2019.02.20

MIURA ACONCAGUA 2019 TALK SHOW

MIURA ACONCAGUA 2019 TALK SHOWに当選したので行ってきた。

86歳の三浦雄一郎がアコンカグアに登り、そこからスキー滑降するという挑戦。
その夢を支えた次男の三浦豪太とチームの仲間たち。
結局ドクターストップで三浦雄一郎は断念したけど、まだアコンカグアに登ったことのない豪太氏と何人かは登頂。
その報告会。

この挑戦に関しては、ドクターストップで下山ということになっていなかったら、そんなに興味を持たなかったかもしれない。

ヘリを使って酸素ボンベを多用して、なるべく体力温存をしながら登っていったのに、
予想を超えた強風で停滞が続き、その間に体力が奪われ、ドクターストップに至った。

予想はつくけど、三浦雄一郎はまだまだいけると思っていて、
それを息子の豪太氏が説得し、諦めてもらったという形。

まだ今日も、あのドクターストップは勇み足だった、とか言ってたけど(笑)

豪太氏も言ってたけど、高齢者の登山は、気持ちに体がついていってないことで起きる事故が一番多いということで、
ちゃんと諦めたというのは、大きな決断だし、世の中に与える影響も良いと思う。

そして二人ともが言っていたが、父子だけで行くのではなく、
ちゃんと信頼できる仲間たちでパーティーを組んで、
普段から診てもらっている信頼できる大城ドクターに同行してもらってのだから、
そこでドクターの言うことに逆らって登るのも、同行してもらった意味がない。

客観的視点を保つためにチームを組んだというわけだ。

なんかそういう学んだ点というのが、興味深い点でもあったし、ドラマでもあるのだ。
ただただお金をかけて精鋭部隊についてもらって登頂したっていうのでは、
いくら86歳の挑戦だからといっておもしろくない。

おもしろい、おもしろくない、で語るものでもないと思うけど、
やっぱり挑戦して、諦めざるを得なかったけど、諦めきれずに次の挑戦を思い描く、
ここまでをセットにして、ストーリーが完成している。

思ったより、私自身も得るものが多いトークショーだった。

 


2019.02.20, 00:19 / イベント
2019.02.18

Treasure Data PLAZMA 2019

Treasure Data PLAZMA 2019 に行ってきた。
誰を対象にしたものかよくわからなかったけど、今はあんまり使ってなかったから、キャッチアップ兼ねて。

looker という BI ツールのことが新しそうだったので、そのセッションはちゃんと聞いてきた。
ランチまでいただいてしまって、なんだか申し訳ない。

誰対象だったんだろうな。
マーケかな。


2019.02.18, 21:24 / 勉強会
2019.02.17

上越国際スキー場

今年は恒例のスキースノボツアーのお誘いが来なくて、
誘われていないだけじゃなくて、企画もされていなかったらしいことを先日聞いたけど、
1回も滑らないで冬が終わってしまうと、その後もうずっと滑れなくなる気がして、一人スキーを決行。

JRのパックで、新幹線往復、リフト券が込みで12000円くらいだったのでそれにした。
ついでに、レンタル500円引き、温泉100円引き。
リフト券が4000円で、さらに新幹線も指定席だから、だいぶ得なはず。

新幹線の時点で、スノボなグループがたくさん。
一人でスキー行くけど! 寂しいやつと思うなよ! と思いながら寝てた。

越後湯沢駅から在来線に乗り換えて、上越国際スキー場駅。
降りたら改札もなく、そして目の前にスキー場の施設。

ロッカーに空きがあるか?とかかなり不安だったけど、結果全てオッケー。
更衣室のロッカーは数が少なくて埋まってたので着替えだけして、
荷物を全部持って、レンタルの受付を済ませ、スキー靴に履き替えて、
靴も含めて全部持って、コインロッカーだけのプレハブ小屋が外にあるのでそこで300円で預けた。

リフト券の場所がわからなくて聞いちゃったけど、引き換えだけなので済ませて、
ホルダーを買うかどうか迷ったけど買わなくて、
券を見せろと言われることはなかったけど、心配になるなら買えばよかった。

ひとつリフトで登ると、一番大きなレストハウス。
というか、ホテルもここなのか。
もしや泊まったことあるところかもな。

そこからさらに1つ登って滑ってから、クワッドリフトでパノラマゲレンデまで一気に行った。
どんよりした天気で、大粒の雪が降っていたけど、
何回かパノラマゲレンデを滑ってたら、突然青空になった。

ランチも混んでて無理そうだったので下に戻って食べようかとか思ってたけど、
せっかくの青空だったから、もう何回か滑っといた。

少し降りたところの中途半端な位置にあるレストランが意外に空いてたので、
そこで富士宮やきそばを食べた。
6人がけの席なんか使っちゃったりして、なんか気まずい。
スマホを見て、誰かと連絡とってる風を装う。

あとはクワッドリフトを含めた長距離を何回か滑り、
林間コースも滑っておくかと思ったけど、学校のスキースクールが大量にいて危なかったのでやめた。

14時すぎに疲れたので終わり。

コインロッカーから荷物を撤収して、レンタルを返して、着替えて、駅。
切符をホームで買っておいたけど、付いてた切符は越後湯沢駅だけ途中下車がOKなやつだった。
無駄なことをしてしまった。

越後湯沢駅で降りて、温泉。
髪の毛がニット帽でぐちゃってなってたから、温泉ありがたい。

小さい温泉で景色もなんもないけど、ドライヤーがあっただけよかった。
16時ごろにもう温泉まで済ませてしまった。

新幹線は18時なので、ちょっと早めにホームに行くとしても1時間半ヒマ。
早めの夕食をしようと思ったけど、めぼしいものがなく。

唎酒なんかしちゃおうかなーと思ったけど、空腹だとつらそうなので、先にちょっと食べる。
気になった麹ソフトクリームを食べ、屋台風のお店で牛串を食べ、そして唎酒。
何を飲んだらいいのかわからず、適当に目についたやつを3種類。
その後、五平餅も食べて、夕食終わり。

お土産はレジに長蛇の列だし、レストランも長蛇の列だし、
結局屋台くらいしか食べるところなかったな。

笹団子くらい外で買っておけばよかった。

いやー、長い1日だった。

でも、やっぱりスキーは複数人で行きたい。。。

 


2019.02.17, 22:35 / お出かけ
2019.02.16

ボルダリング

今日も渋谷のNoborock。
バレンタインデー企画をやってるせいか、いつもより混んでた。

すぐ消える課題より、今までやってたやつを優先。

正面壁の左端にあるピンクホールドの紫4級、元気なうちにやったら1回でいけた。
やっぱりパワー勝負だったな。

左壁の奥にある白ホールドの紫4級、前回は顔ホールドが持てずに終わったが、
これも今日はそのホールドでちゃんと止まることができ、
壁を蹴ることもしたけど、2回でクリアできた。

あとできそうな4級課題が思い浮かばず、緑3級をちょこちょこ触ったりしたけど、
まだちゃんとできそうな課題はないなぁ。

少し粘ってやってみたのは、左壁の手前の方にある四角テープの緑3級。
途中からムーブがわからなかったけど、帰ってからInstagramを見て理解した。
今度やってみよう。

あとは右壁の紫ホールドだったかな、両手を広げてスタートする緑3級。
前に詰まっていたところは1回だけ通過できたけど、その先のホールドを把握してなくてダメ。
これは元気な時にやってみよう。

ということで、もう少しでホールドが変わるけど、今日も4級を2つクリアできたのでよし。


2019.02.16, 13:19 / ボルダリング
2019.02.16

沖縄Night’19

I社関連の方々と、自由が丘の沖縄料理屋さんで飲み会。
毎年やってるものらしいが、私は今年初参加。

もう辞めて10年以上経つのに、お誘いいただけて、しかも覚えていてくださったのが嬉しい。
18人いて、初めましての方も2人いらっしゃった。

今何やってる的な話もあったけど、山の話も少ししたり、
マネージャの苦労についてたくさん聞いたり、
久しぶりの同期くんとも会えたし、
とても懐かしくて、
楽しかった。

最初はビールだったけど、そのあとずっと泡盛をロックで飲んでたので、
そして、30度から始まり、40度、60度と上がっていったので、
最終的にはなかなか酔った。

楽しかった。

次の会も、また参加できたらいいなと思う。

 


2019.02.16, 01:05 / I社
2019.02.11

ボルダリング

今日も渋谷のNoborock。
間に1日空けたけど、筋肉痛がけっこうキテることに、登り始めてから気づく。。。

軽くアップしてから、左壁の青ホールドの紫4級。
おととい、どうにも手が届かなかったやつ。

元気なうちにやればリーチが少し伸びるかも?と期待したけど、届かなかった。
足をホールドのてっぺんにしたし、少し勢いをつけていったけど、5cmほど届かない。
他の方のを見ていても、背が低めの人はどう頑張ってもいけない感じ。
私の身長がギリギリのような気がするけど、無理かなぁ。。

次は、正面壁の右端にある紫ホールドの紫4級。
これは今日は1回でいけた。
いけてしまうと、今まではなんで出来なかったんだっけ?と思ってしまう。

だんだん混んできて、どこに手を出そうか迷う。

左壁の奥の白ホールドの紫4級は、顔ホールドを持てなくてダメ。

正面壁の左端の柱の奥、ピンクホールドの紫4級は、
一昨日と同じところでダメだったけど、元気なときまたやってみたい。

左壁手前の半月型の紫4級は、途中のムーブがわからなくて、できてない。
他の人がやるのも見てみたいし、そしたらまたやりたい。

あとは緑3級もちょこちょこ触ってたけど、まだできそうなものはないかな。
でも、ちゃんとチャレンジ出来てる感じはあるので、元気なときにもやってみたい。

ということで、今日は1つクリアできたので、よし。

 


2019.02.11, 16:48 / ボルダリング
2019.02.10

梅まつり@根岸森林公園

山に行くか?とか思っていたけど、どうせベチャベチャだろうなと思うと気が進まず、
鎌倉とかハイキングに行くか?と思ったりもしたけど気力がなく、
朝に布団の中でゴロゴロしながら、梅か、と決めた。

関東の梅を調べたら、昨日今日だけ梅まつりをやっているところがあったので、そこにした。

横浜の根岸森林公園というところ。
時間も11〜14時と短かったので、そこを狙っていけばいいので、迷いも少ない。

で、行ってみた。

公園までは電車を降りてからちょっと歩く。
でも、今日は天気も良いので、散歩も気持ちいい。

公園に着いても、特に梅が目的という感じの人はいない。
普通にファミリーが芝生で遊んでる感じの、ちょっと広い公園。

そして梅まつりの会場は、こじんまりとしていたけど、イベントをやっていて、雰囲気があった。
肝心の梅は、そんなに咲いていなかった。

青空というより、白い感じだったので、写真がイマイチだったけど、写真を撮っておしまい。

帰りは横浜中華街まで歩いて、そこで何かランチになるものを食べ歩きしようと思ったけど、
あまりに混んでて、歩くだけで疲れたので、そのまま通り抜けて、帰ってきた。

梅と、河津桜と、雪と、今の季節は春と冬がせめぎあっていて、
何をしたらスッキリするのかわからず、心が忙しい。

 


2019.02.10, 21:13 / お出かけ
2019.02.09

ボルダリング

10日ぶりくらいでボルダリング。
今日は渋谷のNoborock.
常連さんばかりで、そんなに混んでなくて、よかった。

どの課題を前にやったかイマイチ覚えてなかったので、覚えてたやつからスタート。
左壁の真ん中らへんにあるピンクホールドの紫4級。

前に出来たところまでたどり着くのに数回使ってしまい、
その後で、1つホールドを見逃していることに気づき、そのあと1回でクリア。
よかったー。

その隣にある青ホールドの紫4級にも続いて挑戦して、こっちは1回でクリア。
幸先いいぞ。

ってとこで、どの課題ができそうだったか、もう思い出せるものがなかった。
正面壁の右端にある紫ホールドの紫4級もやってみたけど、
以前にできたところまでたどり着くのすら難しく感じた。

あとは、緑3級を交えつつ、いろんな課題をちょこちょこやってみた。

スラブのオレンジホールドの紫4級が惜しいところまでいったけど、ゴールに手が届かず終了。
左壁の青ホールドの紫4級も、途中でどうにも届かないところがあって、その先にいけず。
今回の課題はちょこちょこ、リーチのせいでクリアできないやつがいるな。

今度来たらやろうって思える課題はないけど、今度来たら3,4級を両方ちょこちょこやろう。
今月末にまたホールド替えだから、それに飽きた頃には変わってくれるだろう。

ちょっと間が空いたわりに、2つ4級をクリアできたので満足。

 


2019.02.09, 12:55 / ボルダリング
2019.02.06

DeNA TechCon 2019

DeNA TechCon 2019
https://techcon.dena.com/2019/


久々に平日の勉強会、というか、イベントに行ってきた。
久々の雨の日だったので、ちょっと気分ダウン。

ゲームの話は興味ないので飛ばして、インフラ、機械学習、テストらへんを聴講。
と思ったら、同じようなことを考えてる人が多いのか、立ち見が出るほどの大混雑。

大部屋が1つと、小部屋が3つという構成だったのだが、小部屋は人が溢れてた。
なんか、プログラムの部屋割りのミスか、キャパ以上に申込者を受け入れたか、どっちなんだろ。

DeNA、すごい大企業感が出てた。
なんというか、大規模なシステムと、会議とか肩書きとか、そういうところに滲み出てた。
まだベンチャー感なんてあるのかな。

発表者もすごい気合い入ってしゃべってて、ちょっと(大根)役者っぽかったし。
なんか不思議な場だったな。

でも、大規模なシステムの話とか、大規模な組織の話とか、
今がそういう環境じゃなくなったからこそ、聞いておきたい部分でもある。

混みすぎてて途中で帰ったけど、行ってよかったかな。

 


2019.02.06, 21:35 / 勉強会
2019.02.03

赤岳

モンベルのツアー、イエティのガイドさんで、公認山岳ガイドが指導する雪山登山技術実践講習会 アイゼンワークと八ヶ岳・赤岳登頂2daysに行ってきた。

行く前は全然実感はなかったけど、さすがに特急あずさに乗ったら気分が上がってくる。
茅野駅から美濃戸口行きのバスに乗るのも覚えていて、ちゃんとバックパックで順番を確保してから往復チケットを購入。

ガイドさんの名前は事前にもらっていたけど、今まで当たってない人。
同姓の別のガイドさんは去年食堂で一緒だったけど、その人ではなかった。

メンバーは3人で、女性、男性一人ずつで、私含めて3人とも一人参加。
女性がいてよかったってのと、話しやすい方でよかった。

赤岳山荘までは車で移動。

今回は赤岳鉱泉でイベントをやっているので、行者小屋泊。
でも、赤岳鉱泉にガイドの荷物を預けているので、赤岳鉱泉を経由して行者小屋へ向かう。

最初の林間コースが、ダラダラと続くのが苦手。
行きは準備運動のつもりで歩けるけど、帰りは辛かったな。

後ろを歩いてたメンバーの男性が超接近で歩いてて、ストックを何回を踏まれてイライラ。
このままじゃムカついてしまうと思い、歩く順番を代わってもらった。
別に私だから超接近してたわけではなく、ガイドさんにも超接近していた。

なだらかな道だったけど、やっぱり汗をかいて赤岳鉱泉に到着。
ガイドさんが荷物の準備をしている間に、トイレ行ったり、ランチのパンを食べたり。

そこから少し歩いて、行者小屋。
以前はここは通過地点だったけど、テントがたくさんあって賑わってる感じがあり、気になっていた。
今回はここに宿泊だ。

4人で個室。
荷物を置かせてもらって、週末だけ営業してるせいか布団が湿ってたので広げておく。

明日の装備を全部つけて、雪上訓練というスケジュールになっている。
ひとまず全部つけて外に出たけど、雪が柔らかすぎて、全然練習できそうな場所がなかった。

じゃー、ということで、中山展望台というところまで戻って、そこで景色をみながら、周りで練習できる場所を探す。
でもそこも雪が柔らかすぎて、練習できるところはなかった。
結局ロープの説明と、ついでに今回は使わないけど結び方を教えてもらった。

夕焼けまで待つのも長かったので、小屋に戻った。
片付けをしたり、小屋の探検をしたりして、18時前に夕食。
わりとおとなしく食べて終わったので、女性メンバーとおしゃべりして楽しかった。
今回はイエティのガイドさんが集合って感じじゃなかったので、静かだったな。

その後も特にやることがないので、寝る準備。
歯磨きをしに外に出たとき、星が予想以上に綺麗でびっくりした。
19時でもあんなにたくさん見えるとは・・・。

やることないのでゴロゴロしてたら、しばらくして消灯になり、10時間睡眠。

翌朝、朝食が6時半と聞いていたけど、足音とかうるさいので5時半に諦めて起きた。
準備をしてたら6時過ぎにもう朝食の準備ができたということで、いただく。
7時ごろに出発ということで、食べ終わってからすぐ準備。

とはいえ、朝食を小屋で食べてから出発するのは初のパターン。
やっぱり今回はまったり系なんだな。

早めに準備が終わったので外に出てたら、ガイドさんも出てて、
キレイに朝日が指している方向を、あっちが槍穂方面って教えてくれた。ラッキー。

7時過ぎに全員そろって、赤岳に向けて出発。
文三郎尾根へ行く道の最初の方は、テント場の人がトイレにしてた場所がたくさんあって汚かった。

しばらくは森の中の道をジグザグ。
昨日言われた順番で歩くかと思ってたのに、後ろの二人は逆になってた。
そして私の後ろが例の男性になってて、踏まれないように慎重にならざるを得ない。

森のコースが終わると、ストックをしまってピッケルを出し、ロープをつけて歩く。
そのままの順番でロープをつけられてしまったので、ヤバイなと思った。

歩き始めてすぐ、私のかかとにロープがひっかかる。
今だと思い、ロープがたるまないように距離を開けて歩くように伝えた。
ってか、ロープがたるんでたら意味ないってことを、ガイドさんも教えなきゃダメじゃん。

それからはしっかり距離を開けてくれたので、几帳面な人なんだろうなってことはわかった。

斜面は急なところもあるが、手を使って登るような箇所は少ない。
徐々に雪のない岩が出てきたり、はしごがあったり、歩きにくい箇所もある。

遮る物がなくなると、風が強くて、風に飛ばされてきた雪や氷の粒が痛かった。
そんな状態がしばらく続き、頂上に到着。

強風だったけど、景色は最高だった。
青空で、いろんな山が見えて、・・・でも雪は少ないように見えたな。

写真を撮って満足したら、下山。
なんだけど、来た道を戻るのではなく、地蔵尾根のほう。

再度ロープをつけるとき、私が先頭ということになった。
どういう人を先頭に指名してるのかわからないけど、(昨日の話だと滑落しやすい人という話もしていたし)
去年も先頭だったし、少しでも歩きやすい足の位置で進むことを心がける。

途中で何回か、道が不安になって、後ろにこっち??って聞いたりしてた。
そんな感じで道に不安はあったけど、楽しく先頭を歩けた。

森の中に入ったところでロープを外し、また歩く。
すぐに行者小屋に戻った。

あー、終わった。

歩く時間的には、本当はここからのほうが長いんだけど、メインイベントは終了だ。
予定の1本前のバスに乗れるということで、ちょっと早め行動。
預けていた荷物を引き取り、森を歩くだけの装備に変える。

小屋をもう閉めてしまっていて、預けていた荷物は外に置かれていた。
ってか、撤収はや。

南沢という、行者小屋から直接赤岳小屋に戻るルートで戻ることになった。
今まで通ったことのない道のはず。

道の感じは、北沢ルートとあまり変わらない。
ただただ森の中の道を歩くだけなのだが、アイゼンをしまっているので、滑る。
小さい斜面があるだけで、けっこう怖い。

いや、つければよかったんだけどね。

そんな状態で2時間も歩くので、かなり気持ちが疲れた。
ようやく見覚えのある地点まで戻ってきたときは、かなり嬉しかった。

いやー、北沢も南沢も、好きになれないな。
ってのが、このエリアにまた個人的に来ようって気になれない点かも。

赤岳山荘で少し休憩して、車で美濃戸口まで送ってもらって、おしまい。
帰りも特急あずさの指定席を買って、座って帰ってきた。

帰りの分を先に買わないというのも経験からやったことだが、
座席未指定券というものができるらしいので、今後はそれでいいのかな。

あとは片付けをしなきゃ。

さて、これでモンベルの登頂シリーズはほとんど制覇してしまったので、次はどうしようかな。
一人で行く前に、季節の始めには練習したいと思いつつ、わりと道具の扱い方は覚えてきてる感じもある。
悩ましい。


2019.02.03, 23:35 / ハイキング登山