2019.04.06

大島・三原山

夜、落ち着いた頃に、隣の隣の寝床の方に話しかけられた。
荷物の感じから観光客ではなさそうだったが、新島に住んでる方らしい。
東京に用事があって行くと、ついつい買いすぎてしまうらしい。

そして、島の人にお土産を買って帰るのに、一番人気なのはマクドナルドとケンタッキーというのに驚いた。
人気ってのはわかるけど、それを長時間かけて大量に持って帰ってることに驚いたのだ。
きっと賞味期限はギリギリか切れるかくらいだろうけど、一瞬で無くなるって。

そして聞いた感じ、いつも一等室はけっこう空いてることが多いようだ。

23時前くらいに、あまりに眠くなったので就寝。
起きたのは5時過ぎだったので、けっこう普通に熟睡した。

大島に降りて、バスの一日券を引き換えて、大島温泉ホテルまでバスに乗車。
満席になってギュウギュウになってた。

ホテルについて、温泉&朝食の券を引き換えて、朝食バイキング。
パンもあってよかった。
一人客があまりいないようで、なんか居心地は悪かった。

朝の温泉は要らないけど、バスの時刻まで1時間半くらい時間があった。
周辺で何か見るものないかなーと外を散策。

看板があり、裏砂漠線 3.2km 65分 と書いてあるのが気になった。
裏砂漠は迷いやすいから入念に調べてから行くこと、っていうネット情報を見た直後だったので、
様子を見て、行けそうだったら行く、ダメそうだったら戻ってくる、ということにして散策開始。

まず、つつじ園。
花は全然なかったけど、道が続いてたので先へ進んでみた。

黒い小石の上に、木、草がある道だった。

分岐があって、なんとなく右側に行ってみた。
鎧端樹海トレースという道らしく、迷いやすいのでキケンという看板が出てた。

このときはまだ、それが裏砂漠へと続く道なのかと思っていたので、進んでみた。
道は一応あるのだが、蜘蛛の巣が張っていて、途中から木の棒を振り回しながら進んだ。

15分ほど進んだくらいのところで分岐が現れた。
左に行ってみたら道が途切れていて、右に行ってみたら目印の赤い四角が倒れていて、途切れていた。
これ以上行くと迷うだろうなと思ったので、そこで引き返した。

裏砂漠は無理かなーと引き返していたら、最初に分岐があったことを思い出した。
反対側に行ってみたら、看板があって、裏砂漠ってちゃんと書いてあった。

溶岩流の跡が見える場所が40分って書いてあったので、引き返すならそこまでは行こうと思い、急いで歩いた。

けっこう道はちゃんとしていて、迷いそうになかった。
MAPS.ME で道を確認して、曲がるところでちゃんと曲がった。

ここをもうちょっと先に進んでいれば、もっと砂漠っぽい裏砂漠が見れたってことは後から知った。
もし次に行くことがあったら、そうしよう。

三原山までそのまま行けそうだったので、行った。
火口一周ルートというほうに行けばいいのだ。

岩がたくさんあって、好きな感じの道で、楽しかった。

上まで行って、火口の縁から蒸気が出ていて、ちょっとテンション上がった。
団体が来る前に、いろいろ見ておこうと思って神社のほうから回った。

全然前知識なく行ってしまったけど、1986年に噴火があって、そのときに燃えなかった神社らしい。
7歳の頃かー、なんとなく噴火があったのは覚えてるけど、それが三原山だったこととか覚えてないや。

次に火口展望ルートで先端まで行ってみたけど、あんまり奥まで見えなくて消化不良。
そして、火口を一周してみたら、よく見えるところがあって、底まで見えた。
今は全然溶岩とか見えないんだなー。
だからこそ、ここまで近くに行けるってことで、当たり前か。

裏砂漠から登ってきたから、降りるのは表砂漠にしようって決めた。

地図にちょっと不安はあったけど、まだ時間はたっぷりあったので、ダメだったら引き返そうと思って進んでみた。
最初の下り坂は急で砂が滑るので怖かったけど、そこを降りてしまえば、あとは平ら。

全然看板がないことが不安ではあったけど、無事に山頂口までたどり着けた。

まだ11時前だったので、ランチには早いなーと思って、展望スペースに行ってのんびり。
けっこう風は強いけど、晴れてて気持ちよかった。

11時を過ぎて、混んでくる前に・・・と思って、昼食の店に行った。
引換券を出したら、メニューは決まってるようで、席に案内された。

天ぷら蕎麦定食だったようで、蕎麦・天ぷら・タチウオ・ごはん・味噌汁、と盛りだくさん。
かなり満腹になった。

まだバスまで時間があったので、代わりに別ルートで行けないかと探してみたけど、
大島公園のほうに行くバスはそれしかなかったので、時間を潰すことにした。

体がダルくなってたので、アイスを食べてみた。
大島牛乳アイス、味は濃いのに後味さっぱりで美味しかった。

だらだら過ごしたり、また展望スペースに行ったりして、ようやくバスの時間になった。
こうしてみると、最初の裏砂漠を焦り過ぎたな。
まぁ、何もわかってなかったし、仕方ない。

バスで大島公園に行き、椿園と動物園で時間をつぶしつつ、接続のバスを待つ。
椿園は時期がちょっと遅かったのか、けっこう椿は落ちてしまっていた。
動物園はわりと種類も多くて、楽しかった。

けっこう疲れてきていた。

最後、バスに乗って岡田港へ。
フェリーの出発までは1時間近くあったので、お土産を見たり。

バスから、プリンを食べてる人が見えて、いいなーって思ったので、その店に行った。
苺ムースが美味しそうだったので、それを食べて一休み。

あとは待合の建物が3Fまであったので、うろうろして、それでも時間があったので桟橋まで歩いてみたり。

ようやく乗船時刻になって、乗り込む。

高速ジェットフォイル船という、特殊な船だということを知った。
水を勢いよく噴出することで船を浮かせて高速で進むらしい。
めっちゃカッコいいじゃん!!
ヨットレースで浮いてるのと同じ原理なのかな?

隣に人がいたので、あんまり動けず、おやつを食べて寝て、東京に到着。

あー、楽しかった。

次はもうちょっと別のところを探検したいなって思う場所だった。
日本っぽくなかったり、東京っぽくなかったり、非日常感がいい感じだったので、
もっと週末島旅をしてみようかな。


2019.04.06, 23:32 / ハイキング登山
2019.03.24

鋸山

予定通り、鋸山に行ってきた。
行きは電車で、帰りはフェリーを使う。

行きは2時間半以上あり、座れたから本でも読もうとタブレットを持って行ってたけど、
下を向いていると鼻が垂れてくるということに気づき、諦めて寝た。

最後の内房線で、ドア付近で立ってた人が寝そうだなというのは気づいていたが、
私がしばらくして起きてみたら、床に寝ていてビックリした。
また寝て起きたら足元に顔があったので、動いてる=寝てるだけで無事というのが確認できたのと、
場所がイヤだったので、横が空いたときに席をズラさせてもらった。。

浜金谷駅に到着し、駅に置いてあった地図をもらって、ハイキングコースのほうへ。
ちょっと間違えそうなポイントはあったけど、看板はたくさんあったので安心。

歩き始めてすぐのところで、20人くらいの団体さんがいたので、抜かさせてもらった。

ひたすら登りなので、汗をかく。

途中で展望台があったので、そこで東京湾越しの富士山を見ることができ、テンション上がる。
石切場がいくつかあったけど、あとでまた通るだろうと思ってスルー。

登りが50分って地図に書いてあったので、まだ着かないのか? って不安。
早く着かないかなーって思ってたら、50分で鋸山の頂上に着いた。

え?頂上?って、今度はそれにビックリした。

どうやら地図にあるいろいろを見逃しているような気がした。
有名な地獄のぞきとか、通り過ぎちゃってたの?どこに分岐があった?ってプチパニック。

同じタイミングで頂上にいた方々のあとをつけて下山。
途中にあった看板でしばし地図と見比べて、ようやく事情がつかめた。

スルーしてきた石切場が、実は分岐点でもあった。
その分岐を行ったら、観光ポイントがたくさんでてきた。

石切場も、今まで見かけたのとは違って、形が複雑だったり、巨大だったりしてカッコイイ。
ようやく一眼レフを首からぶら下げてる甲斐が出てきたってもんだ。

大きな石切場でランチにあんぱんを食べて、さて地獄のぞきのあるお寺のほうに行こうと思ってたら、
ここに地獄のぞきあります?っておばさま方に聞かれた。

なかったと思う・・・・と答えたものの、不安。
もう自分の分岐点を見る能力は全く信じていなかった。

不安になったけど、また別の人に聞いてみると言って去ってったので、私は私で思った道を行ってみる。

看板があるたびにちゃんと立ち止まって、分岐点を発見。
上に行く階段がある道があったので、ちょっと自信を持って、そちらへ突き進む。

上まで行ったら、お寺の拝観料を払うところが出てきた。
地獄のぞきを見るには、ここに入らないといけないんだよな?と看板などを確認していたら、
窓口のおじさんがかなり丁寧に説明してくれた。

不安な私にはありがたかった。

地獄のぞきはあそこで少し並ぶ、大仏がここにあって、フェリーに乗るなら保田駅に降りて電車で移動するといい、って。
この後は、ほとんどこの通りに過ごした。

地獄のぞきは、けっこう並んでるなと思ったけど、わりと進みは早くて、15分くらいだった。
真下は見えないし、並んだ成果はただの満足感だけだけど、行かなかったら後悔しただろうから、よし。

下山の道は大仏なのか地蔵さんなのか、たくさん石仏がいる道。
ちょっと異国感があった。

大仏も見て、エリアを抜けたけど、保田駅まで2km近くあった。
足が痛くなってきていたけど、天気もいいし、のどかな景色で菜の花がキレイなので、頑張って歩いた。

保田駅の周辺でランチという計画をしていたけど、電車まで30分ほどなわりに、近くに飲食店がなくて諦めた。
駅のホームでジュースだけ飲んだ。

浜金谷駅まで1駅だけ移動して、次はフェリー。
フェリー乗り場の近くは賑わっていたけど、どの店も行列ができていた。

まず切符を買って、次のフェリーが15:20であることを確認して、いざランチ。
50分ほどあったから、普通に食べられるはず。

行列ができていない小さな店に狙いを定め、入ってみたけど、スタッフさんが相手してくれない。
そして、他の人の注文の様子から、刺身がなくなってることがわかったので、やめた。

他に入れる店ないかなーって探しつつ、お土産を見つつ。
そしたらフェリー乗り場の裏側にレストランがあることに気づき、中を見ても座れそうだったので入った。

無事に海鮮丼を食べることができた!!
高かったけど、満足。
エビの刺身が美味しかったな。

食べ終わって外に出たら、フェリーの乗船が始まっていたので、ちょうどよかった。
窓側の席で日光に当たりながら、外を眺めて、名残惜しかった。

海、意外にキレイなんだな。
東京湾なのに。

お菓子を食べて、寝て、到着した。
フェリーから京急バスと京急品川までの切符を買っていたので、その通りに移動。

フェリーを入れた方が、電車より若干早かった気がする。

鋸山、意外によかった。
あっちのほうも、遊びに行けるんだな、って気づいたところで、カヤックを思い出した。
それもいいかもな。

 


2019.03.24, 22:47 / ハイキング登山
2019.02.03

赤岳

モンベルのツアー、イエティのガイドさんで、公認山岳ガイドが指導する雪山登山技術実践講習会 アイゼンワークと八ヶ岳・赤岳登頂2daysに行ってきた。

行く前は全然実感はなかったけど、さすがに特急あずさに乗ったら気分が上がってくる。
茅野駅から美濃戸口行きのバスに乗るのも覚えていて、ちゃんとバックパックで順番を確保してから往復チケットを購入。

ガイドさんの名前は事前にもらっていたけど、今まで当たってない人。
同姓の別のガイドさんは去年食堂で一緒だったけど、その人ではなかった。

メンバーは3人で、女性、男性一人ずつで、私含めて3人とも一人参加。
女性がいてよかったってのと、話しやすい方でよかった。

赤岳山荘までは車で移動。

今回は赤岳鉱泉でイベントをやっているので、行者小屋泊。
でも、赤岳鉱泉にガイドの荷物を預けているので、赤岳鉱泉を経由して行者小屋へ向かう。

最初の林間コースが、ダラダラと続くのが苦手。
行きは準備運動のつもりで歩けるけど、帰りは辛かったな。

後ろを歩いてたメンバーの男性が超接近で歩いてて、ストックを何回を踏まれてイライラ。
このままじゃムカついてしまうと思い、歩く順番を代わってもらった。
別に私だから超接近してたわけではなく、ガイドさんにも超接近していた。

なだらかな道だったけど、やっぱり汗をかいて赤岳鉱泉に到着。
ガイドさんが荷物の準備をしている間に、トイレ行ったり、ランチのパンを食べたり。

そこから少し歩いて、行者小屋。
以前はここは通過地点だったけど、テントがたくさんあって賑わってる感じがあり、気になっていた。
今回はここに宿泊だ。

4人で個室。
荷物を置かせてもらって、週末だけ営業してるせいか布団が湿ってたので広げておく。

明日の装備を全部つけて、雪上訓練というスケジュールになっている。
ひとまず全部つけて外に出たけど、雪が柔らかすぎて、全然練習できそうな場所がなかった。

じゃー、ということで、中山展望台というところまで戻って、そこで景色をみながら、周りで練習できる場所を探す。
でもそこも雪が柔らかすぎて、練習できるところはなかった。
結局ロープの説明と、ついでに今回は使わないけど結び方を教えてもらった。

夕焼けまで待つのも長かったので、小屋に戻った。
片付けをしたり、小屋の探検をしたりして、18時前に夕食。
わりとおとなしく食べて終わったので、女性メンバーとおしゃべりして楽しかった。
今回はイエティのガイドさんが集合って感じじゃなかったので、静かだったな。

その後も特にやることがないので、寝る準備。
歯磨きをしに外に出たとき、星が予想以上に綺麗でびっくりした。
19時でもあんなにたくさん見えるとは・・・。

やることないのでゴロゴロしてたら、しばらくして消灯になり、10時間睡眠。

翌朝、朝食が6時半と聞いていたけど、足音とかうるさいので5時半に諦めて起きた。
準備をしてたら6時過ぎにもう朝食の準備ができたということで、いただく。
7時ごろに出発ということで、食べ終わってからすぐ準備。

とはいえ、朝食を小屋で食べてから出発するのは初のパターン。
やっぱり今回はまったり系なんだな。

早めに準備が終わったので外に出てたら、ガイドさんも出てて、
キレイに朝日が指している方向を、あっちが槍穂方面って教えてくれた。ラッキー。

7時過ぎに全員そろって、赤岳に向けて出発。
文三郎尾根へ行く道の最初の方は、テント場の人がトイレにしてた場所がたくさんあって汚かった。

しばらくは森の中の道をジグザグ。
昨日言われた順番で歩くかと思ってたのに、後ろの二人は逆になってた。
そして私の後ろが例の男性になってて、踏まれないように慎重にならざるを得ない。

森のコースが終わると、ストックをしまってピッケルを出し、ロープをつけて歩く。
そのままの順番でロープをつけられてしまったので、ヤバイなと思った。

歩き始めてすぐ、私のかかとにロープがひっかかる。
今だと思い、ロープがたるまないように距離を開けて歩くように伝えた。
ってか、ロープがたるんでたら意味ないってことを、ガイドさんも教えなきゃダメじゃん。

それからはしっかり距離を開けてくれたので、几帳面な人なんだろうなってことはわかった。

斜面は急なところもあるが、手を使って登るような箇所は少ない。
徐々に雪のない岩が出てきたり、はしごがあったり、歩きにくい箇所もある。

遮る物がなくなると、風が強くて、風に飛ばされてきた雪や氷の粒が痛かった。
そんな状態がしばらく続き、頂上に到着。

強風だったけど、景色は最高だった。
青空で、いろんな山が見えて、・・・でも雪は少ないように見えたな。

写真を撮って満足したら、下山。
なんだけど、来た道を戻るのではなく、地蔵尾根のほう。

再度ロープをつけるとき、私が先頭ということになった。
どういう人を先頭に指名してるのかわからないけど、(昨日の話だと滑落しやすい人という話もしていたし)
去年も先頭だったし、少しでも歩きやすい足の位置で進むことを心がける。

途中で何回か、道が不安になって、後ろにこっち??って聞いたりしてた。
そんな感じで道に不安はあったけど、楽しく先頭を歩けた。

森の中に入ったところでロープを外し、また歩く。
すぐに行者小屋に戻った。

あー、終わった。

歩く時間的には、本当はここからのほうが長いんだけど、メインイベントは終了だ。
予定の1本前のバスに乗れるということで、ちょっと早め行動。
預けていた荷物を引き取り、森を歩くだけの装備に変える。

小屋をもう閉めてしまっていて、預けていた荷物は外に置かれていた。
ってか、撤収はや。

南沢という、行者小屋から直接赤岳小屋に戻るルートで戻ることになった。
今まで通ったことのない道のはず。

道の感じは、北沢ルートとあまり変わらない。
ただただ森の中の道を歩くだけなのだが、アイゼンをしまっているので、滑る。
小さい斜面があるだけで、けっこう怖い。

いや、つければよかったんだけどね。

そんな状態で2時間も歩くので、かなり気持ちが疲れた。
ようやく見覚えのある地点まで戻ってきたときは、かなり嬉しかった。

いやー、北沢も南沢も、好きになれないな。
ってのが、このエリアにまた個人的に来ようって気になれない点かも。

赤岳山荘で少し休憩して、車で美濃戸口まで送ってもらって、おしまい。
帰りも特急あずさの指定席を買って、座って帰ってきた。

帰りの分を先に買わないというのも経験からやったことだが、
座席未指定券というものができるらしいので、今後はそれでいいのかな。

あとは片付けをしなきゃ。

さて、これでモンベルの登頂シリーズはほとんど制覇してしまったので、次はどうしようかな。
一人で行く前に、季節の始めには練習したいと思いつつ、わりと道具の扱い方は覚えてきてる感じもある。
悩ましい。


2019.02.03, 23:35 / ハイキング登山
赤岳 はコメントを受け付けていません。
2019.01.14

鍋割山

なんか急に、鍋割山で鍋焼きうどんを食べよう、って思って、行くことにした。
3連休のどこかで行こうと思ってたけど、土曜の夜に雪とか言ってたから、
晴れてからのほうがいいなと思って祝日月曜。

まず、新しく導入した道具については、
ダウンジャケットは思ったよりずっと暖かくて、買ってよかった!!
チェーンアイゼンも試そうと思ってたけど、雪はほとんど溶けていて、土が見えていて使用せず。

朝、3時すぎに起きて、4時に恵比寿駅まで歩き、4時半の電車で新宿へ。
新宿からは小田急を乗り継いで、渋沢駅へ。

バスの時間まで10分以上あるから、トイレに行けるかな?とか思ってたら、臨時バスがきた。
始発よりも前に臨時便が出てるって、神奈中バスやるねぇ。

予定よりも30分早く大倉バス停に到着することができた。
荷物の準備をし、出発!

で、道を間違えた。。。

予定していたルートは、金冷シまでは塔ノ岳と同じで、そこで左折して鍋割山へ向かう。
だから、塔ノ岳の看板のほうに進むべきだったのに、つい鍋割山の看板のほうへ進んでしまった。。

すぐに気づいたけど、戻るのは面倒だったし、
予定していたルートに強いこだわりはなかったので、逆ルートをとることにした。

けっこう長い間、車道と林道のゆるやかな道が続いた。
飽きてきたころに、階段状の道になったり、木道になったりした。
雪は少しあったけど、溶けてベチョベチョになってただけで、アイゼンなんて全く要らない。

あまり早く行きすぎると、鍋焼きうどんがオープンしていない可能性がある。
途中で歩荷さんが2人いたので、もしかしてこの人たちが到着しないと材料がないのかな?とか思い、
ちょっと休憩を多めにしてみたりした。

結局、頂上には10時少し前に到着したが、鍋焼きうどんを食べてる人がいて、オープンしてる模様。
よかったー。

注文しようと小屋に入ると、紙に名前と個数を書くように促された。
小屋の中で待ってるように言われたので、おとなしく待つ。
注文が入った分から作っているようだ。

少しして名前を呼ばれて、支払いをして、鍋焼きうどんを受け取った。
せっかくだから外で食べようと持って行き、濡れたベンチに座布団を敷いて、いざ。

いやー、美味しかった。
普通に山じゃないところで出てきても、美味しいと思う。
ちゃんと汁まで飲みきって、返却。
汁は少なめにしてあったのか、全部飲んでも苦しくなかった。

帰りは大倉尾根を下る。
ちゃんと覚えてないけど、ここは以前に通ったことがあるはず。
小屋がたくさんあって、安心感のある道だけど、急な坂。
登ってきた道よりは雪が残っていたけど、それでもアイゼンは要らなかった。

膝にバンドをつけるかどうか少し悩んだが、サポートタイツのまま行ってみることにした。
少しでも違和感が出てしまったら、そのときにつけようと思った。

ずーっと急な下りで結構つらかったが、登りの人がたくさんいたので、
先に通ってもらうように待ってる間に休憩をとるようにした。

途中で、登山道で隠れもせず立ちションしてるジジイがいて、激しくムカついた。
今年はイライラしないように、人に優しく生きようと思ったのに、
マナーの悪いジジイというものは、どうしてこんなに苛立たせるんだ。

残りの下り道は、イライラを抑えようと、少し無になって歩いた。

でも、トータルで、良い山行だった。
晴れてたのが何よりイチバン。

大倉バス停 7:02
二俣 8:10 (1:08, CT1:25)
後沢乗越 8:55 (0:45, CT0:45)
鍋割山荘(着) 9:52 (0:57, CT1:20)
鍋割山荘(発) 10:31
小丸尾根分岐 11:02 (0:31, CT0:35)
金冷し 11:23 (0:21, CT0:25)
堀山の家 12:15 (0:52, CT0:50)
大倉バス停 13:40 (1:25, CT1:15)

登りはちょっと早めではあるけど、下りはほぼコースタイム。
膝サポーターなしで、膝が壊れなかったことを考えると、ものすごい進歩。

今回はダウンジャケットを買ったことで、山に行こう!ってスイッチが入ったけど、
一度行っちゃうと、もうちょっと行きたいなーって思うんだよな。

 


2019.01.14, 20:46 / ハイキング登山
鍋割山 はコメントを受け付けていません。
2018.11.11

御前山

2度目の御前山、今度は探検隊からの友だちと2人で。

今まで2回も涸沢を企画して、天候不良で流れてきたので、今度こそ、という思いもあり、
どこの山にするか、どのくらいのレベルにするか、など、それなりに真剣に考えてきた。

そして選んだのは、私がそれなりに行ったことのある奥多摩。
その中で、かつて奥多摩湖の眺めに感動した山である、御前山にした。

奥多摩駅のバス停で待ち合わせ。
わりと久しぶりに会うので、近況を話したり、少し寝る時間もありつつ。

御前山、登り始めてすぐに急登。
まだ長袖を着ていたせいもあるけど、汗だく。
友だちがなかなかのハイペースで登っていくので、体力面では私の方が下。

サス沢で眺めがいいはずなので、横でチラチラ見える奥多摩湖を気にしつつ、汗だくで頑張る。

途中ではそんなに人にも会うことなく、静かな山歩き。
おしゃべりしながら登るのも楽しい。
会話できるくらいのペースで登るべき、ということは知っていつつ、いつもはできなかったこと。

サス沢は、さすがに眺めがよかった。
下で見た奥多摩湖よりも、キレイに見える。
雲が多めだったのが残念だったけど、少し長めの写真タイム。

そこからもまた、あーまた急な坂だー!! とか言いながら、おしゃべりしたり、黙々と登ったり。
かなり疲れたけど、なかなか楽しかった。

頂上ではランチ休憩。
彼女は行動食の延長のような感じだったので、私の食事中待たせて申し訳なかったかな。

雲が多くなり、ちょっと風も出てきて、寒くなってきた。
下りのスタートは、手がかじかむ状態から。

木の根っこと泥の上に落ち葉がたっぷり、という下り坂。
けっこう急なところもあったりして、滑りそうで怖い。
彼女も下りはゆっくり行きたいということで、私と同じでよかった。

水の枯れた川の跡みたいなところがあったり、車道と交わったり、
休憩スペースで長めの休憩をしたり、
最後はずっと川の横の道だったりして、足元は怖いけど、なかなか癒される。

登山口まで出てからは、道路。
バスが車で20分あったので、歩いて奥多摩駅まで戻った。

ホリデー快速だと新宿まで1時間半なので、それを待って乗ろうということになったが、出発まで40分くらいある。
時間をつぶす? とか迷ったけど、結局自販でジュースを買って、ホームに行くことに。

30分くらい前に電車が来たので、てっきりそれはホリデー快速の前の電車かと思って、ホームで休憩していたが、
実はそれがホリデー快速だと気づいてくれて、急いで乗って、ギリギリ座れた。

奥多摩始発のホリデー快速は、30分前から並んでないと座れないんだな。

あとは、余った行動食で小腹を満たし、本を読み始めたけど、すぐに寝た。
やっぱり、長距離の電車は座るに限る!

奥多摩湖 9:08
サス沢山(着) 10:06 (0:58, CT1:30)
サス沢山(発) 10:11
惣岳山 11:18 (1:07, CT0:50)
御前山(着) 11:36 (0:18, CT0:15)
御前山(発) 12:10
トチノキ広場(着) 13:22 (0:48, CT0:50)
トチノキ広場(発) 13:58
栃寄沢登山口 14:31 (0:33, CT0:40)
境橋 14:50 (0:19, CT0:20)

登りは早かったけど、下りはちょうどいい速度。
なかなか良いペースだったな。

 


2018.11.11, 22:59 / ハイキング登山, 地球探検隊
御前山 はコメントを受け付けていません。
2018.10.21

西沢渓谷

甲武信ヶ岳から体調などの都合で計画を変更して、天気の良さそうな今日、西沢渓谷に行ってきた。
塩山駅から出る 8:30 のバスが、一番最初に西沢渓谷入口バス停に着く。

それを目指して 7:49 着のつもりで始発で向かったら、恵比寿で山手線が動いていないことを知る。
最初は5時半に再開予定というから待ってみてたけど、次のアナウンスで6時ごろと言うので、
コレは延びるぞ? と思って、代官山まで歩いて、東横で新宿三丁目まで行った。
最初からそうすればよかったな。

ともあれ、予定より1本遅くて、実はちょうどよく 8:12 に塩山駅に到着。
真っ先に1番バス乗り場に向かって、バックパックで場所取り。
まだ1台目に座れるラインでよかった。

途中、乾徳山登山口を通って、完全に見覚えがあって、そうか最近登ったなと思い出した。
バスは時間通りに進み 9:30 に到着。
周辺の駐車場はすでに車でいっぱいだった。

よもぎ餅を買って、ささっと歩き始める。
1周で10kmあるという。

入口には地図やトイレがあり、少し休憩し、荷物を整える。
ここから右が往路で、左から戻ってくる感じになる。

少し進むと、甲武信ヶ岳への登山口がある。
2つ道があって、やっぱり徳ちゃん新道のほうが崩落がなくてよいらしい。
雪がなくなった頃の季節にまた来よう。

そのあとは、吊り橋があって、川があって、滝があって、という道を繰り返す。
木漏れ日が気持ちよく、晴れの日を選んでよかったと満足。

展望台がある滝のところからは、川のすぐ横を歩くことになり、
岩が濡れていたり、少し川を渡らないといけなかったり、一気に道が悪くなる。

ロングスカートで歩いてたおばさんや、サンダルのおばさん、2,3歳のチビッコ、ご老人の集団などが、
なかなか進まないせいで、大渋滞が起きていた。
そういう人たちって、後ろに人が溜まってることにも気づかないんだよね。。

そんな感じで、綺麗な景色なんだけど、大渋滞に気を取られ、
道幅がないから、写真を撮るにもなかなか止まれなくて、ちょっと残念だった。

いちばん奥まで行って、ご飯休憩にしようかと思ったけど、ベンチは満席。
道端も埋まってて場所がなかったので、そのまま下り方面に進んだ。

こちらは川からは離れているが、トロッコの線路跡がイイ感じ。
ずっと沿って歩くことになるのだが、それが楽しかった。

なぜか人が急に減ったので、ゆったり気分で歩けたのもよかった。
日陰がほとんどだったのでけっこう寒かった。

そんなに見所はないまま、入口に戻ってきてしまった。

バス停に到着したのが 12:50頃だったので、13:10 発のバスで帰ってきた。
3時間半くらい歩いてたのかな。
まぁ、そんなもんか。

冷たい風、木漏れ日、キレイな川、最高。
もっと空いてる時期があれば、またそのとき行きたいな。

 


2018.10.21, 20:18 / ハイキング登山
西沢渓谷 はコメントを受け付けていません。
2018.10.09

日光白根山を振り返る

なんだか反省点が多かった気がする。

まずはペース、これはバスの時間があったから、意識的に早めていた。
息があがらなくても汗びっしょりなのは、どうにかならないものか。

湯元温泉バス停 7:28
湯元温泉 7:34
分岐 8:00 (00:26, CT 00:40) 0.65
外山鞍部 9:12 (01:12, CT 01:30) 0.8
前白根山(着) 9:57 (00:45, CT 00:50) 0.9
前白根山(発) 9:59
五色沼避難小屋 10:21 (00:22, CT 00:30) 0.73
日光白根山(着) 11:13 (00:52, CT 01:20) 0.65
日光白根山(発) 11:14
大日如来 12:12 (00:58, CT 01:20) 0.725
山頂駅 12:36 (00:24, CT 00:40) 0.6

書き出してみたら、早すぎだな、これ。

上りはいつもよりちょっと早い程度かもしれないが、下りもこれか。
しかも、下りは膝サポーターつけてなかったし。

まぁ天気がいまいちで、のんびり歩く気にもなれなかったし、
結果としては、乗りたかったバスに乗れたので、結果オーライ。

今回、初めての試みとしては以下のとおり。

・ココヘリ子機を持っていったこと
・事前にFacebookで家族に登山届を共有したこと
・膝サポーターを新しいものに変えたこと
・サポートタイツを履いたこと
・アームカバーを持っていったこと

結局、膝サポーターとアームカバーは使ってないので、また今度。
ココヘリと登山届については、今度親に感想を聞いてみようと思うが、ないよりマシだろう。

で、サポートタイツ。

こんなに効果があるものだったっけ? なんで今まで使わなかったんだ? と思う。
なんせ下り道で膝サポーターを使わずに、ストックだけで大丈夫だったなんて、信じられない。
しかも、コースタイムよりかなり早い。

今回は下りに楽な道を選んだから、というのもあるだろうから、次回も要検証だ。

あとは、水と食料。

水は2L持っていったが、1Lも飲まなかったようだ。
トイレが途中にないというのは、けっこう辛い。
最後の下りでスピードを出していたのも、トイレに行きたかったという理由もある。

食料も、行動食は全然食べなかった。
バスに乗る前と、天狗平で、400kcal以上あるパンを1つずつ食べただけ。
けっこうカロリーが高いから大丈夫だったってのもあるかもしれないけど。

ザックのポケットに入れておかなかったので、歩きながら食べられなかったというのもある。
途中で休憩できるような場所もあまりなかったし、仕込みが大事。

いつの間にか、日帰り装備に慣れてない。
やっぱりテント泊のほうが好きかもしれない。

 


2018.10.09, 21:18 / ハイキング登山
日光白根山を振り返る はコメントを受け付けていません。
2018.10.09

日光白根山

6:12のバスに乗ろうと思っていたので、5:40くらいに宿を出ようと思ってた。
5:15にアラームをかけたけど、3時ごろから起きてしまって、ゴロゴロ。

5時過ぎから着替えたり、トイレ行ったり、準備開始。
今日はサポートタイツを改めて試してみるつもりだったので、着るのが大変。

以前履いたときは暑くて鬱陶しいというイメージしかなくて履かなくなっていたが、
四角さんの本を読んで、もう一度試してみようという気になったのだ。

着替えなどだけ部屋で済ませ、あとは廊下で。
シューズなど履いたりしてたら5:40になったのでちょうど予定通り。

東武日光駅のバス停には誰もいなくて、JR日光のほうのバス停にも誰もいなかった。
6時10分前だとまだ早いようだ。

登山っぽい人も、そうでない人も、徐々に集まる。
全然満席になるような人数ではなかった。

朝はさすがに渋滞してなくて、途中で乗る人も多く、途中から満席。
いろは坂で渋滞がスゴかったというので紅葉してるのかと思ったら、緑だった。

半分くらいの人が華厳の滝を見るのか、中禅寺湖前で降りていった。
さすがに昼間の数時間ってのは耐えられないという判断なんだろうな。

湯元温泉には時間より少し早く到着。
看板で登山口の場所を確認して、すぐに向かう。
まずは普通の道路のようなので準備はあとでいいと思った。

日光湯元スキー場のところには、キャンプ場。
登山のテント泊とは違って、普通にキャンプで、かなりの人数がいた。
こっちに泊まるのもよかったかな。

スキー場のリフト脇をしばらく登り、リフトが途切れたところで曲がって登山道。
裏山という感じの、木と岩と泥の道だった。

特に見晴らしがいいということもなく、曇り。
湿度が高いのか、ものすごく大量に汗をかいた。

あんまり楽しくないまま、しばらく登る。
倒木があって通りにくくなっているところも多く、それなりに大変。

前白根山という看板は出てくるけど、その先がない。
もう早く違うところに行きたい・・・と飽きてきたところで、ようやく天狗平。

朝食の残り半分、コッペパンを食べた。
そこでトレイルランニング風な鈴がうるさい人に抜かされた。
それまで、最初に数人いただけで、完全に一人の世界だった。

少し霧雨のような感じで、けっこう寒い。
でも登りは汗をかくからと、半袖のままで突き進む。

しばらく平らなところが続き、ようやく前白根山。
眺望ゼロ。

ロープウェイで降りようって思った。
今のペースでいけば、予定より1時間以上早く着くので、ロープウェイで降りたあと、13:43のバスに乗れる。
そのあとだと15:36だから、それだと遅すぎるなと思って、迷っていたのだ。

ペースを落とすわけにはいかない。
ここからは意識してペースを早めていく。

五色沼はちゃんと見えたので、満足。
もう思い残すことはない。

避難小屋を越えてからは、急な上り坂。
岩場というほどでもないが、時々手を使う感じが続く。

お腹は空いていたけど、それほど疲れている感じでもなかったので、休憩なしでいく。
ガシガシ登れるリズムになってるときは、それを続けたほうがいい。

ここも結構早いペースで抜けることができて、頂上まであと少しのところで急に人がたくさん。
いろんなルートが合流したようで、子どももたくさん。

ガスってて何も見えないのはわかってたけど、いちおう頂上に行って写真だけ撮っておく。
ロープウェイ側の下りは2時間かかるという計算で、ちょうどいいタイムになっていた。

それをキープすべく、ロープウェイと書かれた矢印に突き進む。
地図を確認しないで進んでしまったが、ちょっと長めのルートだったことを途中で知る。

ここで時間を食ってしまうわけにはいかない!と、けっこう早歩き。
しかも、膝サポーターをつけていない。

不思議と、膝のヤバイ感じはなく、サポートタイツは強いんだなってことを実感した。
これからも使っていこう。

2時間、平坦もしくは下りの、単調な道だった。

そこが終わったら、二荒山神社があって、その先にロープウェイ乗り場。
チケットを持っていないので地図を見ようと看板に行ったら、おじさんが普通に話しかけてきた。
で、どうすればいいの? みたいな感じだったので、人違い?? と思ったが、そうではなかったらしい。

ロープウェイで登って歩いて下る、みたいな、高尾山みたいなことができると思ってたようだ。
私はこういうルートで来て・・・とか説明して、なるほどねーって感じで去ってった。

ロープウェイのチケットは、乗り場でそのままお金を払う感じだった。
チケットでバスに無料で乗れるということも教えてくれた。

ロープウェイで、紅葉チェック!!
ここでようやく気分が晴れた。
紅葉、わりといいじゃないか。

写真を撮りまくって、下山。
ロープウェイにしてよかったな。

下の建物のチケット売り場で、湯元温泉行きのバスに乗りたいと伝えたら、無料券をくれた。
まだ30分くらい余裕があったので、Tシャツを着替え、靴を履き替え、ハイドレーションをしまったり。

バス停と言われた場所でしばらく待ち、5分遅れくらいで観光バスが来た。
頭が痛くて、なんか寒くて、風邪かも?という状態だったので、とりあえず寝る。

湯元温泉ではちょうどいいバスが、ちょうど目の前で行ってしまったので、ジュース買ったりして待つ。
乗り継げなかったことに対して悪態ついてる腐れオヤジがうざかった。

早めのバスだし、華厳の滝に寄ろうかなという気持ちもあったけど、
だんだんとガスってきて、それでも乗客は多くて満席で、中禅寺湖のバス停で真っ白だったので、やめた。

そのまま湯元温泉に戻って、電車までの待ち時間に湯葉まんじゅうなど食べて、おしまい。

日光白根山、あんまりイイ思い出にならなかったな。
前泊というのは、私に撮って難しいかも。
遠い場所に行ったら、普通に観光したくなって、そっちに気が向いてしまう。

 


2018.10.09, 01:00 / ハイキング登山
日光白根山 はコメントを受け付けていません。
2018.08.21

食事・行動食

2泊3日の劔岳の旅に持っていった食事について振り返る。

行動食はいつもと違う感じにした。
歌舞伎揚・カントリーマアム・ドライフルーツ(パイナップル、オレンジ)がメイン。
食後のおやつも兼ねてポテトスティック、控えで黒糖ナッツも1袋。
あと一応いつも通りのセットも持っていった。

一番手が伸びたのは、歌舞伎揚だった。
3つ持っていったけど、一番先に無くなった。

その次に無くなったのはドライフルーツ。
パイナップルのほうが先になくなった。

ポテトスティックは行動中は手が汚れるので食べられなかったが、
テント場でゆっくりするのによかった。
スティックじゃなくてチップのほうがよかったかな。

あと、最後はカントリーマアムを食べてた。
あとは残ったものをバスの中で食べたりしてたけど、
結局、いつものセットは手をつけなかった。

これはもう、行動食も変えよう。
いつものセットは要らないや。

飲み物は、粉ジュースを何回か飲んだ。
コップで作るより、ナルゲンボトルを振って作ったほうが、行動中にさっと作れてイイことがわかった。
結局コップは歯磨きの時にしか使わなかったな。

食事については、

朝食:ランチパック2つ
昼食:フルーツグラノーラ・スキムミルク・蜂蜜・おつまみチーズ
夕食:畑のカレー(豆とトマト)・白米
朝食:フルーツグラノーラ・スキムミルク・蜂蜜
昼食:フルーツ・ペッパービーフ等
夕食:畑のカレー(野菜と鶏肉)・白米・うずら卵
朝食:フルーツグラノーラ・スキムミルク・蜂蜜

最初の朝食はパンが定番だが、ランチパックの甘いのは軽く食べられるしイイ。

フルーツグラノーラは定番になってきた。
多少食欲がなくたって食べる気になるし、ガツガツ食べられるし、準備も簡単。
かさばるところがだけが難点だけど、やっぱりイイ。
1回で120gくらい食べてる気がする。

蜂蜜は100円ショップで買ったボトルのものを持っていったが、
押してもなかなか出てこなくて大変だった。
1本1本小さくまとまってるパックのほうが楽だったな。

夕食はカレーライスのみ。
だけど、これまた無理せず食べられるので、よかった。
味は変えたけど、両方とも美味しかった。

トッピングでウズラの卵を入れてみたけど、つまみ用だったので醤油味が強くて失敗。
薄味の卵があったら、そっちにしたほうがいいかもな。

フルーツ缶詰の缶じゃないバージョンも、もう定番になってきた。
フルーツ90gとシロップ90gで、計180gもあるけど、大事。
本当はもっと持っていきたいけど、重いから1回で我慢。

ペッパービーフは、ペッパーが邪魔だったな。
胡椒味というのは気が進まないのかもしれない。

あんまり外れもなく、イイ感じだったな。
小屋の食事は1回も使わず、カルピスを1本買っただけだった。


2018.08.21, 22:35 / ハイキング登山
食事・行動食 はコメントを受け付けていません。
2018.08.20

剱岳・立山

剱岳・立山を振り返る。

竹橋からスタートし、少々タバコ臭いバスでげんなりしつつ、
オーガニック虫除けスプレーを振りまいて臭い消し。

思いっきり寝ようと頑張るが、1時間起きに休憩が入り、さほど眠れず。

6時にマイカー規制のポイントに到着し、一番乗りで入場。
そして時間通りに、室堂ターミナルに到着。

どこが出発ポイントだ?って迷ったけど、ターミナルを上がっていくと出口があった。
準備を済ませて、写真を撮ったりしてからスタート。

1日目
06:58 室堂ターミナル 到着
07:23 室堂ターミナル 出発
07:29 ミクリガ池 (00:06 CT00:10)
07:57 雷鳥荘 (00:28 CT00:15)
08:13 雷鳥沢キャンプ場 (00:16 CT00:30)
09:56 剣御前小舎 到着 (01:43 CT01:50)
10:05 剣御前小舎 出発
10:42 剣沢キャンプ場 到着 (00:37 CT00:40)
11:15 テント設営 完了
13:56 剣澤小屋へ散歩

最初は観光地。
池と山の景色が最高で、ため息が出る。

少し歩いたら、硫黄のような温泉のニオイ。
これまた観光地気分が高まる。

雷鳥沢キャンプ場までは1時間くらいで着いてしまった。
ガラガラだったが、音楽をかけてゴミ拾いしてる若者たちがいた。
登山ではないキャンプ客の場所のようだった。

そこを過ぎて、裏手の川を渡る。
一度地図を見て道を確認。

途中で曲がって、あとはずっと登る。
全然人がいなくて心配になる。

剣御前小舎まではそこそこ急斜面。
途中で1回休んで、朝食の残り半分を食べた。

そこで長めに休憩していたら、何人かきた。
出発するのが早かっただけのようだ。

剣御前小舎では数人溜まってた。

そこからは劔沢キャンプ場へ下る。
ガスってしまって、視界がなくなる。

ちょっと気持ちが落ちてきていた。
しかし、少し歩いたところで、写真を撮るおじさん。
お花かと思ったが、ちょっと姿勢が高い。

その方向を見ると、雷鳥!
テンション上がった!

自分で見つけたわけじゃないけど、嬉しかった。

しばらく写真を撮ったり、眺めたり。
気持ちよく、再出発。

あとはキャンプ場までの岩の道。
ポールが立っていて道しるべがあるが、そうでもないとわからないだだっ広い場所。

しばらく我慢して歩くと、テント場が見える。

そこまで頑張って歩いて受付。
水は豊富にあるようだ。

まだほとんどテントが張られていなかったので、それはそれで場所選びに迷う。
入り口のほうにはテントを張られないように、石を積んであるほうに入り口を向ける。
風が強かったので、向きもちゃんと選ぶ。

石で全部ちゃんと留めて、なかなかキレイに張れた。
テントをセットしてしまうと、もうやることない。

ランチ食べて、水を汲んだり、劔沢小屋まで歩いてみたり。

テントを半分開けて風を通すようにして昼寝。
16時半ごろから夕食の準備。
17時を過ぎると日が陰って寒い。
18時過ぎには就寝・・・だが、足が冷たくてなかなか寝付けず。

23時に起き、24時に起きたときにトイレ。
星がキレイだった。
そこで少し動いたら足は少し温まって寝たけど、2時、3時、と起きてしまう。

4時半には明るくなるから出発しようと思っていて、4時くらいから朝食。
フルーツグラノーラ・スキムミルク・蜂蜜。
4時半に準備完了し、装備を整えてから出発。

04:42 剣沢キャンプ場 出発
05:13 剣山荘 到着 (00:31 CT00:20)
05:16 剣山荘 出発
07:48 剱岳 到着 (02:32 CT02:30)
08:27 剱岳 出発
10:56 剣山荘 到着 (02:29 CT02:00)
11:11 剣山荘 出発
11:42 剣澤小屋 到着 (00:31 CT00:25)
12:09 剣澤小屋 出発

鎖場が思ったよりずっと早く登場してビックリ。
最初の急な岩場は、北穂高岳を思い出した。

少し難しい岩場だと、渋滞する。
でもそれも休憩だと思えば、全然苦にならないくらいの渋滞で済んだ。

カニのタテバイでは、鎖に両手をかけてしまう場面が出て、悔しかった。
鎖はいつも片手で念のために持ってるだけだったので、鎖がないと登れないのは悔しいのだ。

そういうところはあったけど、順調に剱岳に登頂。
渋滞で休憩が多かったせいかもしれないが、体はラクだった。

頂上はあまり風もなく、とても気持ちの良い天気。
100名山登頂記念の写真を撮ってるおばあさんがいて、盛り上がった。
67歳から初めたと言っていて、何年かかったかはわからないけど、剱岳でシメというのがカッコいい。

だいぶゆっくり休憩してから下山。
帰ってもやることないし、と思うと、歩くスピードも落ちる。

カニの横ばいも、鎖に両手をかけてしまって、悔しかった。
最初の足場が怖いという情報は聞いていたけど、納得。
ただ、真っ赤に印がついていたので、あれは大丈夫だわ。

そこはよかったけど、北穂高みたいな岩場で、落石を起こされたのが怖かった。
後ろを歩いていたおじいさん軍団が転んで、30cm以上はありそうな岩が落ちてきた。
私より上で止まったからよかったけど、真下にいたからな・・・・
謝りもしないジジイたちにイラッとしながら、距離をあけて歩くことにする。

剣山荘に着く頃には疲れていたので、500円でカルピスを買って一気飲み。
心臓がバクバクしたので、熱中症とかなりかけてたのかな?

そこからは高山植物など眺めながら、のんびり歩く。

剣澤小屋では絶景。
テントは暑いし、涼しい日陰がここしかないと思って、思いっきり休憩。

30分くらいして体が冷めてきてから、テント場に戻った。

タンパク質補給!フルーツ補給!と、持ってきた食料を食べまくり。
ぼーっとしたり、少し昼寝したりして、16時半に夕食。

昨日の反省を生かして、寒くなる前に寝袋に入ったら、足は冷えずに済んだ。
24時に起きてしまったけど、考えてみたらそれでも6時間は寝てる。
けっこう熟睡していたわけだ。

それから2時に起き、まだ早いかな・・・と寝たら、次に起きたのは3:50。
3時半に起きて食事してテントしまって4時半に出発って計画だったから、最初から寝坊。

04:56 テント撤収完了、出発
05:54 別山 到着 (00:58 CT01:20)
05:55 別山 出発
06:37 真砂岳 (00:42 CT00:55)
07:18 富士の折立 (00:31 CT00:45)
07:34 大汝山 到着 (00:16 CT00:15)
07:36 大汝山 出発
07:58 雄山 到着 (00:22 CT00:20)
08:20 雄山 出発
08:53 一ノ越 到着 (00:33 CT00:40)
08:57 一ノ越 出発
09:29 立山室堂山荘 (00:32 CT00:40)
10:00頃 みくりが池温泉

慌てて準備して、全て準備が終わったのが5時3分前だった。
テントのチャックが噛んでしまったりしたのが痛いな。
でも、登山計画では5時に出発だったから、そう考えるとピッタリ。

別山に直接登るか、別山乗越を経由するか迷っていたけど、
近づいて見たら予想よりも別山への道がわかりやすそうだったので、そのまま登ることに。
コースタイムで15分の節約になるので、その分温泉タイムが増えるのだ。

かなりの急登だったが、息が切れるのを気にしないでガンガン登った。
朝一だから、息が切れるのなんて仕方ないと割り切り、リズムよく呼吸することに注力する。

後ろを振り向くと絶景。
雲海や雲の流れがカッコ良かった。

別山に到着する前には、もう体が登山モードに入っていて、
テント装備の重さがあるわりに、サクサク歩けた。
食料がだいぶ減ったとはいえ、水は2kgあるので荷物は10kgくらいのはず。

なんか調子よかったので、別山でも軽い休憩だけにして、歩き続けた。

真砂岳への登りもキツかったが、その先もまだ登り・・・
体の調子がよかったからイケたけど、予想外にキツいルートだった。
思えば、調子がよかったのは睡眠が十分だったからだろうな。

富士の折立で少し休憩しようと思ってたのに、いつの間にか過ぎていた。
立ち止まってカントリーマアムを食べたりしながら、大汝山に到着。

黒部ダムが見えて、テンション上がった。
行きたかったなー。

雄山は遠目からも神社が見えるので、テンション上がる。
中に入って、神社のところに参拝するには500円と知るが、せっかくだから行っておく。
そしたら御祈祷を受けられるということで、時間が心配だったけど、
すでに45分ほど巻いていたので、大丈夫だろうと自分に言い聞かせる。

お話もおもしろい神主さんから、登山の安全を祈願するお祓いをしていただいた。
一生、登山については安全でいられますように。。

あんまりゆっくりしていると温泉タイムを削ることになってしまう、
という意識があり、少し急ぎ目に一ノ越へと下りていく。

圧倒的に登りの人が多かったが、登りと下りで道が別れているところが多かったので、スムーズに下りられた。

一ノ越から先はゆるい道だと思って膝サポーターを外したが、思い返せばまだ早かった。
そこからもずっと下り坂が続いていて、膝も危なかった。

観光客が多くて、もうすれ違うときの挨拶なんかしてられない。
膝を心配しながら必死にテクテク歩く。
途中で雪の上を歩く場所なんか出てきて、なかなかの道だった。

平らになってきた頃、立山室堂山荘が見えた。
日本最古の山荘ということで、これも見たかったのだ。
10分と書いてあったけど、道を外れてすぐのところにあった。

あとは、みくりが池温泉を目指す。
予定より1時間ほど早く到着できたのでゆっくりできるかと思ったが、
思ったよりもずーっと、狭い温泉だった。

まず、脱衣所が4,5人でいっぱいになるくらいで、洗い場も5人だけ。
それでも運良くすぐ譲ってもらえたので、シャンプーを3回くらいしてスッキリ。

あとはバスの時間まで、室堂ターミナルで牛丼食べたりしてまったり過ごした。


2018.08.20, 23:25 / ハイキング登山
剱岳・立山 はコメントを受け付けていません。