2019.10.20

ボルダリング

久しぶりに秋葉原の B-PUMP TOKYO に行った。
まだオープンしてない?と思うくらいに空いていてラッキー。

ホールドは変わってたような気もするけど、あまりに前のことなので記憶が曖昧。
赤5級の課題が少なくなった気がしたな。

2階を少しやったけど、できそうなものがなかったので、3階へ。
一通り赤5級を触ってみて、ときどき青4級も触ってみて、
できそうなものがなかった・・・。

前にもこの課題あったな、って思ったのもあったけど、それもできず。
今日は指の力がないというか、自分の身体が重いというか・・・。
昨日1kg増えたのがまだそのままだからな・・・。

このジムに来ると、体重を落とさなきゃって、毎回思う。

3階は諦めて2階へ移動。
こちらも赤5級ばかり、ちょこちょこといろんな課題をやってみて、
右の壁がホールド大きめのNoborock的な課題だったのでやってみた。

強傾斜のところを除くと赤は3つあって、黒ホールドのやつが3回目くらいで登れた!!
今日はあまりにできてなかったので、かなり嬉しかった。

結局、今日はこの1つしか登れていない。

指と肩を鍛えよう。
体重を落とそう。



2019.10.20, 20:40 / ボルダリング
2019.10.20

中華街

恒例の、研究室の同期&先輩との飲み会。
今回は横浜中華街の 重慶茶樓 というお店。

一人で中華街に行ったって、こういう中華料理店でお食事できないから、
THE中華街って感じの店はなかなか新鮮でよかった。

飲み放題・食べ放題で、注文できるのは90分間、席は2時間半。
食べ物は30種類のメニューから選べたけど、さすがに全部は頼まなかった。
逆に美味しかった エビすり身のクルトン揚げ とかは2回頼んだりしたけどね。

会話は台風のこととか、健康診断のこととか、いつも通り。
私の血圧のことも聞いてもらった。
珍しく、すっごい誰かに話したかった話題なので、聞いててくれてありがとう。

次回は忘年会で鍋かなって話で終わり。
いつも通り、楽しかった。

帰ってから血圧を測ってみたら、なぜか意外にも正常値だった。
寝る前にもう一度測ってみたけど、やっぱり正常値。

明日の朝はどうなってるかな・・・



2019.10.20, 00:03 / 研究室
2019.10.15

ロープワーク

ロープの結び方などを習いに、mont-bell の講習を受けてきた。
公認山岳ガイドが指導する 登山技術実践講習会 登山に役立つロープワーク 秋川

台風の後だから、指定の場所でやるのか不安はあったけど、
遅れがちな電車を乗り継ぎ、武蔵五日市駅に集合時間1分遅れくらいで到着。

以前雪山でお世話になったガイドさんだった。
もともと予定していた河原は、増水で危険だからということで、小さな公園で実施。

8の字結び、ダブルフィッシャーマンズノット、ブーリン結び、末端処理、
クローブヒッチ、ハーフクローブヒッチ、
簡易ハーネスの作り方、ロープ搬送、セルフビレイ、フリクションヒッチ、など。

8の字結び以外は、ちゃんと教わったのが今回初めてで、
ブーリン結びなんかは、一度教わってから他のことをやったら完璧に忘れて焦った。

最後にバタフライノットとかおまけで教えてもらって、頭パンク。
でも11月頭に次のステップの講習を受けるから、ちゃんと復習しておかなきゃ。

帰りの電車では、同じ講習だった方とお話。
登山をやるわけではなくて、スタントの仕事からの興味らしく、おもしろい方だった。

帰ってからは仕事。
今日は平日だからね・・・・。



2019.10.15, 23:46 / ハイキング登山
2019.10.14

ボルダリング

気力がイマイチなので、綱島のディーボルダリング。
駅から近いのに、まだ地図を見ないで行けない。。

相変わらず、小さな子ども(というか赤ちゃん?)が歩き回ってる。
平和だけどちょっと危ないジム。

どうやらホールド替えがあったようで、見覚えのない課題ばかり。

易しい級でウォーミングアップして、赤5級をやってみてできて、できた。
5級が2つくらい一撃できたので、青4級にチャレンジ。

全然できない。
途中までいけるやつはあるんだけど、指の力が足りなかったり、遠かったり。

前の記録も見てみたけど、今回と同じで5級は一撃なのに4級はゼロ。
でも強くなれば登れそうな感じもあるので、また来てもいいかもな。

指の力が必要な課題になると、もうちょっと体重を落としたいなって思う。
もう数キロ、落としてみるかねー。


2019.10.14, 13:59 / ボルダリング
2019.10.09

涸沢 振り返り

今回新しかったのは以下3点だ。
・ 一眼レフを持っていったこと
・ メスティン&固形燃料を使ったこと
・ パノラマコースを使ったこと

一眼レフはカメラバッグに入れて、カメラバッグをザックからぶら下げた。
この方法は、ザックを下ろす時がちょっと面倒だったけど、
歩いているときは負担にならずに良かった。

最初は腰ベルトに固定していなくて、カメラバッグがお腹でバウンドしてしまい、
かなり歩きにくかったが、途中でカメラバッグのベルトループの意味を理解した。
ぶら下げる用の紐がもうちょっと長くてもよかったかもしれない。


メスティン&固形燃料は、家でも何回も練習した。
米120cc を測って袋に入れて持っていき、水150cc をナルゲンボトルで測って入れた。
2時間ほど水に浸けておいた。

風が強かったので前室で、風防も立てて炊飯した。
水が漏れ出てきていたので、ちょっといつもと違うなとは思った。

ちゃんと火も当たっていたし大丈夫かと思ったが、蒸らしたあともベチャベチャだった。
混ぜたらベチャベチャ具合は収まったが、1/3ほどが芯が残っていた。
火が偏っていたのかな。

アルミ箔を敷いた状態で練習してなかったから、そのせいもあるかもしれない。
次の機会ではそれをやめて、ちゃんとスープで洗うようにしようかな。
今回は先にお湯を沸かさなかったのも失敗点。

ちなみに、お湯を沸かすのにも固形燃料1つを使った。
炊飯で1つ、お湯に1つで、夕食と朝食の分となる。


パノラマコースは、テントの受付でも、危険ですけど大丈夫ですか?と脅された。
辛いコースだとはわかっていたけど、どれくらい危険かと言われると不明。

実際歩いてみて、滑りやすいということがいちばん危険だと思った。
手を使わないと登れないような箇所があるけど、そこはさほど大変じゃない。
ただ、そこが土、木の根、落ち葉で滑りやすいのが怖いのだ。

ほとんどがずっと急坂というのは予想外だった。
最初の1時間だけ眺望がよい箇所がたまにある程度で、
残りの3時間は眺望のない急な坂道ということで、ただの苦行だった。

膝を痛めかけたので、後半は意識してゆっくり歩いた。
そのため、コースタイムよりも遅くなってるんじゃないかな。

5:35 上高地バスターミナル 発
7:00 徳沢 (1:25, CT2:00)
7:57 横尾 着 (0:57, CT1:10)
8:08 横尾 発
8:58 本谷橋 着 (0:50, CT1:00)
9:01 本谷橋 発
10:31 涸沢ヒュッテ (1:30, CT2:00)

6:15 涸沢ヒュッテ
7:15 屏風のコル (1:00, CT1:10)
7:41 屏風の頭 着 (0:26, CT0:30)
7:48 屏風の頭 発
8:10 屏風のコル (0:22, CT0:20)
9:40 中畠新道分岐 着 (1:30, CT1:30)
9:49 中畠新道分岐 発
10:41 新村橋 (0:52, CT0:50)
10:55 徳沢 着 (0:14, CT0:20)
11:08 徳沢 発
11:51 明神館 着 (0:43, CT1:00)
12:12 明神館 発
...
その後、小梨の湯に入ってから、上高地散策しておしまい

時間を出してみたら、登りは0.7くらいかな? いつも通りなんだが、
下りはコースタイムより多いかと思ってたけど、そうでもなく。
あのくらいのペースがコースタイムだったら、皆さんは半分くらいなんだな。

そしてやっぱり、コースタイムで歩いていれば、膝は守れる。

よし。


2019.10.09, 09:13 / ハイキング登山
2019.10.06

パノラマコース

朝、2時半に目が覚め、3時半に目が覚め、4時前に起きた。
周囲のテントは朝から登る人はいないようだ。

混む前にトイレに行き、
ついでに夜の写真を撮ろうとしたが上手く撮れず。

着替え終わって、まだ4時半すぎだったので、朝食も済ませた。
やっぱりフルーツグラノーラは正解。

5時頃からテント撤収。
周りの人も起きてきたので、気兼ねなく。
あまり夜露がついてなかったので、そのままたたんだ。

サンライズは5:47ということなので、そこで一旦手を止める。
まだモルゲンロートまでは時間がかかりそうなので、
昨日行った池のほうまで移動した。

うっすらモルゲンロート。
一応見れたことにしておく。

まだもっと変化する可能性はあったが、6時を過ぎたので、
残りはパノラマコースから見ることにして出発。

この時間にトイレは大渋滞になってた。

パノラマコース、出だしは昨日見たので知ってる道。
その先からドキドキ。

滑りそうな土の地面に、手を使わないと登れないような岩。
そんなのがたまに出てくるけど、五竜岳らへんよりは易しいかな。
滑りそう、というのが、一味違う怖さがあるけど。

そんな道を1時間もしないで、
ちょっと見晴らしがよくなったところで、分岐。
屏風のコルなのかな。
看板はないけど。

往復になるので、重い荷物はデポ。
水をナルゲンボトルに少し入れて、あとはカメラと貴重品。

そこからまた急登。
ストックをしまうか悩んだけど、しまう場所ないし、
なかったらないで滑りそうな場所あるし、そのまま行く。

途中、前の人たちが岩を登るか悩んでた。
ショートカットできないかなって。

結局そこは目的地じゃなかったけど、
この時はそう思ってしまい、次の分岐を見逃して、迷いかけた。
下ってる?おかしいな、で、すぐに戻ったけど。

そこからまた登って、屏風の耳だっけ。
看板はないけど。

雲が出ちゃって、槍ヶ岳とかは見えなかった。
残念。

少し休憩してから戻る。
登ってくる人とたくさんすれ違った。

荷物をデポしてた付近まで戻ったら、猿がいた。
道を歩いて、私に向かってきた。
怖かったし、写真撮りたかったけど、刺激しないように動かず。
横を通りすぎてくれた。
ホッとした。

涸沢から来る人はどんどん増えて、行列になっていた。
1時間ほど出遅れてたら、巻き込まれたな。

荷物を回収して、あとはひたすら下り。
本当にキツいのはここからだった。

滑る土の上に、落ち葉と岩。
そんな急坂が、延々と続いていた。

怖いし、実際2,3回滑った。
転びはしなかったけど、変に足をねじって、膝が少し痛かった。

これ以上滑ったら、膝が壊れる、と思って、
スピードをさらに落とした。

たくさんの人に抜かしてもらった。

途中、河原っぽい場所で、朝食第2弾で休憩。
まだその先も長そうだった。

最後のほうは、私と同じくらいゆっくりなおじさんと、二人。
抜かしたかったら抜かしてな!って言われたけど、
本当に同じペースだったので、気を遣わせないよう5mくらい開けた。

そんな状態が1時間くらい続いた気がして、やっと平らな道に出た。

パノラマコース、景色がいいのは最初だけ。
楽しいのも、そこだけ。
景色目的だったら、涸沢から往復したほうがいいかな。

つまり、もう行きたくない(笑)

最後の新村橋を渡ったところで、
そっちのコースどうでした?って話しかけられた。

イヤー、キツかったです、
4分の3は眺望もない急坂です、って答えた。
なるほどねーお疲れさま!って、横尾方面へ歩いてった。

少し歩いて、徳沢。
ここはソフトクリームを食べる拠点。
ちゃんとソフトクリームで休憩。

明神ではランチにカレーライス。
前も同じパターンだったかな。

そして小梨の湯でさっぱりしてから、
上高地でのんびり。

日焼け止めを塗り忘れてて、顔が真っ赤。
なかなかヤバい。

帰りのバスに電源がついててラッキー。


2019.10.05

涸沢で紅葉

早朝、バスが上高地に到着。インフォメーションセンター内で装備を整えてから出発。朝食はバスで食べておいたので、5時半に出発できた。
道幅が広いので渋滞はしてないが、かなりの人数が歩いてる。たくさん抜かして、たくさん抜かされた。
一度明神でカメラバッグの揺れを抑えるためにベルトに通した以外、ほとんど休憩せずに横尾まで到着。まだ8時くらい。
トイレ休憩と朝食の残りを食べて、涸沢へGO。横尾から涸沢まで、ほとんど渋滞してた。最初の渋滞は、クラブツーリズムの大群待ち。そのあとは、けっこうハイペースで歩いてたのに、ずっと渋滞。
後半の坂は疲れたので、時々から抜けて休憩したが、列に戻ったらまた渋滞だった。
途中から紅葉が見えて、テンション上がる。写真休憩したり、歩いたりで、10時半に到着。
テントの受付は12時半からだったので、テントを張って待つ。連泊の人も多そうで、コンパネはもうなくなっていた。
行動食で軽くランチ。あとはジュース買ったり、トイレ行ったり、水くんだり。
テントの受付では、パノラマコースは危険だけど大丈夫か?と脅された。大丈夫なはずだけど、絶対はないからなぁ。
やることやったので、カメラを持って散歩。奥穂高岳に登る入り口まで行って撮ったり、パノラマコースの出だしの見晴らしがいいところで撮ったり。
そこはけっこう人が溜まってて、パノラマコースに行くかどうか迷ってるおじさんとおしゃべり。小屋で買ったという手書きイラストの地図を見せてくれた。
最初の1時間が岩で危険みたい。登ってきた方々も、けっこう疲れてた。行きたいな~。
そのあと、カメラ持った人が溜まってたという池まで一緒に行き、小屋におでんを食べに行くというのでバイバイ。
私はテントに戻って、メスティンで炊飯。家でやったときと違って、かなり吹きこぼれてた。
ちゃんと蒸らしてから開けたけど、べちゃべちゃ。半分はちゃんと炊けてて、もう半分は芯が残ってた。一応食べられるレベルではあったけど、悔しいなぁ。
テント場は大混雑、トイレも小屋と共同だし大混雑。サンセットは見えないし、日が落ちたらやることなく、19時前なのにもう寝ようとしている。
小屋で見た天気予報だと、明日は朝だけ晴れマーク。サンライズを見たらすぐに出発しようかな。4時から着替えて、5時からテント片付けるか。


2019.10.05, 18:31 / ハイキング登山
2019.09.29

鹿島槍ヶ岳・五竜岳とか振り返り

今更だけど、振り返ってなかったことを思い出したので、やる。

まずはタイム。

初日は行動時間が10時間と長かったけど、そこそこのスピードを保てていてイイ。

2日目・3日目は行動時間が短かったのもあり、小屋泊なのもあり、
ゆっくり歩くようにしていたので、コースタイム前後。

ただ、2日目の五竜岳から唐松岳の間は、地図ではざっくり2時間半となっていて、
その中の目印がちゃんと読み取れていなかったので、
歩いていて、ずっと不安だった。

ちゃんと事前に地図や写真を確認しておくべきだったと反省した。

1日目
4:19 柏原新道入口 バス着
4:43 柏原新道入口 発
5:48 ケルン (1:05, CT1:20)
7:39 種池山荘 着 (1:51, CT2:30)
8:04 種池山荘 発
9:04 爺ヶ岳 (1:00, CT1:00)
9:51 冷乗越 (0:47, CT1:00)
10:03 冷池山荘 着 (0:12, CT0:10)
10:23 冷池山荘 発
11:15 布引山 (0:52, CT1:20)
12:06 鹿島槍ヶ岳 着 (0:51, CT0:50)
12:25 鹿島槍ヶ岳 発
14:09 八峰キレット小屋 着 (1:44, CT3:10)

2日目
5:56 八峰キレット小屋 発
7:01 口ノ沢のコル (1:05, CT1:00)
7:28 北尾根の頭 着 (0:27, CT0:30)
7:46 北尾根の頭 発
9:41 五竜岳 着 (1:55, CT2:30)
10:02 五竜岳 発
10:49 五竜山荘 着 (0:47, CT0:40)
11:18 五竜山荘 発
13:33 唐松岳頂上山荘 着 (2:15, CT2:30)

3日目
4:28 唐松岳頂上山荘 発
4:49 唐松岳 着 (0:19, CT0:15)
5:35 唐松岳 発
6:02 唐松岳頂上山荘 着 (0:27, CT0:20)
6:52 唐松岳頂上山荘 発
8:25 八方池 着 (1:33, CT2:00)
9:02 八方池 発
9:39 八方池山荘 着 (0:37, CT1:00)
あとはリフトとゴンドラ

プランとしては、余裕を持っていて、良い。
山小屋にも14時、13時半とだいぶ早めに到着しているし。

その他の反省としては、ズボン。
もう秋だからと、中厚手のものにしたのだが、暑くてしょうがなかった。
今年が特に暑いというのはあるかもしれないけど、
山小屋の中も暑かったので、結果論だけど、薄手で十分だったな。

フリースも使わなかったな。
ダウンは、サンライズを見に早朝に出たときには着たけど、それだけだ。

あと、あまり汗をかく疲れ方じゃなかったせいか、行動食の揚げ煎餅が減らなかった。
ポテトチップスも、特に欲しいとは思わなかった。
かさばるから食べたけど、チップスターみたいにかさばらないやつのほうがいいかもな。

粉末ジュースはガンガン飲んだし、たくさん持ってってよかった。
食べ物のほうは、餡パイ、ドライマンゴーもよかった。

甘いものが欲しいときと、しょっぱいものが欲しいとき、両方ありえるんだな。

山小屋の食事は和食になるので、朝食は持参のほうがテンションが保てていい。
やっぱり和食の朝食はテンションが下がるので・・・。

今回初めて持っていったソーラー発電の充電器は、ほぼ使わなかった。
移動中にザックにぶらさげていなかったので、小屋に到着してから外に出て使ったが、
外は場所がなかったのと、すぐに曇ってしまったのと。。
雲の平のときみたいに長期間だったら、効果があったかもな。

山小屋という点では、シーツは持ってって正解。
暑かったから布団を使わず、それだけでよかったし、その中で着替えたりした。
耳栓は使わなかった。
アイマスクは、小屋では使わなかったが、行きのバスで重宝した。

ヘルメットの下に、ネックゲーターを頭に巻いてたけど、それも正解。
髪の毛が気にならずに、ヘルメットをかぶっていられた。

ま、そんなとこかな。


2019.09.29, 19:35 / ハイキング登山
2019.09.29

ボルダリング

どんよりした天気で遠くまで行く気力が起きず、
藤沢の 1st ウォーリーに行ってきた。
1ヶ月ぶり2回目だ。

先客はいたけどストレッチ中だったので、誰もいない壁で登った。
足フリーの課題で慣らしたあとは、水色4級。

垂壁のほうで1つクリアできて、
105度壁のほうでも1つクリアできた。
どちらも、何回かチャレンジした結果だけど。

ホールドの色がごちゃごちゃ変わるので、登ってる途中でホールド見失いがち。
そこがこのジムの一番難しいところかもしれぬ。

あとは、105度壁のほうで、ゴールだけ遠くて取れない課題が2つくらいあったな。
でも、今日もうホールド替えだそうで、再度のチャレンジはない。

こういうちょっと遠い課題が多いのも、このジムの特徴な気がする。

まぁでも、落ち着いた雰囲気で良いジムです。



2019.09.29, 16:58 / ボルダリング
2019.09.23

ボルダリング

久しぶりに渋谷のNoborockに行った。
湿気が酷くて、電車の中でずーっと汗が滴っていて、申し訳なかった。

10時半くらいに到着したのだが、B1Fのほうは混んでた。
紫4級をいくつかやって、2つクリアできた。
1つ、惜しい緑3級があったけど、米軍っぽい人が私が登ってるのに登り始めちゃって、
ぶつかりそうだったから待ってる間に、力尽きた。

あまりに混んできたので、1時間後くらいで1Fへ移動。
こっちは空いていたのでさっさと移動すりゃよかった。
と思ったら、米軍っぽい軍団も1Fに移動してきちゃったから残念。

こちらも紫4級を中心にやって、2つだけクリアできた。
手前の壁のは、他の人のを見てやり方はわかったんだけど、バランスが難しい。
これが一番惜しかったのかな。

あと、奥の壁の緑3級も、元気なときにいけば、できるかもしれない。

やっぱり、こっちのジムは楽しいな。
ホールドが多すぎなくて、大きいのがいいんだろうな。

次も来ようかなと思うけど、混んでるのはやっぱりイヤだなという思いもあり、難しい。



2019.09.23, 18:47 / ボルダリング