2017.09.27

槍ヶ岳:食事

この前の槍ヶ岳、実は食事にもテーマがあった。
それは、アルファ米を使わないこと!!

北岳のときに、全然美味しくないなって思ってしまったのだ。
高度のせいとか疲れのせいとか、そういうのもあるだろうけど、気分が上がらなかった。

それに、タンパク質が必要だけど不足しちゃうというのもあるし、ビタミンも必要だしって考えて、見直した。

まず、持っていけるタンパク質って何だ?? ってところが難しい。
だいたい要冷蔵なんだよな。

サラダチキンも考えたけど、なんか美味しくない。
スモークササミというのを見つけて、試してみたら美味しかったので決定。
でも、そのお試しした美味しいやつは見つけられず、似たようなものにしたけど。

そして、チーズ。
北岳のときも持って行ったんだけど、柔らかくて潰れてて、安全か怪しかった。
今度はパックされてて固めな、さけるチーズ。

あとはビタミン。
錠剤じゃ味気ないので、フルーツグラノーラ。
牛乳をかけたいけど持っていけないので、スキムミルク。
カロリーも足りないかもしれないので、蜂蜜も一緒に持っていく。

スキムミルクはタンパク質でもあるし、きっといいはず。
ただ、味は不安があったので、先に家で試してみた。
蜂蜜をかけてけっこう甘くすると、オヤツっぽくて好きな感じになったのでOK。

晩御飯には、かさばらない棒ラーメンを試してみたかった。
具が全然ないので、乾燥野菜も一緒に。

そして、山で一番欲しくなるのが、フルーツ。
生を持って行くのは大変なので、缶詰がいいんだけど、重いしゴミがかさばるのがダメ。
ビニール包装に入った缶詰フルーツを見つけたので、一目惚れ。

ということで、まとめると、

・ スモークチキン
・ さけるチーズ
・ フルーツグラノーラ
・ スキムミルク
・ 蜂蜜
・ 棒ラーメン
・ 乾燥野菜
・ フルーツミックス

が、今回の食材だった。(あと行動食ね)

1日目の行動終了後のおやつに、スモークチキン。
これは正解、美味しく食べることができた。

1日目の晩御飯に、棒ラーメン、乾燥野菜。
高度が高いせいかラーメンを時間通りに茹でても固くて、イマイチ。
そもそもラーメンはそんな好きじゃないので、不正解。

1日目の晩御飯のデザートに、フルーツミックス。
これは最高に幸せだったので、大正解。
ちょっと重いけど、それだけの価値はある。

お湯を沸かして魔法瓶に入れておき、寝る前にコーヒー牛乳。
これはコーヒーとスキムミルクなわけだが、コーヒー単体よりはいいかなってくらい。

2日目の朝は、魔法瓶の少しぬるくなったお湯でスキムミルクを溶き、フルーツグラノーラに蜂蜜をかけて。
やっぱり朝はこういう食事が好きなので、ホッとしたし、気分が上がった。
これは大正解。

そして、さけるチーズも朝食のお供。
これも朝っぽくて気分が上がったので正解。

というわけで、だいたいイイ感じの食事メニューができあがった。
ラーメンのところをアルファ米に変えて、カレーとかにしたほうがいいかもな。

次回のテント泊登山はいつになるか未定だけど、楽しみだ。

 


2017.09.27, 22:49 / ハイキング登山
2017.09.26

槍ヶ岳:ペース

いつも通り、ポイントポイントで写真を撮っていたので、yamakei-online のコースタイムと比較。

登りは槍沢ロッジまでの平坦な道は、0.7前後のいいペース。
そのあとバテたと思ったけど、テントを担いでコースタイム通りなら上出来だ。

下りはやっぱり1.1前後なので、いつも通り。
平坦な道に戻ってからは、0.7くらいでいいペース。

ということで、いつも通りのペースで歩けていたようで、よかった。
速度は落とさないように気をつけてたけど、帰り道はかなり足が痛かったな。

昨日の時点では、右足の裏に1つマメができてる、と思っていたが、もう1つあった。
靴がちょっとゆるいのかもしれないので、対策考えよう。

5:13 バス到着
(準備)
5:35 バスターミナル出発
(0:07, CT 0:05 = 1.4)
5:42 河童橋
(0:37, CT 0:50 = 0.74)
6:19 明神
(0:40, CT 1:00 = 0.66)
6:59 徳沢
(0:47, CT 1:10 = 0.67)
7:46 横尾
(トイレ休憩)
7:54 横尾
(1:11, CT 1:40 = 0.71)
9:05 槍沢ロッジ
(ジュース休憩)
9:23 槍沢ロッジ
(0:29, CT 0:30 = 0.96)
9:52 ババ平
(1:20, CT 1:20 = 1.0)
11:12 天狗原
(1:42, CT 1:40 = 1.02)
12:54 殺生ヒュッテ
(テント設営)
13:54 殺生ヒュッテ
(0:39, CT 1:00 = 0.65)
14:33 槍ヶ岳山荘
(0:25, CT 0:30 = 0.83)
14:58 槍ヶ岳
(写真休憩)
15:06 槍ヶ岳
(0:28, CT 0:30 = 0.93)
15:34 槍ヶ岳山荘
(ジュース休憩)
15:40 槍ヶ岳山荘
17:05 夕食?

6:28 殺生ヒュッテ
(1:40, CT 1:45 = 0.95)
8:08 水俣乗越
(0:22, CT 0:20 = 1.1)
8:30 ババ平
(0:26, CT 0:20 = 1.3)
8:56 槍沢ロッジ
(おやつ休憩)
9:09 槍沢ロッジ
(0:35, CT 0:30 = 1.16)
9:44 一の俣
(0:47, CT 0:50 = 0.94)
10:31 横尾
(膝サポーター外す)
10:40 横尾
(0:51, CT 1:10 = 0.72)
11:31 徳沢
(ソフトクリーム休憩)
11:43 徳沢
(0:48, CT 1:00 = 0.8)
12:31 明神
(ヨーグルト休憩)
12:40 明神
(お風呂休憩)
14:20 小梨


2017.09.26, 00:50 / ハイキング登山
2017.09.25

槍ヶ岳

金曜の夜にバスで上高地へ向かった。

昨日、早朝から槍ヶ岳を目指して歩き、
傾斜が出てきてからは完全にバテていたし、頭が痛いし、食欲ないし、って状態だったけど、
予定より2時間早く、宿泊予定の殺生ヒュッテに到着したので、
テントを張って荷物を軽くし、バファリンを飲んで、槍ヶ岳頂上を目指した。

槍ヶ岳山荘から頂上までの間はものすごく楽しくて、ロッククライミング。
難しいわけではないんだけど、さすがに落ちたら死ぬやつなので、けっこう怖い。

雲はあったけど景色はよく、気分爽快。
殺生ヒュッテに戻ってきた時には、体調も回復していたように思う。
思えば、高度が上がってもペースを落とさなかったせいで、高山病っぽくなってたのかもな。

日が落ちる前に夕食をとって、あとは寝るだけ。
なかなか寒かった。

0時以降は何回も起きたけど、すぐにまた寝て、の繰り返し。
朝は4時くらいに周囲がゴソゴソし始めたが、私は寝ることを選んだ。
元々の予定だと朝に頂上だったから、今スタートだったんだなと思うと、昨日行っておいてよかったって、
それくらい、体は疲れていた。

5時ごろに朝食をとり、サンライズは見えるのか気にしていたけど、
5時半になっても、結局うっすら明るいのがそのまま明るくなるだけだった。
雲が多かったようだ。

そこから荷物を片付けて、6時半に下山開始。

登りの時の息苦しさはなかったけど、ひたすら下るのも疲れる。
朝からすれ違う人が多かったのは、ババ平に泊まっていた人たちなのだろうか。

ものすごく天気がよくて、今日頂上に行く人は幸せだなーとか思ったけど、
槍ヶ岳は頂上から周囲を見るよりも、槍ヶ岳を眺めたほうがカッコいいことがわかった。

カッコいい槍ヶ岳を眺めるために何回も後ろを振り返ったな。

槍が見えなくなってからは、川のせせらぎを聴きながらの散歩。
散歩というには、マメができたのか足が痛かったり、しんどかったけど。

槍沢ロッジで水を補給して休憩して、横尾で膝サポーターを外し、徳沢でアイスクリームを食べ、
明神でヨーグルトを飲んで、小梨でお風呂に入ったあとはもう観光気分。
河童橋でカレーライスを食べたり、バス待ちしながらコロッケを食べたりしてた。

やっぱり右足にマメができていて痛いし、バスに乗ってからは全身筋肉痛で痛かった。
渋滞にはまりつつ、23時過ぎに新宿に到着、帰ってきた。

槍ヶ岳、しんどかった。
でも、キレイだったし、頂上付近のロッククライミングは楽しかった。

 


2017.09.25, 01:40 / ハイキング登山
2017.08.27

城山かき氷

探検隊関連の方々の、ゆるい山歩きサークルってやつで、メガかき氷を食べに行こうの会。

小仏バス停からスタートして、小仏峠、小仏城山でかき氷を食べて、高尾山に行く途中でランチ。
高尾山の山頂には寄らずにそのまま下山して、高尾山口にある温泉に入ってまったり。

10年ぶりくらいに一緒に遊ぶ方々や、2ヶ月ぶりくらいの方々や、初めての方々など総勢10名。

いやー、楽しかった!

まさか裸足で登山する人がいるなんて思わなかった、というのが今回最大の衝撃。
やっぱここの人っておもしろいや。

ワラーチを履いて走るのが一部で流行ってるのは知ってたし、
今日もそういう集団を見かけたりしたけど、さすがに裸足はその集団の方々も興味津々。

走るのはともかく、ワラーチは興味あるな。

それ以外にも、これまでの旅の話や、
私が前に行った北岳に興味を持ってくれる人が多かったり、いろいろおしゃべりできた。
ホントありがたい。

朝は左膝に激痛が走ったり、人見知りが発動したりして、行くのやめようかな・・・とか思ったりもしたけど、
行ってよかったと本当に心から思う。







2017.08.15

通りすがり

そういや、先日の北岳・間ノ岳、
変な人のことしか書いてなかったが、よい人にも出会ってた。

まず、行きのバスで隣だった女性。
たぶん同じくらいの年代か、もう少し下だったかな。
白峰三山縦走はかなり大変だったろうけど、無事に完歩したかなぁ。

間ノ岳から北岳の間で、バテバテで歩いてたとき、
そのオスプレーのザック、リコール大丈夫でした??
って話しかけてきた爽やかな、少し上くらいのおじさん。

自分のを新品に変えてもらったってことで、教えてくれた。
帰って調べてみたら、私のは同じタイプの赤がリコールかかってた。

嫌なやつが目立ってるだけで、変じゃないおじさんもけっこういるはずなんだよね。

あと、これまた間ノ岳と北岳の間で、道を譲ってくれたお兄さん。
私が、ありがとうございますー、あ、でも休憩したいからイイですー・・・なんて
雑な返事をしてしまったとき、笑ってくれた。
心の中でヤバッて思ったけど、よい人でよかった。

3日目に下る時、おじさんおばさんの団体さんが道をふさいで集合写真を撮っていた。
横で終わるのを待ってたら、撮ってもらえませんか?って。
あー、なんで気づかなかったんだろう・・・って、自分を残念に思った。
そのあと道中で私が道を譲ってもらって抜かすとき、皆さんさっきはありがとうって言ってくれた。

下りは団体さんとのすれ違いが多くて、学生の団体さんが通り過ぎるのを待ってた時、
最後の先生っぽい人が、これは長らく待たせちゃったねーって。
団体さんはソロをバカにしてくることが多いから、そう言ってもらえるだけで、ホッとする。

白根御池小屋に着く少し前、小さい女の子を背中にかついだお父さんが登ってきた。
女の子の声が、遠くからも聞こえて、癒された。
あ、前にお姉さんがいるよーって、下向いて必死に歩くお父さんに話しかけながら、
通り過ぎるときには、こんにちはーって元気に挨拶してくれた。

昔、父が一番下の妹をかついで登ってたなーって、懐かしかった。

まー、今回の旅で印象に残った人たちはそのくらいか。
爽やかな一期一会は、気持ちいいね。

 


2017.08.15, 00:34 / ハイキング登山
通りすがり はコメントを受け付けていません。
2017.08.13

反省点

今回の北岳・間ノ岳の反省点をメモしておく。

タイムはだいたい読み通り。
ちょっと予定外だったのは2日目の間ノ岳から北岳に戻る間でバテたこと。

その原因と考えられるのが、食事の量や質の問題。
アルファ米ばかりだとおいしくないというのもあるけど、それ1つじゃ全然足りてない。
元気が出たのは、粉末ジュースとバランスパワーのバター味

今度から、行動食も多めにちゃんと持って行こう。

食事に関しては、畑のカレーは美味しかった。
わかってたけど、カップラーメンは好きじゃない。

チーズはあって嬉しかったけど、柔らかくなってしまってたので、さけるチーズとかのほうがいいかもしれない。

常温保存の牛乳なんかも欲しいけど、重いからまだムリだろうな。

あとはとにかく、野菜と肉が欲しい。

スモークササミはやっぱり持って行くべきだったな。

うん、食事に関しては改善点が多数。

持ち物に関して、もともと予備だったものを除いて不要だったのは、ナイフくらいかも。
ダウンジャケットとかレインウェアとか使わなかったけど、それは状況による。

Tシャツが汗臭くなったので、メリノウールとか臭くならない素材のものがもう1枚ほしい。

新しいものでは、サコッシュは使いやすくてよかった。
ブーツケースも使いやすくて軽くて良し。
VANSのスニーカーは脱げやすいので対策があるといいな。

水のいらないシャンプーは、よかった。
頭が痒くてイライラするってことがなかった。

この不要なものがあまりなかった状態から、なんとかスペースを空けて、食料をレベルアップしたい。
どうしたらいいだろうな。

8/11(金・祝)
広河原バス停: 6:30 → 6:17
<2h30m>大樺沢ルート
大樺沢二俣: 9:00 → 8:46 <2h29m> コースタイム通り
<2h30m>右俣コース
小太郎尾根分岐: 11:30 → 10:43 <1h57m> 0.78
<0h30m>
北岳肩の小屋: 12:00(泊) → 11:13 <0h30m> コースタイム通り

8/12(土)
北岳肩の小屋: 6:00 → 5:45
<0h50m>
北岳: 6:50 → 6:21 <0h36m> 0.72
北岳: → 6:29
<0h55m>
北岳山荘: 7:55 → 7:30 <0h59m> 1.07
<1h40m>
間ノ岳: 9:35 → 9:14 <1h44m> 1.04
間ノ岳: 10:00 → 9:38
<0h50m>
中白根山: 10:50 → 10:44 <1h06m> 1.32
<0h30m>
北岳山荘: 11:20 → 11:12 <0h28m> 0.93
<1h20m>
北岳: 12:40 → 12:41 <1h29m> 1.11
北岳: → 12:54
<0h40m>
北岳肩の小屋: 13:20(泊) → 13:29 <0h35m> 0.87

8/13(日)
北岳肩の小屋: 6:00 → 6:02
<0h20m>
小太郎尾根分岐: 6:20
<1h30m>
白根御池小屋: 7:50 → 7:45 <1h43m> 0.93
<1h50m>
広河原バス停: 9:40 → 9:40 <1h55m> 1.04


2017.08.13, 23:43 / ハイキング登山
反省点 はコメントを受け付けていません。
2017.08.13

ひたすら下る

朝はまた3時くらいから周囲はガサゴソ。
ライトでテントを照らしてくる人がいて、眩しくて寝られず。
4時くらいに起きて、テントの水気を拭いておく。

今日はちゃんとサンライズを意識して見る。
雲が多くて、富士山は隠れていた。

しっかり太陽が出てきて、周囲が赤く染まった。
昨日にはなかったカッコよさ。

朝食をとり、テントを撤収。
ちょっと早めに出るつもりが、予定通りの6時。

雲海を眺めながら歩くのは気持ちいい。
団体さんが多くて、時々渋滞。

上りでは使わなかった、草すべりのルートで降りる。
名前からして滑りそうで怖い。
だけど、草原の中の岩の急登だった。

ずーっと、ひたすら急な坂を下る。
両膝にサポーターをしててよかった。
今回は初日からつけてる。

それでも脚がガクガク。
まだかまだかと思ったところでようやく白根御池小屋。
池のそばにテントを張れて、イイ感じの場所だ。

そこから広河原までは楽なルートかと思いきや、時々上りもある。
平らな道も時々あるけど、疲れる。

もう最後の力を振り絞る。
広河原まで20分という看板が出てきたときは、嬉しかった。

広河原山荘に来て、安堵。
休んだら動けなくなりそうだったので、バス停まで行く。

9:40到着で、甲府行きのバスは11:00。
着替えたり、荷物整理したり、売店でアイス買ったり。

広河原からのバスは全員座れるように台数を増やしてるみたい。
途中で乗ってきた人は立っててつらそう。

甲府で新宿までのバスを買い、今は渋滞の高速。
時間はかかるけど、安くて座れるのは大きなメリット。

すでに1時間オーバーしてるけど、あと1時間で着くかな〜。

撮った写真を見返してみて、やっぱ大満足な山旅だった。


2017.08.13, 16:58 / ハイキング登山
ひたすら下る はコメントを受け付けていません。
2017.08.12

北岳・間ノ岳

朝2時過ぎから、周囲はガサゴソ。
一応外に出て、星を確認。
輝きの強い星は、ちゃんと見えた。

3時を過ぎるとテントをたたむ人まで出てきてうるさい。
4時過ぎに明るくなって外に出たら、雲海。

なかなかの素敵な景色で、嬉しかった。
頂上でサンライズを見ようとかいう人だったのかな?
それか、白峰三山縦走するなら早く出ないと辿り着けない、か。

写真を撮って、カップラーメン。
水を1L100円分くんで、トイレ100円を済ませ、
テントの中も、置いていく荷物をまとめて、6時前に出発。

晴れると思ってなかったから、テンション上がる。

最初は40分程で北岳。
頂上は大混雑。

写真を撮って、次の目標は間ノ岳。
一度下ってまた登る。
何回も小ピークがあって、まだかまだかと、遠い。

北岳山荘も帰りに寄るつもりでスルー。
だんだんと景色が白くなり、残念。

あまりにパワーが出なくて、途中で何回も休憩。

ようやく間ノ岳に着いても、景色は白くて残念。
でも、日本2位、3位に登れたからよし。

途中ずっと同じペースで歩いてた方々は、白峰三山縦走らしい。
だいぶ遅いペースだったけど、辿り着いたかなぁ。

テント担いで10時間歩くのは、やらないでよかったと、心から思った。
帰り道、同じ道を引き返す。

すごい疲れてて、北岳山荘で食事!都下思ってたのに、メニューとかないし、自販機しかなくてやめた。

そこから北岳に登るルートがツラかった。
食べても飲んでも回復する気がしなかった。

休憩しまくって、ようやく2度目の北岳。
嬉しかった。

ゆっくり休みながら、食べたり。
雨がパラついた?という声を聞き、北岳肩の小屋へ帰る。

それまで降ってなかったけど、テントに荷物を入れたところで雨音。
ちょうど良すぎ。
昨日買ったコーラの残りを飲み干す。

一旦雨がやんだとこで、おしるこを買いに売店。
もう登りはないので、いったんお疲れさま。
帰りもまた美味しいもの食べよ。

水の補給とトイレを済ませ、またテントに戻ったら雨。
ちょうど良すぎ。

でもあとは出なくても大丈夫。

明日の朝には雨がやんで、テントが乾いてたらイイな。


2017.08.12, 15:48 / ハイキング登山
北岳・間ノ岳 はコメントを受け付けていません。
2017.08.09

登山計画

先月からずっと計画してて、2日で北岳・間ノ岳を縦走する計画から、
3連休だからって白峰三山縦走(北岳・間ノ岳・農鳥岳)の計画に変えたのが先週のこと。

でも、台風が来て、過ぎて、また計画を変えた。

間ノ岳から農鳥岳を経て奈良田へ降りる道は川沿いなことと、
奈良田のほうで土砂崩れがあったとかいう情報があったりしたので、そっち方面に出るのはやめた。
ひたすら長い下り道というのも、個人的にマイナスではあった。

元の北岳・間ノ岳の縦走の計画に戻した。

それを2泊3日のままの計画にして、早めに北岳肩の小屋に入り、そこで2泊の予定。
テントを張るスペースがあるかどうかが不安ではあるが、1回張ってしまえば、そこを拠点にできる。

最初の2日間が雨&曇りの予報だから、川沿いの道は避けてる。
テントを持って6時間は大変な気がするけど、去年行った涸沢も時間だけで見れば同じか。
ま、涸沢は最初の半分は平地だったから、そこが大きな違い。

いつも通り、ダメだと思ったら引き返せるルート。
白根御池小屋でダメだったら、そこで引き返しちゃえばいいしね。

8/10(木)
南アルプス登山者用直行バス(新宿ー広河原)

8/11(金・祝)
広河原バス停: 6:30
<2h35m>
白根御池小屋: 9:05
<0h30m>
大樺沢二俣: 9:35
<2h30m>
小太郎尾根分岐: 12:05
<0h30m>
北岳肩の小屋: 12:35(泊)

8/12(土)
北岳肩の小屋: 6:00
<0h50m>
北岳: 6:50
<0h55m>
北岳山荘: 7:55
<1h40m>
間ノ岳: 9:35
間ノ岳: 10:00
<0h50m>
中白根山: 10:50
<0h30m>
北岳山荘: 11:20
<1h20m>
北岳: 12:40
<0h40m>
北岳肩の小屋: 13:20(泊)

8/13(日)
北岳肩の小屋: 6:00
<0h20m>
小太郎尾根分岐: 6:20
<1h30m>
大樺沢二俣: 7:50
<2h00m>
広河原バス停: 9:50

甲府駅までバス、そこから電車の予定

ひとつ難点は、下山後の温泉がないことだな。
ググってみたけど、よい情報が見つからない。

 


2017.08.09, 23:00 / ハイキング登山
登山計画 はコメントを受け付けていません。
2017.08.04

jRO入会

山岳遭難対策制度「日本山岳救助機構会員制度」、jRO(ジロー)に入会した。
そろそろ高山と呼ばれるところにもチャレンジしたいので。
そうじゃなくても入っとけよ、という話でもあるが。

支払うのは、
・入会金 2000円
・年会費 2000円
・事後分担金 だいたい1000円前後(年間のカバレージ支払総額を会員総数で割り勘)

カバーしてるものは、
・捜索・救助費用 330万円まで補てん(病気による遭難も可)
・遺体搬送費用 30万円まで
・関係者駆けつけ費用 10万円まで
で、海外の登山や、死亡した場合だと支払いは無しだけど、日本なら山スポーツは全般OK

ということのようだ。

 
 


2017.08.04, 00:23 / ハイキング登山, 記録
jRO入会 はコメントを受け付けていません。