2020.01.13

宝登山

宝登山にロウバイを見に行った。
ここ数年、一時Facebookを賑わせるその花を見たかったのだ。

宝登山にも登ったことはないので、ロープウェイでなく徒歩で。
野上駅から長瀞アルプスを歩いて宝登山に行った。

最初がちょっと急な坂で、あとは最後が長い階段という感じ。
メインは天園アルプスのようなゆるいハイキング。
1時間ちょっとで着いてしまった。

頂上のすぐ下がロウバイ園。
頂上からも黄色い花が見えて、テンション上がる。

天気も良かったので、景色もよくて、花もちゃんと咲いてて、キレイ。
香りがよい花だったので、たくさん咲いてたらすごいんだろうな。

しばらく写真を撮ってから下山。

下山途中で分岐を曲ってみたら、変な道から出てしまった。
まっすぐ降りていけばお土産屋さんがある通りだったんだな。。
惜しいことをした。

良い天気の中で、気持ちの良いハイキングだった。
ここなら友だちと一緒でも楽しめると思う。

下りは道を間違えたので、上りだけ。

09:50 野上駅
10:02 登山口 (0:12, CT0:15)
11:13 宝登山 山頂 (1:11, CT2:10)
登り、ちょっと汗をかくペースで登ったけど、半分くらいだったのか。
緩やかな坂がほとんどだったので、歩きやすかった。


2020.01.13, 19:53 / ハイキング登山
2020.01.03

燕岳、振り返り

そんなに歩きにくいコンディションでもなかったのと、
雪山装備を身に付けてしまうと荷物自体は軽くなるのとで、
ほとんどコースタイム通りに歩けたようだ。

12/30
6:18 バス到着
6:28 宮城(みやしろ)ゲート
10:01 中房温泉 (3:33)

12/31
6:33 中房温泉
7:21 第一ベンチ
7:49 第二ベンチ (1:16, CT1:30)
8:25 第三ベンチ
9:04 富士見ベンチ
9:42 合戦小屋 着 (1:53, CT1:20)
10:01 合戦小屋 発
10:24 合戦の頭
11:14 燕山荘 (1:13, CT1:30)

1/1
7:17 燕山荘 発
7:48 燕岳 山頂 着 (0:31, CT0:30)
7:53 燕岳 山頂 発
8:26 燕山荘 着 (0:33, CT0:25)
9:03 燕山荘 発
9:36 合戦の頭
9:44 合戦小屋 着 (0:31, CT0:50)
9:57 合戦小屋 発
10:14 富士見ベンチ
10:33 第三ベンチ
10:54 第二ベンチ (0:57, CT1:00)
11:17 第一ベンチ
11:50 中房温泉 (0:56, CT1:00)

1/2
11:56 中房温泉
14:40 宮城ゲート (2:44)


道具に関して気になったことをいくつか。

<良かった点>

チェーンスパイクは今回初めて使ったが、氷の上でも全く滑ることなく安心して歩けた。
これは是非携行すべきアイテム。

ワカンは慌てて買って持っていったけど、使わなかった。
予想通りではあるが、また使う場所を見つけて持っていきたい。

ワカンケースは、ワカンを邪魔に思うことがなかったので、かなりよかったと思う。

行動食は持っていきすぎた。
個包装じゃなくてジッパー袋に入ってる飴を持っていったが、これは正解。
舐めながら歩いていると喉が乾かなくていい。

名前シールを貼ったクリップを持っていって、小屋で靴を脱ぐときにつけた。
靴やアイゼンの取り違えがけっこう起きていたようなので、正解。
アイゼンやストックにも名前シールを貼っていたので、気持ち的に安心。

モバイルバッテリーは大容量のものを持っていって正解。
安心して充電できると、気持ちが安心する。

<悪かった点>

アイゼンの紐を短く切り過ぎてしまって、手袋を外さないと装着できなかった。
これはマズいので、なんとか長くなるように工作してみる。。

靴の中で使うためのホッカイロも持っていったが、使わなかった。
たぶん、中に入らないんじゃないかなと思う。

厚手の暖かいタイツも持っていったが使わなかった。
重い荷物を持って急な坂だと、やっぱりスポーツタイツのほうが安心する。

ゴーグルは曇り止めを塗っていったにも関わらず、曇ってしまった。
ちゃんとしたゴーグルを買った方がよさそう。

バラクラバは息ができなくて困った。
息をしやすいバラクラバを探す必要がある。


そんなとこかな。
バラクラバ、ゴーグル、アイゼンの紐、どうにかしよう。

次回は予定の上では木曽駒ヶ岳だけど、ロープウェイが運休中。
さてどうなるかな。







2020.01.03, 19:22 / ハイキング登山
2020.01.03

中房温泉、下山

4:45に電気がつき、起床。
朝食は6時なのに、相変わらず早い。

私は朝食後も残るので、準備を完全に済ませる必要もなく、のんびり。
とはいえ、周りがみんな準備してるので、ある程度は済ませる。

朝食のメニューも一昨日とほとんど一緒だった。
もうそんなに運動しないので、ご飯は控えめにした。

食事が終わって、スタッフの方に何時まで部屋を使えるか聞いたら、8時。
そのあとのことは受付で聞いてくれということだった。

新館の受付に行って聞いてみたら、新館の食事処を使っていいとのことだが、
ザックは外に置いてくれということで、荷物整理できる場所もなさそう。

ひとまずだいたい着替えて、パッキングしてしまって、
ザックを外に出してから、温泉に行ってのんびり。

もう時間潰しの温泉だから、ひたすら粘った。
本館にある御座の湯ともう1つの湯の上下階両方に行った。

シャワーは出ないけど、掛け湯でざっと頭も洗ってしまった。
朝から頭が痒くてしょうがなかったのだ。

9時ごろに終わってしまって、新館の大浴場の更衣室でドライヤー。
ちょうど掃除中だったので申し訳ない感じ。。

そこまで終わってしまうと本当に暇で、食事処にあった本を読んでた。
9時半から10時半ごろまでそうしてボケっと過ごして、
ちょこちょこ下山してきた人が現れてきたところで、カレーライスを注文。

食べ終わって、テレビを眺めて、11:40ごろに出発の準備。
トイレに行って、ようやく外へ出た。

あー、暇だった。

装備を整えて、12時ごろに出発。

出発してすぐ、雪道。
ちょっと凍ってて怖かったので、すぐにチェーンスパイクを装着。

大集団が前にいたが、誰もチェーンスパイクをつけてなかった。
持ってないのか、ただつけてないのか・・・

歩きやすくなった私は大集団をさっくり抜かせたので、
やっぱり歩きやすいっていいなって思いながら、
雪と氷の道をひたすら歩いた。

疲れてきた頃、追い抜いていきそうなスピードの集団がきたので、道を譲った。
そしたら、一昨日に牛歩をしていたBC穂高のツアー。。。
牛歩かと思えば、今度は速歩かい。
しかもチェーンスパイクつけてないし。

危ないなーとか思ってたら、転ぶ人がちょこちょこ。
それでもリーダーと思われる先頭の人は気にせずに突き進む。
結局チームは分断したまま歩いてたけど、なにが目的なんだろうな、あのツアー。
クラブツーリズム以外にも変なツアーがあるもんだ。

宮城ゲートの付近はもう雪がなくて、秋の山みたい。

バスから降りたところまできたが、14:40。
バスの時間は16時なので、だいぶ早く到着してしまった。

ほとんど平らだと思ってた道だけど、
これだけ差があるってことは傾斜あったんだな。

続々とバス待ちの人が到着して、賑やかになった。
太陽が出てる間は暖かかったけど、陰ったとたんに寒くなった。

15:45くらいにバスが来てくれて助かった。

トイレ休憩のSAで、出発時間の20分後になっても戻ってこないやつがいて、
どうやら呑気に焼きそばを食べてたらしく、時間食った。
謝りもせず、なんだかなー。。。

そのあとで美濃戸口で乗車する人を拾って、あとは東京へ。
途中で渋滞もあったけど、1時間遅れで到着した。

脚の筋肉痛が激しい。
下りで休憩が少なかったせいかな。





2020.01.03, 01:41 / ハイキング登山
2020.01.01

初日の出、燕岳、中房温泉

燕岳で初日の出を見るつもりはなかったので、
6:15の朝食に参加するため、朝は荷物整理。

朝食では、おせち料理とお雑煮があって、
お年玉までいただいてしまい、すごい正月感。

食べ終わって、荷物をもって外へ行ったら、
まだ太陽は出てなかったけど、富士山がキレイだった。

それから太陽を待ちながら、槍を見たり、燕岳を見たり。
めちゃくちゃ天気良かったし、風もそこまで強くなかった。

写真撮影に満足した7時過ぎに、長らく行動を共にした彼女が下山。
仲良くなった方々は今日のバスで帰るので、下山が早いのだ。

私はいざ燕岳へ。

昨日は結局ずっと一緒に歩いてたから、
一人でアイゼン履いて歩くのは久しぶり。
ちょっとドキドキ。

天気は良くて、疲れるけど、気分は爽快。

イルカ岩を見逃し、テクテク歩いて登って、
途中で仲良くなった二人組と会って、お別れ。

そしてまたテクテク歩いて登って、山頂。
さすがに風がちょっと強かったけど、昨日ほどじゃない。
ソロの人がいたので、写真を撮ってもらって、撮ってあげた。

名残惜しかったけど、燕山荘に戻り、トイレ休憩して、
バッテリー入れ換えて、準備をした。

9時過ぎに下山開始。

燕山荘の裏手の風が強い箇所も体験した。

昨日とはまるで別の山かのように、稜線上はキレイ。
風もなく、景色もよく、最高。
何回も立ち止まって写真を撮った。

名残惜しかったけど、合戦小屋へ降りた。

合戦小屋で装備を解除。
また林道歩きのスタイルに変更。
あとはひたすら降りる。

もう曇ってきてたのもあるけど、特に楽しい道じゃない。
早く着きたい訳じゃないが、休む場所もない。

11時半くらいに中房温泉に到着した。
受付を済ませ、今度は本館の部屋。
新館の大広間はもう無さそうだ。

部屋には先客がいた。
これから登るみたい。

8人部屋が徐々に埋まったが、5人で使うようだ。
賑わってる感じはもうなくなった。

おしゃべりしたり、温泉に行ったり、できるだけゆっくりのんびり過ごす。
夕食の17時までの暇潰しに、新館に雑誌を見に行ったり。

17時の夕食でもおしゃべりし、
部屋に戻ってからはおばちゃんたちとおしゃべりし、20時頃に就寝。

明日ものんびりだ。


2020.01.01, 20:06 / ハイキング登山
2020.01.01

年越し

23:55~0:05に燕山荘がラジオに生出演するということもあり、
年越しの瞬間はまた食堂に行った。

それまでは21時消灯の2階で寝てて、
私は23時過ぎに起きて、トイレ行ったりしてたけど、
他の人たちは起こすべきなのか悩んだ。

そしたら10分前に起きてきて、みなさんすごい。

食堂に行ったけど、何をするわけでもなく、ゆく年くる年。

そして、みなさんカウントダウンしてください!ってことでして、
なぜかビールを少しもらって、お開き。

年越した。


2020.01.01, 19:40 / ハイキング登山
2019.12.31

燕山荘

朝、4時半に電気が点いた。
朝食は6時なのに、明るくするの早い。

明るいから準備をして、外の様子を見る。
なんと、雨がぱらついている。

雨は低体温症になるから危険なのだ。
ぱらつく程度だったので、やんでくれることを願う。
予報では曇りなのだ。

5時半から朝食に並ぶ。
5:45くらいに入れてくれた。

おかずの種類も多く、ご飯を2杯食べる。
昨日から食べ過ぎだ。
でも雪山でエネルギー切れは怖いので、貯めておく。

食べ終わって、6時くらいから準備して、6時半に出発。
ヘッドライトが要らないくらいの薄明かり。

登り初めてしばらくはアイゼン要らないだろうと思った。
雪はあったけど、滑る感じじゃなかった。

ちょっと登ったら、渋滞。

雪山は汗をかかないのが大事なのはわかるが、遅すぎる。
少し歩いて立ち止まるので、体も冷える。
それなのに、抜かさせてくれない団体にイライラ。

そうこうしてたら、同部屋の方に追い付いた。
彼女も付けないで登り始めたらしく、アイゼンを付けていた。

ゆっくりペースでタラタラ登り、立ち止まり。。
抜かせる場所はないので、タラタラ。
第一ベンチでようやく抜けた。

同部屋の方もずっと一緒に行動した。

そのあとは第2ベンチ、第3ベンチ、富士見ベンチと進む。
汗をかかないように、コースタイムの速度。

途中、アイゼンを自分で踏んでしまって外れたりしたけど、
時々出てくる急な坂に苦戦することもあったけど、
だいたい順調に進めた。

合戦小屋に到着し、フル装備。
フリース、薄いダウンを着て、バラクラバ、ゴーグルを付け、
手袋をちゃんと重ねて、ピッケル出して、ストックしまって、
行動食も食べて、ようやく準備オッケー。

ここからが正念場。

私は後ろにまわる。
ちょっと装備を変えたら疲れた。
バラクラバで息ができなくて苦戦した。

合戦の頭に行くまでの間で、突風が吹いた。
耐風姿勢でしのいだ。
強風ってこういう感じか、ってのがわかった。

それから何度か、そういう風が吹いた。
ちょっと体が浮くような感じもあった。

でも、個人的には、疲れたのと、
バラクラバの問題の方が大きかった。
途中から、口は出したままにして、ヤバイときだけ蓋をした。

先頭に立ってもらった彼女曰く、突風が怖かったとのこと。
そんな中、ペースを作ってくれてありがとう。

ちゃんとトレース通りに歩かないと、ズボッと埋まる。
だから、ずっと足元を見て歩いてた。

突然彼女が、小屋が見えた!って教えてくれた。
まだ半分くらいかと思ってたので、嬉しかった。

小屋へはぐるっと回って入らないといけなくて、
そこが一番の突風らしいが、別の入り口から入れた。
どうやら彼女が調べていて、中にいた人に開けてもらったらしい。
一番の山場を迎えることなく、到着。

一番の懸念事項が、終わった。

受付を済ませ、乾燥室に干し、お昼にカレーライス。
おしゃべりして、まったりしてたら、
同室だった二人組も到着。

またおしゃべりでまったり。

そのあとは外を見に行って、強風の中で写真を撮ったり、
昼寝したり、ラストサンセットを見て、槍がチラッと見えて、
夕食には振る舞い酒と年越し蕎麦があって、
おしゃべりして、
燕山荘のスタッフさんの自己紹介とか聞いて、
昼寝(夜寝?)して、年越しを待つ。


2019.12.31, 21:10 / ハイキング登山
2019.12.30

中房温泉

バスが予定より早く到着してしまった。
良いことだけど、ちょっと焦る。

身支度をして、予定より45分早く出発できた。
6:30はまだヘッドライトが必要。
薄明かりの中、出発。

道は一本道なので大丈夫だが、
自分のペースが大丈夫?とか気になる。

フリースにダウン付きのオーバージャケットを着てたので、
歩いてたら暑くて汗をかいてしまった。

雪が降ってたので、トンネルまで来たときに調整。
そのあとはちょうどよく歩けた。

途中から右の足の付け根が痛くて気になった。
最後の2kmくらいは疲れてグッタリ。
疲れたというより飽きた、か。

10時半くらいに到着。
雪がそんなに積もってなかったのもあって、早かった。

部屋は男女別の大広間。
一番乗り。

荷物を置いて、温泉。
本館に男女別のお湯が2つ。

なかなか趣のある温泉で良かった。

同じバスだった女性、二人組とソロの方とも話せた。
やっぱり明日、燕岳に登るみたい。
勝負の日。

朝食が6時なので、出発が予定より遅くなる。
遅くなると天気が荒れる。

頑張って歩かないと。


2019.12.30, 13:09 / ハイキング登山
2019.12.29

燕岳へ

爆弾低気圧で強風の予報。

今日の朝から、キャンセルするか悩んで、行くことにした。
行けなかったら、中房温泉で連泊してやる。

迷いつつ、バスの集合場所。
人が少なくて不安になる。

さすがに夏とは大違い。
ソロの人も少ない。

バスは行き先が3つで1台。
しかも、半分くらいしか埋まってない。

不安だ。


2019.12.29, 22:58 / ハイキング登山
2019.12.08

ロープクライミング

公認山岳ガイドが指導する登山技術実践講習会
はじめてのロープクライミング 奥多摩・天狗岩

久しぶりのロープクライミング。
トップロープなので、昔にやったことある。
自己紹介で10年くらい前って言ったけど、12,3年前か?

メンバーは4人。
先月のレスキュー講習にいた方が1人いて、覚えてた。
ガイドさんも同じ方だったが、また私のことは忘れたようだった。

前回最後に阿弥陀岳に登ったときのガイドを間違って答えてたので、
正そうと思ったけど、そんなこと覚えてなさそうだから、話題に出さなかった。

耳の聞こえない方も1人いて、新鮮だった。
トップロープの場面で、声で伝えられないのは、なかなか難しいものだな。
自分の対応力のなさを考えさせられた。

最初は、カラビナの説明、8の字結びの説明、ビレイの説明など。
実際にビレイの手の動きをやってみて、いきなり実践。

ガイドさんがロープを設置しにリードで登っていくところをビレイ。
どうやら私は引っ張り過ぎたらしく、もうちょっと緩めでいいとのこと。

そのルートは簡単だったので、先頭でさくっと登った。
岩が冷たくて、感覚がなくなりそうだったのが、辛いポイント。

最初のうちは、懸垂下降を練習するためだけの場所も作ってくれて、
待ち時間の間はそこで降りていいとのことだった。

坂道を歩いて登って、セルフビレイでポイントまで行き、懸垂下降で降りる。
これができれば、登山の危ないポイントでのセルフビレイというやつができるのか。
そう思うと、活用はできそうな技術。

次は、懸垂下降の場所にも別のロープを張ってくれて、そこ。
そこは日に当たってるので岩もそこまで冷たくなく、楽しんだ。

お昼を挟んで、午後。

今度は奥の壁のロープ。
午前の最後に、セルフビレイ+懸垂下降で見ていたが、
そこを登る時は横のちょっと難しいルートから登るということだった。

ガイドさんからルートの説明があって、私が最初にチャレンジ。
最初の難しいと言っていたポイントは、やっぱり難しかった。
なんというか、力の掛け方が素直じゃなくて、ジムでやるような登り方をした。

そして、岩が冷たくて、手の感覚がなくなったので、
難関をクリアしたところで手を息で温めた。

そのあとはわりと素直に持つところがあったので、すんなり。
難しいと言われてたところを一撃できて、大満足。

もう1本同時進行で進んでいた別ルートは、簡単なルートだったので楽にクリア。
他の方々がさっきのルートをどう登るのか気になってたけど、
他に登れた方はいなかった。
やっぱり、普段登ってないと登り方がわからないルートだよな・・・。

私の課題がなくなったので、別のルートを指定してくれた。
簡単なルートだったところの少し横で、
持ちやすいホールドがある場所を避けて、使っていいエリアを指定された。

そこは、手足のホールドが小さくなって難しかったが、
いちおうホールドは見つかったので、そしてスラブでもあるので、
なんとかという感じではあったけど一撃でクリア。

ここをクリアしたことで、STEP2の講習に来てもいいよって言ってもらえた。
5.9レベルの難しいルートを登る講習ということで、
私がそのレベルに挑戦しても楽しめるだろうということだった。
(登れると思うわけじゃないとのこと)

残念ながら、もう今季のSTEP2講習は満席のものしかないから、来年かな。。

そしてまた私の課題がなくなってしまったので、
さらにホールドを避けたエリアを指定されて、登ってみることにした。

最初こそ手足の場所はあったけど、そこから1つ上がったら、
もうその先の足の置き場がわからなかった。
岩はちょっとヌメっとする感じで、シューズがかかる感じはなく。
何回か落ちて、諦めた。

悔しいけど、あれは無理だなー。。

というわけで、なかなか自分にとっても良いチャレンジとなった。
もうちょっと続けてみてもいいかもな。
ビレイも懸垂下降も、今日のところはちゃんとできたので、継続したい。









2019.12.02

三頭山

12月1日

三頭山に行ってきた。
奥多摩でまだ行ったことのない山であり、初冠雪を迎えていた山。

奥多摩の紅葉はもう降りてきてるということだったので、
どこかしらで見れるだろうというのが、奥多摩を選んだ大きな理由。

電車で奥多摩駅まで、そこから奥多摩湖方面へは臨時バスも出ていた。
ほとんどが登山客だが、普通の観光客も混じってる。

登山口にいちばん近い小河内神社バス停で降りると、トイレがない。
その1つ手前の峰谷橋バス停で降り、トイレ等々準備をしてから出発。
どちらのバス停も、橋1つ分の違いなので、大差はない。

最初は浮き橋。
ここが凍結とかで通行止めになっていたらどうしよう?
というのが心配だったけど、問題なく通過。

そこから奥多摩湖沿いを1km弱歩いてから、登山口。
見落とさないようにしなきゃと注意深く歩いていたが、
登山口のところにご老人の団体がいたので、すぐにわかった。

先に通してくれた。

すぐにけっこう急な坂道。
土と岩の地面の上に、落ち葉が覆いかぶさっていて、滑らないよう注意。
アイゼンを持ってきてるとはいえ、4,5kgと荷物が軽いせいか、楽に進める。

いつまでも坂道が続き、暑くなる。
少しだけ広くなったところでソフトシェルを脱ぎ、半袖+アームカバー。
なるべく汗をかかないスピードで歩くけど、これだけの急登だと仕方ない。

1時間ほどしてようやく地図にあるイヨ山の看板。
地図を見て、まだまだ1/3かと・・・。

そこからまた、平らな道と、急な坂道とを、繰り返す。
上まで行ったら稜線、というわけでもない。

また1時間ほどで、ヌガサス山。
お腹が空いたので、大福で休憩。

もう寒くなってきて、またソフトシェルを着る。
足も辛くなってきたけど、最後の急登だと思って、無心でがんばる。

雪が出てきて、あるところから一面、雪。
歩く場所だけは雪が溶けて、道が見えていた。

最後は山頂をぐるっと巻くようにしてから、戻って山頂。
子どもの遊ぶ声が聞こえていて、平和な空気。

山頂にはたくさんの人がいた。
都民の森から来たのだろう。
だって、来る途中、最初の団体以外はずっとソロの5人(自分含む)だったしね。

スペースを見つけ、ランチ。
持ってきたカップスープにお湯を注ぎ、パンを食べて、休憩。

木々の隙間から富士山が見えて、青空で、良い。

食べ過ぎたのか、少しお腹が痛くなった。
あんまり長い間座ってるのも寒いので、下山。

都民の森の方面へ降りる。
きれいに舗装されているわけでもなく、きれいな景色なわけでもなく、
川沿いの緩やかな斜面が淡々と続く。

途中で看板の説明を読んだりしながら、まだかなーと歩く。
下の方にはトイレのある休憩場所もあり、滝もあり、道も平らで歩きやすい。
ここまで来ると、完全にハイキング。

2時間くらいで駐車場まで降りてきた。

バスの時間を調べたら、次は14:35。
バス停でタバコを吸ってるやつがいてムカつく。
バイカー、治安悪い。

14:40になってもバスが来ない。
始発っぽいのに、遅れてるのも変。
駐車場の案内をしている人に、バスはきますか?って聞いてみた。

そしたら、12月はもう運行してないとのこと!!

15:40 にバス停まで送迎してくれる観光バスが来るから、それを待つか、
温泉に入るなら温泉に無料送迎を頼むか、
タクシーを呼ぶか、3択。

タクシーはここに来るまでがすでに遠いので、かなり高くなるとのこと。
というわけで、15:40のバスを待つことにした。

寒いけど、待てるような暖かい場所はない。
上に戻るのも気力が尽きてるので、イヤだった。

うろうろしながらバスを待った。
15時半くらいにバスが来て、乗車。

数馬というバス停まで送ってくれて、そこから1時間ちょっとかけて武蔵五日市駅。
そこからまた2時間半くらいかけて帰ってきた。
帰りの道だけで、5,6時間かかってる・・・。

寒かったけど、久しぶりに歩けて、楽しかった。

だいたい、コースタイム通りか、ちょっと速いか、ってところ。
いつも通りだったんだな。

9:04 峰谷橋
9:08 小河内神社
10:17 イヨ山 (1:11, CT1:10)
11:01 ヌカザス山 (0:44, CT1:00)
11:47 鶴峠分岐 (0:46, CT0:50)
12:13 三頭山西峰 着 (0:26, CT0:35)
12:40 三頭山西峰 発
13:41 大滝休憩小屋 (0:59, CT0:55)
13:58 森林館 (0:17, CT0:35)
14:03 都民の森 (0:05, CT0:25)


2019.12.02, 09:46 / ハイキング登山