2017.08.15

通りすがり

そういや、先日の北岳・間ノ岳、
変な人のことしか書いてなかったが、よい人にも出会ってた。

まず、行きのバスで隣だった女性。
たぶん同じくらいの年代か、もう少し下だったかな。
白峰三山縦走はかなり大変だったろうけど、無事に完歩したかなぁ。

間ノ岳から北岳の間で、バテバテで歩いてたとき、
そのオスプレーのザック、リコール大丈夫でした??
って話しかけてきた爽やかな、少し上くらいのおじさん。

自分のを新品に変えてもらったってことで、教えてくれた。
帰って調べてみたら、私のは同じタイプの赤がリコールかかってた。

嫌なやつが目立ってるだけで、変じゃないおじさんもけっこういるはずなんだよね。

あと、これまた間ノ岳と北岳の間で、道を譲ってくれたお兄さん。
私が、ありがとうございますー、あ、でも休憩したいからイイですー・・・なんて
雑な返事をしてしまったとき、笑ってくれた。
心の中でヤバッて思ったけど、よい人でよかった。

3日目に下る時、おじさんおばさんの団体さんが道をふさいで集合写真を撮っていた。
横で終わるのを待ってたら、撮ってもらえませんか?って。
あー、なんで気づかなかったんだろう・・・って、自分を残念に思った。
そのあと道中で私が道を譲ってもらって抜かすとき、皆さんさっきはありがとうって言ってくれた。

下りは団体さんとのすれ違いが多くて、学生の団体さんが通り過ぎるのを待ってた時、
最後の先生っぽい人が、これは長らく待たせちゃったねーって。
団体さんはソロをバカにしてくることが多いから、そう言ってもらえるだけで、ホッとする。

白根御池小屋に着く少し前、小さい女の子を背中にかついだお父さんが登ってきた。
女の子の声が、遠くからも聞こえて、癒された。
あ、前にお姉さんがいるよーって、下向いて必死に歩くお父さんに話しかけながら、
通り過ぎるときには、こんにちはーって元気に挨拶してくれた。

昔、父が一番下の妹をかついで登ってたなーって、懐かしかった。

まー、今回の旅で印象に残った人たちはそのくらいか。
爽やかな一期一会は、気持ちいいね。

 


2017.08.15, 00:34 / ハイキング登山
2017.08.13

反省点

今回の北岳・間ノ岳の反省点をメモしておく。

タイムはだいたい読み通り。
ちょっと予定外だったのは2日目の間ノ岳から北岳に戻る間でバテたこと。

その原因と考えられるのが、食事の量や質の問題。
アルファ米ばかりだとおいしくないというのもあるけど、それ1つじゃ全然足りてない。
元気が出たのは、粉末ジュースとバランスパワーのバター味

今度から、行動食も多めにちゃんと持って行こう。

食事に関しては、畑のカレーは美味しかった。
わかってたけど、カップラーメンは好きじゃない。

チーズはあって嬉しかったけど、柔らかくなってしまってたので、さけるチーズとかのほうがいいかもしれない。

常温保存の牛乳なんかも欲しいけど、重いからまだムリだろうな。

あとはとにかく、野菜と肉が欲しい。

スモークササミはやっぱり持って行くべきだったな。

うん、食事に関しては改善点が多数。

持ち物に関して、もともと予備だったものを除いて不要だったのは、ナイフくらいかも。
ダウンジャケットとかレインウェアとか使わなかったけど、それは状況による。

Tシャツが汗臭くなったので、メリノウールとか臭くならない素材のものがもう1枚ほしい。

新しいものでは、サコッシュは使いやすくてよかった。
ブーツケースも使いやすくて軽くて良し。
VANSのスニーカーは脱げやすいので対策があるといいな。

水のいらないシャンプーは、よかった。
頭が痒くてイライラするってことがなかった。

この不要なものがあまりなかった状態から、なんとかスペースを空けて、食料をレベルアップしたい。
どうしたらいいだろうな。

8/11(金・祝)
広河原バス停: 6:30 → 6:17
<2h30m>大樺沢ルート
大樺沢二俣: 9:00 → 8:46 <2h29m> コースタイム通り
<2h30m>右俣コース
小太郎尾根分岐: 11:30 → 10:43 <1h57m> 0.78
<0h30m>
北岳肩の小屋: 12:00(泊) → 11:13 <0h30m> コースタイム通り

8/12(土)
北岳肩の小屋: 6:00 → 5:45
<0h50m>
北岳: 6:50 → 6:21 <0h36m> 0.72
北岳: → 6:29
<0h55m>
北岳山荘: 7:55 → 7:30 <0h59m> 1.07
<1h40m>
間ノ岳: 9:35 → 9:14 <1h44m> 1.04
間ノ岳: 10:00 → 9:38
<0h50m>
中白根山: 10:50 → 10:44 <1h06m> 1.32
<0h30m>
北岳山荘: 11:20 → 11:12 <0h28m> 0.93
<1h20m>
北岳: 12:40 → 12:41 <1h29m> 1.11
北岳: → 12:54
<0h40m>
北岳肩の小屋: 13:20(泊) → 13:29 <0h35m> 0.87

8/13(日)
北岳肩の小屋: 6:00 → 6:02
<0h20m>
小太郎尾根分岐: 6:20
<1h30m>
白根御池小屋: 7:50 → 7:45 <1h43m> 0.93
<1h50m>
広河原バス停: 9:40 → 9:40 <1h55m> 1.04


2017.08.13, 23:43 / ハイキング登山
2017.08.13

ひたすら下る

朝はまた3時くらいから周囲はガサゴソ。
ライトでテントを照らしてくる人がいて、眩しくて寝られず。
4時くらいに起きて、テントの水気を拭いておく。

今日はちゃんとサンライズを意識して見る。
雲が多くて、富士山は隠れていた。

しっかり太陽が出てきて、周囲が赤く染まった。
昨日にはなかったカッコよさ。

朝食をとり、テントを撤収。
ちょっと早めに出るつもりが、予定通りの6時。

雲海を眺めながら歩くのは気持ちいい。
団体さんが多くて、時々渋滞。

上りでは使わなかった、草すべりのルートで降りる。
名前からして滑りそうで怖い。
だけど、草原の中の岩の急登だった。

ずーっと、ひたすら急な坂を下る。
両膝にサポーターをしててよかった。
今回は初日からつけてる。

それでも脚がガクガク。
まだかまだかと思ったところでようやく白根御池小屋。
池のそばにテントを張れて、イイ感じの場所だ。

そこから広河原までは楽なルートかと思いきや、時々上りもある。
平らな道も時々あるけど、疲れる。

もう最後の力を振り絞る。
広河原まで20分という看板が出てきたときは、嬉しかった。

広河原山荘に来て、安堵。
休んだら動けなくなりそうだったので、バス停まで行く。

9:40到着で、甲府行きのバスは11:00。
着替えたり、荷物整理したり、売店でアイス買ったり。

広河原からのバスは全員座れるように台数を増やしてるみたい。
途中で乗ってきた人は立っててつらそう。

甲府で新宿までのバスを買い、今は渋滞の高速。
時間はかかるけど、安くて座れるのは大きなメリット。

すでに1時間オーバーしてるけど、あと1時間で着くかな〜。

撮った写真を見返してみて、やっぱ大満足な山旅だった。


2017.08.13, 16:58 / ハイキング登山
2017.08.12

北岳・間ノ岳

朝2時過ぎから、周囲はガサゴソ。
一応外に出て、星を確認。
輝きの強い星は、ちゃんと見えた。

3時を過ぎるとテントをたたむ人まで出てきてうるさい。
4時過ぎに明るくなって外に出たら、雲海。

なかなかの素敵な景色で、嬉しかった。
頂上でサンライズを見ようとかいう人だったのかな?
それか、白峰三山縦走するなら早く出ないと辿り着けない、か。

写真を撮って、カップラーメン。
水を1L100円分くんで、トイレ100円を済ませ、
テントの中も、置いていく荷物をまとめて、6時前に出発。

晴れると思ってなかったから、テンション上がる。

最初は40分程で北岳。
頂上は大混雑。

写真を撮って、次の目標は間ノ岳。
一度下ってまた登る。
何回も小ピークがあって、まだかまだかと、遠い。

北岳山荘も帰りに寄るつもりでスルー。
だんだんと景色が白くなり、残念。

あまりにパワーが出なくて、途中で何回も休憩。

ようやく間ノ岳に着いても、景色は白くて残念。
でも、日本2位、3位に登れたからよし。

途中ずっと同じペースで歩いてた方々は、白峰三山縦走らしい。
だいぶ遅いペースだったけど、辿り着いたかなぁ。

テント担いで10時間歩くのは、やらないでよかったと、心から思った。
帰り道、同じ道を引き返す。

すごい疲れてて、北岳山荘で食事!都下思ってたのに、メニューとかないし、自販機しかなくてやめた。

そこから北岳に登るルートがツラかった。
食べても飲んでも回復する気がしなかった。

休憩しまくって、ようやく2度目の北岳。
嬉しかった。

ゆっくり休みながら、食べたり。
雨がパラついた?という声を聞き、北岳肩の小屋へ帰る。

それまで降ってなかったけど、テントに荷物を入れたところで雨音。
ちょうど良すぎ。
昨日買ったコーラの残りを飲み干す。

一旦雨がやんだとこで、おしるこを買いに売店。
もう登りはないので、いったんお疲れさま。
帰りもまた美味しいもの食べよ。

水の補給とトイレを済ませ、またテントに戻ったら雨。
ちょうど良すぎ。

でもあとは出なくても大丈夫。

明日の朝には雨がやんで、テントが乾いてたらイイな。


2017.08.12, 15:48 / ハイキング登山
2017.08.09

登山計画

先月からずっと計画してて、2日で北岳・間ノ岳を縦走する計画から、
3連休だからって白峰三山縦走(北岳・間ノ岳・農鳥岳)の計画に変えたのが先週のこと。

でも、台風が来て、過ぎて、また計画を変えた。

間ノ岳から農鳥岳を経て奈良田へ降りる道は川沿いなことと、
奈良田のほうで土砂崩れがあったとかいう情報があったりしたので、そっち方面に出るのはやめた。
ひたすら長い下り道というのも、個人的にマイナスではあった。

元の北岳・間ノ岳の縦走の計画に戻した。

それを2泊3日のままの計画にして、早めに北岳肩の小屋に入り、そこで2泊の予定。
テントを張るスペースがあるかどうかが不安ではあるが、1回張ってしまえば、そこを拠点にできる。

最初の2日間が雨&曇りの予報だから、川沿いの道は避けてる。
テントを持って6時間は大変な気がするけど、去年行った涸沢も時間だけで見れば同じか。
ま、涸沢は最初の半分は平地だったから、そこが大きな違い。

いつも通り、ダメだと思ったら引き返せるルート。
白根御池小屋でダメだったら、そこで引き返しちゃえばいいしね。

8/10(木)
南アルプス登山者用直行バス(新宿ー広河原)

8/11(金・祝)
広河原バス停: 6:30
<2h35m>
白根御池小屋: 9:05
<0h30m>
大樺沢二俣: 9:35
<2h30m>
小太郎尾根分岐: 12:05
<0h30m>
北岳肩の小屋: 12:35(泊)

8/12(土)
北岳肩の小屋: 6:00
<0h50m>
北岳: 6:50
<0h55m>
北岳山荘: 7:55
<1h40m>
間ノ岳: 9:35
間ノ岳: 10:00
<0h50m>
中白根山: 10:50
<0h30m>
北岳山荘: 11:20
<1h20m>
北岳: 12:40
<0h40m>
北岳肩の小屋: 13:20(泊)

8/13(日)
北岳肩の小屋: 6:00
<0h20m>
小太郎尾根分岐: 6:20
<1h30m>
大樺沢二俣: 7:50
<2h00m>
広河原バス停: 9:50

甲府駅までバス、そこから電車の予定

ひとつ難点は、下山後の温泉がないことだな。
ググってみたけど、よい情報が見つからない。

 


2017.08.09, 23:00 / ハイキング登山
2017.08.04

jRO入会

山岳遭難対策制度「日本山岳救助機構会員制度」、jRO(ジロー)に入会した。
そろそろ高山と呼ばれるところにもチャレンジしたいので。
そうじゃなくても入っとけよ、という話でもあるが。

支払うのは、
・入会金 2000円
・年会費 2000円
・事後分担金 だいたい1000円前後(年間のカバレージ支払総額を会員総数で割り勘)

カバーしてるものは、
・捜索・救助費用 330万円まで補てん(病気による遭難も可)
・遺体搬送費用 30万円まで
・関係者駆けつけ費用 10万円まで
で、海外の登山や、死亡した場合だと支払いは無しだけど、日本なら山スポーツは全般OK

ということのようだ。

 
 


2017.07.30

尾瀬・至仏山

尾瀬は交通手段が難しいという印象だったが、バスを見つけたので行ってみた。
夜に新宿から池袋経由で、途中に何回も休憩を挟みながらいく。



バスの前の席のおばさんが、椅子を全力で倒してきたので、足がぶつかってイライラ。
後ろの席のおじさんが、ずっと大きなイビキをかいてて、イライラ。
あんまり眠れなかったけど、体は休まっていることだろう。

5時ごろに戸倉で小型バスに乗り換えて、鳩待峠に到着。
外はけっこうな雨。

休憩所のところは屋根があったので、レインウェアを上下とも着込み、さらに傘をさして歩く。




最初しばらくは、木道の上をただただ進むだけの、平らな道。
山の間みたいなところで、特に眺望があるわけでもなく、花もなく、ちょっと退屈。



けっこうな人数を抜かして、1時間ほどで山の鼻に到着。
テントも山小屋もあって、拠点になるところ。

雨が相変わらず激しかったが、屋根のある場所も少ない。
登山の前にお弁当は食べておきたかったので、食堂のひさしの下で立ち食い。
おにぎり2個、唐揚げとウインナー、ゆで卵、ゼリーで、700円のやつ。



食べ終わってもまだ雨が激しかったので、腹ごなしがてら、少し尾瀬ヶ原方面に歩いてみる。
視界がひらけて、花が点々とあるだけで、ちょっとテンションあがる。



あまり行きすぎると、至仏山のほうの時間が不安だったので、すぐ引き返す。
牛首分岐まで行ってしまうと、コースタイム通りでバスの時間ギリギリだったのだ。

雨は相変わらずだったが、至仏山へ出発。

すぐに、ルートが滝のようになってしまっていることを知った。
登山靴はそれなりに防水なので、甲の高さまでは大丈夫。
でも、ときどき深いところがあったり、上から水をかぶってしまうこともあるので、気をつけて歩く。



ほとんど、シャワークライミング・・・

これが、楽しかった!

でも1時間くらいして、まだ続くの・・・? って思ってしまったり、
途中で追い抜かさせてくれた年配の方々は大丈夫なんだろうか・・・? って思ったりしつつ、
そろそろ別の景色が欲しい・・・と思ってた。

そこで、出てきた看板が、ここが半分です、ってやつ。

もうすぐ頂上だと思って歩いてたから、ちょっとショックでもあったけど、
1時間で半分ということは、コースタイムの半分だったから、その点は安心した。

その後もしばらく、滝のような場所を歩いたり、流れから外れたりしながらも、同じような感じ。
汗びっしょりで、レインウェアの内側が汗ビショだった。
超軽量なレインウェアだから透湿性が弱いのか、汗の量が多すぎたのかはわからない。

最後のほうは滝のような場所はなくなって木道になり、雨もあがっていた。
そして頂上。



なんも見えない。

残念。

ジュースを飲んで、パンを食べて、今度は下り。
来た道は上り専用なので、反対側へ降りて行く。

滝のような箇所はほとんどなかったが、それでも急な箇所はときどき出てきた。

でも、そういう山道のところはよかった。

最後、ほとんど平地になり、木道の上を歩かないといけない。
何回も滑って転びそうになり、冷や汗。

そして、鳩待峠まで2kmという看板のあとの木道で、とうとう転んでしまった・・・



板が斜めになっていて、滑り止めになるものがなかった。
そして少し曲がり角になっていたので、そのまま向こう側へ落ちてしまったのだ。

幸い、なのか、沼ではなかった。
汚れは、靴が少しドロドロになったくらいで済んだ。

でも、右足のスネあたりを木道にぶつけてしまい、痛い。
骨とかじゃなくて、擦り傷とアザのような感じ。

レインウェアも着ていたので、簡単に傷をチェックすることもできず、そのまま歩くことになる。
歩くときにズボンが強く当たると痛かったので、擦り傷があるんだろうとは思った。
血が出てるのかどうかもわからなかったが、服の上から強く擦ってできた傷だから、泥とか汚れの心配はそんなにない。

それより何より、心が折れた。。

まだまだ木道は続くので、より慎重に、下ばかり見て歩く感じになってしまう。

残り2kmの看板から1kmの看板まで、1kmの距離を30分かけて歩き、
最後の1kmもまた、30分かけて歩いた。

いつも通りだけど、上りは速くて、下りはいつも以上に遅かった。
まぁ、仕方ない。

帰りのバスが 14:40 だったので、残った時間も少し散策しようかとか考えていたが、やめた。

汗でビショ濡れのTシャツを着替え、食堂でタイ焼きとコーヒー。
席を確保したところで、レインウェアを脱ぎ、靴を履き替え、帰る準備。

食べ終わって、さらに1時間ヒマだった間に寒くなってきて、万が一のために持っていったダウンを着る。
お店の温度計が正しいのかわからないけど、14℃ってなってた。

帰りのバスは、みなさんおしゃべりに花を咲かせていて、椅子を倒されることもなく快適。
20時ごろに新宿に着いたのであった。

5:23 鳩待峠 休憩所
5:24 鳩待峠 出発
6:13 山の鼻ビジターセンター (0:49, CT1:00, 81%)
・朝食の舞茸弁当を屋根のある狭い場所で立ち食い
・尾瀬ヶ原方面散策
6:48 至仏山 登山口
7:47 高低差の中間地点
9:02 至仏山 山頂 (2:14, CT3:00, 74%)
・休憩
9:22 至仏山 山頂出発
10:08 小至仏山 (0:46, CT0:35, 131%)
10:37 悪沢岳分岐 (0:29, CT0:20, 145%)
10:49 オヤマ沢
・木道から落ちて怪我
12:02 鳩待峠 休憩所 (1:25, CT1:10, 121%)

 


2017.07.30, 00:17 / ハイキング登山
2017.05.21

大山

探検隊の友達の友達の・・・みたいな、ちょっと遠いつながりの方々と、大山をハイキング。
30℃という予報だったので、熱中症が心配な日。

大山、平塚では学校行事で行ったりするって聞いたりしたこともあるけど、私は初めて。
神社と寺があって、なんだか高尾山みたいなところだった。
人の多さも高尾山っぽい。

そんな感じだからけっこうなめてたけど、キツかった。
階段は苦手なのだけど、階段だらけなのと、暑いのは苦手なのだけど、暑かったのと。

でも、風があるときに日陰にいると、めちゃめちゃ気持ち良かった。
そして新緑が眩しかった。





結局登りも下りもケーブルカーを使わず、登りは女坂、下りは男坂を通った。

私は背後に人がいるという状況が苦手で、イヤで気になってしょうがないので、最後尾を歩かせてもらった。
ガイドがいる登山だったらもちろん隊列は任せるけど、こういう場だしね。

下りは全般的に、私にとってちょうどいいペースで歩いてくれて、ありがたかった。
やっぱり下りを小走りするのが好きな人ばかりじゃないんだなってことがわかって嬉しかった。

ほぼ初対面の方々だったので、登りの間は打ち解けられる気がしなかったけど、
下りをのんびり下りてくれてる間に、少しずつしゃべれるようになった。

こういうペースの方々だったら、また行ってもいいな。
でも、暑い日に登山に行くもんじゃないな。

膝は無事だったけど、帰りは予想通りの頭痛。
頭痛のほうは脱水もあるだろうから水は意識して1.5L近く飲んだ気がするけど、ダメだった。
この体質もどうにかならないものかなー。

 


2017.05.21, 22:08 / ハイキング登山
大山 はコメントを受け付けていません。
2017.04.23

川苔山

以前の同僚が、会社の方と山に行くということで、連れてってもらった。
川苔山、以前滝を見忘れたところなので、今度こそは。

奥多摩駅に少し遅めの9時過ぎに集合し、バスで川乗橋へ。
あらかじめ私が前回行ったときの記録を読んで、記憶を呼び覚ます。

軽く準備をして、ゆっくりペースでスタート。
お互いどういう人か知らないので、そういう話から。

大きな集団が2つあったけど、それ以外はそんなに混んでなくてよかった。
途中、シャワークライミングに行くであろうワゴンが2台、通り過ぎていった。
まだ寒そうだけど、楽しそう。

夕方から雨だと思ってたけど、昼前にすでに曇り。
でも、百尋ノ滝は曇っててもキレイでよかった。


そこからさらに2時間くらい登る。
残り1kmになったくらいで、急に雨が降ってきた。
けっこう大粒の、雹みたいな塊だった。

もう急坂は超えていたので、傘をさして歩く。
雨が降ってから、道のりを長く感じた。

どんどん降ってきて、寒くて、13時ごろに予定通りで頂上に着いたが、落ち着けない。
フリースやレインウェアを着て、立ったまま食事。

メンバーはレトルトカレーを温めたりしていて、なかなか強者。
でも、あったかいっていいねって、こういうときは思う。
私は魔法瓶のお湯でスープ。

30分くらいして、鳩の巣方面に下山。
ここからは傘をしまって、ダブルストック。

みんなペースが速くて、膝が不安だった。
長くて単調な下山は2時間半くらいかかった。

主に私のペースが遅いせいだとは思うんだけど、私は他のルートのコースタイムくらいのペースなはず。
なんだかここのコースタイム、おかしくないか?

それでも、今日は右膝を故障。
あのペースだと仕方ない。

鳩の巣駅で少し休憩して、電車で立川まで移動し、飲み会。
すごく寒かったけど、焼き鳥とモツ鍋で温まった。
山の話と仕事の話をメインに、いろいろ話せて楽しかった。

楽しそうなので、ここのメンツとは今後も遊びたいが、下山ペースだけが不安だな。

 


2017.04.23, 00:02 / ハイキング登山
川苔山 はコメントを受け付けていません。
2017.03.05

北横岳

切符も35%引きのえきねっとを発券していて、発券すると変更が効かないので、
今回は絶対に予定通りの電車で帰るって決めてた。

予定では、11:40のロープウェイで上がって、12:00から歩き始め、
コースタイム通りだと上りが1:00で北横岳ヒュッテ(13:00)、そこから15分で頂上(13:15)、
下りが北横岳ヒュッテ(13:30)から、0:50で戻ってこれる(14:20)ということになっていた。

14:45発のバスに乗らないと、その次のバスが2時間後なので、14:20のロープウェイに乗らないといけない。
というわけで、コースタイム通りに動くと、ピッタリというスケジュール。

なので、コースタイムより速く行動しないといけなかった。
いつもコースタイムの 0.8〜0.9ではあるけど、アイゼンをつけてそのペースで歩けるかが不安ポイント。

今回は時間を優先するつもりだったので、頂上についてなくても 13:00に引き返す予定にした。

で、結果、だいぶ速くなってしまった。

まず繁忙期でロープウェイが10分おきに出ていたため、10分早く出発できたことがラッキー。
そもそも登山客よりもスキースノボ客用のロープウェイなので、上りはぎゅうぎゅう。



出発してから北横岳ヒュッテまで、30分で到着してしまった。
坪庭を出て森林に入った途端に急登になるので、コースタイムが長めに設定してあったのだと思うが、
ちょっと無理してペースを落とさずに進んでしまった。




そのせいでちょっと汗をかき、ニットキャップは脱いだ。
ちなみに、フリースだけでハードシェルも着ずに登っていたが、それでも暑く、ジッパー開けて換気。

頂上までは17分ということで、ここはコースタイム通り。

頂上の手前で、上は風が強いよって教えてくれたおじさんがいた。
言われたとおり、周囲の木々がなくなった途端に強風。
すぐにニットキャップをかぶった。



下りもヒュッテまでは17分だったけど、ロープウェイまで24分と半分くらいの速度。
結果、北横岳ヒュッテまでの時間が半分で済んでしまったという謎。

1時間の余裕ができたので、優雅にランチタイム。
がっつりメニューばかりだったが、運動後は肉を食べたほうがいいと信じてるので、山賊焼き。
美味しかったけど、半分でよかったかな。

お土産もゆっくり見て、コケモモチーズクリーム大福をあとで食べる用に買って、
無事に予定通りのバスと電車で帰ってくることができた。

初めての雪山ソロ。
初級者向きと聞いていた北横岳は、ロープウェイを使うと物足りないくらいだった。
だけど、スキー場の端を歩くとかなんかイヤなので、ロープウェイを使わないのをやろうとは思わない。

12本爪アイゼンを使ったが、なんも問題なかった。
この時間の短縮具合からすると、きっと夏道よりも歩きやすいんじゃないかと思う。
スノーシューを履いた人も半分くらいいたが、ゆっくりペースだった。
アイゼンは正解。

ピッケルは持って行ったけど、出しもしなかった。
ストックでちょうどよかった。

9:51 特急あずさ茅野駅着
10:20-11:23 北八ヶ岳ロープウェイ駅までバス
11:30 ロープウェイに乗れた
11:35 ロープウェイで坪庭に到着
11:42 アイゼンを装着、ストックを出して、出発
12:08 三ツ岳分岐
12:12 北横岳ヒュッテ到着、そのまま素通り
12:26 北横岳南峰2471.6m
12:29 北横岳北峰2480m
12:46 北横岳ヒュッテ到着、おやつタイム
12:50 北横岳ヒュッテ出発
13:14 ロープウェイ到着
13:30 ロープウェイに乗れた
13:44 バス待ちの間にランチタイム
14:45-15:40 茅野駅までバス
16:20 特急あずさで新宿へ


2017.03.05, 20:44 / ハイキング登山
北横岳 はコメントを受け付けていません。