2018.08.21

食事・行動食

2泊3日の劔岳の旅に持っていった食事について振り返る。

行動食はいつもと違う感じにした。
歌舞伎揚・カントリーマアム・ドライフルーツ(パイナップル、オレンジ)がメイン。
食後のおやつも兼ねてポテトスティック、控えで黒糖ナッツも1袋。
あと一応いつも通りのセットも持っていった。

一番手が伸びたのは、歌舞伎揚だった。
3つ持っていったけど、一番先に無くなった。

その次に無くなったのはドライフルーツ。
パイナップルのほうが先になくなった。

ポテトスティックは行動中は手が汚れるので食べられなかったが、
テント場でゆっくりするのによかった。
スティックじゃなくてチップのほうがよかったかな。

あと、最後はカントリーマアムを食べてた。
あとは残ったものをバスの中で食べたりしてたけど、
結局、いつものセットは手をつけなかった。

これはもう、行動食も変えよう。
いつものセットは要らないや。


飲み物は、粉ジュースを何回か飲んだ。
コップで作るより、ナルゲンボトルを振って作ったほうが、行動中にさっと作れてイイことがわかった。
結局コップは歯磨きの時にしか使わなかったな。


食事については、

朝食:ランチパック2つ
昼食:フルーツグラノーラ・スキムミルク・蜂蜜・おつまみチーズ
夕食:畑のカレー(豆とトマト)・白米
朝食:フルーツグラノーラ・スキムミルク・蜂蜜
昼食:フルーツ・ペッパービーフ等
夕食:畑のカレー(野菜と鶏肉)・白米・うずら卵
朝食:フルーツグラノーラ・スキムミルク・蜂蜜

最初の朝食はパンが定番だが、ランチパックの甘いのは軽く食べられるしイイ。

フルーツグラノーラは定番になってきた。
多少食欲がなくたって食べる気になるし、ガツガツ食べられるし、準備も簡単。
かさばるところがだけが難点だけど、やっぱりイイ。
1回で120gくらい食べてる気がする。

蜂蜜は100円ショップで買ったボトルのものを持っていったが、
押してもなかなか出てこなくて大変だった。
1本1本小さくまとまってるパックのほうが楽だったな。

夕食はカレーライスのみ。
だけど、これまた無理せず食べられるので、よかった。
味は変えたけど、両方とも美味しかった。

トッピングでウズラの卵を入れてみたけど、つまみ用だったので醤油味が強くて失敗。
薄味の卵があったら、そっちにしたほうがいいかもな。

フルーツ缶詰の缶じゃないバージョンも、もう定番になってきた。
フルーツ90gとシロップ90gで、計180gもあるけど、大事。
本当はもっと持っていきたいけど、重いから1回で我慢。

ペッパービーフは、ペッパーが邪魔だったな。
胡椒味というのは気が進まないのかもしれない。


あんまり外れもなく、イイ感じだったな。
小屋の食事は1回も使わず、カルピスを1本買っただけだった。


2018.08.21, 22:35 / ハイキング登山
2018.08.20

剱岳・立山

剱岳・立山を振り返る。

竹橋からスタートし、少々タバコ臭いバスでげんなりしつつ、
オーガニック虫除けスプレーを振りまいて臭い消し。

思いっきり寝ようと頑張るが、1時間起きに休憩が入り、さほど眠れず。

6時にマイカー規制のポイントに到着し、一番乗りで入場。
そして時間通りに、室堂ターミナルに到着。

どこが出発ポイントだ?って迷ったけど、ターミナルを上がっていくと出口があった。
準備を済ませて、写真を撮ったりしてからスタート。

1日目
06:58 室堂ターミナル 到着
07:23 室堂ターミナル 出発
07:29 ミクリガ池 (00:06 CT00:10)
07:57 雷鳥荘 (00:28 CT00:15)
08:13 雷鳥沢キャンプ場 (00:16 CT00:30)
09:56 剣御前小舎 到着 (01:43 CT01:50)
10:05 剣御前小舎 出発
10:42 剣沢キャンプ場 到着 (00:37 CT00:40)
11:15 テント設営 完了
13:56 剣澤小屋へ散歩

最初は観光地。
池と山の景色が最高で、ため息が出る。

少し歩いたら、硫黄のような温泉のニオイ。
これまた観光地気分が高まる。

雷鳥沢キャンプ場までは1時間くらいで着いてしまった。
ガラガラだったが、音楽をかけてゴミ拾いしてる若者たちがいた。
登山ではないキャンプ客の場所のようだった。

そこを過ぎて、裏手の川を渡る。
一度地図を見て道を確認。

途中で曲がって、あとはずっと登る。
全然人がいなくて心配になる。

剣御前小舎まではそこそこ急斜面。
途中で1回休んで、朝食の残り半分を食べた。

そこで長めに休憩していたら、何人かきた。
出発するのが早かっただけのようだ。

剣御前小舎では数人溜まってた。

そこからは劔沢キャンプ場へ下る。
ガスってしまって、視界がなくなる。

ちょっと気持ちが落ちてきていた。
しかし、少し歩いたところで、写真を撮るおじさん。
お花かと思ったが、ちょっと姿勢が高い。

その方向を見ると、雷鳥!
テンション上がった!

自分で見つけたわけじゃないけど、嬉しかった。

しばらく写真を撮ったり、眺めたり。
気持ちよく、再出発。

あとはキャンプ場までの岩の道。
ポールが立っていて道しるべがあるが、そうでもないとわからないだだっ広い場所。

しばらく我慢して歩くと、テント場が見える。

そこまで頑張って歩いて受付。
水は豊富にあるようだ。

まだほとんどテントが張られていなかったので、それはそれで場所選びに迷う。
入り口のほうにはテントを張られないように、石を積んであるほうに入り口を向ける。
風が強かったので、向きもちゃんと選ぶ。

石で全部ちゃんと留めて、なかなかキレイに張れた。
テントをセットしてしまうと、もうやることない。

ランチ食べて、水を汲んだり、劔沢小屋まで歩いてみたり。

テントを半分開けて風を通すようにして昼寝。
16時半ごろから夕食の準備。
17時を過ぎると日が陰って寒い。
18時過ぎには就寝・・・だが、足が冷たくてなかなか寝付けず。

23時に起き、24時に起きたときにトイレ。
星がキレイだった。
そこで少し動いたら足は少し温まって寝たけど、2時、3時、と起きてしまう。

4時半には明るくなるから出発しようと思っていて、4時くらいから朝食。
フルーツグラノーラ・スキムミルク・蜂蜜。
4時半に準備完了し、装備を整えてから出発。

04:42 剣沢キャンプ場 出発
05:13 剣山荘 到着 (00:31 CT00:20)
05:16 剣山荘 出発
07:48 剱岳 到着 (02:32 CT02:30)
08:27 剱岳 出発
10:56 剣山荘 到着 (02:29 CT02:00)
11:11 剣山荘 出発
11:42 剣澤小屋 到着 (00:31 CT00:25)
12:09 剣澤小屋 出発

鎖場が思ったよりずっと早く登場してビックリ。
最初の急な岩場は、北穂高岳を思い出した。

少し難しい岩場だと、渋滞する。
でもそれも休憩だと思えば、全然苦にならないくらいの渋滞で済んだ。

カニのタテバイでは、鎖に両手をかけてしまう場面が出て、悔しかった。
鎖はいつも片手で念のために持ってるだけだったので、鎖がないと登れないのは悔しいのだ。

そういうところはあったけど、順調に剱岳に登頂。
渋滞で休憩が多かったせいかもしれないが、体はラクだった。

頂上はあまり風もなく、とても気持ちの良い天気。
100名山登頂記念の写真を撮ってるおばあさんがいて、盛り上がった。
67歳から初めたと言っていて、何年かかったかはわからないけど、剱岳でシメというのがカッコいい。

だいぶゆっくり休憩してから下山。
帰ってもやることないし、と思うと、歩くスピードも落ちる。

カニの横ばいも、鎖に両手をかけてしまって、悔しかった。
最初の足場が怖いという情報は聞いていたけど、納得。
ただ、真っ赤に印がついていたので、あれは大丈夫だわ。

そこはよかったけど、北穂高みたいな岩場で、落石を起こされたのが怖かった。
後ろを歩いていたおじいさん軍団が転んで、30cm以上はありそうな岩が落ちてきた。
私より上で止まったからよかったけど、真下にいたからな・・・・
謝りもしないジジイたちにイラッとしながら、距離をあけて歩くことにする。

剣山荘に着く頃には疲れていたので、500円でカルピスを買って一気飲み。
心臓がバクバクしたので、熱中症とかなりかけてたのかな?

そこからは高山植物など眺めながら、のんびり歩く。

剣澤小屋では絶景。
テントは暑いし、涼しい日陰がここしかないと思って、思いっきり休憩。

30分くらいして体が冷めてきてから、テント場に戻った。

タンパク質補給!フルーツ補給!と、持ってきた食料を食べまくり。
ぼーっとしたり、少し昼寝したりして、16時半に夕食。

昨日の反省を生かして、寒くなる前に寝袋に入ったら、足は冷えずに済んだ。
24時に起きてしまったけど、考えてみたらそれでも6時間は寝てる。
けっこう熟睡していたわけだ。

それから2時に起き、まだ早いかな・・・と寝たら、次に起きたのは3:50。
3時半に起きて食事してテントしまって4時半に出発って計画だったから、最初から寝坊。

04:56 テント撤収完了、出発
05:54 別山 到着 (00:58 CT01:20)
05:55 別山 出発
06:37 真砂岳 (00:42 CT00:55)
07:18 富士の折立 (00:31 CT00:45)
07:34 大汝山 到着 (00:16 CT00:15)
07:36 大汝山 出発
07:58 雄山 到着 (00:22 CT00:20)
08:20 雄山 出発
08:53 一ノ越 到着 (00:33 CT00:40)
08:57 一ノ越 出発
09:29 立山室堂山荘 (00:32 CT00:40)
10:00頃 みくりが池温泉

慌てて準備して、全て準備が終わったのが5時3分前だった。
テントのチャックが噛んでしまったりしたのが痛いな。
でも、登山計画では5時に出発だったから、そう考えるとピッタリ。

別山に直接登るか、別山乗越を経由するか迷っていたけど、
近づいて見たら予想よりも別山への道がわかりやすそうだったので、そのまま登ることに。
コースタイムで15分の節約になるので、その分温泉タイムが増えるのだ。

かなりの急登だったが、息が切れるのを気にしないでガンガン登った。
朝一だから、息が切れるのなんて仕方ないと割り切り、リズムよく呼吸することに注力する。

後ろを振り向くと絶景。
雲海や雲の流れがカッコ良かった。

別山に到着する前には、もう体が登山モードに入っていて、
テント装備の重さがあるわりに、サクサク歩けた。
食料がだいぶ減ったとはいえ、水は2kgあるので荷物は10kgくらいのはず。

なんか調子よかったので、別山でも軽い休憩だけにして、歩き続けた。

真砂岳への登りもキツかったが、その先もまだ登り・・・
体の調子がよかったからイケたけど、予想外にキツいルートだった。
思えば、調子がよかったのは睡眠が十分だったからだろうな。

富士の折立で少し休憩しようと思ってたのに、いつの間にか過ぎていた。
立ち止まってカントリーマアムを食べたりしながら、大汝山に到着。

黒部ダムが見えて、テンション上がった。
行きたかったなー。

雄山は遠目からも神社が見えるので、テンション上がる。
中に入って、神社のところに参拝するには500円と知るが、せっかくだから行っておく。
そしたら御祈祷を受けられるということで、時間が心配だったけど、
すでに45分ほど巻いていたので、大丈夫だろうと自分に言い聞かせる。

お話もおもしろい神主さんから、登山の安全を祈願するお祓いをしていただいた。
一生、登山については安全でいられますように。。

あんまりゆっくりしていると温泉タイムを削ることになってしまう、
という意識があり、少し急ぎ目に一ノ越へと下りていく。

圧倒的に登りの人が多かったが、登りと下りで道が別れているところが多かったので、スムーズに下りられた。

一ノ越から先はゆるい道だと思って膝サポーターを外したが、思い返せばまだ早かった。
そこからもずっと下り坂が続いていて、膝も危なかった。

観光客が多くて、もうすれ違うときの挨拶なんかしてられない。
膝を心配しながら必死にテクテク歩く。
途中で雪の上を歩く場所なんか出てきて、なかなかの道だった。

平らになってきた頃、立山室堂山荘が見えた。
日本最古の山荘ということで、これも見たかったのだ。
10分と書いてあったけど、道を外れてすぐのところにあった。

あとは、みくりが池温泉を目指す。
予定より1時間ほど早く到着できたのでゆっくりできるかと思ったが、
思ったよりもずーっと、狭い温泉だった。

まず、脱衣所が4,5人でいっぱいになるくらいで、洗い場も5人だけ。
それでも運良くすぐ譲ってもらえたので、シャンプーを3回くらいしてスッキリ。

あとはバスの時間まで、室堂ターミナルで牛丼食べたりしてまったり過ごした。


2018.08.20, 23:25 / ハイキング登山
2018.08.19

剱岳・立山

剱岳・立山から帰宅。
2泊3日で、1日目は剣沢キャンプ場まで行き、2日目は剱岳を往復、3日目は立山を経由して室堂に戻った。

良い旅だった。

なにしろ、ずっと天気がよかった。
立山周辺の散策だけでも、景色がキレイすぎてびっくりした。

登っているうちに少し雲が出たかなと思っていたが、曇りは雷鳥チャンス。
1日目のうちに雷鳥の親子を見ることができた。
前方で写真を撮ってる人がいたから気づいたけど、親子を見つけられて、可愛かった。

剱岳は、確かに鎖場が多くて、カニの横ばいなんかは鎖がないと無理だった。
鎖に体重をかけないと登れなかったのが悔しい。
でも、難しさで言ったら、北穂高から奥穂高へ縦走したときのほうが危険だったような気がする。
槍ヶ岳と同じで、渋滞するほど人気の場所なので、ちゃんと整備されている。

立山は、思っていたよりずっと、上り坂が急で大変だった。
朝一で歩いた別山までの道が辛かったけど、そこで慣れたのか、その後も辛いながらもペースは良かった。
富士の折立がどこだったのかわからなかったのが残念ポイント。
でも、写真には看板を撮ってた・・・。

立山でご祈祷を受けることもできたし、これでこれからの登山も安全だといいな。

予定より1時間早く下山できたので、温泉もゆっくり入ることができた。
ま、時間はあったけど、洗い場も湯船も脱衣所も全部狭くて、全くゆっくりできなかったけど。

いやー、楽しかった。

また少しの間、引きずろう。

 


2018.08.19, 23:59 / ハイキング登山
2018.08.16

登山届

今日の夜から、剱岳・立山に行く。
2泊3日で、日曜の夜に戻ってくる予定だ。

天気予報はどんどんよくなり、結局金曜についていた雨マークは消えた。
完全に晴れの予想である。

今回は富山県ということでコンパスは使えず、
メールで富山県警察本部地域部山岳安全課の指定のアドレスへPDFを送った。
登山届って、どこの県か気にせずにネットで提出したいよなー。。

以下が通常時の予定。

【1日目】
室堂ターミナル(07:30)・・・ミクリガ池(07:45)・・・エンマ台(07:50)・・・雷鳥平(08:35)・・・別山乗越(10:35)・・・剱澤小屋(11:15)
劔沢キャンプ場泊

【2日目】
剱澤小屋(05:00)・・・剣山荘(05:30)・・・一服剱(06:10)・・・前剱(07:20)・・・平蔵のコル(08:10)・・・剱岳(08:50)[休憩 30分]・・・平蔵のコル(09:50)・・・前剱(10:40)・・・一服剱(11:30)・・・剣山荘(12:00)[休憩 30分]・・・剱澤小屋(13:10)
劔沢キャンプ場泊

【3日目】
剱澤小屋(05:00)・・・別山乗越(06:00)・・・南峰(06:30)・・・真砂岳(07:30)・・・大走り分岐(07:40)・・・富士ノ折立(08:10)・・・大汝山(08:25)・・・雄山神社(08:45)・・・一ノ越(09:25)・・・室堂ターミナル(10:25)・・・ミクリガ池(10:40)[休憩 60分]・・・室堂ターミナル(11:55)


もう大丈夫そうであるが、雨だったら剱岳には登らずに、立山だけの予定。

【1日目】
室堂ターミナル(07:30)・・・ミクリガ池(07:45)・・・エンマ台(07:50)・・・雷鳥平(08:35)・・・別山乗越(10:35)・・・剱澤小屋(11:15)

【2日目】
剱澤小屋(07:00)・・・別山乗越(08:00)・・・南峰(08:30)・・・北峰(08:40)・・・南峰(08:50)・・・真砂岳(09:50)・・・大走り分岐(10:00)・・・富士ノ折立(10:30)・・・大汝山(10:45)・・・雄山神社(11:05)・・・一ノ越(11:45)・・・南峰(12:25)・・・北峰(12:35)・・・立山室堂(13:29)・・・エンマ台(13:44)・・・雷鳥平(14:29)

【3日目】
雷鳥平(08:00)・・・エンマ台(09:00)・・・ミクリガ池(09:05)・・・室堂ターミナル(09:20)


ちなみに行きも帰りも毎日あるぺん号のバス。
距離があるようで、なかなか高かった。

さー、混まないといいな。

 


2018.08.16, 08:00 / ハイキング登山
2018.08.09

次の予定

次の山は、来週末、剣岳の予定。
まだ天気予報も出てないし、2泊3日のつもりだけど休暇も申請していない。
なんかもう、休暇も残り少ないし、1泊2日にして休まないでも行けるのか?と思い立って調べてみた。

結論、なかなかキツイ。
最終で17時台のバスで室堂を出れば、家には帰れる。
でも、その日の行動時間がコースタイム通りでも10時間を超えてしまうし、
テント泊のつもりだから、そんなに早く歩けないかもしれない。

ってことで、無理しないためには、やっぱり2泊3日なんだなって、気持ちは落ち着いた。

そして、それなら立山も縦走できるんじゃ?と調べてみたら、そっちは行けそう。
もちろん元気が残ってて、朝早く出発できれば、という条件だけど。

天気、どうなるかなー。
そこがいちばん大事だ。
 


2018.08.09, 00:08 / ハイキング登山
2018.08.06

白馬岳

栂池から白馬山荘に泊まり、白馬大雪渓を降りて、猿倉に出る。
大多数は、この逆のルートを行くらしい。
こっちのルートを行くなら、そのまま白馬三山も回る人が多いらしい。

白馬大池山荘を過ぎてから体調が悪くなったので、寝不足だったら2500mでアウトなのだろうか。

コースタイムとの比較をしてみたところ、意外にいつも通りのタイムだった。

登りは完全にバテてたと思ったけど、少し短縮できていた。
下りは意識していたけど、まさにピッタリでいい感じ。

テント泊の装備だったら、こうはいかなかっただろうな。

05:00 栂池高原バス到着
06:30 ゴンドラ乗車(6人乗りなのに1人で乗せてくれてビックリ) 切符を買ったの3番目
07:00 ロープウェイ乗車 始発に乗車
07:08 下車、準備
07:28 登山口
08:28 天狗原 到着 (CT01:20, 01:00)
08:33 天狗原 出発
10:19 白馬大池山荘 到着 (CT02:00, 01:36)
10:30 白馬大池山荘 出発
12:19 小蓮華山頂 到着 (CT02:00, 01:49)
12:38 小蓮華山頂 出発
13:18 三国峠 (CT00:30, 00:40)
14:02 白馬岳山頂 到着 (CT01:00, 00:44)
14:24 白馬岳山頂 出発
14:38 白馬山荘 到着 (CT00:10, 00:14)

行きのゴンドラ・ロープウェイは jROに加入してたら割引になって嬉しい。
意外にもチケットの列に最初っから並ぶ人はいなくて、私がなんとなくチケット売り場にいたら、
おじいさんが2人、窓口の前に並んで、なんとなくそこから列になった。

別にその人たちも割り込むとかいうつもりはなくて、なんとなく並んでただけみたい。
高山植物の写真を撮りにきた、わりかしイイおじさんたちだった。

登山口に着いてからは、すでに暑い。
もう最初から半袖になった。

天狗原はキレイで、湿地の木道が、なんとなく尾瀬を彷彿とさせる。
ただ、その先に急登があるのが見えてしまい、ちょっとげんなりした。

横に雪が見えてきても、なかなかその道の上を歩くことにはならない。
最後にちょっと横切るところだけ、雪の上だった。
平らだったのでアイゼンは要らなかった。

そこから見晴らしがよくなる。
そして、暑さがこたえる。

景色が良くて、癒される。

突然、乗鞍岳頂上のケルンが出てきて、ここが頂上?なんの?とビックリ。
昔子どもの頃に連れてってもらった乗鞍岳はこんなんじゃなかった。

また少し歩いたら、白馬大池がパッと目に入った。
深い青がキレイで思わず「わぁ!」って言ってしまった。

そこから池を半分くらい周る。
これが意外に長くて、ちょっと飽きてきたころに、白馬大池山荘に到着。

アイスかジュースか買うぞ!と意気込んでいたのに、この山荘は何もないとのこと。
メチャクチャがっかりして、ジュースを作って飲んで、おしまい。

これで元気になったかな、と思ったのに、歩き始めたら咳が出る。
歩くのも怠くて、調子が出ない。

何で調子悪いんだかわからなかったけど、ゆっくり一歩一歩。
寝不足・高山病・熱中症、そのミックスみたいな状態なんだと思う。

30分くらいして何か看板に着いたから、小蓮華山?と思ったら、だいぶ手前の船越の頭だった。

そこらへんから、大きく息を鼻で吸って、大きく口で吐く、というのを繰り返し、少し楽になった。
確かにこの呼吸は、槍ヶ岳の手前で苦しくなったときもやったんだった。

そこからは、その呼吸のペースを崩さないよう、一定のペースで歩いた。

小蓮華山あたりからはずっと前に同じ人がいたので、そんな悪いペースじゃないことがわかった。
なかなか苦しい時間が続いたけど、ようやく白馬岳の頂上。

これで登りは終わりだ、と思うと、嬉しかった。

少しゆっくりしてから白馬山荘のほうに降りていき、途中で頂上小屋のテント場を見たら、いっぱいだった。
今回は小屋を選んで正解だったな。
ただ、頂上小屋のほうが広くてよかったらしいと後で聞いた。

部屋は女性20人くらいのタコ部屋。
おそらく予約してきた女性が集められている部屋なんだと思う。
男性の部屋、団体さんの部屋などがあったけど、端っこの2部屋ほどは男女ミックスだった気がする。

4番目だったので、端っこの布団をゲット。
少し後に来た人が私の横の少し広いところを取って、おしゃべり。

フルーツとコンデンスミルクのかき氷を食べて、熱中症気味なのは収まった。

その後、自炊スペースに行って、夕食をゆっくり食べた。
こっちはあまり食欲がわかなくて、メニューをもっと考えないとなと思った。
アルファ米は、やっぱりカレーくらいしか食欲がわかないかもしれない。

その後部屋に戻って寝る準備をしてから、サンセットを見に行く。
写真に収めるのはなかなか難しい場所ではあったけど、雷鳥を見れたのが何より嬉しかった。
親子の雷鳥で、全然逃げる感じもなく、小屋の前に住み着いてるようだった。

19時過ぎには寝たのだろうか。
あんまり覚えてないけど、20時くらいかな?

05:22 白馬山荘 出発
05:37 村営白馬岳頂上宿舎 (CT00:15, 00:14)
06:47 岩室跡 (CT01:00, 00:50)
08:16 白馬尻小屋 到着 (CT01:30, 01:29)
08:39 白馬尻小屋 出発
09:30 猿倉 (CT00:50, 00:51)

2日目は3時くらいから周りがゴソゴソしたので起きた。
でも、それまで起きなかったってことは、熟睡していたってことだ。

4時ごろまでゴロゴロして、そこから準備。
とはいえ、洗面所トイレに行って、あとは荷物を持って自炊スペースのある別の棟へ。

そこで一回外に出たとき、完全にガスってて何も見えないことがわかった。
いちおうサンライズの時間は気にしつつ、自炊スペースで朝食。
やっぱりフルーツグラノーラはちゃんと食べられるので、良い感じ。

水を汲んだりして準備を済ませて、サンライズを見に出てみたが、やっぱり見えず。
5時くらいになって、まだ風が強くて視界も悪いので、一旦部屋に戻った。

みなさん朝食に行ったようで、誰もいないかと思ったら、一人起きた。
耳栓をして寝ていたようで、あの騒々しいときも完全に寝てたらしくて羨ましい。

少しお話をして、ゆっくり降りてみるかという気になり、5時半ごろに出た。

少し歩いていたら、すぐに雲は晴れてきた。
安心したけど、暑くなってきた。

しばらく花の咲いた気持ちのいい道。
それから、横に雪渓が見える岩場を過ぎて、しばらく歩いたら、大雪渓が見えた。

大雪渓ではヘルメット・アイゼンを装着。
ヘルメットをつけてる人は少なかったけど、せっかく持ってきたんだからね。

歩き始めて、最初はちゃんとアイゼンを履けているか不安。
でも、ザクザク全く滑らずに歩けているので、安心。

何人かは滑りながら歩いてるような、全然準備してなかったような人もいた。
そういう人に巻き込まれたくないので距離をとる。
というか、そういうバカは歩けてないので、自然と距離が開くのでよし。

風が吹けば涼しいけど、風がないと暑い。
ヘルメットの中も汗だく。

でも、雪の上に泥がついてるような、あんまりキレイでもない場所だったので、頑張って進む。

1時間ほどで大雪渓を抜けた。

泥だらけのアイゼンをザックにくくりつけて、白馬尻小屋を目指す。
川などあったらアイゼンを洗いたかったが、なかったので、小屋で荷物をしまった。

ポンジュース一気飲みで少し回復。

あとは猿倉まで1時間。
木々の間でたまに日陰があるのが嬉しい。
思えばここまで全く日陰がなかったんだなって改めて感じた。

最後は道路に出て、石のある車道を歩く。
なるべく日陰を選んで歩くが、なかなか長くて暑くて飽きる。

猿倉の看板で曲がって、ようやくゴール。

バスの時間までに荷物をしまって、靴も履き替えて、ガリガリ君で熱冷まし。

バスで白馬八方まで移動し、温泉でまったり。
思ったより小さい温泉だったけど、湯上りの牛乳もいただいた。

昼食もここで食べればよかったのに、外で探そうと思ったのが大間違い。
外は暑くて歩く気がしない。

結局、隣のコンビニで冷やし中華とピルクル。
あとはインフォメーションセンターで座ってぐったりしたり、自販機のジュースを飲んだり。

2時間くらい、だいぶ長いこと暇だったので、下山後に2Lくらいジュースを飲んでしまった気がする。
14時過ぎから八方の湯駐車場でバス待ちをしてみた。

そこでバスを待ってるらしい集団がきたので、同じバスか聞いてみたら、場所は合ってるとのこと。
どこの山を行ってきたとか、おしゃべりができて、時間つぶしも楽しめた。

14:35集合、14:45出発のはずが、45分になっても来ず、ちょっと遅れての出発となった。
バスでも隣の席の女性とおしゃべりできて、渋滞もなく新宿に着いた。

長い2日間だった。

暑かった。

楽しかった。

 


2018.08.06, 22:54 / ハイキング登山
2018.08.06

白馬岳

1泊2日で白馬岳に行ってきた。
栂池から入り、白馬大池を通り、白馬山荘に宿泊。
2日目は白馬大雪渓を通り、猿倉に降りる、というルート。

細かいことはあとで書くとして、感想。

今回はいつになくいろいろな人と会話をした。

ゴンドラのところでは、先頭に並んでたおじいさん達と会話し、
これまで800以上の山に登ったという方から、どこの山がいいとか話を聞いた。
残念なのはメモしなかったので、あまり覚えていないことであるが、
今回のルートよりもっと縦走したほうが楽しいって話をしていたような。

登山道でも、変な人に出会うことはなく、いい感じ。

白馬山荘では女性のタコ部屋だったのだが、布団が近い方とお話しした。
隣の方は朝日岳に縦走するということで気合いが入っていた。
奥の方はおばあちゃんと娘という組み合わせで、コースタイムの2倍かかるけど歩けてるから幸せと言っていた。
いろいろ歩いているようで、白馬大池山荘のカレーが不味いとか、蓮華温泉がいいとか、情報が多かった。

夕食は自炊スペースでとったのだが、そこでもソロの男性と話した。
どういう食事がいいですかねーみたいな軽い話だったけど、今回は人と話す機会が多いなと思った。

朝、サンライズが全く見えなくて、ガスってて強風だったので、一旦部屋に戻ったとき、
その私が扉を開けた音で目覚めたツワモノがいた。(朝のサンライズ前は相当うるさかったのだが)
その方は私と同じく大雪渓に降りるということだったけど、特に不安はないようだった。
散々落石があるから怖いという話を聞かされたあとだったので、少し安心した。

大雪渓を降りて、バスで白馬八方に移動し、温泉にも入ったあと、暇になった。
ジュースを大量に飲んで時間を潰し、八方の湯の駐車場でバス待ち。

そこで、グループ登山をしてる方とお話。
どこの縦走がいいとか、剣岳で渋滞に巻き込まれない方法とか、荷物を少なくする方法とか、
なかなか賑やかなお姉さんとおじさんから聞いたり聞かれたりしていた。

バスでは、隣の席の方と、どこの山に行ってきたかとか、どういう登山をしているかとか、
テント泊や雪山の装備について話したり、どういう食事がいいとか、どういう行動食がいいかとか、
なかなか具体的な話をして、楽しかった。
(カントリーマアムと塩煎餅は元気がないときでも食べられると言ってた)

 
今回、失敗だったのは、高山病の対策を何も考えてなかったこと。
白馬大池を過ぎたあたりで、急に気持ち悪くなり、咳が出て、体が重くなった。
思い返せば、槍ヶ岳に登ったときも、殺生ヒュッテに到着する前にそういう状態になった。

夜行バスで行くと寝不足になるのは仕方ないが、そこで一気に高度をあげると、この症状になるのかもしれない。
後半は、大きく鼻から吸って、大きく口から吐く、という呼吸をしていたら調子が戻ってきた。
ってことで、やっぱり酸素に気をつけないといけなかったんだろうと思う。

あともう1つは、タブレットPCは結局使わなかったなってこと。
帰りのバスで使うかと思ったが、おしゃべりがメインになったし、
バスの中で長時間文字を読んでると酔うので、使えなかった。

あとは、アルファ米のビビンバが劇的に不味かったってことか。
もうあのシリーズは買わないようにしよう。
やっぱり無難な味がいい気もするし、アルファ米以外の選択肢も持つべきだな。
それが何かまだわからないけど。

全体的には、かなりキツかったけど、楽しかった。

 


2018.08.06, 00:29 / ハイキング登山
2018.08.02

登山届

明日の夜に出発だが、今載せておく。
長野県(のはず)なので、山ピコには提出済みだ。

土日で、白馬岳に行ってくる。
「はくばさん」ではなく「しろうまだけ」だ。

今回は初めての山小屋泊。
友達とは山小屋泊をするけど、一人では初めて。

晴れの予報だし、行きは絶対景色が良いので、ゆっくり歩きたかった。
だから、テント場の場所確保のために急いで歩くのは、なんか目的と違うなと思った。
テント場は眺望がないし。

行きも帰りも、バスは毎日あるぺん号。
帰りは猿倉から白馬八方まで路線バスで移動して、温泉に入って、ゆっくり午後の出発時間を待つ予定。
もし下りの大雪渓で渋滞してたりしても、バスの出発は14時半だから間に合うだろう。

【1日目】
自然園駅(08:30)・・・天狗原(09:40)・・・白馬大池山荘(11:30)・・・小蓮華山(13:20)・・・三国境(13:50)・・・白馬岳(14:50)・・・白馬山荘(15:00)

【2日目】
白馬山荘(06:00)・・・村営頂上宿舎(06:15)・・・葱平(07:15)・・・白馬尻(08:45)・・・猿倉(09:45)

テント・マット・寝袋を荷物から外し、パッキングはだいたい完了。
テント泊より2.5kgほど軽い装備となったので、タブレットPCを持っていってしまおうか。
(帰りはきっと渋滞するので、バスで暇なんだよな)

本当は食事も山小屋で食べれば、あと1,2kgは軽くなりそうだけど、
朝食1000円・夕食2000円の世界だから・・・宿泊費もかかってることだし・・・
今回は荷物も軽くてラクしてるし、このくらいは頑張ろう。

 


2018.08.02, 22:58 / ハイキング登山
2018.08.02

予定変更

今週末の白馬岳、テント場への到着時間が逆ルートより2時間ほど遅くなるので、
どう頑張って歩いても、到着が14時くらいになってしまう。

栂池から白馬岳というルートが少数派なのか、過去の記録がなかなか見つからないが、
見つけた記録では、14時くらいの時間でもテント場が満杯だから小屋に泊まったというのがあった。

もうこればっかりは心配しても準備してもしょうがないし、
行きのほうが良い景色が多そうだから、できればゆっくり歩きたいし、
最初っから小屋泊にしちゃおうかなって思った。

それなら、山頂に近い白馬山荘のほうがよいだろう。
建て替えはあるにせよ、100年前から運営している歴史ある山小屋だ。

素泊まりで6800円はちょっと高いけど、良い景色を得て、心配のタネをなくすためだ。
せめて食事は持っていって、外で景色を見ながら食べたりしたいな。

というわけで、荷物からテント・シュラフ・マットを外す。
だいぶザックの中がゆるくなり、ヘルメットも中に収容できる。

これで、大きな心配のタネはなくなった。

天気予報も晴れ、Clear。
明日、最終準備だ。

 


2018.08.02, 00:52 / ハイキング登山
2018.08.01

準備

今週末、白馬岳に行こうとしている。
北アルプスの、北のほう。

まだ行ったことのないエリアなので、ドキドキしている。

高低差からして、思ったよりキツイのか?とか、
何より、テント場に到着するのが遅めになるので、場所あるか?ってのが最大の懸念。
いざとなったら小屋泊に切り替えるしかないけどね。

まだ食事の準備が終わってない。
水・木で準備を終わらせて、金は出発だ。

 


2018.08.01, 00:08 / ハイキング登山