2019.11.04

レスキュー講習2

昨日の続き、STEP2の講習を受けてきた。

公認ガイドが指導する登山技術実践講習会
「登山に役立つセルフレスキューSTEP2」阿寺の岩場

東飯能に泊まってたので、集合場所の東吾野まで数駅で楽チン。
9時に出ても間に合うくらいだったので、やっぱり泊まってよかった。

ガイドさんも同じで、メンバーも昨日からの続きが3人、
新しい1人は普通に細マッチョ的な男性だった。
軽くはなさそう。

今日は人を引き上げる練習なので、重さが大事。
誰と組むか聞かれて、昨日からいた方のうち小柄な方にした。
小柄と言っても、もう片方のかたがかなり大きいだけで、
小さいわけではないという、コブクロ理論。

今日はいきなりメインの吊り上げ用のロープセッティングから。
ただそれが3種類あって、1つ1つの工数が多いので、覚えるのが大変。
最初に写真を撮って、それを見返しながらやったりしてた。

平らなところで2人1組でロープのセッティングの練習をして、午前は終わり。
全然体重がかかってないので、ロープがたるんじゃってよくわからない。
なかなか不安。

お昼休憩を挟んで、駐車場脇の道路に移動。
今度はそこで実践練習だ。

もちろん失敗があっては怖いので、
補助でもう1本ロープを垂らしてあって、そこにマッシャーを作って備える。

最初に私が引き上げる側になった。

まずは1/3の力で引くやつから始めるが、少し浮くだけで全然上がらない。
すぐさま1/5に変更する。

それで少しは上がったけど、もうそこまででキツイ。
そこからさらに1/7に変更する。

荷重がかかっている状態でロープのセッティングを変えるのは難しい。

でも、重さがあるおかげで、ロープのどこに力がかかっているか、わかった。

上部のマッシャーを効かせて、ロープがずり落ちないようにしてから、
手を離して、滑車部分のマッシャーを上へ下へとずらして、幅を広げる。
そして、広げた幅の分だけ、ロープを力一杯引いて、持ち上げる。

それを繰り返す。

1/7だと一度に引けるロープの長さが短くなるので、
その分何回も同じ作業を繰り返さないといけない。

何回も繰り返したおかげで覚えたし、男性を1人引き上げることができた。

次に逆に私がケガ人役になって引っ張られるほうになったら、
1/3で楽々と引っ張り上げられてしまって、
さすがに山に行ってる男性は強いなと思った。
もちろん、ちゃんと行ってる、という意味ね。

今日はその引き上げの練習だけではあったけど、新しい経験。
ただ、ロープを持ってないとできないので、いざというとき使えるか謎。

こうなってくると、ロープクライミングもやろうかなーって気になってくる。
ボルダリングだけじゃなくて、そういうのもあるところに行こうかなー。
でも、1人だとなー。

そういうところに行ってボルダリングしつつ仲間を見つけるか??
中野島のPUMPとか見てる感じだと、仲間に入るという感じじゃないよなー。
うーん。。。




2019.11.04, 23:29 / ハイキング登山
2019.11.03

レスキュー講習

mont-bell のレスキュー講習に参加してきた。

公認ガイドが指導する登山技術実践講習会
「登山に役立つセルフレスキューSTEP1」阿寺の岩場
https://event.montbell.jp/plan/disp_data.php?event_no=T11GF2

先月受けたロープ講習と同じガイドさん。
今回は、何度かお会いしてますか?って聞かれた。
先月のロープ講習と雪山で何度か、と答えたら、なんとなく覚えてるらしい。
さすがに年に1回しか会わない人なんて、覚えられないよな。

今回は阿寺の岩場という、個人が管理している場所らしい。
そこの管理人さんに使用料を払って使うシステムだった。

受講者はMAXの6人。
女性が1人いたので、背負うやつとかは彼女と組むことができてよかった。

最初は、担架を作ってケガ人を運ぶ練習。

ザックにストックで椅子を作って、そこに乗せたり、
レインウェアを結びつけて、そこに乗せたり、
ハーネスがあれば、スリングを使ってザックにくくりつけたり、
ザック2つで担架を作って寝かせて運ぶ方法だったり。

ちゃんと覚えているか不安だけど、
理屈では理解したので、いざというときに発揮できるかだな。
あと、低山でも丈夫なザックであれば使えるということがわかり、
ウルトラライト系はやめたほうがいいのかな、とか思った。

後半は懸垂下降と、登り返し。
個人的には、これができるようになるのは、なんだか進化した気分。

下降機を使ってハーネスにロープをつけるだけでなく、
リング上のロープでセルフビレイをするのと、
5mmロープを巻きつけて摩擦で止める仕組みも作る。

これがあることで、手だけで自分の体重を支えなくて済むのだ。

それをさらに応用して、足の分も摩擦で引っかかるようにして、
足に体重をかけて摩擦で止めて、その間に胴体の方の支点を上にずらして、
今度は胴体に体重をかけて摩擦で止めて、その間に足の支点を上にずらす。

最後は時間が余ったということで、これを何回も繰り返した。

今はまだ覚えてるからできるけど、これがいざと必要なときにできるかだな。

明日も続きの講習を受ける。

今日と同じメンバーが私を含めて3人と、あともう1人らしい。
明日は人を崖の下から引っ張る練習らしく、軽い人がいるといいのだが。。
私が女性では重めなほうでも、さすがに男性と混じると軽いほうだし、
筋力は圧倒的に足りないからなぁ。。。

今日は東飯能のホテルに宿泊。
ビジネスホテルで、特に何もないけど、楽なのはいい。


2019.11.03, 20:02 / ハイキング登山
2019.11.01

COCOHELI Premium

ココヘリをプレミアムにした。
色が赤くなくなって、ちょっと気に入った。

スマホアプリからも200mは捜せるようになった。
どう使うか、いまいちわからないけど、荷物を盗まれたら気づくとか、
ココヘリがどっか行っちゃったときに見つけるとか。





本格捜索を使う機会が来ないよう、200m捜索だけで済むよう、
気をつけていきましょう。



2019.10.27

衣張山ハイキングコース完

1時間では行ってこれない距離だということは前回わかったので、
休日のうちにじっくり行ってみた。

10時にまんだら堂やぐら群がOPENということだったので、
15分前くらいに家を出る。

到着したときには10時過ぎててオッケー。
ちゃんと開いてた。
そして、中で掃除のおじいちゃんが3人いた。

暇だったのか、いろいろと説明してくれた。

小さい5重の塔みたいに積んであるものがお墓みたいなもので、
一番下の四角と2番目の丸の間に、骨の一部を入れて供養したらしい。
でも今は骨が見つかったものはないらしい。

その時代は土葬だったが、鎌倉は土地がないので、
名も無い一般人は死ぬと海に流されたりしたらしいけど、
武士とか一部の人は火葬して骨の一部だけを供養塔に収めたらしい。

やぐらというのは四角い穴で、丸いやつは違うらしい。
石がもろいので崩れやすくて、今はだいぶ穴が浅くなってしまってるが、
昔はもっと深い部屋になっていて、扉もついていたらしい。

いろいろ知らなかったので、けっこう楽しかった。

一通り見て、先へ進む。

いちおう名越切通も見に行ってみる。
前回は水溜りに阻まれて、諦めたからだ。

今回はちゃんと通れて、写真だけ撮って引き返してきた。

次はお猿畠の大切岸というところ。
前回は上の道を通ってしまったので、石切場の跡を見ずに行ってしまった。
崖の壁が石切の跡で段々になっていて、なんだかおもしろい。

パノラマ台も、前回は通行止めだったけど、今日は看板が横にどけられていた。
上に行く道に倒木はなく、上に行ってみたら、アマチュア無線やってるおっさんがいた。
草が高くて、あんまり景色は見えなかったな。

水道山展望台のほうは車も通れるようなしっかりした道。
上はコンクリの広場になっていて、犬の散歩の方が休んでいた。
春とかここで仕事しても気持ちいいかもな、なんて思ってしまった。

そこからハイランドという住宅地のほうは、普通の道路。
幼稚園があって、住宅地があって、一旦休憩という感じだ。

今日は曇ってて見えなかったけど、富士山が見えるというポイントもあった。

そこからまた山に入る前に、大町のほうに下る長い階段があった。
地図で見るかぎりだと、最初に行った登山口のほうに向かうっぽかった。
今日は行かなかったけど、一度検証してみてもいいかもな。
蜘蛛の巣がすごそうだったから、帽子かぶって服装も気にしないといけないけど。

衣張山まで12分という看板が出てきて、そこが登山口。
裸足のトレイルランナーが横を過ぎてった。
木の枝とか刺さらないのかな・・・。

衣張山まではすぐだった。

そして、最初到着したとき、そこが山頂だとは気づかなかった。
海街diaryのロケに使われたという景色も、草木が邪魔してしまってた。
でも、晴れてたら綺麗だったかもな。

休憩するほどのスペースはなかったので、そのまま下山。

下山し始めてすぐ、倒木。
横にちゃんと通れる道があったので、すんなり。

そんな感じで、ときどき倒木があったけど、通行できないほどでもなかった。
くぐるか、またぐか、どちらかはできる状態だった。

でも、下の方に行くにつれ、倒木の頻度が高くなった。
結局10回くらいは倒木の箇所があったんじゃないかな。

最後の最後、下に建物が見えてるところで、倒木の大群があった。
5本以上?10本くらいあったのかもしれない。
そこはくぐるとかまたぐとかいうより、上に乗って渡る感じだった。

そこだけ、大変だったかな。

ちょうどそこで登り始める人と会ったので、上の状態を伝えた。
要は、ここがいちばん大変、ということなんだけど。

でも、無事に下ることができて良かった。

そのあと、報国寺に寄って、竹林を眺めながら抹茶をいただき、
杉本寺に寄って、源頼朝の墓に寄って、鶴岡八幡宮を通り抜けて、
駅に向かう途中のお店で、サーモンと生しらす丼を食べて、
最後に妙本寺に寄ってから、帰ってきた。

盛り沢山で、楽しかった。

血圧も下がってて、正常値になってた。
やっぱり、日曜は血圧が低いのかな・・・・・。







2019.10.27, 21:35 / ハイキング登山
2019.10.15

ロープワーク

ロープの結び方などを習いに、mont-bell の講習を受けてきた。
公認山岳ガイドが指導する 登山技術実践講習会 登山に役立つロープワーク 秋川

台風の後だから、指定の場所でやるのか不安はあったけど、
遅れがちな電車を乗り継ぎ、武蔵五日市駅に集合時間1分遅れくらいで到着。

以前雪山でお世話になったガイドさんだった。
もともと予定していた河原は、増水で危険だからということで、小さな公園で実施。

8の字結び、ダブルフィッシャーマンズノット、ブーリン結び、末端処理、
クローブヒッチ、ハーフクローブヒッチ、
簡易ハーネスの作り方、ロープ搬送、セルフビレイ、フリクションヒッチ、など。

8の字結び以外は、ちゃんと教わったのが今回初めてで、
ブーリン結びなんかは、一度教わってから他のことをやったら完璧に忘れて焦った。

最後にバタフライノットとかおまけで教えてもらって、頭パンク。
でも11月頭に次のステップの講習を受けるから、ちゃんと復習しておかなきゃ。

帰りの電車では、同じ講習だった方とお話。
登山をやるわけではなくて、スタントの仕事からの興味らしく、おもしろい方だった。

帰ってからは仕事。
今日は平日だからね・・・・。



2019.10.15, 23:46 / ハイキング登山
2019.10.09

涸沢 振り返り

今回新しかったのは以下3点だ。
・ 一眼レフを持っていったこと
・ メスティン&固形燃料を使ったこと
・ パノラマコースを使ったこと

一眼レフはカメラバッグに入れて、カメラバッグをザックからぶら下げた。
この方法は、ザックを下ろす時がちょっと面倒だったけど、
歩いているときは負担にならずに良かった。

最初は腰ベルトに固定していなくて、カメラバッグがお腹でバウンドしてしまい、
かなり歩きにくかったが、途中でカメラバッグのベルトループの意味を理解した。
ぶら下げる用の紐がもうちょっと長くてもよかったかもしれない。


メスティン&固形燃料は、家でも何回も練習した。
米120cc を測って袋に入れて持っていき、水150cc をナルゲンボトルで測って入れた。
2時間ほど水に浸けておいた。

風が強かったので前室で、風防も立てて炊飯した。
水が漏れ出てきていたので、ちょっといつもと違うなとは思った。

ちゃんと火も当たっていたし大丈夫かと思ったが、蒸らしたあともベチャベチャだった。
混ぜたらベチャベチャ具合は収まったが、1/3ほどが芯が残っていた。
火が偏っていたのかな。

アルミ箔を敷いた状態で練習してなかったから、そのせいもあるかもしれない。
次の機会ではそれをやめて、ちゃんとスープで洗うようにしようかな。
今回は先にお湯を沸かさなかったのも失敗点。

ちなみに、お湯を沸かすのにも固形燃料1つを使った。
炊飯で1つ、お湯に1つで、夕食と朝食の分となる。


パノラマコースは、テントの受付でも、危険ですけど大丈夫ですか?と脅された。
辛いコースだとはわかっていたけど、どれくらい危険かと言われると不明。

実際歩いてみて、滑りやすいということがいちばん危険だと思った。
手を使わないと登れないような箇所があるけど、そこはさほど大変じゃない。
ただ、そこが土、木の根、落ち葉で滑りやすいのが怖いのだ。

ほとんどがずっと急坂というのは予想外だった。
最初の1時間だけ眺望がよい箇所がたまにある程度で、
残りの3時間は眺望のない急な坂道ということで、ただの苦行だった。

膝を痛めかけたので、後半は意識してゆっくり歩いた。
そのため、コースタイムよりも遅くなってるんじゃないかな。

5:35 上高地バスターミナル 発
7:00 徳沢 (1:25, CT2:00)
7:57 横尾 着 (0:57, CT1:10)
8:08 横尾 発
8:58 本谷橋 着 (0:50, CT1:00)
9:01 本谷橋 発
10:31 涸沢ヒュッテ (1:30, CT2:00)

6:15 涸沢ヒュッテ
7:15 屏風のコル (1:00, CT1:10)
7:41 屏風の頭 着 (0:26, CT0:30)
7:48 屏風の頭 発
8:10 屏風のコル (0:22, CT0:20)
9:40 中畠新道分岐 着 (1:30, CT1:30)
9:49 中畠新道分岐 発
10:41 新村橋 (0:52, CT0:50)
10:55 徳沢 着 (0:14, CT0:20)
11:08 徳沢 発
11:51 明神館 着 (0:43, CT1:00)
12:12 明神館 発
...
その後、小梨の湯に入ってから、上高地散策しておしまい

時間を出してみたら、登りは0.7くらいかな? いつも通りなんだが、
下りはコースタイムより多いかと思ってたけど、そうでもなく。
あのくらいのペースがコースタイムだったら、皆さんは半分くらいなんだな。

そしてやっぱり、コースタイムで歩いていれば、膝は守れる。

よし。


2019.10.09, 09:13 / ハイキング登山
2019.10.06

パノラマコース

朝、2時半に目が覚め、3時半に目が覚め、4時前に起きた。
周囲のテントは朝から登る人はいないようだ。

混む前にトイレに行き、
ついでに夜の写真を撮ろうとしたが上手く撮れず。

着替え終わって、まだ4時半すぎだったので、朝食も済ませた。
やっぱりフルーツグラノーラは正解。

5時頃からテント撤収。
周りの人も起きてきたので、気兼ねなく。
あまり夜露がついてなかったので、そのままたたんだ。

サンライズは5:47ということなので、そこで一旦手を止める。
まだモルゲンロートまでは時間がかかりそうなので、
昨日行った池のほうまで移動した。

うっすらモルゲンロート。
一応見れたことにしておく。

まだもっと変化する可能性はあったが、6時を過ぎたので、
残りはパノラマコースから見ることにして出発。

この時間にトイレは大渋滞になってた。

パノラマコース、出だしは昨日見たので知ってる道。
その先からドキドキ。

滑りそうな土の地面に、手を使わないと登れないような岩。
そんなのがたまに出てくるけど、五竜岳らへんよりは易しいかな。
滑りそう、というのが、一味違う怖さがあるけど。

そんな道を1時間もしないで、
ちょっと見晴らしがよくなったところで、分岐。
屏風のコルなのかな。
看板はないけど。

往復になるので、重い荷物はデポ。
水をナルゲンボトルに少し入れて、あとはカメラと貴重品。

そこからまた急登。
ストックをしまうか悩んだけど、しまう場所ないし、
なかったらないで滑りそうな場所あるし、そのまま行く。

途中、前の人たちが岩を登るか悩んでた。
ショートカットできないかなって。

結局そこは目的地じゃなかったけど、
この時はそう思ってしまい、次の分岐を見逃して、迷いかけた。
下ってる?おかしいな、で、すぐに戻ったけど。

そこからまた登って、屏風の耳だっけ。
看板はないけど。

雲が出ちゃって、槍ヶ岳とかは見えなかった。
残念。

少し休憩してから戻る。
登ってくる人とたくさんすれ違った。

荷物をデポしてた付近まで戻ったら、猿がいた。
道を歩いて、私に向かってきた。
怖かったし、写真撮りたかったけど、刺激しないように動かず。
横を通りすぎてくれた。
ホッとした。

涸沢から来る人はどんどん増えて、行列になっていた。
1時間ほど出遅れてたら、巻き込まれたな。

荷物を回収して、あとはひたすら下り。
本当にキツいのはここからだった。

滑る土の上に、落ち葉と岩。
そんな急坂が、延々と続いていた。

怖いし、実際2,3回滑った。
転びはしなかったけど、変に足をねじって、膝が少し痛かった。

これ以上滑ったら、膝が壊れる、と思って、
スピードをさらに落とした。

たくさんの人に抜かしてもらった。

途中、河原っぽい場所で、朝食第2弾で休憩。
まだその先も長そうだった。

最後のほうは、私と同じくらいゆっくりなおじさんと、二人。
抜かしたかったら抜かしてな!って言われたけど、
本当に同じペースだったので、気を遣わせないよう5mくらい開けた。

そんな状態が1時間くらい続いた気がして、やっと平らな道に出た。

パノラマコース、景色がいいのは最初だけ。
楽しいのも、そこだけ。
景色目的だったら、涸沢から往復したほうがいいかな。

つまり、もう行きたくない(笑)

最後の新村橋を渡ったところで、
そっちのコースどうでした?って話しかけられた。

イヤー、キツかったです、
4分の3は眺望もない急坂です、って答えた。
なるほどねーお疲れさま!って、横尾方面へ歩いてった。

少し歩いて、徳沢。
ここはソフトクリームを食べる拠点。
ちゃんとソフトクリームで休憩。

明神ではランチにカレーライス。
前も同じパターンだったかな。

そして小梨の湯でさっぱりしてから、
上高地でのんびり。

日焼け止めを塗り忘れてて、顔が真っ赤。
なかなかヤバい。

帰りのバスに電源がついててラッキー。


2019.10.05

涸沢で紅葉

早朝、バスが上高地に到着。インフォメーションセンター内で装備を整えてから出発。朝食はバスで食べておいたので、5時半に出発できた。
道幅が広いので渋滞はしてないが、かなりの人数が歩いてる。たくさん抜かして、たくさん抜かされた。
一度明神でカメラバッグの揺れを抑えるためにベルトに通した以外、ほとんど休憩せずに横尾まで到着。まだ8時くらい。
トイレ休憩と朝食の残りを食べて、涸沢へGO。横尾から涸沢まで、ほとんど渋滞してた。最初の渋滞は、クラブツーリズムの大群待ち。そのあとは、けっこうハイペースで歩いてたのに、ずっと渋滞。
後半の坂は疲れたので、時々から抜けて休憩したが、列に戻ったらまた渋滞だった。
途中から紅葉が見えて、テンション上がる。写真休憩したり、歩いたりで、10時半に到着。
テントの受付は12時半からだったので、テントを張って待つ。連泊の人も多そうで、コンパネはもうなくなっていた。
行動食で軽くランチ。あとはジュース買ったり、トイレ行ったり、水くんだり。
テントの受付では、パノラマコースは危険だけど大丈夫か?と脅された。大丈夫なはずだけど、絶対はないからなぁ。
やることやったので、カメラを持って散歩。奥穂高岳に登る入り口まで行って撮ったり、パノラマコースの出だしの見晴らしがいいところで撮ったり。
そこはけっこう人が溜まってて、パノラマコースに行くかどうか迷ってるおじさんとおしゃべり。小屋で買ったという手書きイラストの地図を見せてくれた。
最初の1時間が岩で危険みたい。登ってきた方々も、けっこう疲れてた。行きたいな~。
そのあと、カメラ持った人が溜まってたという池まで一緒に行き、小屋におでんを食べに行くというのでバイバイ。
私はテントに戻って、メスティンで炊飯。家でやったときと違って、かなり吹きこぼれてた。
ちゃんと蒸らしてから開けたけど、べちゃべちゃ。半分はちゃんと炊けてて、もう半分は芯が残ってた。一応食べられるレベルではあったけど、悔しいなぁ。
テント場は大混雑、トイレも小屋と共同だし大混雑。サンセットは見えないし、日が落ちたらやることなく、19時前なのにもう寝ようとしている。
小屋で見た天気予報だと、明日は朝だけ晴れマーク。サンライズを見たらすぐに出発しようかな。4時から着替えて、5時からテント片付けるか。


2019.10.05, 18:31 / ハイキング登山
2019.09.29

鹿島槍ヶ岳・五竜岳とか振り返り

今更だけど、振り返ってなかったことを思い出したので、やる。

まずはタイム。

初日は行動時間が10時間と長かったけど、そこそこのスピードを保てていてイイ。

2日目・3日目は行動時間が短かったのもあり、小屋泊なのもあり、
ゆっくり歩くようにしていたので、コースタイム前後。

ただ、2日目の五竜岳から唐松岳の間は、地図ではざっくり2時間半となっていて、
その中の目印がちゃんと読み取れていなかったので、
歩いていて、ずっと不安だった。

ちゃんと事前に地図や写真を確認しておくべきだったと反省した。

1日目
4:19 柏原新道入口 バス着
4:43 柏原新道入口 発
5:48 ケルン (1:05, CT1:20)
7:39 種池山荘 着 (1:51, CT2:30)
8:04 種池山荘 発
9:04 爺ヶ岳 (1:00, CT1:00)
9:51 冷乗越 (0:47, CT1:00)
10:03 冷池山荘 着 (0:12, CT0:10)
10:23 冷池山荘 発
11:15 布引山 (0:52, CT1:20)
12:06 鹿島槍ヶ岳 着 (0:51, CT0:50)
12:25 鹿島槍ヶ岳 発
14:09 八峰キレット小屋 着 (1:44, CT3:10)

2日目
5:56 八峰キレット小屋 発
7:01 口ノ沢のコル (1:05, CT1:00)
7:28 北尾根の頭 着 (0:27, CT0:30)
7:46 北尾根の頭 発
9:41 五竜岳 着 (1:55, CT2:30)
10:02 五竜岳 発
10:49 五竜山荘 着 (0:47, CT0:40)
11:18 五竜山荘 発
13:33 唐松岳頂上山荘 着 (2:15, CT2:30)

3日目
4:28 唐松岳頂上山荘 発
4:49 唐松岳 着 (0:19, CT0:15)
5:35 唐松岳 発
6:02 唐松岳頂上山荘 着 (0:27, CT0:20)
6:52 唐松岳頂上山荘 発
8:25 八方池 着 (1:33, CT2:00)
9:02 八方池 発
9:39 八方池山荘 着 (0:37, CT1:00)
あとはリフトとゴンドラ

プランとしては、余裕を持っていて、良い。
山小屋にも14時、13時半とだいぶ早めに到着しているし。

その他の反省としては、ズボン。
もう秋だからと、中厚手のものにしたのだが、暑くてしょうがなかった。
今年が特に暑いというのはあるかもしれないけど、
山小屋の中も暑かったので、結果論だけど、薄手で十分だったな。

フリースも使わなかったな。
ダウンは、サンライズを見に早朝に出たときには着たけど、それだけだ。

あと、あまり汗をかく疲れ方じゃなかったせいか、行動食の揚げ煎餅が減らなかった。
ポテトチップスも、特に欲しいとは思わなかった。
かさばるから食べたけど、チップスターみたいにかさばらないやつのほうがいいかもな。

粉末ジュースはガンガン飲んだし、たくさん持ってってよかった。
食べ物のほうは、餡パイ、ドライマンゴーもよかった。

甘いものが欲しいときと、しょっぱいものが欲しいとき、両方ありえるんだな。

山小屋の食事は和食になるので、朝食は持参のほうがテンションが保てていい。
やっぱり和食の朝食はテンションが下がるので・・・。

今回初めて持っていったソーラー発電の充電器は、ほぼ使わなかった。
移動中にザックにぶらさげていなかったので、小屋に到着してから外に出て使ったが、
外は場所がなかったのと、すぐに曇ってしまったのと。。
雲の平のときみたいに長期間だったら、効果があったかもな。

山小屋という点では、シーツは持ってって正解。
暑かったから布団を使わず、それだけでよかったし、その中で着替えたりした。
耳栓は使わなかった。
アイマスクは、小屋では使わなかったが、行きのバスで重宝した。

ヘルメットの下に、ネックゲーターを頭に巻いてたけど、それも正解。
髪の毛が気にならずに、ヘルメットをかぶっていられた。

ま、そんなとこかな。


2019.09.29, 19:35 / ハイキング登山
2019.09.23

9/16: 唐松岳・白馬八方

朝の3時半に同じ区画の皆さんが起きて、全員起きたので、電気を点けた。
唐松岳頂上山荘はジェネレータじゃなくて電気が通ってるのか。

トイレに行ったり準備をしたり、バタバタ。
4時半ごろに外に出て、唐松岳の頂上へ向かった。

10分ほどで頂上に到着。
まだ真っ暗だったけど、座って待った。

5時ごろから空がうっすら明るくなってきた。
雲が厚くて、5時半になっても太陽は見えず、ただ明るくなった。

残念。

ゆっくり山荘まで戻って、準備。
ちょうど朝食の人が呼ばれたところで、人は少なかった。

和食の朝食はやっぱり苦手ってことが昨日わかったので、朝食なしにしていた。
行動食がたくさんあったので、外であんパイとジュースで軽い朝食をとった。

6:50ごろに出発。

朝食が少ないから、途中ですぐにお腹が空いた。
ゆるい道なのに休憩多めで、行動食をバクバク食べた。
もう最後だしね。

また天気は良くて、気持ちのいい景色だった。

八方池が見えてきて、ちょっとテンションあがった。
でももうそれは、山としてじゃなくて、観光地として行きたかった場所。
風がなかったので、逆さに映る山が綺麗だった。

観光できてる人がポーズ撮ったりして、平和な空気。
そこでまたゆっくり行動食休憩をとった。

八方池を出るとき、同じ部屋だった3人組とすれ違った。
なんたる偶然。

いや、まぁ、同じ道を通るからすれ違っても不思議はないけど。
最後の挨拶をしなかったってこと、私も気になっていたけど、彼女たちも気にしてたらしい。
これで偶然の遭遇が3回目ってことか。

ここから先は観光客も多く、すれ違うときに挨拶をすべきかどうか悩むところ。
山の格好をしてる人にだけ声をかける。

リフト乗り場でブルーベリーのソフトクリームを食べて休憩し、
リフトに乗って、ゴンドラに乗って、白馬八方まで降りた。

雨がときどきパラついていたけど、気になるほどではなかった。

そのまま八方の湯に行って、2日分の汚れを落とす。
当たり前かもしれないが、結構混んでた。

そしてお風呂から上がったら、例の彼女たちがやってきた。
でも見られたくないタイミングだったので、このときは声をかけなかった。
挨拶をしたという思い出で終わってるのだから、それでいいと思った。

ランチをどこで食べよう?と悩み、Googleの示す近いレストランに行った。
蕎麦屋だったけど、カツ丼を食べた。
ご飯の量を少なめにしてもらうのを忘れて、お腹がいっぱいだった。

お水をもらおうとキョロキョロしてたら、また例の彼女たちがきた!!
ここでの偶然は、本当に偶然。
声をかけた。

もうここまで偶然に出会いすぎるとすごいなって、またおしゃべりをした。

彼女たちは石川県から車で来てて、もうここからは車。
だから、本当に最後だったので、最後に名前だけ自己紹介して、車をお見送りした。
一緒に写真でも撮っておけばよかったかな。
またどこかで会いそうな気もするわ。

まだバスまで時間があったので、八方駅のほうまで歩いて、
好日山荘、パタゴニア、ノースフェイスを巡った。
特に買うものがあったわけじゃないけど。

そして戻ったら、ちょうどバスがやってきたので、乗り込んだ。
帰りは渋滞はしてたけど、ちゃんと時間通りに到着した。

いやー、楽しい旅だった。





2019.09.23, 01:10 / ハイキング登山