 14:36

南御室小屋 6:22
(1:16 CT1:30 – 0.84) ・・・ 富士山が綺麗に見えて幸せだった
(薬師岳小屋 7:26)
薬師岳 7:38
(0:32 CT0:45 – 0.71)
観音岳 8:10
(0:32 CT0:30 – 1.06)
鳳凰小屋分岐 8:42
(0:45 CT0:30 – 1.50)
アカヌケ沢ノ頭 9:27
(0:07 CT0:10 – 0.70)
地蔵岳 9:34
(オベリスク 0:23) ・・・ ここが予定外だったが、一応登っておかないとね
地蔵岳 9:57
(0:58 CT0:50 – 1.16)
高嶺 10:55
(0:51 CT0:40 – 1.27) ・・・ 道に迷いかけて危なかった
白鳳峠 11:46
(2:09 CT2:00 – 1.07) ・・・ 地獄の下り、膝もギリギリ、もうイヤだ
白鳳峠入口 13:55
(0:12 CT0:15 – 0.80)
広河原 14:07 ・・・ 15時のバスで甲府へ

甲府からは特急かいじの自由席。
ちゃんと座れて、ゆったりと帰ることができた。
 
 


2017.11.07, 22:19 / ハイキング登山
鳳凰三山 はコメントを受け付けていません。
2017.11.05

鳳凰三山の反省点

鳳凰三山に行ってきた。
細かいタイム分析は明日やるとして、まずは感想。

直前まで風邪っぽくて、本腰を入れて準備をしてなかったせいか、反省点多し。

夜叉神峠の水場を調査してなくて、水を補給できないままスタート。
魔法瓶にあった分だけしか飲むことができず、失敗。

ポケットティッシュが足りなくて、鼻をかめず。
トイレットペーパーをサコッシュに移しておくような気も効かず。

ザックを降ろして休憩できるスペースが少なくて、行動食をあまり食べなかった。
上りは平気だったけど、二日目の下りはバテてたように思う。

稜線が強風だってわかってたら、帽子を用意して行くべきだった。
髪が風にあおられて、なかなかウザかった。

フリーズドライの白米、お湯を入れすぎたのと、入れたお湯が温度が低かったのとで、まずかった。
しかもその少し前にパンを食べてしまったので、あんまりお腹空いてなくて残念。
でも、食べたことで身体が暖まって、寝ることができた、という気はする。

ソーラーランタンの充電が、2日目の朝に切れた。
夜の間はもってくれたのでありがたかったけど、撤収の時にないのは辛かった。

靴擦れで、カカトが擦りむけた。
今までも痛みを感じることはあったけど、完全に皮がなくなってるのは初めて。
保護クリームを塗り忘れたのもイタい。

あと、なんといっても、下りにあのルートを用意してしまったことが大失敗。
3時間も急降下するのは、私の膝が限界。
ギリギリのところで戻ってこれてよかったけど、危なかった。

よかった点は、アイゼンを持っていくという判断をできたこと。
使わなかったけど、雪が降ったことを考えると、正解だった。

あと、もう1つのよかった点は、前回に引き続き、朝食をフルーツグラノーラにしたこと。
テンションあがる。

あとさらに、帰りに特急を使ったこと。
バスは絶対に遅れるってことがわかったので、電車にしてみた。
かいじにしたら自由席でもちゃんと座れたし、20時前に家に到着してるというのは楽でいい。

とりあえず、今日のところはこんなとこか。

 


2017.11.05, 23:41 / ハイキング登山
鳳凰三山の反省点 はコメントを受け付けていません。