2019.09.17

鹿島槍ヶ岳・五竜岳とか

今回の山は、山小屋泊に切り替えたことが頭の中の多くを占めていて、
ルートについて、あまり詳細に調べて行かなかったような気がする。

ヘルメットは持ってったし、ストックもザックにしまえるタイプに変更した。
その辺は今回のための準備だったといっていいだろう。

初日は扇沢からキレット小屋まで。
爺ガ岳、鹿島槍ヶ岳を超えたあとに、キレット小屋までの岩綾地帯を通る。

扇沢から種池山荘までで一旦疲れてしまって、
さらに、爺ガ岳で疲れて、小屋で休んで、
鹿島槍ヶ岳で疲れて、北峰は行かずにすっとばして、
そこからコースタイム2時間のキレットがある、というスケジュール。

今回も、これは詰め込みすぎたかなと思った。
テント泊の荷物だったら、もうダメだったかもしれないくらいだ。

2日目は、キレット小屋から岩綾地帯を通り、
五竜岳を超えて、五竜山荘で休んで、
唐松岳までの2時間半はけっこう疲れていたので、大変だった。

五竜山荘から唐松岳までの間に、
何度か、山荘から来ましたか? あとどれくらいですか? と聞かれたのが印象的。
そして最後に会った3人組とは、このあと一緒になった。

唐松岳頂上山荘で、同じ部屋の同じ区画の、隣に陣取った3人だったのだ。
声をかけてもらうまでは、全然わからなかった。

そして、行ったはずの人がなぜここに?と思ったら、
怖かったのと距離が長いので諦めて戻ってきたとのことだった。
チャレンジしたことが想い出、と言って笑ってた彼女たちが素敵だ。

私は朝食抜きにしてたので先に出発したため、最後の挨拶はしなかった。
でも、八方池で休憩を終えて、出発する時に、なんとまた偶然にすれ違った。
最後の挨拶ができ、また会うかもしれないですよーって別れた。

下山して、八方の湯であがったら、彼女たちが隣のロッカーを使ってた。
でも裸でちょっと話し込みたくない場面だったので、声はかけなかった。

ランチに近くの蕎麦屋に行った。
お水がなくなったのでもらおうとキョロキョロしてたとき、
お店に入ってきたのが彼女たちだった。

ここまで偶然が重なるものなのか!!

石川県から来たという彼女たちは車だったので、ランチのあとで本当にお別れ。
これまたどっかで会うかもしれないよなー。

というわけで、3日とも濃く過ごせた。
もともと下山だけの予定で薄くなるはずの3日目も、彼女たちのおかげで楽しかった。

こういうのは小屋泊ならでは、だな。

細かい話はまた今度書こう。


2019.09.17, 00:54 / ハイキング登山
2019.09.13

出発

急に涼しくなってくれたおかげで、寒さ対策が気になった。
今回はフリースと薄手のダウンと両方持っていくけど、大丈夫かな?って不安になったり。

でも、動いてるときは長袖を1枚着れば大丈夫なはずだし、
今回は小屋泊だから、そんなに寒くはないだろう。
朝晩に外にどれだけ出るか次第だけど。

もう午後になったら仕事があんまり手につかず、
それなのに、嫌な仕事がまだ終わってないようで突かれたりして、イラっとしたり。

荷物は、水2kgを入れて、全部ちゃんとパッキングして測ったら10kgだった。
水2kgのほかは、ヘルメット440g、ストック428g、バックパック1.4kgとかが重いところか。
フリース333g、ダウン207gもあるか。

羊羹は数を減らしたし、iPadも荷物から抜いた上で、この重さはちょっと予想外か。
その分、ソーラー充電器230gを入れてみたから、とんとんか。

1日目の終わりのほうには、水も減って、食料も減って、8kgくらいになってくれないかな。

さー、もうすぐ出発だ。


2019.09.13, 19:46 / ハイキング登山
2019.09.01

撥水加工

甲武信ヶ岳、雲の平での雨で、テントのフライシートが全然撥水してないことに気づいた。
利尻山で、登山靴が雨で浸水することに気づいた。

そして、再来週は山小屋泊にしたので、テントは使わない。
ということで、撥水加工。

登山靴は撥水スプレーをかけて、乾かし中。
フライシート、テントマットは、撥水剤に漬け込んで、乾かし中。

どれだけ回復してくれるかなー。

あとは寝袋も洗いたいな。
なんか中が汗のせいなのか、ベタベタしてたんだよな・・・。



2019.09.01, 16:34 / ハイキング登山
2019.09.01

山小屋泊

再来週の、鹿島槍ヶ岳・五竜岳の準備を始めた。
といっても、荷物の準備ではなくて、ルートの確認。

テント泊のつもりでいたけど、ちゃんと調べてみたら、
この辺のテント場は張れる数が非常に少なくて、昼にはいっぱいになるという。
登山口があちこちにあるから、早い時間から張ってベースにする人も多いんだろう。

白馬岳のときと同じパターンだ。

張れなかったら山小屋泊になる、ということで、
もう最初から諦めて、山小屋泊にすることにした。

そうなってくると、テント場がないところにも泊まれるので、ルートに自由度が増える。
初日にキレット小屋まで行って、2日目は唐松岳頂上山荘までにして、
3日目は観光客に混じって、のんびり観光しながら降りることにした。

キレット小屋は、予約していないと泊まれないらしいので、ちゃんと予約した。
唐松岳頂上山荘は、Webに予約がいらないと書かれているので、してない。
それはそれで不安だけど、その後の日程は楽だから眠れなくても何とかなるだろう。

再来週の天気はまだ全然わからないけど、晴れるといいなぁ。
 


2019.09.01, 16:17 / ハイキング登山
2019.08.30

利尻山 振り返り

結構早いかと思ったけど、登りでトータル1時間くらい短縮しただけで、
下りはコースタイム通りだったんだな。

5:04 鴛泊登山口
5:12 甘露泉水 (0:08, CT0:15)
6:21 6合目 第一見晴台 (1:09, CT1:40)
7:06 第二見晴台 (0:45, CT1:10)
7:20 8合目 長官山 (0:14, CT0:15)
7:33 避難小屋 (0:13, CT0:15)
7:57 9合目 (0:24, CT0:30)
8:43 利尻山頂上 着 (0:46, CT1:00)
8:48 利尻山頂上 発
9:38 9合目 (0:50, CT0:45)
10:00 避難小屋 (0:22, CT0:20)
10:11 8合目 長官山 (0:11, CT0:15)
10:23 第二見晴台 (0:12, CT0:10)
11:04 6.5合目 トイレ着
11:13 6.5合目 トイレ発
11:17 6合目 第一見晴台 (0:45, CT0:50)
12:25 甘露泉水 (1:08, CT1:10)
12:39 鴛泊登山口 (0:14, CT0:15)

簡単に見えて意外と歩きにくいと脅されていただけに、ちゃんと歩けてよかった。


2019.08.30

旭岳 振り返り

大雪山の主峰ということで、旭岳も百名山だった。

8:31 ロープウェイ姿見駅 発
8:50 旭岳石室 着 (0:19, CT0:15)
8:53 旭岳石室 発
10:34 旭岳山頂 着 (1:41, CT2:30)
11:00? 旭岳山頂 発
12:25 旭岳石室
...
一旦、姿見駅まで戻ってトイレ休憩してから、
一周30分という散策コースをおしゃべりしながらゆっくり歩いた。

やっぱり縦走しないとなると、けっこう短時間。
頂上で展望がなかったのは残念だけど、
途中では噴煙とか池とか避難小屋とか見えたので、なかなか楽しかった。

みんな歩くの速かったなー。

ちなみに、旭岳はロープウェイから上には熊は来ないらしい。
逆に、ロープウェイを使わないで登る場合は熊に注意しないといけないらしい。

2019.08.25

利尻富士

朝5時に、受付に申し出ればよいとのことだった。
そのときに登山届も出せばよいと。

10分前にロビーに行ってみたら真っ暗だったが、 
人が出てきてくれて、その方がドライバーさんだった。
どうやら私だけのようで、すぐに出発。
昨日までは毎日複数人いたらしい。

行く途中に、利尻岳について教えてくれた。
山はよく登ってるの?(たぶん心配されてる)とか、
9合目から上があんまりジグザグしてなくてまっすぐ登るから大変だとか、
下山のときに滑って転んでヘリコプター呼ぶことが多いとか、いろいろと。

雨は上がりましたかねーとか言ってたのに、登山口に近づいたら雨。
車を降りたら、はっきりと雨だったので、雨装備。
レインウェアを着て、ザックカバーをかけて、サコッシュをしまった。

予定では5時半に出発だったけど、ちょっと早くスタート。

最初はしばらく平坦な道。
有名な湧き水の場所があったけど、水はいっぱい持ってたし、
どこから汲めばいいのかわからなかったので、ひとまずスルー。

ほぼ一本道で、迷うことはない。
そんなに急がず、でもタラタラともせず、淡々と進む。

トレラン風の男性に抜かされたのと、
抜かしたり抜かされたりする人が2人ほどいたのと、
クラブツーリズム的な人たちを抜かしたのと、
あといくつかカップルがいたなーって感じで、人は少ない。

4合目の標識が出てきて、1合分はけっこう長いなと思った。
5合目くらいからは体も整ってきたのか、楽になった。
6合目はすぐだった。

6.5合目に携帯トイレの場所があった。
ちゃんとトイレの場所が書いてあるのがいいと思った。

7合目から先がちょっとキツクなると聞いた気がした。
全然眺望がないまま、先に進む。
そんなに代わり映えしないが、ただ周囲が木からハイマツに変わって、明るくなる。

8合目、9合目と変わらない感じのまま進む。
雨でつまらないけど、意外に元気なままで、特に疲れもせず。
やっぱり荷物が軽いのはよい。
ただ、靴の中に水が入ったようで、靴下がびちゃびちゃになってた。

9合目を過ぎてから、歩きにくい道が多くなる。
私が苦手としている小石と土の斜面や、段差の大きい岩など。
それでも、警戒するレベルではなかった。
ただ、距離は長く感じた。

そして、あそこが頂上かな?と思ったところが、頂上だった。
素直な道だ。

周囲は相変わらず真っ白で、何も見えない。
小降りにはなっていたけど、雨もまだ降っていて、風も吹いている。
寒々しい中、一応記念写真を撮ってもらう。

そして、水でぐしょぐしょになった靴下を脱いで絞った。
待ってれば雲はなくなるのだろうか?なんて思ったりもしたけど、寒過ぎて断念。

帰り道、9合目までの間にたくさんの人とすれ違った。
ちょっとの違いで、頂上は混雑だったんだな。

ずっと下り坂なので、すれ違いの待ってる間が休憩時間。
寒くて膝がやばいかも・・・と思ったけど、結果的には大丈夫だった。

お腹が空いてきたので、時々揚げ煎餅を食べて休憩しつつ、下る。

せっかく携帯トイレを買ったので、ぜひ使おうと決めていた。
最後のチャンスは6.5合目の携帯トイレブース。
そう決めたからか、そこに行くまでにトイレに行きたくなったのでOK。

当たり前かもしれないけど、携帯トイレブースはけっこう綺麗だった。
ブツはないのだから、臭いもほとんどない。

説明書を見ながら取り付け、持参のトイレットペーパーも準備してOK。
モンベルで買ったやつをどう使うかは試したことがないけど、利尻版のは簡単だ。

最後のゴミがけっこうデカイから、密封袋に入れたあとはザックに外付け。
(押しつぶせば小さくなったかもしれないけど漏れると怖いので)

そのあともけっこう長かった。
急斜面はもうほとんどないけど、泥の道が多い。

4合目あたりで、リスがいた。
最初は目の前にいた何かが茂みに逃げた、尻尾が長い、ということしかわからなかった。
でもそのあと、今度はちゃんとリスが目の前をうろちょろしてくれて、可愛かった。
写真を撮ろうとしたところで、茂みに逃げてしまった。

3合目の登山口までは、長かった。
登山靴についた泥を落とそうとしたら、またその先に泥だまりがあったり。

12時半ごろに、登山口に到着。
登山口には、登山靴を洗う水道とブラシが用意されていたので、そこで洗った。

ホテルに連絡したら、今は誰もいないので13時ごろに迎えに行くとのこと。
その間に、ぐちょぐちょになった靴下をまた絞った。
登山口、ちゃんと撥水スプレーしとかなきゃダメだな。

帰りの車で、全然見えなかったーって話をした。
それでもここ1週間で今日がいちばん天気がいいらしい。
今日はほんの一瞬だけ、利尻富士の山頂まで雲が取れたらしい。
私はまだその姿を見てないけど・・・。

何にも見えなかったけど、達成感はまぁまぁある。
登り4時間、下り3時間くらいだったかな。

脅されたわりにすんなり帰ってこれて、よかったよかった。


2019.08.23

旭岳

旭岳ピストンだから、車で行くことになった。

朝4時にメンバー間のLINEがあって、その音で起きた。
寝落ちして完了してなかった昨晩の仕事を終わらせ、
買っておいたパンを食べて、朝6時半ごろに外に出たところで、他のメンバーと偶然合流。

コンビニでお昼ごはんを買って、車に乗せてもらって、ここから4人。
5年前のケニア・タンザニア、その後に1回は会ったけど、
しばらく会えてなかったメンバーが今回の北海道メンバーなわけだが、
見た目には全然変わってなかったし、話してると、こういう話し方だったなと思い出す。

1時間ちょっとで旭岳の麓のロープウェイ乗り場に着き、駐車場はガラガラ。
そこからロープウェイに乗って4.5合目くらいまで行く。

曇り空で、そんなに景色はよくないけど、雨じゃないだけマシ。
準備をして、ゆっくり出発。
まだぎこちない。

ロープウェイ駅周辺は木道の散策路になっていて、登山をしない人も多い。
しばらくはそういう道を歩いて、周囲の花など見て歩く。
足元は岩のところもあって、そういうところは歩きにくい。

石室を過ぎてから、登山道。
そこからは傾斜のある道。

ただ、単調に登っていくだけで、森林限界も超えてるので道もわかりやすい。
足元は大きな岩の道があり、小石の道があり、歩きやすいわけではない。

ゆっくり歩いてくれてたと思うが、けっこう息が上がった。

何合目という標識があって、その度に休憩時間にしてくれて、おしゃべり。
だんだんと、一緒にいる時間を思い出して、なじんできた。

噴煙が近くに見えたり、でも硫黄の臭いはしなかったり。
噴火で削られた急斜面を見たり、遠くの白いのは雪か石か悩んだり。
周辺の景色を楽しみ、おしゃべりしながら登っていく。

8合目を過ぎたあたりから視界が悪くなり、
9合目を過ぎると、土と小石の滑りやすい斜面となり、ちょっと怖い。

でも、そこを過ぎたら、頂上!!

真っ白で何も見えない。
そして寒い。

けっこう雲が動いているのはわかったので、しばらく頂上で過ごす。
写真を撮ったり、昼食をかじったり。

そして、一瞬だけ、真上に青空が見えて、また写真タイム。

それが終わって、下山。

最初の砂利道が滑るので怖くて、恐る恐るゆっくり降りた。
その後も、滑りそうな道はあったけど、膝を痛めない程度のスピードで降りた。
当然いちばん遅かったけど、ところどころ待っててくれたのでよかった。

一旦ロープウェイ駅まで戻って、トイレ休憩をしてから、
最後に池をめぐってハイキング。

もう登山が終わって気も緩み、いろいろおしゃべりしながら、
ガイドのように花の説明などをしてくれるメンバーがいて、楽しかった。

ロープウェイでまた下山。

旭川までまた車で移動。


2019.08.16

雲ノ平コースタイム

けっこうこまめに時計を見ながら歩いていたので、
歩いていたときの感覚と、今計算したタイムと、さほど変わらない。

初日は、太郎平小屋から雲ノ平小屋までの間は完全にバテてたので、
コースタイムよりオーバーしている。
でも、テント泊装備でそのくらいのズレで済んだなら、まだマシか。

3日目も後半は完全にバテてたので、コースタイムよりオーバー。
こちらは荷物は軽くなってきてるはずだけど、熱中症寸前だったことを考えると仕方ない。
もうちょっと体力をつけるなり、しないとな。

時間的な反省点はそのくらい。
初日の荷物は14.5kgだったことを考えると、頑張った頑張った。

でも、もうちょっと余裕を持ったスケジュールを立てたいな。

8/9
6:51 折立(バス到着)
7:07 折立(出発)
8:26 三角点ベンチ (1:19, CT2:00)
9:52 五光岩ベンチ (1:26, CT1:30)
10:35 太郎平小屋(着) (0:43, CT1:30)
10:53 太郎平小屋(発)
13:19 薬師沢小屋 (2:26, CT2:15)
15:33 アラスカ庭園(着) (2:14, CT2:35)
15:38 アラスカ庭園(発)
16:22 雲ノ平小屋(着) (0:44, CT0:45)
16:32 雲ノ平小屋(発)
16:48 雲ノ平キャンプ場 (0:16, CT0:25)

8/10
7:09 雲ノ平キャンプ場
7:58 祖父三俣分岐 (0:49, CT0:30)
9:15 岩苔乗越
9:28 ワリモ北分岐(着) (1:30, CT1:10)
9:35 ワリモ北分岐(発)
10:12 水晶小屋 (0:37, CT0:50)
10:49 水晶岳 (0:37, CT0:40)
11:28 水晶小屋(着) (0:39, CT0:30)
11:50 水晶小屋(発)
12:20 ワリモ北分岐(着) (0:30, CT0:40)
12:34 ワリモ北分岐(発)
13:35 鷲羽岳(着) (1:01, CT1:10)
13:49 鷲羽岳(発)
14:52 三俣山荘 (1:03, CT1:00)
--:-- 三俣蓮華岳キャンプ場

8/11
5:04 三俣蓮華岳キャンプ場
5:57 三俣蓮華岳(着) (0:53, CT1:00)
6:05 三俣蓮華岳(発)
7:32 黒部五郎小屋(着) (1:27, CT1:30)
7:52 黒部五郎小屋(発)
9:53 黒部五郎の肩 (2:01, CT2:30)
10:10 黒部五郎岳(着) (0:17, CT0:15)
10:14 黒部五郎岳(発)
12:40 赤木岳 (2:26, CT2:20)
13:31 北ノ俣岳 (0:51, CT0:40)
15:01 太郎平小屋 (1:30, CT1:25)
--:-- 薬師峠キャンプ場

8/12
6:14 薬師峠キャンプ場
6:49 薬師平 (0:35, CT0:40)
7:30 薬師岳山荘(着) (0:41, CT1:10)
7:36 薬師岳山荘(発)
8:24 薬師岳(着) (0:48, CT1:00)
8:47 薬師岳(発)
9:43 薬師岳山荘 (0:56, CT0:40)
10:21 薬師平 (0:38, CT0:50)
10:52 薬師峠キャンプ場 (0:31, CT0:30)

8/13
6:35 薬師峠キャンプ場
6:47 太郎平小屋 (0:12, CT0:20)
7:29 五光岩ベンチ (0:42, CT1:00)
9:52 折立 (2:23, CT2:10)

よしよし。


2019.08.16, 22:14 / ハイキング登山
2019.08.14

反省点

今回の雲ノ平の旅、反省点が多い。

まず、行程。

台風10号が読めなかったので、無理をしたのもあるけど、
振り返ってみると、そうじゃなくても、無理があった。

折立まで登ったら、そこで休むべき。
三俣山荘から太郎平小屋までは、遠すぎる。
この2点が大きい。

もしまたこのエリアに行くとしたら、細かく刻んでテント泊にするか、
山小屋泊にしたいと思う。
なかなか素敵な小屋が多かったので、もったいなかった。

とはいえ、1つの布団に2、3人とかいう案内になってたので、
行くなら空いてるときにしないと無理だけど。

あとは食事。

ひたすら食欲がなかった。
パワージェルをたくさん持ってたのは救いだったが、
それ以外にも食べやすいものが何か欲しかった。
歌舞伎揚を忘れたのは痛い。

逆によかったのは、粉末ドリンク。
水も味がついてると飲みやすいし、多少パワーになる。
乳酸菌の粉末ドリンクがかなり美味しかった。

パスタも家で練習してったわりに、不味かった。
火力が足りないとかあるかもしれないけど、工夫が必要。

朝食はフルーツグラノーラで問題ないけど、お腹が空きやすいので、
もうちょっと何か足せるといいんだけどな。

あと服だ。

短パンを買うべきかもしれない。
サポートタイツを常に履くようになったので、短パンでも気にならない気がする。
長ズボンだったから余計に暑かったのかもしれない。

良かったのは、アームカバー。
途中まで、着けたら暑いかと思ってたが、いざ着けてみたら、
着けたほうが涼しかった。

メリノウールは結局、行動中に着なかった。
意外にポリエステルでも臭くならなかった気がする。
気づいてないだけかもしれないが。

メッシュのソックスがけっこう臭かったので、買い換えようかな。
メリノウールのソックスは、大丈夫だった。

荷物全体でみると、14.5kgは重かった。
最終日はだいぶ軽くて、知ってる重さだったので 10kg くらいか。

そのくらいだと頑張れそうな気がするので、4kg 減らさないと。

次に長期で行くのはどこになるかなー。
って、行く気になってるなー。

時間的な反省はまた別途。



2019.08.14, 22:50 / ハイキング登山