2015.12.31

ハノイ着

成田から直行でハノイ。
飛行機では映画を1本見たけど、あとは眠くてグッタリ。

<ハノイ空港>

10000円を両替して1808900ベトナムドンになるという難しい世界。
けっこうドル払いも通用しているようで、いつも最初にUSDで提示される。
今回は少額のドルしか持ってこなかったので、ベトナムドンに換算してもらって混乱するのがパターン。

空港から正規タクシーを使おうとしたけど見つからず、インフォメーションで確認。
そしたらそこで正しかったらしく、手配してくれた。

最初のホテルだけ予約しておいたので、そこまで行ってもらう。
45分くらいかかって、片道30ドル、往復だと50ドルということで、けっこう高いが仕方ない。
バスもあるが出発までに1,2時間かかるらしいし。

往復なら割引だよってオススメされて、結局往復にする。
けど、1泊分しかホテルを確保してなかったので、どこにピックアップに来てもらうかはあとで連絡することに。

大きめのタクシーで移動。

IMG_1761
道路はきちんと舗装されていて、信号もあって、バイクもヘルメットしてる。
けっこう都会な印象。

すんなり到着してくれて、ドライバーさんもチップをせがむこともなく去っていった。
(いちおうチップなしの国と書いてあるが、わからないので、いちおう小額紙幣を待機してた)

<ホテル>

1泊だけなの?明日は何するの?って話になったので、ハロン湾に行きたいと伝えた。
壁に大きくツアーの宣伝があったので、わりとまともなのを取り扱ってると予想した上で。

ハロン湾の1日ツアーもあるということだったので、それを確保してもらう。
60ドルのツアーということで、本で見てた金額と近いのでよかろう。

ツアー後にそのままもう1泊したい・・・とお願い。
対応してくれてるお姉さんが良さげな人だったし、ホテルも綺麗だったからね。
ホテルが30ドルで、合わせて10000円ということにしてくれた。

で、肝心の今日の部屋、予約していたのに、その部屋が故障したとかで使えないらしい。
Sisterのホテルの部屋を使ってもらっていい?と言われ、Yes.

そこからややこしく。

ツアーのお迎えが来るのがどっちのホテル?と情報が錯綜。
Sisterのホテルにツアーのお迎えが行く、と最初言っていたのが変わって、
Sisterのホテルにこっちのホテルの人が迎えに来て、こっちにホテルにツアーの迎えが来ると・・・。

たぶんこれで決着したはず。

ホアンキエム湖でNew Yearのお祭りがあるから行くといいよ、って教えてくれた。


<ホテル2>

Sisterのホテルまでタクシーで移動と言っていたのが変わって、バイクに二人乗りでヘルメットなし。
スピードは出してないけど、バイクの数も歩行者も多いので、けっこう怖かった。

次のホテルもなかなか高級そう。
すんなり部屋は用意してくれたけど、イマイチ話が通じてなかったようで、明日の予定をまた聞かれた。

このツアーに予約してて、こっちのホテルの人が迎えに来る、ってことを説明しても伝わらず。
とりあえずあっちのホテルに聞いてみてって言ったら確認してくれた。

もうこれで大丈夫かな。

ホアンキエム湖の方角を聞いて、散歩の準備。

IMG_1765

<ホアンキエム湖>

道は一本なので、5差路とかだけ気をつけながら、地図をほとんど見なくて行ける。

怖かったのがバイクの多さと道路の横断。

歩道はバイクの駐車場状態になっていて歩ける場所がなかったりして、
歩道と車道を行ったり来たりして歩いていたら、滑って転んでしまった!!!

恥ずかしいのと怖いのと。。

何事もなかったフリして歩き始めたが、なんか痛い。
ジーパンが砂埃で白くなっただけじゃなく、手の指の皮が剥けて流血してしまってた。
でもまぁそれだけで済んでよかったとも言えるけど。
絆創膏を貼って、歩き出す。

ローカルの人を見習って、もう怖がらず、堂々と車道を歩くことにした。

そしたら、わりと大丈夫。
ゆっくり歩いていると、だいたい避けてくれる。

横断歩道も同じで、決して走ったりしてはいけない。
ゆっくり堂々と歩くと、バイクも車も避けてくれるのだ。

だいたいどこの国でもこんな感じではある気はするけど、交通量の多さと歩行者の多さはピカイチ。
でも早い段階で慣れることができてよかった。

ホアンキエム湖の周辺で、大きなステージができていて、大音量の音楽が流れていた。
夜に歌手が来るっぽかったけど、まだ準備中。

IMG_1769
ぐるっと湖を一周散歩してきた。

意外と一人でカメラ持って・・・という人が多かったので、安心した。
女性の一人歩きも多かったのでホッとした。

ダウンジャケットにパンツスタイルというのが圧倒的多数だったので、私も馴染んでたかな。

IMG_2860
18時を過ぎてお腹が空いたので、小道のレストランで牛肉のフォーとハノイビール。
いちおうフォーが年越し蕎麦のポジション。

IMG_1776
IMG_1778
年越しの時間まで外にいるのは疲れるので、帰ってきちゃった。
年末の雰囲気は十分に味わったつもり。

もうすぐ日本が年明けか。

何事もなかったように寝ちゃおうかな。

 


Posted 2015.12.31, 23:27 by mera and filed in 2015.12: ベトナム
ハノイ着 はコメントを受け付けていません。
2016.01.02

ハロン湾

<朝食>

7時ピッタリに朝食だからロビーに来てという電話があり、
荷物をまとめてロビーに行ってみたら、荷物を置けと言われ、
なに?と思ってたら、お向かいのローカルレストランで朝食だった。

ということで、牛肉のフォー。
まだベトナムに来てからこれしか食べてないー。
全然お腹いっぱいにならないけど、ベトナム人はよく平気だなぁ。

IMG_1779
IMG_1780
<お迎え>

もうチェックアウト体制はできてたので、そのままロビーでネットなど。
あけましておめでとう、って、たくさん見た。
タイミングがわからなくて言ってなかったけど、おめでとうって思ってる。

約束だった7:45くらいになって、一人のおじさんがやってきた。
私の名前をケータイにタイプしてあって、これお前か?という感じだったので、Yes, My Name 🙂

付いてったら、ツアー用のバスがいてビックリ。
ホテルの人が迎えに来るのかと思ってたら、ツアーのバスが迎えに来ちゃった。

少し走ってオフィス前で止まり、
今のバスは迎えのバスで、ハロン湾1dayツアーは別のバスだから移動してって。
ちゃんと名前をフルネームで確認してくれたので信用する。

今日は大混雑らしく、10軒くらいホテルを回ってお客さんを拾っていくらしい。
中型バスが満員になるということで、運転席後ろの一人席を指定される。
バックパックも邪魔だからって後ろにしまわれちゃった。

1時間くらいかけて全員を拾い、9時頃に出発。
1時間半ほど走って、休憩があって、さらに1時間半ほど走るとのこと。
それでも平日だと通勤の車で大渋滞するところを、正月だから回避できるらしい。

ほとんどがカップル、ファミリー、友達同士。
私一人だけが一人だった。。

まぁそんなもんよね。
大学生の3人組がいたので、人数を合わせるときはそことセットになることに。

外の景色も高速道路から田んぼに変わり、また都会になり、とコロコロ変わるけど、
やっぱり全体的に小綺麗な都会だった。

途中の休憩所は大規模なお土産やさん。
いろいろな工芸品を置いていたけど、ゆっくり見る時間はないので、
おやつにチョコのお菓子だけ買っておしまい。
お菓子は輸入しかないのか、日本と変わらない値段なんだよなー。

ウトウトしてたらハロン湾に到着。


<ハロン湾>

人数が多すぎるからってバスの中を2つのグループに分けられた。
大混雑なので迷子にならないよう、ガイドさんの後を一所懸命に付いていく。

船がたくさん並んでいて、50人くらい乗って中でランチをとりながら観光するらしい。
学生さんたちと一緒のテーブルに座り、自己紹介。
カリフォルニア2人と台湾1人で、シンガポールの大学の同級生らしい。

IMG_2870
まずはランチ。
キュウリ、ポテト、春巻き、さつま揚げ、魚、ライス、などなどたくさん。

一通り食べたら、あとはデッキに上がってハロン湾を眺める。

曇ってるのが残念ではあったけど、見ることができてよかった。
奇岩というほどの形ではないが、やっぱり岩を眺めるのは好きだ。

IMG_2890

<カヤック>

しばらくして、船着き場みたいなところで降りる。
カヤックかバンブーボートを選べて、30分ほど遊べるらしい。

IMG_2901
学生さんたちがカヤックがいいって言うので、私もカヤック。

ジーパンだし、一眼レフを持ってるので、超ドキドキではあるけど、
今まで一度も沈したことはないから大丈夫と、自分に言い聞かす。

で、乗ったらやっぱりカヤック楽しい。

一緒に乗った子が、私漕いでない気がするけど・・・って言ってきたので、
私はカヤックやったことあるから漕げるんだ 😉 って返す。

そしたら、あっち行きたい、もっと岩に近寄りたい、とか、いろいろと要望を出してきた!

それら全てに OK! で応えて、洞窟2つをくぐり、岩肌に触り、トンネルをくぐって、
時間に4分遅れてしまったけど、やれること全部やった!

IMG_1790
いやー、楽しかった!!


<洞窟>

少し移動して、今度は洞窟。
鍾乳洞みたいなのがある広い場所で、カラフルにライトアップされてた。

ライトアップが邪魔な気はしたけど、ところどころカッコよくて良い感じの洞窟だった。

IMG_2971

<帰り>

最後はもう帰ってくるだけ。
ボーッと外を眺めていて、1泊ツアーのほうにしなくてよかったなって思った。
1人で来るなら4時間で十分。

帰りはもう暗くなってたので、最初っから爆睡。
1時間半ほど走って、休憩所に行って、また1時間半ほど走って20時すぎ。
ほとんどの人はナイトマーケットの場所で降りて行った。

私は荷物があるのでそこでは降りず。
当初泊まる予定だったほうのホテルまで送り届けてくれた。

いやー、良いツアーだった。
片道3時間を往復、観光船でランチがついてて、カヤックと洞窟見学も込みで60ドルなら大満足。


<ホテル>

ホテルではまたパスポートの確認からされたけど、今度はちゃんと部屋があった。
そしてなぜか、スイートルームにアップグレードしましたので!って言われた。

いや、一人旅でスイートルームは寂しいだけっす。。

スイートルームらしいところといえば、キッチンが付いてるってとこかな。
ダブルベットとシングルベッドがあって、3人泊まれる部屋。


<夕食>

もう21時を過ぎていたけど、夕食まだなのと、少しお腹が空いたので、食べ物を探しに外へ。

ナイトマーケットまで行こうかな?と思いつつ、疲れたから明日にしようという気もありつつ、
そっち方面へ向かいながら、途中のレストランを覗く。

途中のローカルレストランで声をかけられ、入る。
入るというか、歩道が客席になってるので、歩道に置いてある椅子に腰掛ける。

ワン?って聞かれたので、Yes。
よくわからなかったけど定番メニューのようなものがあるのだろう。

中でおじさんたちが食べていたのと同じメニューが出てきた。
野菜がたっぷり盛られたお皿と、そうめんと、春巻きと、ハンバーグみたいなのが入ったスープ。

IMG_1829
おじさんたちの真似をして、そうめんにスープをかけて、野菜を乗っけて食べた。
美味しかったけど、思ったよりずっとお腹いっぱいになってしまった。

ナイトマーケットでデザートを探す案はなしにして、小さいお店でおやつだけ買って帰る。

明日は何も予定がないので、ゆっくり過ごそう。

IMG_1830
 


Posted 2016.01.02, 02:30 by mera and filed in 2015.12: ベトナム
ハロン湾 はコメントを受け付けていません。
2016.01.02

ハノイ散策

IMG_1834
アラームをセットしてあったけど、早めに起きる。
片付けて、朝食はホテルのレストランで。

バナナのフレンチトーストなんてメニューがあったので、それにしちゃった。
こっちのホテルに戻ってきて正解だな。

IMG_1836
一度部屋に戻って準備して、チェックアウト。
荷物は預かってくれるということで、お願いする。

民族学博物館が第一の目標。
ちょっと遠いので、タクシーを使わないといけない。

IMG_3004
道で声をかけたタクシーに聞いたら、200000だと言う。
思ってたのより高かったので渋ってたら、メーターにするって。

そこから私の勘違いが始まった。
メーターのゼロがどこで切れてるのかわからず、1つずれて認識してた。

あっという間にメーターは20を超えたので焦る。
60を超えたあたりで、もうお金持ってないよ?ってさらに焦る。

思ったよりも距離も長く、まだ?まだ?って何度も聞いちゃう。
到着の頃にはメーターは180くらい。

そう、これって180000だったんだよね。
それをわからぬまま、250もあげてしまったよ。。
まぁ、私が悪いのだから、これくらいで済んでよかったか。

民族学博物館、なかなかよかった。
最初は、普通に民族の紹介か~って新鮮さを感じてなかったが、
チベットとかカンボジアとか出てきて、ベトナムの縦長さに感心した。

IMG_3012
IMG_3017
外にはいろんな民族の住居があって、中にも入れる。
高床式の竹の家があったり、土の家があったり、いろいろ。
充分に楽しんだ。

IMG_3035
さて、帰りのタクシーがまた頑張りどころ。

きっとみんなが知ってるホーチミン博物館を行き先に定める。
で、聞いたらメーターと言われたので、だいたいいくらか聞く。
教えてくれた値段が、150。

そして今度こそって、よく考える。
でも頭が働かず、USDでいくらくらい?って聞いたら、8ドル。
まーいっかとオッケーする。

メーターは140くらいだった気がするけど、8ドルあげた。
すごい喜んでたな~って思ったら、それって170くらいなのね。
もーいいや。

IMG_3056
ホーチミン博物館はちょうど昼の休憩の時間になってしまったので、
付近をうろうろしてから、歩いてホアンキエム湖まで行ってみる。

IMG_3068
IMG_3073
IMG_3078
IMG_3089
途中でマーケットを覗いたり、屋台のパンを食べたり。
揚げパンにクリームが入ってて10000のやつ、よかったなぁ。

IMG_3098
湖の上のお寺にも入ったし、晴れてきてテンション上がるし、良い散歩。

IMG_3112
次の目的だった収容所に無事に到着し、ちょっと悲しい気分。
足枷をはめられて小部屋に閉じ込められただけで発作が起きそうだ。

IMG_3120
そして、やっぱりホーチミン博物館には行っとこうと決意。

もうだいたい道はわかったので、歩いて行った。
今度は無事に入れた。

ベトナム人の子供がたくさん。
ホーチミンがすごい慕われてる存在だということがわかった。

IMG_3125
ピカソとのコラボで展示されてたり、おもしろい。
チェゲバラとかアウンサンスーチーとか、この仲間だったりするのかな?
全然歴史に詳しくないが、革命家という括りはおもしろそうだと感じた。

もう8時間くらい歩き続けてるので、足がヘトヘト。
一旦ホテルに戻って座らせてもらう。

そしたら最初のチェックインの時の親切なお姉さんがいた。
ちゃんとカバンは鍵のかかる部屋で預かってるよって教えてくれ、
コーヒーとか飲んでていいよって、食堂に通してくれた。

TripAdvisorに評価書いてねって言ってきたので、文句なしの良い評価をつけた。
日本語で書いてたら、読めないって残念がってたけど。

そろそろ足が回復してきたので、最後はナイトマーケットと夕食に出かけよう。
お土産になるようなものが見つかってないが、会社には何かしら買うか。

 


Posted 2016.01.02, 10:22 by mera and filed in 2015.12: ベトナム
ハノイ散策 はコメントを受け付けていません。
2016.01.02

ラスト観光

ナイトマーケット、冬は18時からという地球の歩き方情報に騙された。
あと15分というところでフロントのお姉さんに聞いたら、19時からスタートだって。

どっかで少し時間を潰してから行くといいよ的なことを言われたので、出発。
まだ地図を見ながらではあるけど、迷わず行けるようになった。

ホアンキエム湖に着いたときには18時を過ぎていたが、
テントが道の端に置いてあるだけで、まだ準備できてなかった。

ホアンキエム湖周辺の写真を撮ったり、夕食を探してウロウロしたり。

IMG_3130
IMG_3154
屋台の準備の進み具合からして、19時スタートっぽかったので、夕食が先。
屋台のパンも気になってはいたけど、結局ローカルレストラン。

今度はチキンヌードルなので、一応初。
35000という良心的なお値段で、あっさりと美味しくいただいた。
途中から隣に日本人っぽい夫婦っぽい人が来たけど、日本人と思われてなかったかな。

IMG_3157
IMG_3159
食べ終わったら19時を過ぎていたので、ナイトマーケット!

なんだけど、あんまり楽しいものは売ってなかったな。
種類が少ないのと、あんまりお土産向きじゃないのが多かった。
ローカルマーケットの拡大版というところか。

半分の長さを2周して、成果がないまま、終了。

IMG_3165
あと200000くらい残ってるが、まぁいいだろう。
良くないのは、会社のお土産を買ってないことか。
というか、お土産を何一つ買ってない。

ポストカードがでかすぎたのがいけないんだよ~。
日本であのサイズはハガキ料金じゃなさそうで、やめといちゃった。

空港に何かあるのかなぁ。

ってか、ちゃんとタクシーが来てくれるかどうかが、最大の懸念事項。
来なかったら所持金ないし、慌てるぞ。


とか思ってたけど、予約していた21:30より前に、スーツのおじさんが迎えに来た。
渋滞もなく、すんなり空港に到着。

インスタントのベトナムコーヒーだけ買ったが、会社に持ってくか微妙。
移転前に荷物になっちゃ悪いしね。

周りは日本人だらけ。
さぁ終わり終わり。


 


Posted 2016.01.02, 13:31 by mera and filed in 2015.12: ベトナム
ラスト観光 はコメントを受け付けていません。