2018.01.21

阿弥陀岳

モンベルで申し込んで、登山ガイド・イエティさんがガイドで、

公認山岳ガイドが指導する 雪山登山技術実践講習会
アイゼンワーク&アイスクライミング体験と八ヶ岳阿弥陀岳北稜登頂2days

に行ってきた。

アドバンスコースなので、ドキドキ。

ガイドさんは以前お世話になったことのある方で、なんか見たことある・・・という感じには覚えてくれてたみたい。

メンバーは3人で、私以外に夫婦1組。
よくしゃべる夫婦だったので、気持ち的には楽。

軽く自己紹介などしながら、車で赤岳山荘まで連れてってもらい、
そこからストックとアイゼンを出して、赤岳鉱泉まで、ゆるやかな上り坂を歩く。
暑くて、休憩のたびに脱いで、長袖Tシャツ1枚になってた。
ま、それでも0℃くらいだったらしいけど。

1日目は、アイスクライミングの練習だけ。
体験って感じじゃなく、2日目に行く阿弥陀岳のルートで、けっこうな斜度の箇所があるから、その練習とのこと。
それを聞くと、なかなかドキドキである。

傾斜の緩い壁から始めたので、楽しく登れる。
去年、3本目くらいで力尽きてアックスを落としてしまうという大失態をしたので、気合いが入る。
垂壁を少しやって、やっぱり腕の力が急激になくなるのは同じだったかな・・・

4本登って、おしまい。

まったりと部屋でおしゃべりして、同じイエティの別のガイドさんの部屋におじゃまして酒盛り。
そちらはスクール生ということでガチ勢。
なかなか面白かった。

夜はやっぱり豪華なステーキ。

21時ごろに就寝。
1時に起きて、4時に起きて、という感じだったけど、よく眠れたほうだと思う。

2日目は4:45に起きて、6時出発の準備。

行者小屋まではゆっくり歩いて、そこから樹林を抜けて、灌木帯という急斜面に入る。
そこが一番の難所と聞いていたので、ドキドキ。

ロープをつけて、私はガイドさんの後ろの2番目。
ピッケルを刺して、アイゼンを蹴り込んで、一歩一歩着実に進む。
ふくらはぎが痛くて、なかなかツライ。

でも、距離としては短くて、さくさく進む。
途中でトレースの上にロープ張ってる別パーティがいたりして、邪魔だったりしたけど、無事に通過。
その急斜面を通過したら、あとは10分で頂上。

360度見晴らしが良く、天気も最高で、すばらしかった。
見渡してみて、やっぱり雪が少ないんだなってことはわかった。

下りは、私が先頭で、ガイドさんが最後でロープの撤収などを行う。

ということで、急斜面を先頭切って降りていかないといけなかったのだが、
後ろ向きで降りるので、特に怖いこともなく、楽しかった。
私の後ろの方は怖がっていたので、下から見てわかる情報をいろいろ伝えてみたりした。

急斜面を降りたら、もうあとはのんびり。
またおしゃべりなどしながら、行者小屋、赤岳鉱泉と戻る。

荷物を整理して、あとは赤岳小屋に戻って、肉そばを食べて、
車で美濃戸口まで送ってもらって、おしまい。

まだ冬山登山は数回しかやってないけど、行くとまた行きたくなるんだよな。
みんな楽しそうなんだよな。

いいな。

 
福田ガイドの山行報告


2018.01.21, 22:52 / ハイキング登山
2018.01.13

金勝山・官の倉山・石尊山

埼玉県の低山ハイキングに、探検隊つながりの山サークルで行ってきた。
しばらくハイキングすらしてなかったので、300m の山とはいえ、久しぶりの登り。

地元の散歩道みたいな感じかもしれない。
地図もないので、ネットの情報が頼り。

駅を出て、まずは金勝山からスタート。
ゆるやかで単調な登りが続き、わりとすぐに頂上。

すぐ近くに小川げんきプラザという施設があり、プラネタリウムとか見られるらしい。
そこから官の倉山に行くには、一旦降りて、線路を渡り、反対側へ行かないといけない。

その道が長かった。

ホントは迷わず行けば30分くらいだったらしい。
しかし、まともに地図もない状況だったので、謎の道に降りたようで、行き止まり。
というか、そのまま先に進んだらまた金勝山に戻ってしまうという、ループ。

まぁ、一旦上に戻って車道を行けば確実に降りられることはわかっていたので、皆焦ることもなく楽しく迷う。

上に行きかけたところで分岐を見つけ、無事に線路のほうへ出ることができた。
30分のところを、2時間かかったみたい。

もう12時を過ぎてお腹もすいていたけど、予定では官の倉山の山頂でランチ。
その手前で神社があるっぽかったので、広場があったらそこで食べようと、とりあえず進む。

そこまでも少々迷いかけたりしたけど、さすがに、その都度ちゃんと検索しながら進む。

神社、なかなかオーラがある感じのところだった。
もちろん、広場なんてものはない。

頂上目指すか、と進み始めたところで、東屋発見。
池の脇に休憩スペースがあったのだ。

池は凍っていて、ファミリーが氷の上に石を投げて、不思議な音が鳴るのを楽しんでいた。
(そのあとも氷を割って遊んだり、お母さんと息子が氷に夢中で可愛かった^^)

陽に当たりながらランチを食べ、誕生日のお祝いをしたり、お菓子をもらったりして休憩。

その後、ようやく(笑) 官の倉山へ登る。

ひたすら登りだったけど、わりとすぐに頂上に着いた。
さすがに300m台だもんな。

頂上では池にいたファミリーがランチ中だった。

そこからすぐ横の石尊山に行き、下山。
そこで鎖場登場。
今日のハイライトとなるべき場所だ。

特に危険というわけではなく、鎌倉の天園にある鎖場みたいに、一応安全のためって感じ。
それでもけっこう距離があって、落ち葉が滑るので、鎖があると安心ってところ。

降りきって、平坦なところに出て、15時くらい。
なかなかの時間だった。

でももう街に向かうだけなので、大丈夫。

皆さんは温泉に行くということだったのでお別れして、私は帰宅。

300m台のハイキングだったけど、予定外にたくさん歩けてよかった。
うっすらと筋肉痛になった。
そして、ストックを使わなかったけど、膝は痛くならなかった。

 


2018.01.13, 23:18 / ハイキング登山
2017.12.03

鎌倉

久しぶりに、鎌倉の天園ハイキング。
駅は激混みかと思ったけど、ピークではなかったのか、普通の混雑だった。

建長寺の拝観料が値上げされてて悲しかった。
半増坊でも山から降りてきた人に、建長寺の拝観料払いましたか? って聞いてて、しっかり徴収するっぽい。
きっとそういう抜け道を使ってた人が多かったり、マナーの悪い観光客が増えたりで、管理費が増えたんだろうけど、やっぱ悲しいね。

半増坊での急な階段も、途中で崩れたのか、少し山側にルートが変わってた。
しばらく来てなかったんだなってことを実感した。

紅葉はメチャクチャ綺麗。
紅・黄・緑が一本の木にあったりするのが、かなり綺麗。


今回は一眼レフを持っていったので、きっとストックは使わないだろうと、持って行かなかった。
だから、メインの獅子舞は、けっこう急な坂なのは知ってたので、けっこうドキドキ。

見事な紅葉で、カメラではちゃんと撮れなかった。


行ってよかった。

膝の調子を気にしながら歩いたけど、どういうときに違和感があるのか不明。


2017.12.03, 22:14 / ハイキング登山
鎌倉 はコメントを受け付けていません。
2017.11.26

大多摩ウォーキングトレイル

昨日、大多摩ウォーキングトレイルに行ってきた。
古里〜奥多摩 8km のハイキング。

特に山道でもないので、登山の格好じゃなくてもよかったわけだが、
かかとの靴擦れがあってから、登山靴のインソールを替えてみたので、それを試すのもあり、登山スタイル。

メチャクチャ良い天気でテンション上がる。

古里駅で降りて、橋を渡ってから鳩ノ巣方面に行こうとしたが、そちらは工事中。
一旦戻って、青梅街道沿いに少し歩いてから橋を渡って、あとは川沿い、ダム沿いの道。

全体が紅葉してるわけじゃないが、緑、黄色、赤が混じっているのもキレイ。
写真をいろんなモードで撮って、比べてみたりしながら、のんびり歩く。



コースタイムでは3時間ほどだが、そんなこんなで4時間くらいかな。
9時に歩き始めて、13時ごろに奥多摩駅に着いた。

そこから帰りの電車でも靴を履き替えなかったので、朝6時半から15時すぎまで履いてたが、足は全く痛くならず。
これで次回は安心して山に登れるかな。

 


2017.11.26, 19:20 / ハイキング登山
大多摩ウォーキングトレイル はコメントを受け付けていません。
2017.11.07

鳳凰三山

11月4日(土)〜5日(日)に、鳳凰三山へ行ってきた。

1日目は最初のうちは紅葉が綺麗で、秋の登山って感じ。
小屋に近づくにつれて、晴れてるのに雨がパラついてたり、変な天気。

テントを張ってから、雪がちらつき、雪が降ってたのは実質30分とかだったかもしれないけど、うっすら雪景色。
とてつもなく寒くて寝袋にくるまったまま、夕食をとったりして、19時、早めに就寝。

早く寝すぎたので20時に起きてしまったりしたけど、何回も眠った。
深夜2時に起きたとき、寒くてトイレに行きたくて、寒かったけど夜空を見たいのもあったのでトイレ。

そしたら、そんな時間に出発する人がいて不思議。。
頂上で朝を迎えたいとかだったのかな。

月が明るかったけど、オリオン座はハッキリと見えた。

3時、4時と時間が過ぎるにつれ、外が騒がしくなっていく。
テントを置いて出発する人たちは、どうやらその辺の時間に出るのかな? とか思ったけど、
夜叉神峠ピストンで1泊2日ってことだったんだろうな。

2日目は天気は良かったけど、ひたすら強風。
薬師岳小屋の手前から見る富士山がキレイすぎて、思わず、ヤバ!!って言っちゃった。

3つの頂上を渡り歩いてるうちは楽しかった。
でもそのあと、下りが地獄だった。

振り返ってみれば、ちゃんと秋の登山っぽい感じもあって、よかった。

ーーー

やっぱり上りは速くて、下りは遅い、というのは、いつも通り。
ただ、それほど速くなかった気がするのに上りが半分の時間だったりしたのは、コースタイムが古いのか?

高嶺からの下りは、ずーっとひたすら急な下り坂で辛すぎた。

最初は道がわかりにくい岩ゴロゴロの薮を突き進み、
次は岩ゴロゴロをひたすら下り、最後は木と土と岩の急な斜面をひたすら下る。

3パターンくらいの斜面ではあったけど、どれも急坂で休む場所もない。
膝はギリギリもってくれてよかったが、途中で痛くなったら帰ってこれたかわからない・・・

夜叉神峠から入って、2泊3日でピストンするのが正解だったかな。

甲府駅バス停出発 9:05
夜叉神峠バス停到着 10:23 ・・・ 5分ほど遅れて到着
夜叉神峠登山口出発 10:28
(0:56 CT1:00 – 0.93)
夜叉神峠 11:24
(休憩)
夜叉神峠 11:30
(1:09 CT2:00 – 0.57)
杖立峠 12:39
(1:27 CT2:00 – 0.72) ・・・ けっこう急な上りだったかな
苺平 14:06
(0:30 CT0:30 – 1.00)
南御室小屋 14:36

南御室小屋 6:22
(1:16 CT1:30 – 0.84) ・・・ 富士山が綺麗に見えて幸せだった
(薬師岳小屋 7:26)
薬師岳 7:38
(0:32 CT0:45 – 0.71)
観音岳 8:10
(0:32 CT0:30 – 1.06)
鳳凰小屋分岐 8:42
(0:45 CT0:30 – 1.50)
アカヌケ沢ノ頭 9:27
(0:07 CT0:10 – 0.70)
地蔵岳 9:34
(オベリスク 0:23) ・・・ ここが予定外だったが、一応登っておかないとね
地蔵岳 9:57
(0:58 CT0:50 – 1.16)
高嶺 10:55
(0:51 CT0:40 – 1.27) ・・・ 道に迷いかけて危なかった
白鳳峠 11:46
(2:09 CT2:00 – 1.07) ・・・ 地獄の下り、膝もギリギリ、もうイヤだ
白鳳峠入口 13:55
(0:12 CT0:15 – 0.80)
広河原 14:07 ・・・ 15時のバスで甲府へ

甲府からは特急かいじの自由席。
ちゃんと座れて、ゆったりと帰ることができた。
 
 


2017.11.07, 22:19 / ハイキング登山
鳳凰三山 はコメントを受け付けていません。
2017.11.05

鳳凰三山の反省点

鳳凰三山に行ってきた。
細かいタイム分析は明日やるとして、まずは感想。

直前まで風邪っぽくて、本腰を入れて準備をしてなかったせいか、反省点多し。

夜叉神峠の水場を調査してなくて、水を補給できないままスタート。
魔法瓶にあった分だけしか飲むことができず、失敗。

ポケットティッシュが足りなくて、鼻をかめず。
トイレットペーパーをサコッシュに移しておくような気も効かず。

ザックを降ろして休憩できるスペースが少なくて、行動食をあまり食べなかった。
上りは平気だったけど、二日目の下りはバテてたように思う。

稜線が強風だってわかってたら、帽子を用意して行くべきだった。
髪が風にあおられて、なかなかウザかった。

フリーズドライの白米、お湯を入れすぎたのと、入れたお湯が温度が低かったのとで、まずかった。
しかもその少し前にパンを食べてしまったので、あんまりお腹空いてなくて残念。
でも、食べたことで身体が暖まって、寝ることができた、という気はする。

ソーラーランタンの充電が、2日目の朝に切れた。
夜の間はもってくれたのでありがたかったけど、撤収の時にないのは辛かった。

靴擦れで、カカトが擦りむけた。
今までも痛みを感じることはあったけど、完全に皮がなくなってるのは初めて。
保護クリームを塗り忘れたのもイタい。

あと、なんといっても、下りにあのルートを用意してしまったことが大失敗。
3時間も急降下するのは、私の膝が限界。
ギリギリのところで戻ってこれてよかったけど、危なかった。

よかった点は、アイゼンを持っていくという判断をできたこと。
使わなかったけど、雪が降ったことを考えると、正解だった。

あと、もう1つのよかった点は、前回に引き続き、朝食をフルーツグラノーラにしたこと。
テンションあがる。

あとさらに、帰りに特急を使ったこと。
バスは絶対に遅れるってことがわかったので、電車にしてみた。
かいじにしたら自由席でもちゃんと座れたし、20時前に家に到着してるというのは楽でいい。

とりあえず、今日のところはこんなとこか。

 


2017.11.05, 23:41 / ハイキング登山
鳳凰三山の反省点 はコメントを受け付けていません。
2017.11.03

ラストテントかな

明日の早朝から、明後日にかけて、1泊2日で鳳凰三山に行くつもり。
もちろん、朝ちゃんと起きられたらという前提だけど。

電車で甲府駅まで行き、そこからバスで夜叉神峠。
初日は南御室小屋まで行って1泊して、2日目が本番。
頂上を渡り歩いて、広河原からバスで甲府、そこから電車で帰ってくる予定。

明日から寒くなるというので、風邪を引かないよう気をつけたい。
一応、軽アイゼンも持っていく予定。

万が一、南御室小屋で体調が悪くなったりしたら、夜叉神峠へ戻ってくることにしよう。
紅葉でも見ながら歩けば、気も晴れるだろう。

【1日目】
夜叉神峠登山口(10:30)・・・夜叉神峠(11:30)・・・杖立峠(13:20)・・・苺平(15:10)・・・南御室小屋(15:40)

【2日目】
南御室小屋(06:30)・・・薬師岳小屋(08:00)・・・観音岳(09:00)・・・アカヌケ沢ノ頭(10:00)[休憩 30分]・・・高嶺(11:10)・・・白鳳峠(11:50)・・・白鳳峠入口(13:50)・・・広河原(14:05)

さて、うまく行くかな。

 


2017.11.03, 21:21 / ハイキング登山
ラストテントかな はコメントを受け付けていません。
2017.09.27

槍ヶ岳:食事

この前の槍ヶ岳、実は食事にもテーマがあった。
それは、アルファ米を使わないこと!!

北岳のときに、全然美味しくないなって思ってしまったのだ。
高度のせいとか疲れのせいとか、そういうのもあるだろうけど、気分が上がらなかった。

それに、タンパク質が必要だけど不足しちゃうというのもあるし、ビタミンも必要だしって考えて、見直した。

まず、持っていけるタンパク質って何だ?? ってところが難しい。
だいたい要冷蔵なんだよな。

サラダチキンも考えたけど、なんか美味しくない。
スモークササミというのを見つけて、試してみたら美味しかったので決定。
でも、そのお試しした美味しいやつは見つけられず、似たようなものにしたけど。

そして、チーズ。
北岳のときも持って行ったんだけど、柔らかくて潰れてて、安全か怪しかった。
今度はパックされてて固めな、さけるチーズ。

あとはビタミン。
錠剤じゃ味気ないので、フルーツグラノーラ。
牛乳をかけたいけど持っていけないので、スキムミルク。
カロリーも足りないかもしれないので、蜂蜜も一緒に持っていく。

スキムミルクはタンパク質でもあるし、きっといいはず。
ただ、味は不安があったので、先に家で試してみた。
蜂蜜をかけてけっこう甘くすると、オヤツっぽくて好きな感じになったのでOK。

晩御飯には、かさばらない棒ラーメンを試してみたかった。
具が全然ないので、乾燥野菜も一緒に。

そして、山で一番欲しくなるのが、フルーツ。
生を持って行くのは大変なので、缶詰がいいんだけど、重いしゴミがかさばるのがダメ。
ビニール包装に入った缶詰フルーツを見つけたので、一目惚れ。

ということで、まとめると、

・ スモークチキン
・ さけるチーズ
・ フルーツグラノーラ
・ スキムミルク
・ 蜂蜜
・ 棒ラーメン
・ 乾燥野菜
・ フルーツミックス

が、今回の食材だった。(あと行動食ね)

1日目の行動終了後のおやつに、スモークチキン。
これは正解、美味しく食べることができた。

1日目の晩御飯に、棒ラーメン、乾燥野菜。
高度が高いせいかラーメンを時間通りに茹でても固くて、イマイチ。
そもそもラーメンはそんな好きじゃないので、不正解。

1日目の晩御飯のデザートに、フルーツミックス。
これは最高に幸せだったので、大正解。
ちょっと重いけど、それだけの価値はある。

お湯を沸かして魔法瓶に入れておき、寝る前にコーヒー牛乳。
これはコーヒーとスキムミルクなわけだが、コーヒー単体よりはいいかなってくらい。

2日目の朝は、魔法瓶の少しぬるくなったお湯でスキムミルクを溶き、フルーツグラノーラに蜂蜜をかけて。
やっぱり朝はこういう食事が好きなので、ホッとしたし、気分が上がった。
これは大正解。

そして、さけるチーズも朝食のお供。
これも朝っぽくて気分が上がったので正解。

というわけで、だいたいイイ感じの食事メニューができあがった。
ラーメンのところをアルファ米に変えて、カレーとかにしたほうがいいかもな。

次回のテント泊登山はいつになるか未定だけど、楽しみだ。

 


2017.09.27, 22:49 / ハイキング登山
槍ヶ岳:食事 はコメントを受け付けていません。
2017.09.26

槍ヶ岳:ペース

いつも通り、ポイントポイントで写真を撮っていたので、yamakei-online のコースタイムと比較。

登りは槍沢ロッジまでの平坦な道は、0.7前後のいいペース。
そのあとバテたと思ったけど、テントを担いでコースタイム通りなら上出来だ。

下りはやっぱり1.1前後なので、いつも通り。
平坦な道に戻ってからは、0.7くらいでいいペース。

ということで、いつも通りのペースで歩けていたようで、よかった。
速度は落とさないように気をつけてたけど、帰り道はかなり足が痛かったな。

昨日の時点では、右足の裏に1つマメができてる、と思っていたが、もう1つあった。
靴がちょっとゆるいのかもしれないので、対策考えよう。

5:13 バス到着
(準備)
5:35 バスターミナル出発
(0:07, CT 0:05 = 1.4)
5:42 河童橋
(0:37, CT 0:50 = 0.74)
6:19 明神
(0:40, CT 1:00 = 0.66)
6:59 徳沢
(0:47, CT 1:10 = 0.67)
7:46 横尾
(トイレ休憩)
7:54 横尾
(1:11, CT 1:40 = 0.71)
9:05 槍沢ロッジ
(ジュース休憩)
9:23 槍沢ロッジ
(0:29, CT 0:30 = 0.96)
9:52 ババ平
(1:20, CT 1:20 = 1.0)
11:12 天狗原
(1:42, CT 1:40 = 1.02)
12:54 殺生ヒュッテ
(テント設営)
13:54 殺生ヒュッテ
(0:39, CT 1:00 = 0.65)
14:33 槍ヶ岳山荘
(0:25, CT 0:30 = 0.83)
14:58 槍ヶ岳
(写真休憩)
15:06 槍ヶ岳
(0:28, CT 0:30 = 0.93)
15:34 槍ヶ岳山荘
(ジュース休憩)
15:40 槍ヶ岳山荘
17:05 夕食?

6:28 殺生ヒュッテ
(1:40, CT 1:45 = 0.95)
8:08 水俣乗越
(0:22, CT 0:20 = 1.1)
8:30 ババ平
(0:26, CT 0:20 = 1.3)
8:56 槍沢ロッジ
(おやつ休憩)
9:09 槍沢ロッジ
(0:35, CT 0:30 = 1.16)
9:44 一の俣
(0:47, CT 0:50 = 0.94)
10:31 横尾
(膝サポーター外す)
10:40 横尾
(0:51, CT 1:10 = 0.72)
11:31 徳沢
(ソフトクリーム休憩)
11:43 徳沢
(0:48, CT 1:00 = 0.8)
12:31 明神
(ヨーグルト休憩)
12:40 明神
(お風呂休憩)
14:20 小梨


2017.09.26, 00:50 / ハイキング登山
槍ヶ岳:ペース はコメントを受け付けていません。
2017.09.25

槍ヶ岳

金曜の夜にバスで上高地へ向かった。

昨日、早朝から槍ヶ岳を目指して歩き、
傾斜が出てきてからは完全にバテていたし、頭が痛いし、食欲ないし、って状態だったけど、
予定より2時間早く、宿泊予定の殺生ヒュッテに到着したので、
テントを張って荷物を軽くし、バファリンを飲んで、槍ヶ岳頂上を目指した。

槍ヶ岳山荘から頂上までの間はものすごく楽しくて、ロッククライミング。
難しいわけではないんだけど、さすがに落ちたら死ぬやつなので、けっこう怖い。

雲はあったけど景色はよく、気分爽快。
殺生ヒュッテに戻ってきた時には、体調も回復していたように思う。
思えば、高度が上がってもペースを落とさなかったせいで、高山病っぽくなってたのかもな。

日が落ちる前に夕食をとって、あとは寝るだけ。
なかなか寒かった。

0時以降は何回も起きたけど、すぐにまた寝て、の繰り返し。
朝は4時くらいに周囲がゴソゴソし始めたが、私は寝ることを選んだ。
元々の予定だと朝に頂上だったから、今スタートだったんだなと思うと、昨日行っておいてよかったって、
それくらい、体は疲れていた。

5時ごろに朝食をとり、サンライズは見えるのか気にしていたけど、
5時半になっても、結局うっすら明るいのがそのまま明るくなるだけだった。
雲が多かったようだ。

そこから荷物を片付けて、6時半に下山開始。

登りの時の息苦しさはなかったけど、ひたすら下るのも疲れる。
朝からすれ違う人が多かったのは、ババ平に泊まっていた人たちなのだろうか。

ものすごく天気がよくて、今日頂上に行く人は幸せだなーとか思ったけど、
槍ヶ岳は頂上から周囲を見るよりも、槍ヶ岳を眺めたほうがカッコいいことがわかった。

カッコいい槍ヶ岳を眺めるために何回も後ろを振り返ったな。

槍が見えなくなってからは、川のせせらぎを聴きながらの散歩。
散歩というには、マメができたのか足が痛かったり、しんどかったけど。

槍沢ロッジで水を補給して休憩して、横尾で膝サポーターを外し、徳沢でアイスクリームを食べ、
明神でヨーグルトを飲んで、小梨でお風呂に入ったあとはもう観光気分。
河童橋でカレーライスを食べたり、バス待ちしながらコロッケを食べたりしてた。

やっぱり右足にマメができていて痛いし、バスに乗ってからは全身筋肉痛で痛かった。
渋滞にはまりつつ、23時過ぎに新宿に到着、帰ってきた。

槍ヶ岳、しんどかった。
でも、キレイだったし、頂上付近のロッククライミングは楽しかった。

 


2017.09.25, 01:40 / ハイキング登山
槍ヶ岳 はコメントを受け付けていません。