2019.04.21

ボルダリング

今日も渋谷の Noborock。
もうホールド替えなので、今のセットでのチャレンジは今日で最後。

ということで、あんまり粘る気もなく、緑3級を一通り触っておしまい。
できそうなものがなくて、悲しかった。

やっぱり、ジャンプしたり、片手で体を支えたり、ってことができないと、
ちょっとリーチが足りない時に手も足も出なくなる。

来週はもう札幌なので、あっちで2,3回は登りたいな。


2019.04.21, 14:36 / ボルダリング
2019.04.13

ボルダリング

来週にはまたホールド替えだけど、今日もまたNoborock渋谷。

前回いけそうだと思った、正面壁の白ホールドの紫4級は、1回でクリア。
できてしまえば、なんでできなかったんだろうって思うんだけどね。

次は、左壁の手前にある紫ホールドの紫4級。
これもまた、なんでできなかったんだろうって思うくらい、楽にクリア。

ということで、前回いけそうだと思ったやつは、すんなりクリア。
やっぱり持久力がないのも問題だな。

左壁にある緑ホールドの紫4級も、前回疲れてるだけかなという感じがあったのでやってみた。
最後の1手が届かなくて、周りの人にも励まされたりして頑張ったけど、ダメだった。

バランスが悪くて、右手でいけばいいのか、左手でいけばいいのかも迷う。
たぶん、左手で引きつけて、右手をクロス気味に取りに行くんだと思う。
他の人のを見てたら、ただ真上に行っちゃってる人もいたけど、それは腕力を使ってるんだろうな。

あと、右壁の白ホールドの紫4級もやってて、途中までいけたけど、これはたぶんパワー不足。

というわけで、来週がラストチャンスなので、この2つはクリアしたいな。
緑3級は1つもクリアできないままホールド替えになっちゃいそうだな・・・。
平日に1回くらい行きたいけど・・・。

 


2019.04.13, 15:42 / ボルダリング
2019.04.07

ボルダリング

先週は行けなかったので、2週間ぶりとなったボルダリング。
ホールド替えをして2週くらい経った渋谷のNoborock。
もうあと2週間くらいで、またホールド替えということなので、あんまり粘れないな。

2週間休んだからか、右手首の痛みはなくなっていた。
よかった。

アップをしてから、紫4級をいろいろやってみた。

最初に手をつけた左壁の真ん中あたりの1つはクリアできたけど、
そのあとしばらくクリアできず、もやもや。
右壁のいちばん手前の青ホールドは簡単すぎて級が間違ってるんじゃ?と思った。

正面壁の白ホールドは、最後だけなので、もうちょっと元気なときならクリアできそう。
左壁手前の紫ホールドも、最後だけなので、いけるかなー。
そんな感じで、できそうでもあり、手が不安定なのが怖くて踏み出せないのもあり。

結局2つだけど、収穫少なめ。

今回のセットも、ちょっと背が足りないという点では今までどおり。
もう1回くらい今のセットのうちに行っとくか。

 


2019.04.07, 16:38 / ボルダリング
2019.04.06

大島・三原山

夜、落ち着いた頃に、隣の隣の寝床の方に話しかけられた。
荷物の感じから観光客ではなさそうだったが、新島に住んでる方らしい。
東京に用事があって行くと、ついつい買いすぎてしまうらしい。

そして、島の人にお土産を買って帰るのに、一番人気なのはマクドナルドとケンタッキーというのに驚いた。
人気ってのはわかるけど、それを長時間かけて大量に持って帰ってることに驚いたのだ。
きっと賞味期限はギリギリか切れるかくらいだろうけど、一瞬で無くなるって。

そして聞いた感じ、いつも一等室はけっこう空いてることが多いようだ。

23時前くらいに、あまりに眠くなったので就寝。
起きたのは5時過ぎだったので、けっこう普通に熟睡した。

大島に降りて、バスの一日券を引き換えて、大島温泉ホテルまでバスに乗車。
満席になってギュウギュウになってた。

ホテルについて、温泉&朝食の券を引き換えて、朝食バイキング。
パンもあってよかった。
一人客があまりいないようで、なんか居心地は悪かった。

朝の温泉は要らないけど、バスの時刻まで1時間半くらい時間があった。
周辺で何か見るものないかなーと外を散策。

看板があり、裏砂漠線 3.2km 65分 と書いてあるのが気になった。
裏砂漠は迷いやすいから入念に調べてから行くこと、っていうネット情報を見た直後だったので、
様子を見て、行けそうだったら行く、ダメそうだったら戻ってくる、ということにして散策開始。

まず、つつじ園。
花は全然なかったけど、道が続いてたので先へ進んでみた。

黒い小石の上に、木、草がある道だった。

分岐があって、なんとなく右側に行ってみた。
鎧端樹海トレースという道らしく、迷いやすいのでキケンという看板が出てた。

このときはまだ、それが裏砂漠へと続く道なのかと思っていたので、進んでみた。
道は一応あるのだが、蜘蛛の巣が張っていて、途中から木の棒を振り回しながら進んだ。

15分ほど進んだくらいのところで分岐が現れた。
左に行ってみたら道が途切れていて、右に行ってみたら目印の赤い四角が倒れていて、途切れていた。
これ以上行くと迷うだろうなと思ったので、そこで引き返した。

裏砂漠は無理かなーと引き返していたら、最初に分岐があったことを思い出した。
反対側に行ってみたら、看板があって、裏砂漠ってちゃんと書いてあった。

溶岩流の跡が見える場所が40分って書いてあったので、引き返すならそこまでは行こうと思い、急いで歩いた。

けっこう道はちゃんとしていて、迷いそうになかった。
MAPS.ME で道を確認して、曲がるところでちゃんと曲がった。

ここをもうちょっと先に進んでいれば、もっと砂漠っぽい裏砂漠が見れたってことは後から知った。
もし次に行くことがあったら、そうしよう。

三原山までそのまま行けそうだったので、行った。
火口一周ルートというほうに行けばいいのだ。

岩がたくさんあって、好きな感じの道で、楽しかった。

上まで行って、火口の縁から蒸気が出ていて、ちょっとテンション上がった。
団体が来る前に、いろいろ見ておこうと思って神社のほうから回った。

全然前知識なく行ってしまったけど、1986年に噴火があって、そのときに燃えなかった神社らしい。
7歳の頃かー、なんとなく噴火があったのは覚えてるけど、それが三原山だったこととか覚えてないや。

次に火口展望ルートで先端まで行ってみたけど、あんまり奥まで見えなくて消化不良。
そして、火口を一周してみたら、よく見えるところがあって、底まで見えた。
今は全然溶岩とか見えないんだなー。
だからこそ、ここまで近くに行けるってことで、当たり前か。

裏砂漠から登ってきたから、降りるのは表砂漠にしようって決めた。

地図にちょっと不安はあったけど、まだ時間はたっぷりあったので、ダメだったら引き返そうと思って進んでみた。
最初の下り坂は急で砂が滑るので怖かったけど、そこを降りてしまえば、あとは平ら。

全然看板がないことが不安ではあったけど、無事に山頂口までたどり着けた。

まだ11時前だったので、ランチには早いなーと思って、展望スペースに行ってのんびり。
けっこう風は強いけど、晴れてて気持ちよかった。

11時を過ぎて、混んでくる前に・・・と思って、昼食の店に行った。
引換券を出したら、メニューは決まってるようで、席に案内された。

天ぷら蕎麦定食だったようで、蕎麦・天ぷら・タチウオ・ごはん・味噌汁、と盛りだくさん。
かなり満腹になった。

まだバスまで時間があったので、代わりに別ルートで行けないかと探してみたけど、
大島公園のほうに行くバスはそれしかなかったので、時間を潰すことにした。

体がダルくなってたので、アイスを食べてみた。
大島牛乳アイス、味は濃いのに後味さっぱりで美味しかった。

だらだら過ごしたり、また展望スペースに行ったりして、ようやくバスの時間になった。
こうしてみると、最初の裏砂漠を焦り過ぎたな。
まぁ、何もわかってなかったし、仕方ない。

バスで大島公園に行き、椿園と動物園で時間をつぶしつつ、接続のバスを待つ。
椿園は時期がちょっと遅かったのか、けっこう椿は落ちてしまっていた。
動物園はわりと種類も多くて、楽しかった。

けっこう疲れてきていた。

最後、バスに乗って岡田港へ。
フェリーの出発までは1時間近くあったので、お土産を見たり。

バスから、プリンを食べてる人が見えて、いいなーって思ったので、その店に行った。
苺ムースが美味しそうだったので、それを食べて一休み。

あとは待合の建物が3Fまであったので、うろうろして、それでも時間があったので桟橋まで歩いてみたり。

ようやく乗船時刻になって、乗り込む。

高速ジェットフォイル船という、特殊な船だということを知った。
水を勢いよく噴出することで船を浮かせて高速で進むらしい。
めっちゃカッコいいじゃん!!
ヨットレースで浮いてるのと同じ原理なのかな?

隣に人がいたので、あんまり動けず、おやつを食べて寝て、東京に到着。

あー、楽しかった。

次はもうちょっと別のところを探検したいなって思う場所だった。
日本っぽくなかったり、東京っぽくなかったり、非日常感がいい感じだったので、
もっと週末島旅をしてみようかな。


2019.04.06, 23:32 / ハイキング登山
2019.03.29

サファリメンバー再会

6年前(らしい)にケニア・タンザニアに行ったときのメンバーと、四谷のキッチンタツヤ ストーリエ

このメンバーで集まるのは、かなり久しぶり。
前にどこで会ったかとか全然覚えてなくて、自分の記憶力のなさがイヤになる。

やりたいことやったほうがいいよねって人々なので、心地いい。

キャンピングカーを自分でカスタマイズしてる人とか、
一回仕事やめて気が向くままいろんな好きなことやって仕事に復帰した人とか、
自分の技術や能力があるからこそ遊べる、というスタイルも、このメンバーっぽいところか。

ケニアの空港が燃えて空路がめちゃくちゃな状態で集まったメンバー。
ツアーの途中途中で合流する人が増えていく旅だった。

あのときは自分が運良く予定通りのフライトで到着しちゃったので、
辺境の空港の乗り継いで合流してきた人や、連絡とって合流地点の手配をした人とか、尊敬。

次は、北海道か、上高地か、名古屋か、どこだろう。
べったり仲良くって感じのメンバーではないけど、なんだか刺激を受けるので、また遊びたい。

 


2019.03.29, 00:31 / 地球探検隊
2019.03.25

量子コンピュータ

丸山先生の量子コンピュータの講義があったので、行ってみた。

『量子コンピュータをやさしく理解する三つの方法』

少しでも理解できるかなと期待もありつつ、きっと難しいんだろうなという諦めもありつつ。
ほんの少しだけ、雰囲気だけ、わかったような気がするかもなってところで終わった。

ハーフミラーの反射は、たぶんわかった。
でも量子テレポーテーションは、いまいちわからなかった。

で、量子コンピュータについては、全然。
というか、それ以前の話だったんだな、きっと。

難しい世界だ。


2019.03.25, 22:34 / 勉強会
2019.03.24

鋸山

予定通り、鋸山に行ってきた。
行きは電車で、帰りはフェリーを使う。

行きは2時間半以上あり、座れたから本でも読もうとタブレットを持って行ってたけど、
下を向いていると鼻が垂れてくるということに気づき、諦めて寝た。

最後の内房線で、ドア付近で立ってた人が寝そうだなというのは気づいていたが、
私がしばらくして起きてみたら、床に寝ていてビックリした。
また寝て起きたら足元に顔があったので、動いてる=寝てるだけで無事というのが確認できたのと、
場所がイヤだったので、横が空いたときに席をズラさせてもらった。。

浜金谷駅に到着し、駅に置いてあった地図をもらって、ハイキングコースのほうへ。
ちょっと間違えそうなポイントはあったけど、看板はたくさんあったので安心。

歩き始めてすぐのところで、20人くらいの団体さんがいたので、抜かさせてもらった。

ひたすら登りなので、汗をかく。

途中で展望台があったので、そこで東京湾越しの富士山を見ることができ、テンション上がる。
石切場がいくつかあったけど、あとでまた通るだろうと思ってスルー。

登りが50分って地図に書いてあったので、まだ着かないのか? って不安。
早く着かないかなーって思ってたら、50分で鋸山の頂上に着いた。

え?頂上?って、今度はそれにビックリした。

どうやら地図にあるいろいろを見逃しているような気がした。
有名な地獄のぞきとか、通り過ぎちゃってたの?どこに分岐があった?ってプチパニック。

同じタイミングで頂上にいた方々のあとをつけて下山。
途中にあった看板でしばし地図と見比べて、ようやく事情がつかめた。

スルーしてきた石切場が、実は分岐点でもあった。
その分岐を行ったら、観光ポイントがたくさんでてきた。

石切場も、今まで見かけたのとは違って、形が複雑だったり、巨大だったりしてカッコイイ。
ようやく一眼レフを首からぶら下げてる甲斐が出てきたってもんだ。

大きな石切場でランチにあんぱんを食べて、さて地獄のぞきのあるお寺のほうに行こうと思ってたら、
ここに地獄のぞきあります?っておばさま方に聞かれた。

なかったと思う・・・・と答えたものの、不安。
もう自分の分岐点を見る能力は全く信じていなかった。

不安になったけど、また別の人に聞いてみると言って去ってったので、私は私で思った道を行ってみる。

看板があるたびにちゃんと立ち止まって、分岐点を発見。
上に行く階段がある道があったので、ちょっと自信を持って、そちらへ突き進む。

上まで行ったら、お寺の拝観料を払うところが出てきた。
地獄のぞきを見るには、ここに入らないといけないんだよな?と看板などを確認していたら、
窓口のおじさんがかなり丁寧に説明してくれた。

不安な私にはありがたかった。

地獄のぞきはあそこで少し並ぶ、大仏がここにあって、フェリーに乗るなら保田駅に降りて電車で移動するといい、って。
この後は、ほとんどこの通りに過ごした。

地獄のぞきは、けっこう並んでるなと思ったけど、わりと進みは早くて、15分くらいだった。
真下は見えないし、並んだ成果はただの満足感だけだけど、行かなかったら後悔しただろうから、よし。

下山の道は大仏なのか地蔵さんなのか、たくさん石仏がいる道。
ちょっと異国感があった。

大仏も見て、エリアを抜けたけど、保田駅まで2km近くあった。
足が痛くなってきていたけど、天気もいいし、のどかな景色で菜の花がキレイなので、頑張って歩いた。

保田駅の周辺でランチという計画をしていたけど、電車まで30分ほどなわりに、近くに飲食店がなくて諦めた。
駅のホームでジュースだけ飲んだ。

浜金谷駅まで1駅だけ移動して、次はフェリー。
フェリー乗り場の近くは賑わっていたけど、どの店も行列ができていた。

まず切符を買って、次のフェリーが15:20であることを確認して、いざランチ。
50分ほどあったから、普通に食べられるはず。

行列ができていない小さな店に狙いを定め、入ってみたけど、スタッフさんが相手してくれない。
そして、他の人の注文の様子から、刺身がなくなってることがわかったので、やめた。

他に入れる店ないかなーって探しつつ、お土産を見つつ。
そしたらフェリー乗り場の裏側にレストランがあることに気づき、中を見ても座れそうだったので入った。

無事に海鮮丼を食べることができた!!
高かったけど、満足。
エビの刺身が美味しかったな。

食べ終わって外に出たら、フェリーの乗船が始まっていたので、ちょうどよかった。
窓側の席で日光に当たりながら、外を眺めて、名残惜しかった。

海、意外にキレイなんだな。
東京湾なのに。

お菓子を食べて、寝て、到着した。
フェリーから京急バスと京急品川までの切符を買っていたので、その通りに移動。

フェリーを入れた方が、電車より若干早かった気がする。

鋸山、意外によかった。
あっちのほうも、遊びに行けるんだな、って気づいたところで、カヤックを思い出した。
それもいいかもな。

 


2019.03.24, 22:47 / ハイキング登山
2019.03.21

ボルダリング

祝日。
特にやることもなかったので、渋谷のNoborock。

今週末にホールド替えだから、心残りのないように、と思ったけど、
今日は思いのほか右手首が痛くて、あんまり登れなかった。
ホールドが真っ黒でツルツルってのもあったけど。

いろんなところをちょこちょことやってみたけど、結局できたのはスラブの紫4級が1つだけ。
まー、1つできただけ良しとしよう。

秋葉原PUMPで見かけた気がする小学校低学年くらいの少年がいて、紫4級をやっていたのだが、
私が登れるものはスイスイ登れて、私が登れないものは登れていなかった。

彼は私より強いという記憶だったので、やっぱりリーチが問題なものは同じなんだなって。
いや、私はもうちょっとリーチあるはずなので頑張らないとな・・・

早く手首を治さないとなぁ。。。
休むと登れなくなるし、悩ましい。


2019.03.21, 16:27 / ボルダリング
2019.03.21

人間らしさ

人間らしさ〜人類の足跡 グレートジャーニー〜

Next Wisdom Foundation のイベントで、探検家・人類学者・医師の関野吉晴さんの講演を聞いてきた。

あれ?何の話だったっけ?? って何回もなってしまうくらい、
話があっちこっち行くけど、本人は話が外れているというのはわかってるらしく、時々戻る。

人間が最初はどうして世界に広がっていったのか、という話から始まり、
文明と接していない人の考え方とか、
かつて交流のなかったアフリカ大陸と南米大陸で同じようにピラミッドがあったり農耕が育ったりって話とか、
なんかいろいろ話していた気がするけど、思い出すのは難しい。

人間が他の動物と違う点は、
餌をシェアしてお互いに恩を売って将来の安全を確保する点だったり、
他人と自分を比べて嫉妬したり、勝ちたいと思ったりする点だったり、
生きること以外の無駄なことに圧倒的に多くの時間を使ってる点だったりするそうだ。

細切れな話がたくさん出てきたけど、私の感情としては、旅したい、に尽きる。


2019.03.21, 00:41 / イベント
2019.03.16

カラオケ

今回もボルダリング後にカラオケ。
前回あまりにも点数が低すぎたので、やり直しの気持ち。

前回より良い点がほとんどだったけど、以前やってた頃のような点数にならず、
85点くらいの良い点が取れてたはずの曲でも、平均点を少し超えるくらい。

うーむ。

でも、今日は85点が1つ、86点が1つ出たので、良しとしよう。
目指せ90点を掲げて数年たつが、いつになったら達成できるやら。

総じて、リズムはよいが音程がダメ、という評価。
音程を直すのって、難しいよなぁ。。

 


2019.03.16, 17:22 / カラオケ